また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2647309 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 東海

大判山(恵那山撤退)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月13日(火) [日帰り]
メンバー
天候はれのちガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
追分登山の下に10台くらいとめられるスペースありました、
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.4~1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち45%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間46分
休憩
1時間27分
合計
6時間13分
S鳥越峠入口08:0908:28鳥越峠08:4409:39大判山10:0011:59大判山12:2913:32鳥越峠13:4614:12鳥越峠入口14:1814:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
濡れた土、木の根、枯れ葉が危険でした。
その他周辺情報クアリゾート湯舟

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 地図(地形図) ヘッドランプ 日焼け止め ロールペーパー 携帯 時計 ストック カメラ

写真

舗装道路を登り、追分登山口から山道へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装道路を登り、追分登山口から山道へ。
のっけからの急登でひいひいしながら鳥越峠へ着きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のっけからの急登でひいひいしながら鳥越峠へ着きました。
恵那山までまだまだ遠そう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恵那山までまだまだ遠そう。
開けた場所では色付いたきれいな木を見つけました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けた場所では色付いたきれいな木を見つけました。
1
天気もよく気持ちのいい道が続きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気もよく気持ちのいい道が続きました。
1
紅葉と恵那山♪まだまだ遠いな。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉と恵那山♪まだまだ遠いな。。
2
振り返ると御嶽山?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると御嶽山?
まず目指す大判山をロックオンしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まず目指す大判山をロックオンしました。
1
こちらは乗鞍岳?山座同定はほんとに難しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは乗鞍岳?山座同定はほんとに難しい。
大判山山頂到着(^ー^)ノそれにしてもお腹がいたい。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大判山山頂到着(^ー^)ノそれにしてもお腹がいたい。。
三角点タッチ♪今日の山頂はここにしたい。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点タッチ♪今日の山頂はここにしたい。。
1
よく見ると恵那山の山肌も紅葉しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく見ると恵那山の山肌も紅葉しています。
まずは右手の小ピークを目指して登りますが。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは右手の小ピークを目指して登りますが。。
ガスって来ました。腹痛もピークなのでひきかえすことに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスって来ました。腹痛もピークなのでひきかえすことに。
1
紅葉のお山を歩けたことに感謝しながら下山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉のお山を歩けたことに感謝しながら下山。
パッチワークのような紅葉の山肌。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パッチワークのような紅葉の山肌。
1
駐車場まで帰ってきました。時間がかかりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場まで帰ってきました。時間がかかりました。
鳥たまうどんをツルッといただきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥たまうどんをツルッといただきます。
食後のデザートは、ソフトクリームコーヒーゼリー(///ω///)♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食後のデザートは、ソフトクリームコーヒーゼリー(///ω///)♪
車中泊(*^^*)♪シナモロールアイマスクで熟睡です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車中泊(*^^*)♪シナモロールアイマスクで熟睡です。
1

感想/記録

二連休、西日本は少しお天気も良さそう。
最近仕事が忙しかったから、お山にいきたい。
そんな気持ちにかりたてられ、少し疲れ気味でしたが夜中の3時にハンドルを握ります。
いつも思うのは、中央道の夜運転は疲れます。
例えば同じ距離でも、東北道や関越道の方が楽なのです。
それでも夜中の高速は順調で、駒ヶ岳サービスエリアで休憩とお昼御飯の調達。
そのあと、中津川インター直前の神坂サービスエリアにてトイレを済ませて登山口を目指します。
途中からはなかなかの山道でした。
駐車場はみちの右側で、先に一台停まっていたのですぐにわかりました。
歩きだしは先ほど登った舗装道をさらに進んでいきます。
いくつかカーブを越えたら、追分登山口と書かれた看板が見えてきました。
そこを進んでいくと、いきなりの急坂(´Д`)。
しかも足下の土が滑りやすく、気を使いながらの苦しい登りです。
鳥越峠まで一気に200メートルを稼ぐショートカット道ということでした。
鳥越峠で少し休憩をとり、再び歩き始めます。
するとすぐ先で視界が開けました。
紅葉の山々が目に飛び込んできます♪
はるばるやってきて見えた絶景に感激です。
しばらくなだらかな道が続きました。
そんな油断がいけなかったのでしょうか。
崩れかけた道をトラバースするとき、ズルッと足をとられてしまいました。
その拍子にしがみついた土がまたくずれ、右脛を木の根に強打。
びーんと響くような痛みが脛から膝へかけ上がってきました。
しばらく歩いても痺れがとれませんでした。
こういうミスは心も折れます。
トボトボ歩く道のりは疲れを誘いました。
そしてなんと、このあたりで腹痛に襲われ始めました。
休むためになんとか一歩ずつ歩き、大判山へとたどり着きました。
晴天の山頂にあるベンチで座り、休憩。
写真を撮ったりして気をまぎらわせます。
腹痛でおはなつみをしたくても、このルートは一本道でとても場所がありませんでした。
とりあえず休憩で少し復活したので歩きだします。
下りながら目の前にでっかくそびえる恵那山。
今はその山頂がとても遠くに感じます。
そしてやはりその先も一本道。おはなつみは絶対に無理でした。
しばらくゆっくり登り続けたものの、気持ちはもう進めないと気付いていました。
「あきらめて下山しよう」と決めたら、迷うことはありませんでした。
しかも、さっきまで晴れ渡っていた空気にガスが立ち込めてきました。
わたしの心模様みたいだなんて思いました。
そしてそんなガスの中でも紅葉は輝き、私を励ましてくれました。
大判山への登り返しを終えたところで、ベンチで横になります。
すうっと意識が遠退き、一瞬夢を見ました。
時間にしたらどれくらいのほどもありませんが、眠ったからか体は少し元気を取り戻しました。
ここから鳥越峠まではあまりアップダウンがないような気がしたので、行きに転んだトラバース部に注意を払って進みます。
そこ以外にも滑りやすい場所があったので気を付けます。
鳥越峠へ戻って、ここでも少し休憩。
そして、朝苦労した急坂が待つ山道へ。
ところどころ滑り気を付けたつもりでしたが、やっぱり木の根に滑り、尻餅をついてしまいました。
半分泣きたい気持ちでしたが、下りは早くてまもなく林道へ着きました。
舗装路もゆっくり歩いておりました。
駐車場につくも、早々に車を走らせます。
目指すはクアリゾート湯舟沢、朝来るときにみえていたので場所はわかっていました。
クアリゾート湯舟沢では、のんびりお風呂につかり食堂「神坂茶寮」さんでごはん。
また今日も、山ではなにも食べられませんでしたから、ごはんが染み渡ります。
ついついデザートまでいただき、満腹になり帰りました。
そして、今回はもう一座立ち寄りたいので、初の車中泊(*^^*)。
道の駅へ移動して、寝床を作ったら疲れていたので睡眠はすぐでした。
途中寒くて目が覚めましたが、わりとしっかり眠れました。
翌日に続く。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:137人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ