また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3071190 全員に公開 ハイキング 丹沢

ミツバ岳 〜ピークを超えたミツマタ鑑賞〜

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年04月11日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
▼往路
新松田駅07:30 - 08:32大滝橋BS

▼復路
浅瀬入口16:00 - 16:49新松田駅

復路は新松田駅手前の踏切がなかなか開かず、駅に到着は17:10頃となった。定刻どおりなら17:05発の電車に乗れたのだが……。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間14分
休憩
52分
合計
7時間6分
S大滝橋バス停08:4509:17マスキ嵐沢標識09:1809:46一軒屋避難小屋10:0010:02鬼石沢10:40大滝峠上10:4410:52大滝峠10:5311:23屏風岩山11:2612:32毛出シ峠12:4313:13二本杉峠13:1513:26茅ノ丸13:2613:56世附権現山14:0214:47ミツバ岳14:5915:29滝壺橋15:3015:33寺ノ沢15:3415:55浅瀬入口バス停15:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
権現山→ミツバ岳に向かう際、木々に赤ペンキが塗られているが、それは登山道を意味しない。
左手の柵沿いにピンクテープが確認できるため見逃さないこと。

写真

大滝橋BSから登山道へ向かう。
2021年04月11日 08:56撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝橋BSから登山道へ向かう。
登山道に入る。
2021年04月11日 08:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に入る。
丹沢らしい橋。
2021年04月11日 09:18撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢らしい橋。
スマキ嵐沢。
2021年04月11日 09:21撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スマキ嵐沢。
新緑と青空が美しい。
2021年04月11日 09:22撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑と青空が美しい。
遠くに目をやれば山桜が満開。
2021年04月11日 09:31撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに目をやれば山桜が満開。
この階段は使わないこと。
2021年04月11日 09:35撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この階段は使わないこと。
ミツバツツジもあちこちで咲いている。
2021年04月11日 09:43撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジもあちこちで咲いている。
一軒屋避難小屋到着。
2021年04月11日 09:49撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一軒屋避難小屋到着。
避難小屋裏に咲いていたスミレ。
2021年04月11日 10:00撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋裏に咲いていたスミレ。
こんなところにミツマタの群生が。
2021年04月11日 10:22撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなところにミツマタの群生が。
若干黄色の花も。
2021年04月11日 10:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若干黄色の花も。
ミツマタと青空。
2021年04月11日 10:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツマタと青空。
大滝峠上到着。ここから南下してバリルートへと入る。
2021年04月11日 10:42撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝峠上到着。ここから南下してバリルートへと入る。
屏風岩山到着。山というよりは瘤。。
2021年04月11日 11:21撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岩山到着。山というよりは瘤。。
しばし歩きランチタイムにした。
2021年04月11日 12:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばし歩きランチタイムにした。
二本杉峠を目指す。
2021年04月11日 12:33撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二本杉峠を目指す。
時折ひらけた場所から眺望を楽しむ。
2021年04月11日 13:35撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折ひらけた場所から眺望を楽しむ。
権現山到着。ここまでなかなかの急登だった。
2021年04月11日 13:57撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現山到着。ここまでなかなかの急登だった。
途中を端折ってミツバ岳の山頂標識。必ず地図を確認しながら歩くことをおすすめします。
2021年04月11日 14:49撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中を端折ってミツバ岳の山頂標識。必ず地図を確認しながら歩くことをおすすめします。
山頂にはミツマタの群生が。ただし最盛期はすでに過ぎている。
2021年04月11日 14:50撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にはミツマタの群生が。ただし最盛期はすでに過ぎている。
丹沢湖がみえた。
2021年04月11日 15:03撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢湖がみえた。
九十九折れの道をどんどん下る。
2021年04月11日 15:12撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九十九折れの道をどんどん下る。
車道歩きの途中で。
2021年04月11日 15:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道歩きの途中で。
トンネルをくぐればあと一息。
2021年04月11日 15:48撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルをくぐればあと一息。
浅瀬入口BS到着。本日もおつかれさまでした。
2021年04月11日 16:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅瀬入口BS到着。本日もおつかれさまでした。

感想/記録

本日は山友と西丹沢のミツバ岳へ。目的はミツバ岳山頂のミツマタの群生。レコをみているとすでにピークは過ぎているようだが、さて。

スタートは大滝橋BS。大滝峠上までは畦ヶ丸と同じコース。指導標のしっかりある踏み跡の濃い道を往く。すると途中にミツマタの群生を発見。あれ。今日の目的はミツマタの群生を見ること。であればミツバ岳へ行かずとも目標達成? ……とはさすがにならず、大滝峠上から南下してバリルートに入る。

道はよく踏まれておりしばらくは快適に歩みを進める。屏風岩山、二本杉峠と進み、一般コースを経て権現山到着。そしてミツバ岳を目指す。権現山山頂には「ミツバ岳方面登山道不明瞭」の注意書き。しかし登山道には木々に赤ペンキが塗られており迷いようがないように見える。が、これが大きな間違い。しばらく下ってGPSアプリを確認すると、明らかに登山道から外れている。赤ペンキは登山用ではない別の目的でつけられたもののようだった。愕然としながら登り返し正規ルートに復帰。ここからはたとえ登山道が明瞭に見えてもこまめにアプリをチェックしながら進む。

やがてミツバ岳に到着。ミツマタはほぼ終わり白い花となったいたがそれも一興。この時点で時刻は15時。山頂から登山道入口の滝壺橋まで40分。そこから浅瀬入口BSまで40分。計1時間20分。バスの時刻は16時の次は17時。急げば16時に間に合いそうだが、中途半端に到着してバスが行った直後では小一時間待つことになる。が、40分/40分のところ30分/30分で行けばギリギリ間に合う計算。よし、16時発のバスを目指す。

結果、登山道入口まで30分で到着、バス停までは25分で歩き15:55に到着。よし間に合った! バスはすでにハイカーでいっぱいで立たざるを得なかったものの、谷峨駅で降りる人がそこそこいたため後半は新松田駅まで無事に座ることができた。

バリルートのため若干構えていたものの、要所要所で気をつければ迷うことも少なく(油断は禁物)、なかなか歩きごたえのある本コース。ミツマタの最盛期に再訪したい。本日もよき山行でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:119人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 GPS 避難小屋 ミツバツツジ 山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ