また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2675285 全員に公開 ハイキング 奥秩父

両神山縦走(日向大谷→志賀坂峠)※帰りはチャリダー

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年10月24日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 自転車
前日夕方に志賀坂峠駐車場にチャリをデポしたのが今回の山行のポイント。
その後に、道の駅併設の「薬師の湯バスターミナル」至近の「両神荘」に前泊。
1泊夕食付のプランを利用しました。

往路は、早朝にマイカーを道の駅「薬師の湯」に停めてから、
翌朝06:45発のバス(200円)に乗って07:15頃に日向大谷登山口から山行スタート。前泊もしくは早朝入りしないと乗れないバスには数人しか乗らなかったです。

ちなみに、日向大谷登山口の駐車場には限りがあります。あちこちに分散していますが、合計でも多分100台は停められないと思います。
朝7:00過ぎで登山口に近い駐車場はほぼ埋まっている印象でした。

復路は、前日夕方に志賀坂峠駐車場にデポしたマイチャリで道の駅「薬師の湯」まで戻りました。距離は20kmくらいあるけど8割方下り坂だし、急な上り坂は皆無なので1時間くらいで戻れました。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち36%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間35分
休憩
1時間42分
合計
9時間17分
S日向大谷口バス停07:1807:20民宿両神山荘07:2107:44会所07:5108:45両神八海山08:5009:14弘法之井戸09:2409:29清滝小屋09:3509:48鈴が坂10:40両神神社10:4511:07両神山11:1511:34前東岳の岩場11:45東岳12:1512:28龍頭神社奥宮12:3312:52西岳12:5413:00行蔵峠13:0313:25八丁峠13:3114:05八丁トンネル登山口14:45諏訪山14:5014:58谷コース分岐15:22登山口駐車場15:3015:36二子山坂本登山口15:40坂本バス停15:44尾ノ内渓谷入口15:51納宮バス停16:02間明平16:14飯田橋バス停16:1516:34道の駅「両神温泉薬師の湯」16:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
日向大谷から両神山/東岳/西岳経由の八丁峠までは数あるガイドブック通りですので、詳細は割愛します。
水場は「弘法之井戸」のみ?トイレは登山口と清滝小屋のみ。
※ちなみに七滝沢ルートは「コース一部崩壊により通行止」とのことでした。

各ピーク山頂付近の紅葉はなかなか見事な感じでした。
なかでも陽射しを浴びた八丁尾根の紅葉は圧巻でした。

東岳〜西岳〜行蔵峠の区間が鎖場の連続で間違いなく核心部ですが、
個人的には、八丁峠〜八丁トンネル登山口までのマイナールートがかなりの難敵でした。
何しろ登山道が落ち葉で埋もれて不明瞭だったし、ピンクリボンが非常に少ない。
ところどころルートがまぁまぁ崩壊しているし、ほんの一部、足元がおぼつかない水平移動の鎖場とかもあります。
スマホのGPSなどを確認しながら、とにかくルートロスしないように注意して下さい。

最後の諏訪山への標高差200m弱の急斜面ザレ場の登り返しも、1日歩いてきた疲労した脚には難敵かも知れません。
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

写真

06:45 薬師の湯バスターミナル発(始発バス)
日向大谷まで約30分で大人200円。なんとなくコスパ良すぎる気がする。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:45 薬師の湯バスターミナル発(始発バス)
日向大谷まで約30分で大人200円。なんとなくコスパ良すぎる気がする。。。
07:15 日向大谷着
すでに朝日は昇ってる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:15 日向大谷着
すでに朝日は昇ってる。
ここで登山届をして山行スタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで登山届をして山行スタート
久々のいい天気の週末!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久々のいい天気の週末!
最初の2kmくらいはフラット。
…というか下ってるような気が。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の2kmくらいはフラット。
…というか下ってるような気が。。
いくつかの沢を超えます。
ちなみに七滝沢ルートはコース崩壊により通行止でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつかの沢を超えます。
ちなみに七滝沢ルートはコース崩壊により通行止でした。
たまに滑る石があるので要注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまに滑る石があるので要注意。
1
しばらく進むと急登スタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく進むと急登スタート
マムシグサ
花は殆ど見かけなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マムシグサ
花は殆ど見かけなかった。
1
標高が高いところは紅葉良い感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が高いところは紅葉良い感じ。
09:15 弘法之井戸 ここで5分ほど休憩。
水場はここだけだった気がする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:15 弘法之井戸 ここで5分ほど休憩。
水場はここだけだった気がする。
09:30 清滝小屋 ここで10分ほど休憩。
休憩するベンチ等あります。トイレもあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:30 清滝小屋 ここで10分ほど休憩。
休憩するベンチ等あります。トイレもあります。
鈴が坂。九十九折の結構な急登でややへこたれる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴が坂。九十九折の結構な急登でややへこたれる。
でも紅葉はイイ感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも紅葉はイイ感じ。
鈴が坂を登り切ると産体尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴が坂を登り切ると産体尾根。
産体尾根から見えた北側の紅葉が良かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
産体尾根から見えた北側の紅葉が良かった。
2
登りと下りで譲り合い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りと下りで譲り合い。
仮設階段的なモノもあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仮設階段的なモノもあった。
登っていくとどんどん紅葉は最盛期になって行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登っていくとどんどん紅葉は最盛期になって行く。
1
10:35 両神神社 ここでも5分ほど休憩。
ここから山頂までは割とゆるやか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:35 両神神社 ここでも5分ほど休憩。
ここから山頂までは割とゆるやか。
1
11:10 両神山山頂(標高1723.5m)
撮ってもらいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:10 両神山山頂(標高1723.5m)
撮ってもらいました。
3
あまりの激混みに両神山山頂での休憩をあきらめ。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あまりの激混みに両神山山頂での休憩をあきらめ。。。
1
そそくさと八丁尾根に向かって移動開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そそくさと八丁尾根に向かって移動開始。
いきなり急降下!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり急降下!
紅葉は最盛期〜♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉は最盛期〜♪
1
振り返って両神山。
ムムッ、いつの間にか雲が出て来た。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って両神山。
ムムッ、いつの間にか雲が出て来た。
東岳唯一のベンチ&テーブルでランチ。ラッキーだった。
12:15 再起動。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東岳唯一のベンチ&テーブルでランチ。ラッキーだった。
12:15 再起動。
東側の景色。天理岳なのかな(?)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側の景色。天理岳なのかな(?)
2
紅葉ロードを行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉ロードを行く。
1
これから向かう西岳と行蔵峠。
こう見ると距離は近いけど、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう西岳と行蔵峠。
こう見ると距離は近いけど、、、
2
100mくらい鎖場を激下り&激登り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
100mくらい鎖場を激下り&激登り。
西岳から東岳を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西岳から東岳を振り返る。
13:25 八丁峠
ここまで来れば垂直な鎖天国終了。
…ですが、八丁トンネル登山口へ下るマイナールートでは、まだ水平の鎖天国が続くんです。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:25 八丁峠
ここまで来れば垂直な鎖天国終了。
…ですが、八丁トンネル登山口へ下るマイナールートでは、まだ水平の鎖天国が続くんです。。。
八丁トンネルに向けて下山開始。
落ち葉だらけでどこがコースなのか分かりづらい。。。
GPS&ピンクリボン頼り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁トンネルに向けて下山開始。
落ち葉だらけでどこがコースなのか分かりづらい。。。
GPS&ピンクリボン頼り。
14:05 八丁トンネルまで下山。
振り返ると、このマイナー区間はそこそこ急斜面もあるし、ひとり旅だったこともあり、結構しんどかったと思う。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:05 八丁トンネルまで下山。
振り返ると、このマイナー区間はそこそこ急斜面もあるし、ひとり旅だったこともあり、結構しんどかったと思う。。。
1
崩落により車両通行止の林道を500mほど歩いて、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落により車両通行止の林道を500mほど歩いて、、
途中から登山道に戻って本日最後のピーク「諏訪山」へ向けて200m程の登り返し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から登山道に戻って本日最後のピーク「諏訪山」へ向けて200m程の登り返し。
鮮やかな紅葉。お見事。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鮮やかな紅葉。お見事。
1
最後のピーク「諏訪山」を眼前に捉えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のピーク「諏訪山」を眼前に捉えた。
結構倒木多かった。
そこそこ急斜面のザレ場も多く疲労した脚には厳しかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構倒木多かった。
そこそこ急斜面のザレ場も多く疲労した脚には厳しかった。
14:40 諏訪山(標高1207m)到着。
あとは下るだけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:40 諏訪山(標高1207m)到着。
あとは下るだけ。
諏訪山〜志賀坂トンネル駐車場まではハイキングルート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諏訪山〜志賀坂トンネル駐車場まではハイキングルート。
紅葉を眺めながら歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉を眺めながら歩く。
振り返って八丁尾根の山々たち。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って八丁尾根の山々たち。
15:24 志賀坂トンネル駐車場(標高800mほど)に到着。
これにて本日の山行部門は終了。
最後は脚の状態もギリギリだった。よく頑張ったと思う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:24 志賀坂トンネル駐車場(標高800mほど)に到着。
これにて本日の山行部門は終了。
最後は脚の状態もギリギリだった。よく頑張ったと思う。
でも、実はここから道の駅「薬師の湯」まで約20km弱を
前日夕方にデポしたチャリで移動する計画です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも、実はここから道の駅「薬師の湯」まで約20km弱を
前日夕方にデポしたチャリで移動する計画です。
3
15:30 志賀坂トンネルからイザ!チャリ移動開始。
最初はドキドキでしたが殆ど下り坂だったので楽々でした〜
山下りの疾走感・スピード感がかなり楽しかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:30 志賀坂トンネルからイザ!チャリ移動開始。
最初はドキドキでしたが殆ど下り坂だったので楽々でした〜
山下りの疾走感・スピード感がかなり楽しかった。
16:35 道の駅「薬師の湯」まで無事帰還!
明るいうちに戻ってこれて良かった〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:35 道の駅「薬師の湯」まで無事帰還!
明るいうちに戻ってこれて良かった〜
1

感想/記録

かねてから計画していた「チャリ併用の両神山縦走」。
ひさしぶりに晴れ予報の週末に実行してきました。
日々はほとんど体力を消費しないテレワークになっており、
週末の天気が連続で悪かったこともあり約2ヶ月ぶりの山行で
少々体力低下が懸念されましたが。。
それでも登山自体は過去に行ったことがあるルートだし、
そこまで心配はしてなかったのですが、
復路のチャリ移動がとにかく色々未知数で心配でした。

写真にあるようにマイチャリが
長距離走行するようなちゃんとしたヤツでは無かったのですが、
下り坂では全然漕がなくてもおそらく時速40kmくらいは出てました。
まさに「ヒャッホーイ」って感じ。
8割型下り坂(急な上り坂はごく一部の500mほど)の20kmを
無事に1時間ほどで走破出来て「案ずるより産むが易し」って感じ(?)

標高の高い所の紅葉もなかなか良かったし、
特に午前中は天気も良く、
山行&チャリ共に、ほとんど全てが計画通りにうまく行ったので
久々に超〜充実した山行となりました。

登山後は山梨に移動して、石和温泉近くのスパランドに泊まって疲れをいやして、
翌日に大弛峠から金峰山に行く予定。…でしたが。。。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:375人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ