また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2703729 全員に公開 ハイキング 志賀・草津・四阿山・浅間

東電歩道〜紅葉彩る渓谷の水平歩道

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年11月03日(火) [日帰り]
メンバー
天候小雨のち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
雄川閣前無料駐車場。建物側は宿泊者専用。
前橋市から(関越道渋川〜塩沢石打)約150kmを2時40分で到着。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
07:12
距離
22.1 km
登り
1,357 m
下り
1,348 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間17分
休憩
49分
合計
7時間6分
S雄川閣駐車場08:1309:26サイレン11:04渋沢ダム11:4913:14サイレン13:1514:07雄川閣駐車場15:15雄川閣駐車場15:1815:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
降雨により出発時刻を遅らせたため、渋沢ダムまでの往復です。切明まで戻ってそのまま和山散策路へ。途中まで歩いて雄川閣まで戻りました。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

前橋から2時間40分かけて切明温泉へ、6時30分に到着。小雨が降っているので車内待機。一年ぶりの切明リバーサイドハウス。今年は予約が取れなかった。
2020年11月03日 07:10撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前橋から2時間40分かけて切明温泉へ、6時30分に到着。小雨が降っているので車内待機。一年ぶりの切明リバーサイドハウス。今年は予約が取れなかった。
9
河原の温泉から湯気が立ち上がっている。気温5℃。入るには予約と水着必須。
2020年11月03日 07:12撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原の温泉から湯気が立ち上がっている。気温5℃。入るには予約と水着必須。
7
天候回復待ちで1時間仮眠して8時に出発。留守番よろしく。
2020年11月03日 08:05撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天候回復待ちで1時間仮眠して8時に出発。留守番よろしく。
6
作業道のゲート脇から入る。
2020年11月03日 08:14撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道のゲート脇から入る。
3
周辺は紅葉最盛期。昨年はこの辺りの色付きは、まだまだだった。と言うことは、水平歩道は終盤と予想していた。
2020年11月03日 08:34撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周辺は紅葉最盛期。昨年はこの辺りの色付きは、まだまだだった。と言うことは、水平歩道は終盤と予想していた。
10
作業道から中津川の河原へ降下。
2020年11月03日 08:36撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道から中津川の河原へ降下。
10
吊り橋を渡る。黄金のブナ群が素晴らしい。
2020年11月03日 08:37撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋を渡る。黄金のブナ群が素晴らしい。
16
吊り橋上から中津川上流を眺める。
2020年11月03日 08:38撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋上から中津川上流を眺める。
19
急坂を登り上げた先には、ヤマアジサイが咲いていた。ここから約7kmに及ぶ水平歩道が始まる。
2020年11月03日 08:57撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂を登り上げた先には、ヤマアジサイが咲いていた。ここから約7kmに及ぶ水平歩道が始まる。
8
しばらく歩き、手彫りのトンネルを二つ抜けると、美しい紅葉の道が始まる。
2020年11月03日 09:53撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく歩き、手彫りのトンネルを二つ抜けると、美しい紅葉の道が始まる。
9
見上げるブナとカエデの紅葉。
2020年11月03日 09:55撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げるブナとカエデの紅葉。
11
黄色いハウチワカエデ。
2020年11月03日 09:57撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色いハウチワカエデ。
11
こちらは赤と黄色のハウチワカエデ。
2020年11月03日 09:58撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは赤と黄色のハウチワカエデ。
8
やはり水平歩道の紅葉は終盤だった。しかも30日の降雨強風で落ちてしまっていた。堆積した落葉が多い。昨年の爆発的な色彩を見ているだけに無念。ただ馬の背トンネルから南は素晴らしかった。
2020年11月03日 10:04撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり水平歩道の紅葉は終盤だった。しかも30日の降雨強風で落ちてしまっていた。堆積した落葉が多い。昨年の爆発的な色彩を見ているだけに無念。ただ馬の背トンネルから南は素晴らしかった。
11
黄金のブナ。
2020年11月03日 10:06撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄金のブナ。
9
清らかな沢の流れ。
2020年11月03日 10:10撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清らかな沢の流れ。
8
ブナとハウチワカエデ。
2020年11月03日 10:33撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナとハウチワカエデ。
9
第一トンネルが現れると水平歩道は終点。スマホのライト点灯。
2020年11月03日 10:55撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一トンネルが現れると水平歩道は終点。スマホのライト点灯。
4
渋沢ダムに到着。
2020年11月03日 11:02撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋沢ダムに到着。
4
吊り橋から中津川渓谷を眺める。佇む影法師。
2020年11月03日 11:03撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋から中津川渓谷を眺める。佇む影法師。
6
美しい水に浮かぶ紅葉。
2020年11月03日 11:06撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい水に浮かぶ紅葉。
12
渋沢避難小屋前で昼食。定番のもつ煮うどん。気温4℃で温まる。
2020年11月03日 11:20撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋沢避難小屋前で昼食。定番のもつ煮うどん。気温4℃で温まる。
14
西大倉山方面へ行くが、周辺のブナはもう落ちてしまっていた。吊り橋を渡り旧避難小屋まで行って引き返す。
2020年11月03日 11:37撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西大倉山方面へ行くが、周辺のブナはもう落ちてしまっていた。吊り橋を渡り旧避難小屋まで行って引き返す。
5
青空に映えるカエデ。
2020年11月03日 11:47撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に映えるカエデ。
9
水平歩道を戻りながら紅葉鑑賞。
2020年11月03日 12:11撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水平歩道を戻りながら紅葉鑑賞。
4
唐紅の天蓋。
2020年11月03日 12:16撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐紅の天蓋。
14
強風の影響を受けていない沢付近は、美しい紅葉が残っていた。
2020年11月03日 12:16撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風の影響を受けていない沢付近は、美しい紅葉が残っていた。
9
水平歩道に独り佇む。秋山郷は、ひろみ郷の兄弟でも親でもない。
2020年11月03日 12:20撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水平歩道に独り佇む。秋山郷は、ひろみ郷の兄弟でも親でもない。
13
大岩山と月夜立岩。この山頂から東側が苗場山頂上台地になる。
2020年11月03日 13:08撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩山と月夜立岩。この山頂から東側が苗場山頂上台地になる。
17
月夜立岩とカラマツ。
2020年11月03日 13:08撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月夜立岩とカラマツ。
10
大岩山の断崖西壁とカラマツ。
2020年11月03日 13:08撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩山の断崖西壁とカラマツ。
11
清らかな中津川と紅葉。
2020年11月03日 13:43撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清らかな中津川と紅葉。
6
再び吊り橋に戻ってきた。
2020年11月03日 13:44撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び吊り橋に戻ってきた。
14
作業道周辺の紅葉がすばらしい。
2020年11月03日 13:44撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業道周辺の紅葉がすばらしい。
8
一面の紅葉。
2020年11月03日 13:50撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一面の紅葉。
13
黄金のブナ群が素晴らしい。
2020年11月03日 13:54撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄金のブナ群が素晴らしい。
12
色彩が景色からあふれ出る。
2020年11月03日 13:54撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色彩が景色からあふれ出る。
19
まるで絵画のような景観。
2020年11月03日 13:55撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるで絵画のような景観。
12
和山までの散策路。昨年も気になったので、今年は少し行ってみることにした。散策路は土砂崩れや踏み跡も不明瞭で分かりにくい。
2020年11月03日 14:06撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和山までの散策路。昨年も気になったので、今年は少し行ってみることにした。散策路は土砂崩れや踏み跡も不明瞭で分かりにくい。
5
やはりこちらも紅葉最盛期、すばらしい。紅葉のすき間から鳥甲山。
2020年11月03日 14:25撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはりこちらも紅葉最盛期、すばらしい。紅葉のすき間から鳥甲山。
7
鳥甲山を眺めながら紅葉の中を歩く贅沢なひと時。
2020年11月03日 14:25撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥甲山を眺めながら紅葉の中を歩く贅沢なひと時。
10
ホコリタケ。引き返す設定時間が来たので、藪漕ぎして舗装路へ。雄川閣に戻る。
2020年11月03日 14:41撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホコリタケ。引き返す設定時間が来たので、藪漕ぎして舗装路へ。雄川閣に戻る。
6
雄川閣に戻ってきた。留守番ご苦労さん。帰路へ。車窓から見る秋山郷の紅葉が素晴らしかった。
2020年11月03日 15:20撮影 by NIKON D850, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄川閣に戻ってきた。留守番ご苦労さん。帰路へ。車窓から見る秋山郷の紅葉が素晴らしかった。
7
11月4日今年初めて霧氷が見られた赤城山黒檜山(前橋ライブカメラから)いよいよ白い季節の到来。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11月4日今年初めて霧氷が見られた赤城山黒檜山(前橋ライブカメラから)いよいよ白い季節の到来。
14

感想/記録

 11月3日は晴れの特異日。雨や台風の特異日もある。ただ統計的な特異であって、100%そうだとあり得ないのが自然の天候。地球誕生から46憶年、人類はたかが7万年、気象統計など200年程度だ。積み重ねた年月が違う。私も腹回りの積み重ねだけは地球レベルなのは、言うまでもない。赤道。

 予定通り東電歩道、切明へ。今年は宿の予約が取れず、野反湖まで通り抜けが出来ない。西大倉山までのピストンとなる。特異日でも例外の小雨降る前橋を4時に出発。約150kmを2時40分かけて、6時前に雄川閣に到着した。こっちに来ても小雨だった。雨が止むまで待機、1時間仮眠。

 雨も止み、ガスも薄くなってきたので8時に出発。西大倉山までは厳しいかもしれない。ゲート脇から入る。前夜の雨で沢から流れ込む水が多い。作業道周辺の紅葉が最盛期ですばらしい。昨年と印象が違う。と言うことは水平歩道は終盤だろうと予想した。いずれにせよ行ってみないと分からない。

 吊り橋からの景観もすばらしい。清らかな水の流れに紅葉の彩りが映える。そこから九十九折れの急坂。距離800m標高差100mを登る。寂れた木製ベンチが現れると約7kmに及ぶ水平歩道の始まり。

 切通しから岩稜の多い道を歩く。トネクラ沢の土石流跡は昨年のままで、水量が多かった。手彫りのトンネルを二つ抜けると、大きなサイレン、大岩山と月夜立岩はまだガスがかかってよく見えなかった。

 昨年の記憶から、この周辺から素晴らしい紅葉の道となるが、落葉が多く、彩る紅葉の量もいまいち。どうやら30日の降雨強風で落ちた模様。特にブナとカエデは色付く前に落ちてしまったものが多数見られた。最盛期を少し過ぎていただけに無念。自然の成り行きなので仕方ない。

 ただ強風の影響を受けにくい沢や道、渓谷の脇あたりはたくさん残っていた。特に馬の背トンネルから南は素晴らしかった。昨年のような爆発的な色彩はないが、紅葉の隧道を歩んでいく。これが見られただけでも来て良かったか。

 第一トンネルを抜けると渋沢ダムに到着。水平歩道は終点。清らかな水面には紅葉が浮かんでいた。渋沢避難小屋で昼食。定番のもつ煮うどんを食う。気温4℃で温まる。

 西大倉山方面の様子を見に行くが、ブナがほとんど落ちてしまい、景観も望めないので、吊り橋を渡った旧避難小屋の所で引き返す。西日となり、彩りが変わった紅葉を眺めながら戻る。

 サイレンからは、ガスを頂きに載せた大岩山と月夜立岩が見えた。カラマツの紅葉が美しい。その奥の苗場山頂上台地は降っているだろう。当日の夜半から次ぐ日にかけて上越山稜は降雪予報なのだ。

 再び吊り橋を渡って作業道へ。戻ってみて、ここが一番紅葉最盛期だと思った。舗装路に戻る。昨年気になっていた和山までの散策路へ行ってみることにした。片道1時間なので、30分歩いたら戻ることにした。

 最初はテープや地点杭があったが、そのうち踏み跡がうっすらとなり、土砂崩壊して寸断されているところもあった。そのあたりは、マブダチのカモシカと同じ獣なのでルーファイして散策路に戻る。

 しばらく行くと水平歩道のように素晴らしい紅葉群。鳥甲山が左手にいつも見えていた。目の前にある鳥甲山東壁がすばらしい。谷川に匹敵するほどの鋭さがある。

 設定時間になったので、鉄塔がある辺りから藪漕ぎして舗装路へ戻る。こういったのは得意中の得意。初めての所でも地図さえあれば、難なく目的地まで戻れる自信がある。

 舗装路を歩いて戻る。2kmくらい歩いてきたようだった。道の東側は素晴らしい紅葉、西側は雄大な鳥甲山。歩きだと素晴らしい景色がゆっくりと見られる。

 雄川閣に到着すると駐車場が満車だった。藪漕ぎで草と種が付いた服を払って帰路へ。朝は雨とガスで景色が見られなかったが、車窓から見える景色は素晴らしかった。秋山郷は紅葉最盛期で国道405号からも美しい紅葉を見ることができた。

 自宅に戻り、荷物を片付ける。カメラバックからカエデの破片が出てきた。すき間から入ったのだろう。ほんの小さな紅葉だが、あの雄大で美しい景色を構成する断片。片付けなど忘れて、いつまでも眺めていた。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:2185人

コメント

やっぱり最高の雰囲気!
growmonoさん
おはようございます。
昨年このエリアをお二人で縦断された時のことが思い出されます。
今年は若干紅葉が早くなったようですがそれでも充分良い雰囲気が出てます。
いよいよ赤城山の霧氷が始まりましたね。
楽しみです。
2020/11/5 5:50
秋山郷
 おはようございます、iiyuさん。
今年は宿の予約が取れず、栄村の無料送迎バスもありません。渋沢避難小屋泊を当初予定していましたが、天候が優れず当日へ一週延期しピストンにしました。

 雨や強風もありましたが、前週がベストだったようです。やはり10月最終週が良いようです。富士見下林道ももう遅いでしょうね。紅葉前線は山麓と市街地周辺に下りてきています。
戻る車窓から見えた秋山郷中津川周辺は素晴らしい紅葉でした。これだけでも行った価値がありましたね。

 今朝の赤城山はもう霧氷が消えていましたが、武尊山や仙ノ倉山、草津方面は白いですね。11月中旬の妙義も楽しみにしています。
2020/11/5 8:58
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ