また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2771925 全員に公開 ハイキング 奥秩父

乾徳山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年11月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
乾徳山登山者用駐車場は6時40分時点で数台分しか空きがない状況。
下山後は臨時駐車場にも10台ほど駐車してました。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間23分
休憩
1時間50分
合計
6時間13分
S乾徳山登山口バス停06:5007:00乾徳山登山口(道満尾根ルート)07:0207:44道満山07:4608:49月見岩08:5108:54扇平08:5509:15髭剃岩09:2109:33乾徳山09:5209:53水ノタル09:5410:41高原ヒュッテ11:5011:53国師ヶ原12:00錦晶水12:19銀晶水12:2012:33乾徳山登山口(オソバ沢ルート)12:3712:59乾徳山登山口バス停13:0213:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

ようやく南アルプスの展望が
2020年11月29日 08:30撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく南アルプスの展望が
扇平から
2020年11月29日 08:50撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇平から
2
一見高度感ありそう・・・
2020年11月29日 09:15撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一見高度感ありそう・・・
1
逆光だあ。。
2020年11月29日 09:19撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆光だあ。。
頂上直下の鎖場は左から
2020年11月29日 09:29撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上直下の鎖場は左から
2
hamumilkさん
2020年11月29日 09:32撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
hamumilkさん
JOECOOLさん
2020年11月29日 09:33撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JOECOOLさん
山頂からの富士山、とても気に入りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの富士山、とても気に入りました。
4
避難小屋にて鍋で腹満たしてから下山しました。
2020年11月29日 11:55撮影 by SH-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋にて鍋で腹満たしてから下山しました。
1

感想/記録

超久しぶりのハイキングだった。
いつ以来かと思ってレコ遡ってみたら1年半ぶりだった。
ハイキングと言いながら結局はトレーニングもどきになってしまうので、ソロ山行でのハイキングは無理だろうというのが今の自分。

今回は仲間と一緒だからのんびりできる…
けど、どうせ登るなら多少の負荷をかけることにしようと家庭用の鍋と食材を担ぐことにした。といってもたかだか10kgほど。しかも、久々のまともな山行だったので装備のこと忘れて、防寒・雨具も忘れてしまう失態。
トレランやバーチカルに注力するあまり装備が疎かになってしまったようだ。

乾徳山は名前は知っているものの登ったことはない。というよりこの山域自体の土地勘もなかった。前日に登山口までのアクセスと今回の山行コースだけざっと予習しただけ。何も知らない方がワクワク感あっていい。所詮は一般登山道だから。
距離が往復12kmで標高差が1200mだから、空荷のトレランなら往復2.5時間ほどだろうなあ、と想像してみる。
(やっぱりそっちかい!!)

ルートは半時計周りの周回にした。峠から尾根に入るところを意識してないとそのまま林道を進んでしまいそうだった。
道標はたくさんあって助かるがここはヤバい!
いや普通の登山者ならガイドマップ持ってるわけだしミスるわけないよね(^^♪
あとは尾根を道なりに登れば乾徳山直下へ。
そしてメイン登山路と合流して山頂へという流れだ。
山頂直下の岩場が楽しい♪
鎖を使わずとも手軽にスリルを味わえるのがいい。

山頂からの眺望も素晴らしい!
正面に大きな富士山。
遠目に南アルプス。
東京方面の山々の眺めもいい。
ただし、決して広い山頂ではないので混みあうと居場所がなくなるかもしれない。
我々が到着したときには一人しかいなかったので思いっきり楽しめたが、その後続々と登山者が到着したのでのんびりしたい方は早めに山頂目指すのががいいだろう。

下山はそのまま北に向かってからガレを下って避難小屋に向かうコースにした。
ピストンでは面白くないので違うコースにしたが退屈なだけでまったく面白くなかった。
避難小屋にはNHK100名山撮影隊の荷物がデポしてあった。
ベランダをお借りして鍋やって1時間強まったり。
最後は100%走れるつづら折りの快適な道で沢まで下り、林道をてくてく駐車場まで歩いた。
この登山道でバーチカルやったら楽しそう♪
距離・標高差もちょうどいい・・・
など、やっぱりそっちかーい!!
と思ってしまうのだった。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:257人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ