また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3152301 全員に公開 ハイキング 丹沢

蛭ヶ岳・丹沢山・塔ノ岳(焼山西野々BS → 大倉BS)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年05月04日(火) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
【全行程】
東神奈川 5:18 ≫≫ 6:02 橋本 6:20 ≫ 6:54 三ヶ木BS 7:00 ≫ 7:18 西野々BS 7:20 → 9:15 焼山 → 10:45 姫次 → 12:20 蛭ヶ岳 12:45 → 14:00 丹沢山 14:10 → 15:10 塔ノ岳 15:20 → 堀山の家 →駒止茶屋→見晴茶屋 → 17:05 大倉BS 17:20 ≫ 渋沢 ≫≫ 海老名 ≫≫ 横浜

写真

西野々BS → 焼山登山口
2021年05月04日 07:24撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西野々BS → 焼山登山口
2
〃 シャガ
2021年05月04日 07:28撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
〃 シャガ
1
ハナダイコン 
2021年05月04日 07:29撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハナダイコン 
鹿除けゲート:東海道自然歩道
2021年05月04日 07:34撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿除けゲート:東海道自然歩道
東海道自然歩道◆Ь道嚇仍蓋 → 焼山
2021年05月04日 07:40撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東海道自然歩道◆Ь道嚇仍蓋 → 焼山
ほうのきの花
2021年05月04日 08:13撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほうのきの花
1
東海道自然歩道:ブナ等の新緑
2021年05月04日 08:27撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東海道自然歩道:ブナ等の新緑
焼山登山道の迂回路
2021年05月04日 08:35撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼山登山道の迂回路
焼山展望台
2021年05月04日 09:15撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼山展望台
焼山山頂(1,060m)
2021年05月04日 09:17撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼山山頂(1,060m)
1
東海道自然歩道 最高地点(1,433m)
2021年05月04日 10:44撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東海道自然歩道 最高地点(1,433m)
姫次((ひめつぎ、ひめつぐ)1,433m)自然歩道 最高地点と同じ。
2021年05月04日 10:47撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫次((ひめつぎ、ひめつぐ)1,433m)自然歩道 最高地点と同じ。
姫次にて、富士山 & カラマツ
2021年05月04日 10:47撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫次にて、富士山 & カラマツ
2
アセビの花
2021年05月04日 10:49撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アセビの花
1
倒木のコケ
2021年05月04日 11:03撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木のコケ
シロカネソウ
2021年05月04日 11:42撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロカネソウ
蛭ヶ岳山頂直下
2021年05月04日 11:49撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山頂直下
富士山、手前:檜洞丸(1,601m)
2021年05月04日 11:50撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山、手前:檜洞丸(1,601m)
2
蛭ヶ岳山頂直下
2021年05月04日 11:52撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山頂直下
キクザキイチゲ
2021年05月04日 11:58撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キクザキイチゲ
コイワザクラ
2021年05月04日 12:09撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コイワザクラ
1
蛭ヶ岳山頂(1,567m)
2021年05月04日 12:23撮影 by SC-02H, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山頂(1,567m)
1
蛭ヶ岳山頂 & アニマル・ ピカチュウ軍団
2021年05月04日 12:28撮影 by SC-02H, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山頂 & アニマル・ ピカチュウ軍団
4
蛭ヶ岳山荘
2021年05月04日 12:45撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山荘
3
蛭ヶ岳山荘前より、宮ケ瀬湖方面
2021年05月04日 12:46撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山荘前より、宮ケ瀬湖方面
竜ヶ馬場沢
2021年05月04日 12:50撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜ヶ馬場沢
蛭ヶ岳方面 & 富士山
2021年05月04日 12:53撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳方面 & 富士山
マメザクラ(フジザクラ、ハコネザクラとも呼ばれる)
2021年05月04日 12:54撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マメザクラ(フジザクラ、ハコネザクラとも呼ばれる)
1
蛭ヶ岳方面登山道
2021年05月04日 12:57撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳方面登山道
2
コイワザクラ
2021年05月04日 13:00撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コイワザクラ
1
鬼ヶ岩&富士山
2021年05月04日 13:05撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼ヶ岩&富士山
2
鬼ヶ岩&蛭ヶ岳
2021年05月04日 13:06撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼ヶ岩&蛭ヶ岳
2
蛭ヶ岳山荘望遠
2021年05月04日 13:06撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山荘望遠
蛭ヶ岳 → 丹沢山尾根道
2021年05月04日 13:18撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳 → 丹沢山尾根道
2
コバイケイソウ群生地
2021年05月04日 13:35撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバイケイソウ群生地
丹沢山(1,567m)
2021年05月04日 14:07撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山(1,567m)
水源環境保全案内板
2021年05月04日 14:35撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水源環境保全案内板
マムシグサ
2021年05月04日 14:49撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マムシグサ
塔ノ岳(1,491m)& アニマル・ ピカチュウ軍団
2021年05月04日 15:18撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳(1,491m)& アニマル・ ピカチュウ軍団
2
秦野市街地方面
2021年05月04日 15:40撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秦野市街地方面
アセビ(馬酔木)
2021年05月04日 15:43撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アセビ(馬酔木)
大倉登山口
2021年05月04日 16:57撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉登山口
1
秦野戸川公園吊り橋
2021年05月04日 17:08撮影 by Canon PowerShot SX730 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秦野戸川公園吊り橋

感想/記録

【 コメント 】
・ 今回の丹沢山系の北側の焼山登山口方面から大倉に至る「焼山 → 蛭ヶ岳→丹沢山→搭ノ岳」の縦走は、5年ぶり。
 ・ 5月中旬〜10月迄の丹沢山系はヒルの時期なので、花を見ながらの晴天での山行のラストチャンスを狙っての山行となりました。
 ・ 密を避けてのコロナ感染に注意しての山行。
 ・ 橋本駅北口.丱江茲蠑譴ら三ケ木行きの6時20分始発バスに乗車、座れましたが満員でした。
 ・ 約40分で到着、月夜野行きの始発バスに乗換、増車されたので全員座れ、約20分後“焼山登山口”で七割程のハイカーが下車、当方は次の“西野々”で自分だけ下車。
 ・ 標識に従って舗装路を進むと、直ぐに鹿避け用のゲートがあり、開閉して進み、直ぐに東海自然歩道に入る。
 ・ 今日は行程が長く延べ行程距離、約25km、累積標高差約2,000mを明るいうちに大倉まで行く予定の為、景色を見ながら、足早に進む。
 ・ 広目の歩きやすい東海自然歩道の雑木林の展望がない区間以外に、新緑が眩しいブナやナラ等の林を気持ち良く進む。
 ・ やがて、台風崩壊で通行止めだった登山道の完成したばかりの迂回路となり、真新しい応急的な急登のかなり長い登山道を、ロープにつかまったりしながら登る。
 ・ やがて緩やかになり、焼山に到着。
 ・ 前回は螺旋階段を登って展望台から眺められましたが、今はロープが張られ立入禁止。
 ・ 更に樹林帯を進み、今回は黍殻山をパス、なだらかな東海自然歩道の登山道となって展望も開けてきた中を、気持ち良くトレラン気味に進み、“姫次”に到着。
 ・ 真正面に雄大な富士山を眺めながら、休憩。
 ・ 再び足早に蛭ヶ岳へ続く尾根道を進む。
 ・ 新緑のブナ、ナラ、カラマツ、所々に咲いてるマメザクラ、白いロート状の密集花のアセビ等を見ながら進み、やがて右方向に富士山を眺めながら、蛭ヶ岳山頂が見えると最後の連続階段を登りき、蛭ヶ岳に到着。
 ・ 快晴微風、日差しが暑いくらいの下、くっきり見える雄大な富士山を眺めながら昼食休憩。
 ・ 予定通りの時間経過、丹沢山へ向けて出発。
 ・ アップダウンを繰り返しながら、雄大なカヤトの尾根や富士山を眺めながら、心地よい風を受けながら、進む。
 ・ 途中、唯一ある鎖場の鬼ヶ岩を難なく登って(今年の1月通過時は、凍結)、不動の峰を通過、少しの急登後、丹沢山に到着。
 ・ 十名以上の登山者が休憩中だったので、トイレに寄って直ぐに出発。
 ・ トレラン向きの登山道を一気に下り、大山方面の展望の良い「竜ヶ馬場」で、空いていたので、大きなベンチに寝転んで、暫く休憩。
 ・ ダウンアップ、急坂を登り返すと、別世界のように非常に大勢の登山者がいる塔ノ岳に到着。
 ・ 富士山は逆光で、霞んできたので、長居せずに出発。
 ・ 大倉尾根を多くのグループを広目の場所で追い抜きながら一気に下る。
 ・ ひざを痛めないよう、段差の少ない個所を選びながら、軽快に、一気に大倉まで下山。
 ・ 大倉バス停には臨時便があったようですが、満員だったので、次のバス迄15分程待って、座って渋沢駅行に乗車。 超満車で発車。
 * 久しぶりの縦走登山を、予定通り、恵まれた天候の下、満喫出来ました。
 * 特に危険箇所は無し。
  ・ 焼山迄の一部区間の斜め斜面、よそ見歩行に注意。
  ・ 塔ノ岳〜大倉間の連続下り階段で、ひざを痛めないように。
 * 綺麗な順光での富士山撮影は、日の出前に大倉、(塩水橋コース:現在危険、完全通行禁止)をスタートする必要があります。
 * 大倉BSスタートでは蛭ヶ岳到着が遅く鮮明さが減る場合が多い。 (焼山、青野からの夕方のバスは1本なので注意)
 * 姫次→蛭ヶ岳間はマメザクラ(フジザクラ、ハコネザクラとも呼ばれる)が丁度満開、各種のスミレやサクラソウに似たコイワザクラやキクザキイチゲ等も多く見られました。
※ 前回の丹沢山登山記録 → 丹沢山霧氷、焼山登山口; https://moo-yama-heiwa.ssl-lolipop.jp/sub-1-mt-1-71-tannzawa.html#13
※ 百名山等の 〃    →  https://moo-yama-heiwa.ssl-lolipop.jp/sub-1-mt.html
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:217人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ