また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2658110 全員に公開 ハイキング 栗駒・早池峰

神室山(西ノ又〜パノラマコース周回)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年10月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鳥居脇の駐車スペース(5〜6台)
※西ノ又林道を2kmほど進んだパノラマコース登山口にも駐車スペースがありました
 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●鳥居〜パノラマコース登山口
2km弱の西ノ又の林道歩き。

●パノラマコース登山口〜神室山(西ノ又コース)
パノラマコース登山口から左岸の林道をさらに1kmほど進んだ490m付近で
林道終点となります(西ノ又コース入口の道標が立っています)。
ここから登山道に入りわずかに進むと「第1渡渉点」と書かれた吊り橋が現れます。
吊り橋で西ノ又川を渡った後、川原に降りてを右岸を遡ります。
550m付近で第2渡渉点の吊り橋を渡って再び左岸へ渡り、
しばらく左岸沿いに進み、750m付近の第3渡渉点で飛び石で対岸に渡り、
沢を離れ標高1200m付近まで急登します。
1200m付近から登山道は緩やかになると同時に周囲の視界が開けます。
さらに進むと御田の神と呼ばれる湿原地帯を通過します。
1290mの窓くぐりで支稜線に乗り、1350mで主稜線と合流します。
ここからわずかにアップダウンすると神室山本峰に到着です。

●神室山〜前神室山
西ノ又コースとの分岐まで戻った後、前神室山(1342)との鞍部まで、
およそ130mほど下り、110mほど登り返します。
途中のP1325で有屋から、前神室山直下で水晶森からのルートと合流します。

●前神室山〜パノラマコース登山口(パノラマコース)
前神室山からはP1288(第3ピーク)〜1095(第2ピーク)〜1040(第1ピーク)と
小ピークを経由しながら標高を下げていきます。
P831からはパノラマコース登山口まで高低差400mほど一気に下ります。
 
その他周辺情報【温泉】
秋の宮山荘(600円)
※クマが出たそうで露天風呂は閉鎖中
 
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

写真

登山口には立派な鳥居
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口には立派な鳥居
2
鳥居脇の駐車スペースからスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居脇の駐車スペースからスタート
1
西ノ又林道を2kmほど進むと…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西ノ又林道を2kmほど進むと…
2
下山予定のパノラマコース登山口に到着。ここまでクルマで入れるようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山予定のパノラマコース登山口に到着。ここまでクルマで入れるようです
さらに林道を1kmほど先に進むと…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに林道を1kmほど先に進むと…
4
林道終点の西ノ又コース登山口に到着です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点の西ノ又コース登山口に到着です
ここから登山道へ入ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登山道へ入ります
すぐに第1渡渉点と書かれた吊り橋を渡ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに第1渡渉点と書かれた吊り橋を渡ります
2
けっこう揺れるな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこう揺れるな
3
右岸へ渡って先に進むと…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸へ渡って先に進むと…
1
へつるところもありますが…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
へつるところもありますが…
6
岩に打ち込んだボルトを手掛かりにできます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩に打ち込んだボルトを手掛かりにできます
1
しばらく川原を遡り…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく川原を遡り…
1
再び沢沿いのルートに復帰して550m付近まで進むと…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び沢沿いのルートに復帰して550m付近まで進むと…
2
第2渡渉点の橋が現れます。たわみが大きくよく揺れるし末端の傾斜がきつい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2渡渉点の橋が現れます。たわみが大きくよく揺れるし末端の傾斜がきつい
4
第2渡渉点の橋を渡ったあとはしばらく左岸を進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2渡渉点の橋を渡ったあとはしばらく左岸を進みます
1
暑くなって上着を脱ぐと示し合わせたようにこの看板が現れました。「老いて猶かむろの道に汗流る」。その通り!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑くなって上着を脱ぐと示し合わせたようにこの看板が現れました。「老いて猶かむろの道に汗流る」。その通り!
2
細いトラバースもあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細いトラバースもあります
3
三十三尋の滝が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三十三尋の滝が見えました
6
標高750m付近で第3渡渉点が現れます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高750m付近で第3渡渉点が現れます
ここは飛び石で渡ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは飛び石で渡ります
1
渡渉後は沢を離れ…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉後は沢を離れ…
胸突八丁坂と呼ばれる急坂を登っていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胸突八丁坂と呼ばれる急坂を登っていきます
標高を上げると色づいてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を上げると色づいてきました
4
おっ、樹林の隙間から対岸のパノラマコースの尾根が見えました。こりゃ紅葉期待できるんじゃないの?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっ、樹林の隙間から対岸のパノラマコースの尾根が見えました。こりゃ紅葉期待できるんじゃないの?
3
グイグイ登っていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グイグイ登っていきます
3
朝日が登山道に入り始めます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が登山道に入り始めます
2
1200m付近まで標高を上げると…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1200m付近まで標高を上げると…
1
バーンと視界が開けます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バーンと視界が開けます
2
振り返ると紅葉したP1173と奥にP124。左は三角石山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると紅葉したP1173と奥にP124。左は三角石山
10
同時に登山道は緩やかになります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同時に登山道は緩やかになります
1
隣の尾根の紅葉がキレイ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隣の尾根の紅葉がキレイ
6
御田の神(マミヤ平)に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御田の神(マミヤ平)に到着
2
正面は神室山本峰から前神室山へと続く稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面は神室山本峰から前神室山へと続く稜線
2
気持ちの良いルートが続きます1
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良いルートが続きます1
気持ちの良いルートが続きます2
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良いルートが続きます2
4
草黄色した草原の中を進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草黄色した草原の中を進みます
3
主稜線を見上げます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線を見上げます
1
こちらは前神室山。かっこいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは前神室山。かっこいい
4
前神室山の眼下には湯沢の街と右奥は横手盆地
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前神室山の眼下には湯沢の街と右奥は横手盆地
1
窓くぐり付近から御田の神を振り返ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
窓くぐり付近から御田の神を振り返ります
4
窓くぐりを通過すると支尾根に乗り、ドーン正面に神室山本峰の姿が現れます。奥の三角のトンガリは小又山でしょうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
窓くぐりを通過すると支尾根に乗り、ドーン正面に神室山本峰の姿が現れます。奥の三角のトンガリは小又山でしょうか
1
左手に神室山本峰を眺めながら登っていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に神室山本峰を眺めながら登っていきます
役内沢へと落ちる斜面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
役内沢へと落ちる斜面
1
主稜線に向かって登っていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線に向かって登っていきます
1
御田の神を見下ろします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御田の神を見下ろします
5
本峰が近づきました。肩に避難小屋が見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本峰が近づきました。肩に避難小屋が見えます
5
虎毛山と栗駒山をバックに(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
虎毛山と栗駒山をバックに(photo komemame)
2
西ノ又分岐で主稜線に乗りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西ノ又分岐で主稜線に乗りました
正面に神室山本峰を捉えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に神室山本峰を捉えます
3
西斜面の紅葉がキレイ!避難小屋も見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西斜面の紅葉がキレイ!避難小屋も見えます
9
こりゃテンション上がるわ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こりゃテンション上がるわ
5
東側を見下ろすと役内沢がよく見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側を見下ろすと役内沢がよく見えます
3
手前に赤を入れてパチリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前に赤を入れてパチリ
6
山頂まであと少し!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まであと少し!
5
主稜線の西側斜面の紅葉が最盛期です1。前神室山へと続く主稜線の西側斜面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線の西側斜面の紅葉が最盛期です1。前神室山へと続く主稜線の西側斜面
10
主稜線の西側斜面の紅葉が最盛期です2。神室ダム方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線の西側斜面の紅葉が最盛期です2。神室ダム方面
3
主稜線の西側斜面の紅葉が最盛期です3。こちらは神室山本峰の西斜面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線の西側斜面の紅葉が最盛期です3。こちらは神室山本峰の西斜面
7
神室山山頂に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神室山山頂に到着
9
山頂より。神室連峰最高峰の小又山へと続くヨダレが出そうな稜線。いつか歩きたいなぁ。右の鋭峰は火打岳でしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。神室連峰最高峰の小又山へと続くヨダレが出そうな稜線。いつか歩きたいなぁ。右の鋭峰は火打岳でしょうか。
10
山頂より。前神室山へと続く紅葉した稜線。これから歩けるかと思うとうれしいね。奥に和賀岳と最奥にうっすら見えているのは岩手山でしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。前神室山へと続く紅葉した稜線。これから歩けるかと思うとうれしいね。奥に和賀岳と最奥にうっすら見えているのは岩手山でしょうか。
11
山頂より。広大な裾野を持った鳥海山。残念ながら山頂は雲に遮られています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。広大な裾野を持った鳥海山。残念ながら山頂は雲に遮られています
4
山頂より。避難小屋と奥に月山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。避難小屋と奥に月山
5
山頂より。笹の緑の中に赤&オレンジ&黄色が混じったパッチワークタイプの紅葉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。笹の緑の中に赤&オレンジ&黄色が混じったパッチワークタイプの紅葉
8
山頂より。右に虎毛山と奥に栗駒山眼下は役内川
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。右に虎毛山と奥に栗駒山眼下は役内川
3
山頂より。高松岳と山伏岳。奥に焼石岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。高松岳と山伏岳。奥に焼石岳
6
山頂より。西側は見事な雲海が広がっています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。西側は見事な雲海が広がっています
1
さて、これから前神室山までの展望の開けた稜線歩きです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、これから前神室山までの展望の開けた稜線歩きです
2
ちょっとした岩場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとした岩場
神室山本峰を振り返ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神室山本峰を振り返ります
4
西ノ俣分岐までは来た道を戻ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西ノ俣分岐までは来た道を戻ります
1
西ノ又分岐からも紅葉ロードが続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西ノ又分岐からも紅葉ロードが続きます
6
稜線の東側を見下ろすと歩いてきた西ノ又川と御田の神
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の東側を見下ろすと歩いてきた西ノ又川と御田の神
3
前神室山との鞍部までおよそ130mほど下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前神室山との鞍部までおよそ130mほど下ります
それにしても前神室山の方が存在感があるんじゃない?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしても前神室山の方が存在感があるんじゃない?
4
これから進む前神室岳までの稜線が一望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから進む前神室岳までの稜線が一望
1
西側には雲海が広がります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側には雲海が広がります
やっぱり西面が入ると華やか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり西面が入ると華やか
5
スタンド・アローン・前神室山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタンド・アローン・前神室山
3
リレーフのあるピーク振り返って
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リレーフのあるピーク振り返って
3
いやぁ〜、クルマで5時間以上かけて来た甲斐がありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやぁ〜、クルマで5時間以上かけて来た甲斐がありました
3
枯れ枝の紫が彩を添えています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯れ枝の紫が彩を添えています
3
視界に赤の面積が増えるたびに「スゴイね〜」を連発
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界に赤の面積が増えるたびに「スゴイね〜」を連発
5
近くで見るとピークを過ぎているのがわかります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くで見るとピークを過ぎているのがわかります
3
鞍部付近まで下って振り返ると神室山本峰が見えます。ちょこんと避難小屋も見えてますね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部付近まで下って振り返ると神室山本峰が見えます。ちょこんと避難小屋も見えてますね
2
鞍部付近まで下りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部付近まで下りました
1
見ようによっては紫ウニみたいな枯れ枝
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見ようによっては紫ウニみたいな枯れ枝
4
鞍部から前神室山へ向かって登り返します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部から前神室山へ向かって登り返します
1
歩いてきた稜線を振り返ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線を振り返ります
4
前神室山が近づきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前神室山が近づきました
水晶森からの登山道と合流すると…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶森からの登山道と合流すると…
前神室山はすぐそこ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前神室山はすぐそこ
紅葉した前神室山山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉した前神室山山頂
5
振り返ってしつこく神室山本峰から歩いてきた主稜線をパチリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ってしつこく神室山本峰から歩いてきた主稜線をパチリ
3
月山をバックに(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月山をバックに(photo komemame)
5
前神室山山頂に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前神室山山頂に到着
6
山頂より。神室山本峰から歩いてきた主稜線。右奥は小又山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。神室山本峰から歩いてきた主稜線。右奥は小又山
5
山頂より。左に虎毛山と手前右の平坦地は御田の神
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。左に虎毛山と手前右の平坦地は御田の神
1
山頂より。中央奥に栗駒山と右に虎毛山と左に高松岳&山伏岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。中央奥に栗駒山と右に虎毛山と左に高松岳&山伏岳
1
山頂より。焼石岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。焼石岳
2
山頂より。横手方面。手前の赤いところは第3ピークかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。横手方面。手前の赤いところは第3ピークかな
さて、下山開始です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、下山開始です
引き続き開けた稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引き続き開けた稜線
1
第3ピーク手前から前神室山を振り返ります。こちらから見るとただのピーク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第3ピーク手前から前神室山を振り返ります。こちらから見るとただのピーク
2
この景色ともそろそろお別れ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この景色ともそろそろお別れ
第3ピークを通過してしばらくするとざんげ坂を下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第3ピークを通過してしばらくするとざんげ坂を下ります
パノラマコースは尾根上に付けられているので、第3〜第1ピークまでアップダウンしながら標高を下げていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマコースは尾根上に付けられているので、第3〜第1ピークまでアップダウンしながら標高を下げていきます
第2ピークを通過します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2ピークを通過します
西ノ又コースに比べるとパノラマコースは紅葉が派手
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西ノ又コースに比べるとパノラマコースは紅葉が派手
3
今回のルートは山の魅力がコンパクトにまとまっいるなぁという印象
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回のルートは山の魅力がコンパクトにまとまっいるなぁという印象
1
中盤からはブナ林へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中盤からはブナ林へ
ブナの巨木を愛でながら下ります1
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの巨木を愛でながら下ります1
1
ブナの巨木を愛でながら下ります2
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの巨木を愛でながら下ります2
4
パノラマコース登山口に戻りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマコース登山口に戻りました
鳥居まで戻りました。お疲れ様でした!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居まで戻りました。お疲れ様でした!
2
【おまけ】
今回のもう一つの目的。気になっていたきのこ屋へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【おまけ】
今回のもう一つの目的。気になっていたきのこ屋へ
1
6種類のきのこと3種類の山菜、岩魚の蒲焼。ご飯と味噌汁がつきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6種類のきのこと3種類の山菜、岩魚の蒲焼。ご飯と味噌汁がつきます
9
ごはんが進むきのこ料理
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ごはんが進むきのこ料理
4
夜は予約制でマタギ料理が食べられるそうです。次来る機会があったら食べたいな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜は予約制でマタギ料理が食べられるそうです。次来る機会があったら食べたいな
4

感想/記録

先週登った御神楽岳は1400m弱の標高で紅葉が始まったばかり。
そうするともう少し緯度が高くて標高が低い山が狙い目なんじゃないかな、
ということで神室山に行くことにします。
2週連続で山の名前に神が入っているのも何かの縁でしょうか。

登山口まではクルマで5時間以上。
せっかく遠出するのなら、早めに下山してアフター登山も楽しまなくちゃ、
と我が家ではめずらしく周辺の行きたいお店と温泉を事前にチェックして出発。

欲張って立てた事前の目論見ってだいたいうまくいきませんが、
今回はバッチリでした。

山登りは沢と尾根の周回で変化に富んでいて飽きるところがなく、
紅葉のタイミングはドンピシャで予想の斜め上をいく発色に大興奮。
そして、下山後は楽しみしていた食事に温泉。
すべてを満たすことができました。
komemameの肋骨も痛みが完全になくなったようで
今回は本人も気持ち良さそうに歩いてました。パチパチ。

うまくいかない時はうまくいかないけど、
うまくいく時はうまくいくもんです。

ただ…、全国でクマの襲撃が相次いでいるニュースを良く目にする通り、
2週連続で下山後に訪れた温泉が、付近にクマ出没で、
露天風呂閉鎖の措置がとられていました。
これだけは気持ち良さが半減して残念だぁ。
 

感想/記録

先週も紅葉が見ることができましたが、今回はもっとすごかった。
やっぱり紅葉は晴れとセットだとつくづく思いました。
太陽に照らされると色がより濃く鮮やかになります。
緑の中に赤、黄色、オレンジ、それに紫色。
今年も満足な紅葉が見られてよかったです。

帰りに寄ったきのこ屋のきのこ定食は、
種類の違うきのこがそれぞれ異なる味付けで、小鉢でいくつも出てきます。
聞いたことのないきのこばかりで、名前を聞いてもまったく覚えられません。
きのこだけでこんなにご飯が進んで満足できるなんて。
雪の時期にゆっくり夜の部に行きたいなぁ。

おしまい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:591人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ