また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 32281 全員に公開 沢登り丹沢

表丹沢/水無川本谷〜書策新道

日程 2008年12月30日(火) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候晴れ(結構沢日和)
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

8:00自宅発=(途中買出し)=
8:40戸沢(入渓準備)9:00−
9:26水無川本谷F19:31−
9:34F29:38−
9:41大岩滝−
9:54F310:05−
10:09F410:11−
10:15F510:27−
10:30書策新道横断点10:35−
10:41沖ノ源次郎沢出合−
10:42木ノ叉大日沢出合−
10:47F611:25−
11:33F711:36−
11:42金冷シ沢出合−
11:53F8大滝(左岸高巻き)12:22−
12:30最初の二俣(休憩後12:50左俣へ)−
12:552番目の1:1二俣(右俣へ)−
12:58F9(左岸(※上流に向かい右側)尾根へ)−
13:18表尾根(※一般登山道 遡行装備解除)13:35−
14:00書策小屋(※書策新道へ)−
14:45水無川本谷横断点−
15:15戸沢15:25=
15:30新茅山荘(下山連絡)=
16:08自宅

コース状況/
危険箇所等
■水無川本谷
  遡行グレード:1級上(6段階評価。「上」はF8大滝の高巻きの脆さを
             考慮に入れているため。3段階評価の場合は初級)
  水量:少なめ。当日は足もほとんど濡らさず。(※天候による)

  ルート概要
   ・まず書策新道を進む、案内に従い源次郎沢を徒渉した後、書策新道を
    左に分け、右側の水無川右岸沿いに河原状を歩く。
   ・最初の堰堤は右岸(上流に向かい左側のこと)に真新しい鎖が高巻く
    ように付けられているが、堰堤左隅を古い残置スリング頼りに乗越す。
   ・F1(8m)は左側に鎖あり。教蕁棔
   ・F2(4m)は左右登れる。右卦蕁∈賢卦蕁檗
   ・大岩滝(3m)は大岩ルーフ下を潜る。
   ・F3(6m)は左ルンゼの鎖を登り、落ち口へ向かいダウントラバース
    する距離3mほどが微妙。鎖にディジーチェーンなどセルフビレイの
    掛け替えで確実に対応のこと。
   ・F5(8m)は右壁に鎖あり。出だしが少し悪いが、あとはセルフビレ
    イの掛け替えで対応できる。
   ・F5の30m上部で書策(カイサク)新道が横切る。エスケープルート
    として使える。
   ・書策新道横断点から約5分で、左手に2段涸棚の沖ノ源次郎沢が出合う。
    今も岩トレで使うことがあるが、上部からの自然落石もありメット必携。
   ・続いて右から木ノ又大日沢が出合う。水量比は1:1。
   ・F6(CS※チョックストーン6m)は右隅のハングしたコーナーを
    古い残置スリング頼りに這い上がる。A0卦蕁棔
    または少し戻って左尾根から高巻けるようだ。
   ・F7を越すと左から金冷シ沢が出合う。
   ・F8(2段25m大滝)は崩壊ひどく、また岩も相当脆く直登は不可。
    右側の(これもやや脆い)ルンゼを10mほど登れば残置ロープが
    垂れ下がっているので、これに沿いどんどん登る。
    途中、ザレ沢を2本トラバースするが、特に2本目のザレ沢は足元が
    脆いので十分慎重に。残置ロープも古く、固定している支点も古いので
    決して全体重を掛けることがないようにトラバースすること。
    2本目のトラバースを終えた後は、本谷に向かい踏み跡を下降する。
   ・次の二俣は左沢へ。右沢へ入ると詰めが急な脆いザレで悪い。
   ・そのすぐ後の二俣は右沢へ。少しでF9(10m。看板はなし)がある。
    F9は右側の尾根に乗り高巻く。
    今回はその尾根に乗り、沢床には戻らず、そのまま表尾根に向かった。

■携帯電話通話状態(ドコモFOMA SO902iwp+)

  ・戸川林道/新茅山荘前駐車スペース 1-2本 通話OK
  ・戸沢キャンプ場   圏外〜1本 通話不可
  ・水無川本谷F1看板下 1本   通話OK
  ・同F2下       2−3本 通話OK
  ・同F3下       圏外   通話不可
  ・同F4下       圏外   通話不可
  ・同F5下       圏外   通話不可
  ・書策新道横断点    1本   通話OK
  ・F6上部の岩上    2−3本 通話OK
  ・F7下        1−2本 通話OK
  ・F8看板下      2−3本 通話OK
  ・F8高巻き終了点   1−3本 通話OK
  ・F8上部最初の二俣  2−3本 通話OK
  ・遡行終了点/表尾根  2本   通話OK
ファイル 20081230mizunashi.xls (更新時刻:2008/12/26 13:11)
過去天気図(気象庁) 2008年12月の天気図 [pdf]

写真

本谷遠望
2008年12月30日 07:59撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷遠望
最初は書策新道を
2008年12月30日 09:08撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は書策新道を
本谷に入り最初の堰堤
右岸(左側)に鎖の巻きがある
2008年12月30日 09:12撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷に入り最初の堰堤
右岸(左側)に鎖の巻きがある
大岩の滝
(Fallナンバーはない)
2008年12月30日 09:41撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩の滝
(Fallナンバーはない)
大岩の滝の上部ルーフには
昔のランニングが
2008年12月30日 09:44撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩の滝の上部ルーフには
昔のランニングが
F3が見えてくる
2008年12月30日 09:52撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F3が見えてくる
F3左壁の鎖トラバースは下降していくので
ちょっと怖い
2008年12月30日 10:01撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F3左壁の鎖トラバースは下降していくので
ちょっと怖い
ディジーチェーン掛け替えで対応
2本持ってくればよかった
2008年12月30日 10:03撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ディジーチェーン掛け替えで対応
2本持ってくればよかった
F5
右壁に鎖
2008年12月30日 10:21撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F5
右壁に鎖
F5
ここも掛け替えで対応
今回はソロだからね
2008年12月30日 10:25撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F5
ここも掛け替えで対応
今回はソロだからね
書策新道横断点
2008年12月30日 10:31撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
書策新道横断点
奥に沖ノ源次郎F1涸滝
2008年12月30日 10:41撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に沖ノ源次郎F1涸滝
木ノ又大日沢が右から合わさる
2008年12月30日 10:42撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木ノ又大日沢が右から合わさる
F6
流芯右のCSコーナーをA0で這い上がる
左尾根にも巻き径あり
2008年12月30日 10:44撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F6
流芯右のCSコーナーをA0で這い上がる
左尾根にも巻き径あり
F6
今回は看板整備目的なので、ここだけ懸垂して
ミュールノットで固定しながら作業した
2008年12月30日 11:10撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F6
今回は看板整備目的なので、ここだけ懸垂して
ミュールノットで固定しながら作業した
枯れ枝に樹氷
2008年12月30日 11:30撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯れ枝に樹氷
金冷シの沢が左から合わさる
2008年12月30日 11:42撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金冷シの沢が左から合わさる
右奥に本谷F8大滝
2008年12月30日 11:50撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右奥に本谷F8大滝
F8h右ザレルンゼを登り高巻く
2008年12月30日 12:03撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F8h右ザレルンゼを登り高巻く
残置ロープに従い高巻く
2008年12月30日 12:06撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残置ロープに従い高巻く
高巻き途中、最初のザレ沢をトラバース
少し足元が悪い
2008年12月30日 12:08撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高巻き途中、最初のザレ沢をトラバース
少し足元が悪い
更に2本目のザレ沢トラバース
ここは足元悪い
2008年12月30日 12:12撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に2本目のザレ沢トラバース
ここは足元悪い
2本目ザレ沢トラバースの終点
ロープを支えるスリングが朽ち始めていたので
自前のスリングを足したが、時間がなく
マリナーノットになっているのであくまで補助。
2008年12月30日 12:19撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2本目ザレ沢トラバースの終点
ロープを支えるスリングが朽ち始めていたので
自前のスリングを足したが、時間がなく
マリナーノットになっているのであくまで補助。
沢床に戻る
2008年12月30日 12:22撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢床に戻る
F8後、最初の二俣
ここは左へ
2008年12月30日 12:28撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F8後、最初の二俣
ここは左へ
F8後最初の二俣の右沢
こっちへ入ると詰めが悪い
2008年12月30日 12:29撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F8後最初の二俣の右沢
こっちへ入ると詰めが悪い
同じく左沢
こちらが本流
2008年12月30日 12:29撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく左沢
こちらが本流
赤札が見えにくくなっていたのでリニューアルした
2008年12月30日 12:53撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤札が見えにくくなっていたのでリニューアルした
続いて現れる二俣
これは右俣へ
2008年12月30日 12:55撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて現れる二俣
これは右俣へ
するとすぐにF9
看板などはない
2008年12月30日 12:58撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
するとすぐにF9
看板などはない
F9右側の支尾根を登る
2008年12月30日 13:04撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F9右側の支尾根を登る
もうすぐ表尾根だ
2008年12月30日 13:14撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ表尾根だ
表尾根に出た
正面は塔ノ岳
2008年12月30日 13:19撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表尾根に出た
正面は塔ノ岳
表尾根から塔ノ岳
2008年12月30日 13:40撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表尾根から塔ノ岳
木ノ又大日沢の詰め
以前ここを登ったが、最後の10mが越えられず逃げた。
2008年12月30日 13:43撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木ノ又大日沢の詰め
以前ここを登ったが、最後の10mが越えられず逃げた。
新大日小屋
2008年12月30日 13:54撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新大日小屋
書策新道入口
2008年12月30日 14:00撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
書策新道入口
書策新道入口
2008年12月30日 14:01撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
書策新道入口
書策小屋を振り返る
2008年12月30日 14:01撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
書策小屋を振り返る
書策新道を下っていくと、この札案内からセドノ沢左俣沿いにしばらく下降する
2008年12月30日 14:13撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
書策新道を下っていくと、この札案内からセドノ沢左俣沿いにしばらく下降する
大日湧水
もう水を持っていく小屋は・・・
2008年12月30日 14:14撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日湧水
もう水を持っていく小屋は・・・
白竜ノ滝?
2008年12月30日 14:17撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白竜ノ滝?
将来補修の必要ありそう
2008年12月30日 14:23撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将来補修の必要ありそう
この案内の奥に踏み跡が登っているが、それは木ノ又大日小屋裏に詰めあがるホソノノ尾根。
途中痩せたりしているバリエーションルートなのでハイカーは行かないこと。
2008年12月30日 14:27撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この案内の奥に踏み跡が登っているが、それは木ノ又大日小屋裏に詰めあがるホソノノ尾根。
途中痩せたりしているバリエーションルートなのでハイカーは行かないこと。
本谷横断点
2008年12月30日 14:46撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷横断点
書策新道下部のザレた注意箇所
2008年12月30日 14:48撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
書策新道下部のザレた注意箇所
戸沢に戻る
2008年12月30日 15:14撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸沢に戻る
夕方の丹沢遠望
2008年12月30日 16:08撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕方の丹沢遠望

感想/記録
by kamog

今年3度目の水無川本谷。
今回は秦野市の委託としてFallナンバーの補修作業である。
折角だからと所属している各会や沢、平日MLに募集を流すが
集まらなかった。(まぁ時期柄当たり前か)
そんな訳でソロの遡行となる。
まぁ難しい滝があるわけでもなくロープも個人的には不要なので
マイペースで歩けることがうれしい。
冬になると水量もやや減ってきて
両岸をちょこちょこ徒渉しながら行けば
まったく足を濡らすことはなかった。
落ち葉も散り空も広い。
そして何より夏ならば結構人が入る谷に誰もいない。
山と岩と、そして水とひっそりと話しができる。
たぶんいつも遡行者に踏みつけられているであろう木の根たちに
今年1年分のお礼を言いながら
快晴温暖な遡行を終わる。
これが僕の今年の草鞋納めである。
訪問者数:3226人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ