また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3360154 全員に公開 ハイキング 丹沢

下棚、本棚滝巡りと畦が丸〜白石峠

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年07月19日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ 夏日
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間53分
休憩
29分
合計
8時間22分
S西丹沢ビジターセンター06:4707:39下棚07:4408:18本棚08:2009:23善六ノタワ09:2410:18畦ヶ丸10:1910:36畦ヶ丸避難小屋10:4211:02モロクボ沢ノ頭11:0411:27バン木ノ頭11:2811:42シャガクチ丸11:4312:12ナメクラ沢ノ頭12:1312:22水晶沢ノ頭12:45白石峠12:5013:12篠大慈沢13:31白石滝(大理石の滝)13:3213:51ザレノ沢14:11ヌタ小屋沢14:1214:20大石沢14:2114:24トリキ沢14:30水元沢14:39手沢15:01ツツジ新道入口15:0215:08西丹沢ビジターセンター15:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
西丹沢ビジターセンターからの沢沿いは橋があるが、下棚、本棚の滝の付近は橋がないため渡渉が必要。

本棚から畦が丸山頂までは急登。

畦が丸〜白石峠
アップダウンの繰り返しだが、所々、横移動のところもある。
痩せ尾根、鎖場一部あり。

白石峠〜用木沢出合
急な下り。
荒れている。
渡渉ポイント多数。橋があっても濡れていて滑りやすかったり、傾いていたりする。
過去天気図(気象庁) 2021年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 水550×5(消費3 他1本分白石峠からの下山時に湧水で調達)

写真

快晴。西丹沢ビジターセンター横の橋をルンルン気分で渡る。
2021年07月19日 06:47撮影 by SC-02J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴。西丹沢ビジターセンター横の橋をルンルン気分で渡る。
階段を上がるとすぐに沢沿いに出る。
遠くに見えるのは、これから登る畦が丸かな?
2021年07月19日 06:56撮影 by SC-02J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段を上がるとすぐに沢沿いに出る。
遠くに見えるのは、これから登る畦が丸かな?
渡渉。下の細い丸太を歩くが、この丸太が動く!
太い丸太に掴まりながら、カニさん歩きで恐る恐る渡った。
2021年07月19日 07:08撮影 by SC-02J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉。下の細い丸太を歩くが、この丸太が動く!
太い丸太に掴まりながら、カニさん歩きで恐る恐る渡った。
1
下棚。
すごい迫力!水もきれい。
渡渉が怖かったけど、来てよかった。
2021年07月19日 07:39撮影 by SC-02J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下棚。
すごい迫力!水もきれい。
渡渉が怖かったけど、来てよかった。
2
本棚。こちらも見事!
水量が多くて、滝壺まで行けなかったのが残念…。
2021年07月19日 08:15撮影 by SC-02J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本棚。こちらも見事!
水量が多くて、滝壺まで行けなかったのが残念…。
2
善六ノタワを過ぎると一気登り。
2021年07月19日 09:23撮影 by SC-02J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
善六ノタワを過ぎると一気登り。
整備された階段もある。
この辺りから(?)小さな虫の大群が、まとわりつく。ブヨか!?
2021年07月19日 09:32撮影 by SC-02J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備された階段もある。
この辺りから(?)小さな虫の大群が、まとわりつく。ブヨか!?
1
畦が丸山頂。景色なし。
2021年07月19日 10:17撮影 by SC-02J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畦が丸山頂。景色なし。
虫がすごくてベンチには居られず、畦が丸避難小屋へ。
避難小屋付近には、アブ(?)も沢山いた。
網戸が付いていたので、開けると風が通る。
2021年07月19日 10:20撮影 by SC-02J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
虫がすごくてベンチには居られず、畦が丸避難小屋へ。
避難小屋付近には、アブ(?)も沢山いた。
網戸が付いていたので、開けると風が通る。
水晶沢ノ頭を過ぎると、檜洞丸と蛭ヶ岳。
2021年07月19日 12:34撮影 by SC-02J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶沢ノ頭を過ぎると、檜洞丸と蛭ヶ岳。
2
白石峠。何もない…。
ベンチがあり、下山前にゆっくり休みたいところだが、相変わらずブヨ?と思われる虫もすごくて早々に下山に入る。
2021年07月19日 12:42撮影 by SC-02J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白石峠。何もない…。
ベンチがあり、下山前にゆっくり休みたいところだが、相変わらずブヨ?と思われる虫もすごくて早々に下山に入る。
この丸太は何のためにあるの?
石は滑るし、渡りにくかった。
2021年07月19日 13:24撮影 by SC-02J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この丸太は何のためにあるの?
石は滑るし、渡りにくかった。
この橋、ヌルヌル。
濡れてない部分を選んで渡る。
2021年07月19日 13:57撮影 by SC-02J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この橋、ヌルヌル。
濡れてない部分を選んで渡る。
ここで少し休憩。
荒れた急坂、渡渉の連続。
白石滝を過ぎるまで、虫がすごくて止まることが出来ず、かなりのストレスだった。
やっと癒された。
2021年07月19日 14:02撮影 by SC-02J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで少し休憩。
荒れた急坂、渡渉の連続。
白石滝を過ぎるまで、虫がすごくて止まることが出来ず、かなりのストレスだった。
やっと癒された。
2
用木沢出合いを過ぎ、キャンプ場の横の林道歩き。
振り返ると大室山。
西丹沢ビジターまであと少し。
お疲れさま。
2021年07月19日 15:02撮影 by SC-02J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
用木沢出合いを過ぎ、キャンプ場の横の林道歩き。
振り返ると大室山。
西丹沢ビジターまであと少し。
お疲れさま。
2

感想/記録

梅雨も明け、涼を求めて西丹沢へ。
前から気になっていた下棚、本棚の滝巡りと畦が丸に行くことにした。

西丹沢ビジターセンターから橋を渡ると、すぐに沢沿いに出る。
滝の音、川の流れる音がずっと続き、爽やかな気分になる。

下棚は滝壺付近まで行けた。
すごく感動!
初めてなので、普段の水量がどうなのかは不明だが、
渡渉ポイントと思われるところの水は多かった。

本棚は滝壺までは水量が多く行けなかったが、かなり側から見ることが出来た。
こちらの滝も見事!
畦が丸に行って、滝を見ずに帰るのはもったいない。

本棚を過ぎると一気に急登になるが、登山道は登りやすい。

善六ノタワを過ぎた辺りから小さな虫が沢山いた。チクッときたので嫌な予感はしたが…。

山頂は見晴らしがなく、虫が沢山いてベンチで座っているどころではなかったので、畦が丸避難小屋へ避難。
避難小屋周辺にはアブ?が沢山飛んでいた。

畦が丸から白石峠までは、多少のアップダウンはあるものの、気持ちのいい尾根道。
所々、木の合間からちょことっと見える程度で、景色がないのが残念。
メンバーが言うには、冬になると葉が落ちて、視界が開けるとの事。
次は秋、冬に来てみようか。

白石峠からの下山は、登山道は荒れているし、渡渉が多い。
渡渉の苦手な私は、メンバーの手を借りながら…でないと、まともに渡れず…。
一人では絶対に来れない。

家に帰ってから、耳と目に違和感が…。
翌朝、パンパンに腫れ上がり、病院に行くことに。
恐らくブユに刺されたのであろう。
最悪だ…。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:221人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ