また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3509769 全員に公開 ハイキング 霊仙・伊吹・藤原

苔ワールド最後にコケる(鈴北岳-鈴ヶ岳-御池岳-藤原岳)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年09月12日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
【簡易パーキングふじわら】広いし、無料だし、お手洗いもあるしで使いやすいです。聖宝寺登山口からは1.6km。なお、大貝戸登山口の駐車場は閉鎖だったようなので、各自確認の上おいでになって下さい。
【鞍掛トンネル東口駐車場】全部で20台くらい停められそうですが、日によっては結構早く埋まるそうです。この日も6時過ぎで5台ほど停まっていました。なお、冬期はR306が通行止めになるので、この駐車場は使えません。確認が望ましいです。R306は滋賀県側で複数箇所工事中交互通行です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【鞍掛トンネル東口駐車場-鈴北岳】鞍掛峠までは結構急登です。峠を過ぎると傾斜は緩みます。危険箇所はありません。迷い箇所も特にありません。ヒルはいました。
【鈴北岳-鈴ヶ岳】山と高原地図では破線ですが、危険箇所は特にありません。踏み跡もまずまずしっかり見えますが、テープは少なめ。まあ、「こっちだ」と思う方に行けば大体正解ですが、ある程度の歩き慣れと地図の確認はした方が良いと思いました。傾斜は部分的に急なところがあります。
【鈴北岳-御池岳】比較的ゆったりとした道です。踏み跡はしっかりしているし、それに従えば大丈夫ですが、テープは少なめです。また、山と高原地図のルートは一部間違っています。危険箇所はありません。
【御池岳-カタクリ峠】なかなか急な下りです。山と高原地図のルートは一部間違っていますが、ヤマレコまたはYAMAPのルート通りに行けばよいです。
【カタクリ峠-藤原山荘】多くの箇所は尾根を歩けばいいので、あまり迷う要素はありませんが、標識はあまりありません。部分的に急な登りがあります。危険箇所はありません。
【藤原山荘-藤原岳】特に問題はありません。
【藤原山荘-聖宝寺】8合目分岐までは、急なガレ道とはいえ、とりわけ危険ではないし、下っているぶんにはさほどきつくもありません。分岐から聖宝寺への道に入ると、急な下りが連続し、集中力と膝の力が削られます。さらに、岩・小石・粘土・落ち葉などの滑りポイントが入れ替わり立ち替わり登場します。私も岩に足を置いた瞬間、滑ると思って二歩目でリカバーするつもりが、間に合わなくてスリップしました。

写真

簡易パーキングふじわら。広いし、お手洗いもきれいです。無料。今回は、大貝戸登山口の駐車場が閉鎖中だったため、この駐車場を東側起点にしました。
2021年09月12日 05:46撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
簡易パーキングふじわら。広いし、お手洗いもきれいです。無料。今回は、大貝戸登山口の駐車場が閉鎖中だったため、この駐車場を東側起点にしました。
1
西側起点は鞍掛トンネル東口駐車場。2箇所で20台くらい停められそうですが、6時過ぎで5台ほど停まっていました。お手洗いありません。携帯電波は入りませんでした。
2021年09月12日 06:17撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側起点は鞍掛トンネル東口駐車場。2箇所で20台くらい停められそうですが、6時過ぎで5台ほど停まっていました。お手洗いありません。携帯電波は入りませんでした。
1
駐車場の東端から登山路に入ります。
2021年09月12日 06:20撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場の東端から登山路に入ります。
ザレた道を結構急角度で登って高度を上げていきます。ヒルいます。
2021年09月12日 06:36撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザレた道を結構急角度で登って高度を上げていきます。ヒルいます。
鞍掛峠到着。トンネル西口からの道と合流します。
2021年09月12日 06:38撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍掛峠到着。トンネル西口からの道と合流します。
今日はこむさんとゆきさんがご一緒下さいました。峠からは斜度は緩みます。
2021年09月12日 06:49撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はこむさんとゆきさんがご一緒下さいました。峠からは斜度は緩みます。
1
苔の間を歩きます。
2021年09月12日 07:05撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔の間を歩きます。
数少ない青空の写真。
2021年09月12日 07:07撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数少ない青空の写真。
鈴北岳が見えてきました。
2021年09月12日 07:09撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴北岳が見えてきました。
伊勢湾が見えます。
2021年09月12日 07:12撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊勢湾が見えます。
苔越しに。
2021年09月12日 07:13撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔越しに。
もう少しで山頂です。
2021年09月12日 07:28撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しで山頂です。
霞んでいますが琵琶湖も見えます。
2021年09月12日 07:30撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霞んでいますが琵琶湖も見えます。
鈴北岳到着。
2021年09月12日 07:31撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴北岳到着。
苔越しに伊吹。
2021年09月12日 07:36撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔越しに伊吹。
1
鈴ヶ岳に向かっています。テープは少なめ。まあ、こっちだと思った方に行けば大体正解でした。
2021年09月12日 07:52撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴ヶ岳に向かっています。テープは少なめ。まあ、こっちだと思った方に行けば大体正解でした。
山頂近くは北鈴鹿らしい岩が。
2021年09月12日 07:57撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂近くは北鈴鹿らしい岩が。
丸い穴。
2021年09月12日 08:17撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸い穴。
鈴北岳まで戻ってきました。
2021年09月12日 08:21撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴北岳まで戻ってきました。
お池岳へ。
2021年09月12日 08:27撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お池岳へ。
この辺が日本庭園でしょうか。
2021年09月12日 08:30撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺が日本庭園でしょうか。
御池山頂が見えてきました。
2021年09月12日 08:38撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池山頂が見えてきました。
山頂到着。雪の時とは印象が違います。
2021年09月12日 08:55撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着。雪の時とは印象が違います。
1
北に降りています。結構急な下りでした。
2021年09月12日 09:13撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北に降りています。結構急な下りでした。
苔ワールド。
2021年09月12日 09:24撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔ワールド。
2
カタクリ峠。
2021年09月12日 09:37撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリ峠。
白瀬峠方向の分岐を辿ります。
2021年09月12日 09:44撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白瀬峠方向の分岐を辿ります。
テープは少なめですが、尾根を行けばいいので、あまり迷いません。
2021年09月12日 09:46撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テープは少なめですが、尾根を行けばいいので、あまり迷いません。
冷川岳。
2021年09月12日 10:03撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷川岳。
1
白瀬峠。2月はここから真の谷へ急降下しました。
2021年09月12日 10:12撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白瀬峠。2月はここから真の谷へ急降下しました。
峠を過ぎると結構登ります。
2021年09月12日 10:20撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠を過ぎると結構登ります。
御池岳に雲がかかってきました。
2021年09月12日 10:28撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池岳に雲がかかってきました。
頭陀ヶ平(ヤマレコの地図は文字が間違っています)。
2021年09月12日 10:34撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頭陀ヶ平(ヤマレコの地図は文字が間違っています)。
ここも苔がきれい。
2021年09月12日 10:35撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも苔がきれい。
昼食休憩後、再出発。
2021年09月12日 11:06撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食休憩後、再出発。
カルスト地形が面白い。
2021年09月12日 11:11撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カルスト地形が面白い。
1
天狗岩に着きました。
2021年09月12日 11:22撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩に着きました。
1
藤原岳から竜ヶ岳方向ですが、真っ白です。
2021年09月12日 11:24撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳から竜ヶ岳方向ですが、真っ白です。
1
樹林を抜けると苔の道に。
2021年09月12日 11:41撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林を抜けると苔の道に。
藤原山荘のお手洗い。前よりきれいになっているような気がするのですが、気のせい?
2021年09月12日 11:55撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原山荘のお手洗い。前よりきれいになっているような気がするのですが、気のせい?
藤原岳に向かっています。藤原山荘方面。
2021年09月12日 12:01撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳に向かっています。藤原山荘方面。
山頂に着きました。
2021年09月12日 12:07撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に着きました。
1
西の山にダイナミックな雲が。
2021年09月12日 12:12撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の山にダイナミックな雲が。
しばらく写真がありませんが、下山にかかっています。8合目の分岐を聖宝寺方向へ。
2021年09月12日 12:45撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく写真がありませんが、下山にかかっています。8合目の分岐を聖宝寺方向へ。
しかし、この道が相当に大変。急な下りが延々と続くし、足元はスベりやすいところが多いし、膝に響きました。
2021年09月12日 13:00撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、この道が相当に大変。急な下りが延々と続くし、足元はスベりやすいところが多いし、膝に響きました。
もうちょっと。
2021年09月12日 13:34撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうちょっと。
最後にダム横を登ります。
2021年09月12日 13:35撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後にダム横を登ります。
ここ、増水したら帰れない?
2021年09月12日 13:36撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ、増水したら帰れない?
ルートは階段を降りるようなのですが、左の舗装路を歩いて、まっすぐ駐車場を目指すことにしました。
2021年09月12日 13:38撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートは階段を降りるようなのですが、左の舗装路を歩いて、まっすぐ駐車場を目指すことにしました。
通過後はフェンスを元に戻しました。
2021年09月12日 13:50撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通過後はフェンスを元に戻しました。
藤原の振り返り。
2021年09月12日 13:54撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原の振り返り。
戻ってきました。Kan-i Parikingなんですね。
2021年09月12日 14:02撮影 by DSC-RX100M5A, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻ってきました。Kan-i Parikingなんですね。
1

感想/記録
by pers

そこはかとなく鈴鹿山脈軌跡連結(油日岳から霊仙山まで)を目論んでいるのですが、2月に御池岳に登るも、雪の中だったので、藤原岳とも連結できていないし、北鈴鹿への橋渡しも中途半端。そんなわけで、鞍掛峠から藤原岳をつないでおきたくて、しかし付き合ってくれそうな人に困ったので、ゆきさんをたぶらかして立案したら、こむさんも一緒に来てくれることになりました。

両端に自動車を置いて縦走するつもりが、大貝戸登山口の駐車場が閉鎖になっているとのことで、急遽簡易パーキングふじわらに集合してここを起点にすることとしました。その後鞍掛トンネル東口駐車場に移動。6時過ぎなのに既に5台余りの車が到着しており、ちょっとびびりました。

準備を終えて、鞍掛峠経由で鈴北岳へ。空は上層雲が99%とあいにくの天候で真っ白です。しかし、伊勢湾、伊吹山、琵琶湖などが遠くに望めて、なかなか美しかったです(惜しむらくは青空のないこと)。1時間あまりで鈴北岳に到着し、ここから鈴ヶ岳まで往復。山と高原地図では破線ですが、危険ルートではありませんでした。鈴北岳まで戻ってから、日本庭園や真の池を経て御池岳へ。テーブルランドはこないだ行ったので、ここから北に降りて先を急ぎます。

カタクリ峠で東に曲がって冷川岳方向へ。頭陀ヶ平で昼食休憩を取り、天狗岩に到達。眺望を期待していたのですが、この頃から西側に雲が巻き起こり、西方向は真っ白でした。藤原山荘から下山しようかという誘惑に駆られるも、ゆきさんが「やはり藤原まで行きましょう」とご熱心で、山頂まで往復。山頂から見た湧き雲がなかなか迫力ありました。

その後、大貝戸ではなくて聖宝寺に向けて降りました。前回は大貝戸に降りたので、まあ私の希望でもあったわけですが、これがなかなかきっつい下りでした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:204人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ