また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3467073 全員に公開 ハイキング 甲斐駒・北岳

夏の忘れ物を探しに 千頭星山・甘利山 猛暑だからこそここに

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年08月28日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ、甲府はこの日37度を超えたそうだ。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
甘利山駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間13分
休憩
38分
合計
3時間51分
S甘利山グリーンロッジ駐車場07:1907:37鍋頭07:3807:40甘利山07:4508:09奥甘利山08:2109:04御所山・青木鉱泉分岐09:0509:08大西峰09:21原っぱ09:31千頭星山09:4309:48原っぱ09:58大西峰10:28奥甘利山10:3010:51甘利山10:5410:57鍋頭10:5911:09つつじ苑11:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報双葉SA
道の駅「信濃蔦木宿」
過去天気図(気象庁) 2021年08月の天気図 [pdf]

写真

 双葉サービスエリアにて、朝食に食べたそば。甘利山登山口に向かいましょうか。
2021年08月28日 06:00撮影 by iPad Air (4th generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 双葉サービスエリアにて、朝食に食べたそば。甘利山登山口に向かいましょうか。
1
 あまり山の駐車場になります、朝7時20分の時点ではまだこんな感じ。これから続々と来るでしょう。
2021年08月28日 07:19撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 あまり山の駐車場になります、朝7時20分の時点ではまだこんな感じ。これから続々と来るでしょう。
2
 とりあえず甘利山は2回目、前回はそこで雨が降ってきて撤退した。
2021年08月28日 07:19撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 とりあえず甘利山は2回目、前回はそこで雨が降ってきて撤退した。
 甘利山荘、その左側を登っていきましょう。
2021年08月28日 07:20撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 甘利山荘、その左側を登っていきましょう。
 ワレモコウとツリガネニンジン、あまり山は花の山です。
2021年08月28日 07:21撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 ワレモコウとツリガネニンジン、あまり山は花の山です。
 四阿を横目に見ながら進みます。
2021年08月28日 07:25撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 四阿を横目に見ながら進みます。
 ハクサンフウロ、この日はもう大分減ってしまっていますが、散発で見られました。
2021年08月28日 07:26撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 ハクサンフウロ、この日はもう大分減ってしまっていますが、散発で見られました。
 マルバダケブキを吸蜜するコヒョウモンでしょうかね、
2021年08月28日 07:30撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 マルバダケブキを吸蜜するコヒョウモンでしょうかね、
2
 ついでに、キアゲハ。結構望遠です。
2021年08月28日 07:32撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 ついでに、キアゲハ。結構望遠です。
1
 途中にある丘、ベンチなどがあり、休憩することができます。
2021年08月28日 07:36撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 途中にある丘、ベンチなどがあり、休憩することができます。
 木道を越えて手前に見えるピークが甘利山です。
2021年08月28日 07:37撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 木道を越えて手前に見えるピークが甘利山です。
3
 ジャノメチョウが暑そうに留まっていましたね。黒っぽいから・・・
2021年08月28日 07:37撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 ジャノメチョウが暑そうに留まっていましたね。黒っぽいから・・・
 ハナイカリ、今回はここにのみありました。前回来たときは結構見られたんですけどね。
2021年08月28日 07:38撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 ハナイカリ、今回はここにのみありました。前回来たときは結構見られたんですけどね。
 カワラナデシコでしょうかね。
2021年08月28日 07:40撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 カワラナデシコでしょうかね。
 というわけで、23分で甘利山山頂にやってきました。まあ、コースタイム通りかな。
2021年08月28日 07:42撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 というわけで、23分で甘利山山頂にやってきました。まあ、コースタイム通りかな。
3
 山梨百名山になりますね。2回目の登頂です。
2021年08月28日 07:43撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 山梨百名山になりますね。2回目の登頂です。
3
 次の稜線の左側が今日の目標かな。千頭星山になります。
2021年08月28日 07:43撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 次の稜線の左側が今日の目標かな。千頭星山になります。
 この分岐は左側に向かいましょう。
2021年08月28日 07:45撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 この分岐は左側に向かいましょう。
 いったんは鞍部まで下っていきます。40m下って150m登る感じでしょうか。
2021年08月28日 07:48撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 いったんは鞍部まで下っていきます。40m下って150m登る感じでしょうか。
 鞍部にあった分岐、大笹池には今回は行かない。次回の訪問があるかどうかはわかりませんが。
2021年08月28日 07:50撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 鞍部にあった分岐、大笹池には今回は行かない。次回の訪問があるかどうかはわかりませんが。
 振り返って甘利山、山頂付近は草原になっていることがわかりますね。
2021年08月28日 07:59撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 振り返って甘利山、山頂付近は草原になっていることがわかりますね。
 登山道は山頂を巻いていますが、山頂に向かう道もあるので、行ってみましょう。
2021年08月28日 08:12撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 登山道は山頂を巻いていますが、山頂に向かう道もあるので、行ってみましょう。
 はい、ここが奥甘利山になります。ここで、本日初の給水。0.3リットルほど。
2021年08月28日 08:13撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 はい、ここが奥甘利山になります。ここで、本日初の給水。0.3リットルほど。
3
 ここからの道は、笹と樹木の道。また、40mほど下って200mほど登ります。
2021年08月28日 08:24撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 ここからの道は、笹と樹木の道。また、40mほど下って200mほど登ります。
 おお、眼鏡、メガネ、めがな。誰のだろうか。
2021年08月28日 08:39撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 おお、眼鏡、メガネ、めがな。誰のだろうか。
 真横を撮影、意外に厳しい登りだ。
2021年08月28日 08:43撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 真横を撮影、意外に厳しい登りだ。
 木に打ち付けられていた看板、矢印が消えているのでここが山頂に思えてくる。
2021年08月28日 08:53撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 木に打ち付けられていた看板、矢印が消えているのでここが山頂に思えてくる。
1
 さあ、稜線の分岐です。千頭星山に向かいましょう。ここでも、0.3リットルの給水。
 ここからコースタイム38分。
2021年08月28日 09:02撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 さあ、稜線の分岐です。千頭星山に向かいましょう。ここでも、0.3リットルの給水。
 ここからコースタイム38分。
 左側の山が千頭星山だが、もうすぐ雲で隠れそう。
2021年08月28日 09:10撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 左側の山が千頭星山だが、もうすぐ雲で隠れそう。
 10分で大分近づいたなあ。
2021年08月28日 09:20撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 10分で大分近づいたなあ。
 分岐から28分で山頂にやってきました。そう、「山梨百名山」「山梨県の山」「中央線から見える山」などに選ばれています。
2021年08月28日 09:28撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 分岐から28分で山頂にやってきました。そう、「山梨百名山」「山梨県の山」「中央線から見える山」などに選ばれています。
3
 三角点は二等。この先に展望地があるということですが、もう曇ってしまっているので行かず。
2021年08月28日 09:28撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 三角点は二等。この先に展望地があるということですが、もう曇ってしまっているので行かず。
3
 同じ道を戻ります、広い稜線を戻ります。
2021年08月28日 09:45撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 同じ道を戻ります、広い稜線を戻ります。
 おいおい、山頂を辞したら晴れてくるとはどういうことだ?
2021年08月28日 09:50撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 おいおい、山頂を辞したら晴れてくるとはどういうことだ?
 タマガワホトトギス、行には気づかなかったか。今咲いたか。
2021年08月28日 10:21撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 タマガワホトトギス、行には気づかなかったか。今咲いたか。
2
 1つめの鞍部、ここから40mほど登る。
2021年08月28日 10:24撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 1つめの鞍部、ここから40mほど登る。
 おお、ノンストップで来たぜ。奥甘利山山頂には行かない。
2021年08月28日 10:29撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 おお、ノンストップで来たぜ。奥甘利山山頂には行かない。
 晴れたり曇ったりの1日、ちょうどいいときに曇るんだなあ。日頃の行いが悪いのかなあ。
2021年08月28日 10:38撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 晴れたり曇ったりの1日、ちょうどいいときに曇るんだなあ。日頃の行いが悪いのかなあ。
 また、鞍部より40m上げます。
2021年08月28日 10:46撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 また、鞍部より40m上げます。
 戻ってきました甘利山。結構ここのみを目的にして来る人も多いようです。
2021年08月28日 10:52撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 戻ってきました甘利山。結構ここのみを目的にして来る人も多いようです。
1
 ヤマハハコは高山植物メジャー級。
2021年08月28日 10:55撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 ヤマハハコは高山植物メジャー級。
 羽がボロボロになり、色も薄くなってしまったキアゲハ。
2021年08月28日 10:58撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 羽がボロボロになり、色も薄くなってしまったキアゲハ。
 鐘があったことに行きは気づきませんでしたね。
2021年08月28日 10:59撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 鐘があったことに行きは気づきませんでしたね。
 甘利山荘はこの時間やっていて、ソフトクリームなどが売っていました。
2021年08月28日 11:08撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 甘利山荘はこの時間やっていて、ソフトクリームなどが売っていました。
 はい、駐車場に戻ってきました。大分増えていますねえ。
2021年08月28日 11:09撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 はい、駐車場に戻ってきました。大分増えていますねえ。
1
 道の駅「信州蔦木宿」にて、八ヶ岳ざるそば。麺の味が濃くて、歯ごたえもよい、好きなタイプの蕎麦。
2021年08月28日 12:59撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 道の駅「信州蔦木宿」にて、八ヶ岳ざるそば。麺の味が濃くて、歯ごたえもよい、好きなタイプの蕎麦。
3
 道の駅に併設されている「つたの湯」、低めの温度でゆっくり入れるのがいい。
2021年08月28日 13:07撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 道の駅に併設されている「つたの湯」、低めの温度でゆっくり入れるのがいい。
1
 水分補給、ダイエットコーラにて。
2021年08月28日 14:13撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 水分補給、ダイエットコーラにて。

感想/記録

 ここにいつ行こうか、数年前から思っていました。かつて、甘利山までは来たことがある。甘利山で雨に会いほうほうの態で下ったのだ。韮崎方面から車で結構なドライブ、しかも1車線ですれ違いに気を遣うような道、一度で済むなら一度で済ませたい道なのだ。
 しかしながら、千頭星山までたどり着いていないためにまた来ることにした。そういう時は朝早くドライブするに限る。車中泊していた双葉SAで朝食を摂り早速甘利山の駐車場を目指した。
 朝だから、追いつき・追いつかれはあると思っていたがすれ違いはないと思っていたが、ここで3台とすれ違い。朝一で日の出を見て下ってきたのだろうか、駐車場のテラスからだけでもいい雰囲気なので、朝の時間をここで過ごして下ってくる人がいてもおかしくないなあと思った。(実際、椅子を出して朝食を食べながら時間を過ごしている人も多かった)
 そう、ここはもう標高が1600mを越えていて、涼しいのだ。甲府は猛暑日が予想されている、こういう日は登山口の標高が高いような山を選択するのはいいことだ。

 2人組が出発したのを見計らってこちらも出発する。とりあえず甘利山までは知っている道だ。そして、高山植物を撮影するならば甘利山までだ。チョウも出始めていた、きっと帰るころにはたくさんのチョウが来ていることだろうと期待をしながら甘利山を通過した。
 奥甘利山まで40m下って100mほど登る。看板があり山頂まで1分程度で行けそうなので寄っておく。そうすれば帰りに寄る必要がなくなるわけだ。奥甘利山で最初の休憩、水分補給を行った。
 
 ここからまた40m下って鞍部、次の分岐までは200mほど登る。ここがこのコースの正念場であろうか。しかしながら、一定の斜度であり、滑りやすいところもないので基本的に楽に登ることができる。
 分岐でまた休憩、ここからは稜線をコースタイム38分である。この稜線も基本的に少々登っているがあまり足に感じることがないくらいの負担だ。そして最後に30m標高を上げたら山頂となる。ここでも給水、もう1リットルのスポーツドリンクを飲み切ってしまった。まあ、あと、もう一本ある。帰りで1リットルは飲まないであろうという計画である。
 やはり、標高が高いと涼しい、本当はずっとここにいたいくらいだが息が整ってくるとまた動きたくなってしまう、嫌なサガだ。
 ペースを人に合わせるとか、優雅な時間を過ごすということは苦手で、頭の中はもう温泉のことを考えている。そうなると、息が整うともう歩き出してしまうのだ。

 下は結構すぐに下って来れたように感じる。休憩も取らなかった。下り基調なので息も乱れなかった。そして、登りの登山者とたくさんすれ違った。結構長い林道の運転があるので、普通はこれくらいが出発なんだろうなあと思う。
 甘利山からはまた写真撮影しながらゆっくりと下ってきた。15人くらいの団体さんは甘利山までだそうだ。そこまででも楽しめるのが甘利山だ。
 この地域における高山植物の山として非常にユニークな山だと思う。千頭星山もいいが個人的には甘利山推しである。

 さて、千頭星山を登って「山梨県の山」が残り9座となった。来年あたりで達成できるように少しずつ登っていきたい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:265人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/8/15
投稿数: 1909
2021/8/30 18:16
aideieiさん、こんばんは。

このコースはゆるハイクって感じで、良いですよね。
自分も2度歩いていますけど。次はレンゲツツジが満開の季節に行きたいと思っています。
・・・混みそうですけど。
登録日: 2013/8/29
投稿数: 3072
2021/8/31 16:41
 MonsieurKudoさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
 予想通り、意外と涼しく、楽しめた山でした。でも、汗の量は半端なかったですね。
 前回甘利山に登ったのも8月末、高山植物や蝶というイメージが強い山です。レンゲツツジかぁ、どんな風に咲くか調べてみます。
 aideieiでした。
登録日: 2013/10/11
投稿数: 4400
2021/9/2 7:52
甘利山に千頭星山
確かにツツジの季節によくレコで見るお山のような
山梨百 意外とタフなお山も多そうですが
残り9座 頑張ってください
登録日: 2013/8/29
投稿数: 3072
2021/9/4 13:51
 cyberdocさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
 山梨百名山はまだまだ残っています。あと9座になったのは「分県登山リスト 山梨県の山」です。山梨百名山の厳しいところがなくなったようなリストです。
 それにしても「甲斐百山」とか「甲州百山」とか、山梨県は結構リストがあります。
 神奈川県は「分県登山リスト 神奈川県の山」のみ、「神奈川百名山」もあるらしいがどんな山が選ばれているのかはわかりません。
 aideieiでした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ