また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2835432 全員に公開 ハイキング 富士・御坂

宝永山(暴風の稜線と圧巻の宝永火口!素晴らしい出逢いも!)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年01月02日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴、稜線上は暴風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
<水ヶ塚公園駐車場>
1,000台駐車できる、広い駐車場です。
24時間利用できるトイレがあります。

以下、登山口ナビさんのページ( https://tozanguchinavi.com/trailhead/trailhead-1279 )からの引用です。

緯度経度:35.305357 138.770043

富士山スカイライン(表富士周遊道路)と南富士エバーグリーンラインが交差する付近にある水ヶ塚公園の駐車場。
アクセスは東名高速の御殿場ICを下りて山中湖方面へ進み、国道246号線を沼津方面へ左折、ぐみ沢丸太の交差点を静岡県道23号線(富士山スカイライン)の富士宮方面へ右折して道なりに進む。
富士山スカイライン登山区間のマイカー規制期間中における富士宮口の拠点となり、シャトルバスやシャトルタクシーが発着する。
駐車料金は通常無料だが、マイカー規制期間に限り有料(1,000円/回)となる。
須山口の登山口でもあり、冬期閉鎖もないことから宝永山や二ツ塚(双子山)のハイキングコースとしても利用できる。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道は明瞭、危険箇所も特にありませんが、稜線上は強風であることが多く、注意が必要です。
その他周辺情報<天然温泉 気楽坊>
総合レジャー施設、時之栖(ときのすみか)内にある温泉施設です。
炭酸泉、死海の塩風呂(身体に傷があるとかなり沁みるので注意)、薬草泉、サウナ(2種あり、利用可能です)など、多彩なお風呂が楽しめます。
特に死海の塩風呂は、身体がめちゃ浮くので面白かったです。
入浴料金は以下のとおりです。
券種/時間/料金(平日)/料金(土日祝日)
1日券/10:30〜24:00/1,400円/1,900円
行水券/60分/740円/940円
夜間券/18:00〜24:00/1,200円/1,400円
(タオルレンタル込み、行水券以外はJAF割で10%引き)

URL
http://www.tokinosumika.com/spa/kirakubo/
過去天気図(気象庁) 2021年01月の天気図 [pdf]

Myアイテム  

MonsieurKudo 重量:9.06kg

写真

水ヶ塚公園の駐車場に3時前に到着。
まだ真っ暗ですが、シャッタースピード15秒で撮影すると、富士山が浮かび上がりました。
2021年01月02日 02:55撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水ヶ塚公園の駐車場に3時前に到着。
まだ真っ暗ですが、シャッタースピード15秒で撮影すると、富士山が浮かび上がりました。
6
アップで。
また雪が少なくなってる気がする・・・。
2021年01月02日 03:01撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで。
また雪が少なくなってる気がする・・・。
1
時間は進み、6時半前です。
だいぶ明るくなりました。
2021年01月02日 06:26撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間は進み、6時半前です。
だいぶ明るくなりました。
1
宝永火口をこんなに近くから見たのは初めてなので、ここの時点でかなり興奮しました。
2021年01月02日 06:30撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永火口をこんなに近くから見たのは初めてなので、ここの時点でかなり興奮しました。
4
モルゲンロートの始まりです!
2021年01月02日 06:51撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モルゲンロートの始まりです!
2
更に赤く!
素晴らしい!!
2021年01月02日 06:56撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に赤く!
素晴らしい!!
6
宝永火口が荒々しいです。
2021年01月02日 06:56撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永火口が荒々しいです。
9
アップで。
雪はほとんどありませんね。
まあ、見る場合は物足りませんが、登るのには都合がいいですね。
2021年01月02日 06:57撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで。
雪はほとんどありませんね。
まあ、見る場合は物足りませんが、登るのには都合がいいですね。
2
これから登る宝永山。
あの斜面、まるで蟻地獄のようです。
2021年01月02日 06:57撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登る宝永山。
あの斜面、まるで蟻地獄のようです。
3
宝永第一火口をアップで。
あとであの火口の底を歩くことになります。
2021年01月02日 06:58撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永第一火口をアップで。
あとであの火口の底を歩くことになります。
2
山頂周辺をアップで。
左下に見えているのは、富士宮ルートの八合目にある、池田館ですね。
2021年01月02日 06:58撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂周辺をアップで。
左下に見えているのは、富士宮ルートの八合目にある、池田館ですね。
1
さーて、そろそろ宝永山を登りに行きますか!
ワクワクしますね!
2021年01月02日 07:25撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さーて、そろそろ宝永山を登りに行きますか!
ワクワクしますね!
2
須山登山口脇の駐車スペースに移動し、ここからスタートです。
2021年01月02日 07:56撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
須山登山口脇の駐車スペースに移動し、ここからスタートです。
1
須山口登山歩道の入口。
ここから登り始めます。
といっても、最初はほぼ平坦な道ですけど。
2021年01月02日 07:57撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
須山口登山歩道の入口。
ここから登り始めます。
といっても、最初はほぼ平坦な道ですけど。
3
すぐに御殿場口新五合目駐車場、須山御胎内方面との分岐です。
ここを直進します。
2021年01月02日 07:59撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに御殿場口新五合目駐車場、須山御胎内方面との分岐です。
ここを直進します。
1
ひたすら平行移動です。
2021年01月02日 08:10撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら平行移動です。
1
この分岐を右に行くと、幕岩があります。
ちょっと気になりますが、今日は行きません。
あの木の向こうで休憩中の男性がいました。
2021年01月02日 08:25撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐を右に行くと、幕岩があります。
ちょっと気になりますが、今日は行きません。
あの木の向こうで休憩中の男性がいました。
2
そして、ここが須山上り一合五勺ですね。
2021年01月02日 08:26撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、ここが須山上り一合五勺ですね。
1
この辺りから傾斜が増し、登山道らしくなります。
2021年01月02日 08:48撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから傾斜が増し、登山道らしくなります。
3
ここの斜面は倒木だらけでした。
2021年01月02日 08:51撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの斜面は倒木だらけでした。
2
大晦日から富士山に登り、今日下山してきた強者の男性と遭遇。
吹雪と風で九合目までしか行けなかったそうです。
上の状況も教えていただきました。
失礼して、後姿をパチリ。
それにしても、凄い荷物です。
2021年01月02日 09:12撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大晦日から富士山に登り、今日下山してきた強者の男性と遭遇。
吹雪と風で九合目までしか行けなかったそうです。
上の状況も教えていただきました。
失礼して、後姿をパチリ。
それにしても、凄い荷物です。
3
二合五勺御殿庭下に到着です。
2021年01月02日 09:19撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二合五勺御殿庭下に到着です。
ここから宝永山まで140分だそうです。
道標の上には霜が付いていました。
2021年01月02日 09:20撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから宝永山まで140分だそうです。
道標の上には霜が付いていました。
2
前を歩く男性は、YAMAPユーザのtotoro-tkyさんです。
二合五勺辺りで休憩中のtotoro-tkyさんに追いつき、山談義。
成り行きで一緒に登ることになりました。
2021年01月02日 09:29撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前を歩く男性は、YAMAPユーザのtotoro-tkyさんです。
二合五勺辺りで休憩中のtotoro-tkyさんに追いつき、山談義。
成り行きで一緒に登ることになりました。
4
totoro-tkyさんは昨年の9月に山を始めたばかりだそうですが、かなり力強く登っていて、付いていくのがやっとでした。
やっぱり、若いっていいですね〜。
2021年01月02日 09:34撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
totoro-tkyさんは昨年の9月に山を始めたばかりだそうですが、かなり力強く登っていて、付いていくのがやっとでした。
やっぱり、若いっていいですね〜。
3
三合目(御殿庭中)に到着。
ここまで富士山は見えず、我慢の登りです。
2021年01月02日 09:43撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三合目(御殿庭中)に到着。
ここまで富士山は見えず、我慢の登りです。
1
やっと富士山が見えました!
思わず、totoro-tkyさんと一緒に歓声を上げました。
2021年01月02日 10:02撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと富士山が見えました!
思わず、totoro-tkyさんと一緒に歓声を上げました。
5
空も青くて最高です!
2021年01月02日 10:02撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空も青くて最高です!
2
4人パーティの男性が下山してくるのが見えました。
この後にすれ違いました。
宝永山まで登った帰りとのこと。
やはり、上は暴風だったそうです。
2021年01月02日 10:03撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4人パーティの男性が下山してくるのが見えました。
この後にすれ違いました。
宝永山まで登った帰りとのこと。
やはり、上は暴風だったそうです。
4
山頂は結構近くに見えるんですけどねー。
ですが、自分は知っています。
見えている山頂ほど、遠いものはないと・・・。
富士山は特に。
2021年01月02日 10:03撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は結構近くに見えるんですけどねー。
ですが、自分は知っています。
見えている山頂ほど、遠いものはないと・・・。
富士山は特に。
5
ここまで登ると遮るものは無く、宝永山もよく見えます。
2021年01月02日 10:06撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで登ると遮るものは無く、宝永山もよく見えます。
3
あっちは草木一本生えていませんね。
まさに「荒涼」という言葉がぴったりです。
2021年01月02日 10:08撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっちは草木一本生えていませんね。
まさに「荒涼」という言葉がぴったりです。
3
むむっ!?
なんかガスってきているような・・・。
2021年01月02日 10:09撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
むむっ!?
なんかガスってきているような・・・。
2
ここまで来てガスるなんて、やめてほしいのですが・・・。
2021年01月02日 10:09撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来てガスるなんて、やめてほしいのですが・・・。
3
そんな願いとは裏腹に、辺りはあっという間にガスってしまいました・・・。
2021年01月02日 10:10撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんな願いとは裏腹に、辺りはあっという間にガスってしまいました・・・。
3
マジか・・・。
ですが晴れ予報なので、いずれガスも晴れるでしょう。
2021年01月02日 10:15撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マジか・・・。
ですが晴れ予報なので、いずれガスも晴れるでしょう。
3
宝永第二火口内をガスが流れていきます。
2021年01月02日 10:15撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永第二火口内をガスが流れていきます。
1
大きな石が等間隔に並んでいます。
自然の悪戯ですね。
2021年01月02日 10:16撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな石が等間隔に並んでいます。
自然の悪戯ですね。
1
ここは宝永第二火口縁です。
もうあとひと登りで、第一火口縁に着くはずです。
2021年01月02日 10:20撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは宝永第二火口縁です。
もうあとひと登りで、第一火口縁に着くはずです。
2
第二火口縁を登っていきます。
行く手は真っ白ですけどね・・・。
2021年01月02日 10:20撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二火口縁を登っていきます。
行く手は真っ白ですけどね・・・。
1
おっ、ガスが晴れてきました。
2021年01月02日 10:30撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっ、ガスが晴れてきました。
2
宝永山も見えるようになりました。
これはこれで、いいショットが撮れました。
2021年01月02日 10:30撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永山も見えるようになりました。
これはこれで、いいショットが撮れました。
4
宝永第一火口縁に到着です。
ここから第一火口を突っ切って、宝永山に向かいます。
2021年01月02日 10:33撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永第一火口縁に到着です。
ここから第一火口を突っ切って、宝永山に向かいます。
6
宝永第一火口の斜面に刻まれたジグザグの登山道が見えます。
浅間山(前掛山)の登山道にそっくりですね。
あちらも同じく火山ですし。
2021年01月02日 10:35撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永第一火口の斜面に刻まれたジグザグの登山道が見えます。
浅間山(前掛山)の登山道にそっくりですね。
あちらも同じく火山ですし。
5
この「く」の字に登っていく登山道がかなりキツいのです。
まずは折り返し地点を目指して登っていくことになります。
2021年01月02日 10:36撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この「く」の字に登っていく登山道がかなりキツいのです。
まずは折り返し地点を目指して登っていくことになります。
5
石と瓦礫しかない、荒涼とした斜面です。
2021年01月02日 10:36撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石と瓦礫しかない、荒涼とした斜面です。
3
山頂部にかかっていたガスも、ほぼ全て晴れました。
2021年01月02日 10:36撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂部にかかっていたガスも、ほぼ全て晴れました。
5
宝永第二火口内にあったガスも無くなりました。
2021年01月02日 10:37撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永第二火口内にあったガスも無くなりました。
1
まだ思ったよりも風は無い感じです。
2021年01月02日 10:37撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ思ったよりも風は無い感じです。
3
ここから火口内に下りていきます。
2021年01月02日 10:37撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから火口内に下りていきます。
登山道上にはちょっとだけ雪がありますが、凍結はしていませんでした。
2021年01月02日 10:39撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道上にはちょっとだけ雪がありますが、凍結はしていませんでした。
緩やかに下っていきます。
2021年01月02日 10:43撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかに下っていきます。
2
上は八合目ですね。
あの石塔群は、「十二薬師」と呼ばれます。
2021年01月02日 10:46撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上は八合目ですね。
あの石塔群は、「十二薬師」と呼ばれます。
3
これ、全部上から落ちてきた落石ですよね。
怖っ!!
(この後、斜面を登っている際にも、ガラガラと音を立てて落石が発生していました。)
2021年01月02日 10:46撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これ、全部上から落ちてきた落石ですよね。
怖っ!!
(この後、斜面を登っている際にも、ガラガラと音を立てて落石が発生していました。)
3
富士宮ルート八合目にある、池田館が見えました。
駐車場からも見えていましたね。
あの場所で標高3,220mあります。
2021年01月02日 10:47撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士宮ルート八合目にある、池田館が見えました。
駐車場からも見えていましたね。
あの場所で標高3,220mあります。
4
この辺りに雪が無いのは、降ってもすぐに風で飛ばされてしまうからでしょうね。
2021年01月02日 10:48撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りに雪が無いのは、降ってもすぐに風で飛ばされてしまうからでしょうね。
2
宝永第一火口の底まで下りてきました。
ここで標高2,440mです。
宝永山の山頂まで、あと250mほど登る必要があります。
2021年01月02日 10:48撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永第一火口の底まで下りてきました。
ここで標高2,440mです。
宝永山の山頂まで、あと250mほど登る必要があります。
2
ベンチもありますが、ここは風の通り道になっていて、強風が吹き荒れています。
こんな状況でベンチに座っても、きっと気が休まらないと思います(笑)。
2021年01月02日 10:49撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチもありますが、ここは風の通り道になっていて、強風が吹き荒れています。
こんな状況でベンチに座っても、きっと気が休まらないと思います(笑)。
2
さーて、いきますか!
2021年01月02日 10:49撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さーて、いきますか!
1
それほど急登ってことはないのですが、ザレていて足を取られ、登りにくいので疲れます。
2021年01月02日 10:53撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それほど急登ってことはないのですが、ザレていて足を取られ、登りにくいので疲れます。
3
この辺りですれ違った男性から、稜線は立っていられないほどの風という情報を得たので、totoro-tkyさんと相談して、ここでバラクラバを被ることにしました。
しかし、地面に置いた毛帽子が、突風で火口の50mくらい下に飛ばされてしまいました。
totoro-tkyさんに待っていてもらい、取りに行きましたが、自分の不注意で余計な労力を使うことに・・・。
2021年01月02日 11:15撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りですれ違った男性から、稜線は立っていられないほどの風という情報を得たので、totoro-tkyさんと相談して、ここでバラクラバを被ることにしました。
しかし、地面に置いた毛帽子が、突風で火口の50mくらい下に飛ばされてしまいました。
totoro-tkyさんに待っていてもらい、取りに行きましたが、自分の不注意で余計な労力を使うことに・・・。
2
積雪している箇所を歩いた方が、沈み込んだりしないので歩きやすいです。
2021年01月02日 11:23撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪している箇所を歩いた方が、沈み込んだりしないので歩きやすいです。
1
totoro-tkyさんと一緒に、横殴りの暴風に耐えながら、少しずつ登っていきます。
2021年01月02日 11:39撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
totoro-tkyさんと一緒に、横殴りの暴風に耐えながら、少しずつ登っていきます。
5
振り返ると、この景色!
なんて圧倒的な光景なんでしょう!
2021年01月02日 11:41撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、この景色!
なんて圧倒的な光景なんでしょう!
6
火口の底まで落ち込む、あの斜面!
迫力があります!
2021年01月02日 11:41撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火口の底まで落ち込む、あの斜面!
迫力があります!
1
遂に稜線に乗りました。
真っ直ぐに立っていられないほどの暴風が吹き荒れています。
あの辺は「馬の背」と呼ばれる斜面ですね。
右へ下ると、有名な「大砂走り」があります。
2021年01月02日 11:47撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遂に稜線に乗りました。
真っ直ぐに立っていられないほどの暴風が吹き荒れています。
あの辺は「馬の背」と呼ばれる斜面ですね。
右へ下ると、有名な「大砂走り」があります。
2
宝永山山頂まで、あと50mほどです。
斜めに身体を倒して歩かないと、真っ直ぐ歩くことができません。
2021年01月02日 11:47撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永山山頂まで、あと50mほどです。
斜めに身体を倒して歩かないと、真っ直ぐ歩くことができません。
3
東側斜面は雲に包まれていました。
2021年01月02日 11:48撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側斜面は雲に包まれていました。
1
山座同定盤と一体化した山頂標が見えました。
2021年01月02日 11:50撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山座同定盤と一体化した山頂標が見えました。
2
駐車場を出発して約4時間、宝永山の山頂に登頂できました。
宝永山、標高2,693mです。
2021年01月02日 11:51撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場を出発して約4時間、宝永山の山頂に登頂できました。
宝永山、標高2,693mです。
5
山頂標と一緒に。
(寒さの関係か、顔がむくんでいるようなw)
totoro-tkyさんに撮っていただきました。
それにしても、totoro-tkyさんがいてくれて良かったです。
この暴風では三脚を立てても、秒で飛ばされてしまいますので・・・。
2021年01月02日 11:53撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標と一緒に。
(寒さの関係か、顔がむくんでいるようなw)
totoro-tkyさんに撮っていただきました。
それにしても、totoro-tkyさんがいてくれて良かったです。
この暴風では三脚を立てても、秒で飛ばされてしまいますので・・・。
14
この氷の塊はどこから来たのかな?
2021年01月02日 11:59撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この氷の塊はどこから来たのかな?
1
ガスが目まぐるしく動いています。
2021年01月02日 12:04撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが目まぐるしく動いています。
2
むむっ、あの山小屋は・・・。
2021年01月02日 12:32撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
むむっ、あの山小屋は・・・。
1
雲海荘(奥)と宝永山荘(手前)ですね。
2021年01月02日 12:32撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海荘(奥)と宝永山荘(手前)ですね。
1
こちらの雲は綺麗に晴れました。
眼下に見えているのは、富士宮市の街並みかな?
2021年01月02日 12:32撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらの雲は綺麗に晴れました。
眼下に見えているのは、富士宮市の街並みかな?
2
駿河湾もバッチリ!
三浦半島までは見えませんけど。
2021年01月02日 12:34撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駿河湾もバッチリ!
三浦半島までは見えませんけど。
3
陽を受けて輝く駿河湾。
美しい・・・。
2021年01月02日 12:34撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽を受けて輝く駿河湾。
美しい・・・。
2
下はまだガスっていますね。
2021年01月02日 12:35撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下はまだガスっていますね。
1
ですが、そのガスもどんどん晴れてきました。
2021年01月02日 12:37撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ですが、そのガスもどんどん晴れてきました。
1
往路ではガスガスだった第二火口も底まではっきりと見えました。
2021年01月02日 12:37撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路ではガスガスだった第二火口も底まではっきりと見えました。
1
もう登り返しは一切ありません。
下山は楽々ですね〜。
2021年01月02日 12:40撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう登り返しは一切ありません。
下山は楽々ですね〜。
あの辺は自衛隊の演習場ですね。
2021年01月02日 13:08撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの辺は自衛隊の演習場ですね。
3
駐車前の道路が見えました。
登りは4時間かかったのに、下りは半分の2時間程度で下ってくることができました。
2021年01月02日 14:13撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車前の道路が見えました。
登りは4時間かかったのに、下りは半分の2時間程度で下ってくることができました。
2
このままお別れするのが惜しくて、totoro-tkyさんにお願いして一緒に写真を撮らせていただきました。
(顔出しNGとのことだったので、加工しています。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このままお別れするのが惜しくて、totoro-tkyさんにお願いして一緒に写真を撮らせていただきました。
(顔出しNGとのことだったので、加工しています。)
8
御殿場富士公園線から
富士山は、すっかり雲に包まれてしまいました。
2021年01月02日 15:03撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿場富士公園線から
富士山は、すっかり雲に包まれてしまいました。
1
御殿場富士公園線から
こちらは愛鷹山塊。
位牌岳(左)と越前岳(右)。
2021年01月02日 15:03撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿場富士公園線から
こちらは愛鷹山塊。
位牌岳(左)と越前岳(右)。
2
御殿場富士公園線から
金時山(左端)、丸岳(中央)、箱根山(冠ヶ岳、神山、駒ヶ岳)が見えました。
2021年01月02日 15:04撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿場富士公園線から
金時山(左端)、丸岳(中央)、箱根山(冠ヶ岳、神山、駒ヶ岳)が見えました。
2
温泉に入るために寄った、「御殿場高原 時之栖(ときのすみか)」。
ここは暗くなるとイルミネーションが点灯するみたいです。
2021年01月02日 15:43撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉に入るために寄った、「御殿場高原 時之栖(ときのすみか)」。
ここは暗くなるとイルミネーションが点灯するみたいです。
2
時之栖の中にある温泉施設、「気楽坊」へ。
2021年01月02日 15:44撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時之栖の中にある温泉施設、「気楽坊」へ。
1
温泉の売店で売っていた「ぐんま名月」。
3個で200円と激安だったので、思わず買ってしまいました。
2021年01月02日 16:54撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉の売店で売っていた「ぐんま名月」。
3個で200円と激安だったので、思わず買ってしまいました。
3
イルミネーションが点灯していました。
綺麗ですね!
「ひかりのすみか」というイベントみたいです。
これは全長約370mの「光のトンネル」です。
2021年01月02日 16:55撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イルミネーションが点灯していました。
綺麗ですね!
「ひかりのすみか」というイベントみたいです。
これは全長約370mの「光のトンネル」です。
3
お腹が空いていたので、屋台で焼きそばを買って食べました。
2021年01月02日 17:01撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お腹が空いていたので、屋台で焼きそばを買って食べました。
4
ライトアップされた太鼓橋。
2021年01月02日 17:09撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライトアップされた太鼓橋。
3
巨大な鷹のオブジェ。
2021年01月02日 17:12撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大な鷹のオブジェ。
3
東名高速の裾野ICから、いくらも走らないうちに、早速渋滞に捕まりました。
そういえば、一般的には正月休みは明日まで。(自分は4日まで休みですけど。)
こりゃUターンラッシュですねー。
2021年01月02日 18:03撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東名高速の裾野ICから、いくらも走らないうちに、早速渋滞に捕まりました。
そういえば、一般的には正月休みは明日まで。(自分は4日まで休みですけど。)
こりゃUターンラッシュですねー。
1
6km進むのに40分って、相当ノロノロですね。
2021年01月02日 18:22撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6km進むのに40分って、相当ノロノロですね。
2
渋滞追加です。
こんなことなら、夜中まで適当に時間をつぶしてから帰ったほうがよかったかな・・・。
2021年01月02日 19:30撮影 by DSC-RX100M6, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋滞追加です。
こんなことなら、夜中まで適当に時間をつぶしてから帰ったほうがよかったかな・・・。
2

感想/記録

今日は宝永山に登ってきました。
富士山を静岡側から見ると目立つ、宝永火口と宝永山。

いつか登りたいと思っていましたが、雪が少ない今がチャンスなのではないかと思い、ちょっと突発的ではありますが、前日に登った三ッ峠山から下山した後に計画しました。

当日の天気は快晴ですが、風は強いとの予報。
風が強いのは承知で登りました。

水ヶ塚公園の駐車場の時点で外気温はマイナス9℃。
駐車場から富士山のモルゲンロートを楽しんだ後、宝永山に向かって出発しました。




二合五勺辺りで先行していた男性に追いつきました。
挨拶して、いつものように山談義。
成り行きで、一緒に登ることになりました。
男性は、YAMAPユーザのtotoro-tkyさんでした。(ヤマレコはアカウント登録だけしていて、IDは同じ)

totoro-tkyさんは、昨年9月に山を始めたばかりとのことですが、しっかりとした足取りで自分は付いていくのがやっとでした。
(やっぱり、若いっていいな〜とちょっと羨ましくなりましたw)

しばらくは樹林帯の中を登っていくので富士山は見えませんでしたが、途中で森林限界を越えると眼前に富士山の山頂部が姿を現し、思わずtotoro-tkyさんと一緒に歓声を上げました。
また、間近に見る宝永山と宝永火口の迫力に圧倒されました。







すれ違った人からの情報でも分かっていましたが、稜線上の風はかなり強く、身体を斜めに倒して歩かないと真っ直ぐ進めない位で、正直身の危険を感じるレベルの暴風でした。

宝永山の山頂でお互いに写真を撮り合いし、自分は動画を撮った後に早々に退散しました。




宝永第一火口への下りは、登りで苦労した分、サクサクと下れました。
火口の底から火口縁までの登り返しを終えると、後はひたすら緩やかに下るだけなので、totoro-tkyさんと山談義しながら、楽しく下ることができました。



今回は、絶景を見られたことも良かったですが、何と言ってもtotoro-tkyさんと出逢えたことが一番の収穫だったと思います。
山での出逢いって、やっぱり素晴らしい!
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:651人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2020/9/7
投稿数: 0
2021/1/6 17:58
 おつかれ山でした!
先日はお世話になりました!
同行させて頂いて心強かったです。1人だったら山頂の手前で撤退していたと思います。
動画、写真を見て山行が思い出されました😄また、どこかでお会いしたらよろしくお願いします!
登録日: 2016/8/15
投稿数: 1721
2021/1/6 18:23
 Re: おつかれ山でした!
totoro-tkyさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

こちらこそ、一緒に登れて楽しかったです。
ありがとうございました。

同じ千葉県民ということで、今週中に発令されるであろう緊急事態宣言後にどう行動するか悩ましいですが、自分は県を跨いだ移動自粛要請が出されない限り、今週末も山には行きたいと思っています。
山にいるときよりも、登山口に向かうまでと下山後の移動時に、いかに人との接触を減らせるかが重要だと考えます。
そういった意味で、しばらくは下山後の温泉は自粛せざるを得ないでしょうね。
また、現地でもできるだけどこにも立ち寄らず(買い出しは地元で済ませておく)、人の接触を避けることが必要になるかと思います。
登録日: 2020/9/7
投稿数: 0
2021/1/6 20:39
 Re: おつかれ山でした!
1週間家に引きこもって、さらに休日まで引きこもると体に悪そうなので、私も移動自粛がなければ山に行くと思います。温泉と買い出しについては同感です!
今回の緊急事態宣言は制限が緩い分、期間が長くなりそうな気がします。出来る対策をして山を楽しむことが出来たらいいですね😄
登録日: 2016/8/15
投稿数: 1721
2021/1/6 21:16
 Re[2]: おつかれ山でした!
totoro-tkyさんは山を始めたばかりなので、今が一番楽しい時期ではないでしょうか。
自分がそうだったので。
そんな時期に山へ行けないのは辛いですもんね。
自分も、昨年の自粛期間中は本当にキツかったんですよねー。

「山は逃げない」とよく言われますが、例え山がずっとそこにあっても、山に行く機会が失われれば、それは「山は逃げる」と同義ですよね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ