また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2660422 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 中央アルプス

摺古木山〜安平路山〜奥念丈岳〜越百山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月17日(土) ~ 2020年10月19日(月)
メンバー
天候1日目:雨、2日目:晴、3日目:晴時々雨
アクセス
利用交通機関
タクシー
行き:バスタ新宿から飯田駅まで高速バス、飯田駅からタクシーで大平宿の少し奥の登山口まで(7500円)
帰り:伊奈川ダムから3kmほど歩いたところで電波が立ったのでタクシーを呼ぶ(基本は須原まで2500円のところ、温泉に入りたかったので上松まで)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間3分
休憩
18分
合計
4時間21分
S東沢林道ロープゲート12:1813:30摺古木自然園休憩舎13:4414:32直登分岐15:02摺古木山15:0416:02シラビソ山16:0416:39安平路避難小屋
2日目
山行
10時間48分
休憩
31分
合計
11時間19分
安平路避難小屋05:5606:53安平路山07:1408:42浦川山11:15袴腰山11:1713:39奥念丈岳13:4013:46奥念丈展望地13:4716:32南越百山16:3817:15宿泊地
3日目
山行
5時間38分
休憩
1時間2分
合計
6時間40分
宿泊地06:2807:02越百山07:0507:46越百小屋08:3009:12上の水場09:2010:03上のコル10:15下のコル(四合目)10:2111:02福栃平(南駒-越百分岐)11:43今朝沢橋分岐(二合目)11:4412:16ゲート13:08ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
2日目のログが飛んでいるのはスマホの電池切れによるもの(気温低下によりバッテリーが一気に飛んだ)
コース状況/
危険箇所等
1日目に降った雪により、南越百山・越百山の山頂付近は完全な雪山になっており、少なくとも防寒は雪山の装備が必要です
その他周辺情報須原に下山すると最寄りの温泉は上松のねざめホテル(日帰り入浴550円)

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コンロ 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル カメラ ポール テント テントマット シェラフ

写真

私の手配したタクシーはここまででした
2020年10月17日 12:10撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私の手配したタクシーはここまででした
だいぶん紅葉が
2020年10月17日 12:42撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶん紅葉が
まずトイレがあって
2020年10月17日 13:20撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずトイレがあって
それから休憩舎に着きます
2020年10月17日 13:23撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それから休憩舎に着きます
多少崩れたところはありつつも
2020年10月17日 14:11撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多少崩れたところはありつつも
直登コースを行きます
2020年10月17日 14:24撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直登コースを行きます
摺古木山は一等三角点百名山
2020年10月17日 14:52撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摺古木山は一等三角点百名山
安平路避難小屋へ笹の道を行きます
2020年10月17日 14:59撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安平路避難小屋へ笹の道を行きます
白ビソ山
2020年10月17日 15:55撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白ビソ山
避難小屋が見えます
2020年10月17日 16:27撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋が見えます
小屋に置いてあった厚手のシュラフカバーを使わせて頂きました
2020年10月17日 18:51撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋に置いてあった厚手のシュラフカバーを使わせて頂きました
1
翌朝安平路山へ
2020年10月18日 05:37撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝安平路山へ
途中から笹に雪が
2020年10月18日 06:36撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から笹に雪が
安平路山山頂
2020年10月18日 06:40撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安平路山山頂
1
雪笹の中を行きます
2020年10月18日 07:05撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪笹の中を行きます
1
越百山方面は随分白い
2020年10月18日 07:13撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越百山方面は随分白い
御嶽を眺めつつ
2020年10月18日 08:32撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽を眺めつつ
1
ひたすら漕ぎます
2020年10月18日 09:17撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら漕ぎます
ひたすら漕ぎます
2020年10月18日 10:40撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら漕ぎます
ひたすら漕ぎます
2020年10月18日 11:08撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら漕ぎます
ちょっとスペースがあったので休憩
2020年10月18日 11:26撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとスペースがあったので休憩
袴腰山をすぎたあたり
2020年10月18日 11:52撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袴腰山をすぎたあたり
もう一息
2020年10月18日 12:40撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一息
奥念丈岳到着〜
2020年10月18日 13:19撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥念丈岳到着〜
1
念丈岳が目の前に
2020年10月18日 13:19撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
念丈岳が目の前に
目指す越百山方面
2020年10月18日 13:33撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す越百山方面
巻ける箇所も
2020年10月18日 13:39撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻ける箇所も
ここまでの尾根を振り返り
2020年10月18日 14:22撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでの尾根を振り返り
3
笹の海は続きますが踏み跡はあります
2020年10月18日 14:26撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹の海は続きますが踏み跡はあります
雪のハイマツ
2020年10月18日 15:12撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪のハイマツ
南越百山到着
2020年10月18日 16:31撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南越百山到着
1
この先はこれ
ハイマツが埋もれていますが、踏んだらズボッといきます
2020年10月18日 16:51撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先はこれ
ハイマツが埋もれていますが、踏んだらズボッといきます
越百山まであと30分くらいのところで日没
急遽ハイマツの下にビバーク
2020年10月19日 06:26撮影 by S41, BullittGroupLimited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越百山まであと30分くらいのところで日没
急遽ハイマツの下にビバーク
1
翌朝、ハイマツの上を這っていきます
2020年10月19日 06:36撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、ハイマツの上を這っていきます
越百山山頂
2020年10月19日 06:52撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越百山山頂
1
南駒方面
2020年10月19日 06:57撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南駒方面
来た方向
指の感覚が全くないのでここで下山
2020年10月19日 06:57撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た方向
指の感覚が全くないのでここで下山
越百小屋の休憩室は開放されていました
2020年10月19日 07:40撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越百小屋の休憩室は開放されていました
伊奈川ダムへ下山します
2020年10月19日 08:56撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊奈川ダムへ下山します
上の水場
2020年10月19日 09:06撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の水場
タクシーが呼べるところまで歩きます
2020年10月19日 11:19撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タクシーが呼べるところまで歩きます
もみじ荘は廃墟のようでした。携帯の電波が立つのはここから1kmほど先
2020年10月19日 12:11撮影 by COOLPIX W100, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もみじ荘は廃墟のようでした。携帯の電波が立つのはここから1kmほど先
撮影機材:

感想/記録

登山口〜摺古木山:タクシーで入りましたが、どこまで入ってくれるから運転手による、という感じです。私の場合はロープゲートまでだったので、休憩舎まで1時間余り歩きました。摺古木山までは普通の登山道です。
摺古木山〜安平路山:笹が覆いかぶさる区間が長くなりますが、踏み跡はずっと続いているので、延々辿れば問題なし。安平路山までは6年前にも来ましたが、今年は笹の茂みが濃い気がします。
安平路山〜奥念丈岳:踏み跡を辿る歩き方では進めませんが、尾根通しに進むとたまに踏み跡らしきものに出会います。尾根によっては長い登りや下りで踏み跡を利用できることがあります(笹の凹み具合で判断。あとハイマツ横を通る踏み跡が多い)。それ以外の場所は腕力で背の高い笹を掻き分けつつ進むしかないので、かなり体力を消費します
奥念丈岳〜越百山:踏み跡もわかりやすくなり目印も若干多めなので、奥念丈岳までよりは楽に進めますが、南越百山の手前あたりで2ヶ所に深いハイマツの藪があります。きれいにクリアするのは難しいので、ガンガン乗っかっていきました。

私の場合は南越百山の手前のハイマツをよじ登ると、完全なる雪世界に変わっておりました。夏道はもちろんなく、安心して踏めるほどの雪もなしで、足元の見えないハイマツの踏み抜きに悪戦苦闘しながら進むことになりました。これにより越百山手前までで1時間以上かかり、あえなく日没〜雪中ビバークとなりました(ハイマツの下に潜り込んで寝ました)
翌朝30分ほどで越百山登頂しましたが、雪山用の手袋を持参しなかったので指が限界でこのままでは凍傷になりかねないと思ったので、空木岳まで行かずに伊奈川ダムへ下山しました。
これからのシーズンは天候次第で雪山になりますので、それなりの装備が必要です。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:436人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ