また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3513081 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

唐松岳〜櫛形山〜団子沢山〜夜叉神峠(芦安温泉からの周回)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年09月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候高曇り→ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
●クルマ
芦安温泉 岩園館隣の駐車スペース

●自転車
夜叉神峠入口にデポ
 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間43分
休憩
46分
合計
10時間29分
S芦安温泉05:1807:131590m地点07:391740m 小ピーク07:55唐松岳07:5708:15アヤメ平08:1808:33裸山08:3909:06櫛形山09:1509:25櫛形山09:44池ノ茶屋登山口10:48唐松峠11:57ドノコヤ峠12:0813:26団子沢山13:2914:02樺平14:14中池14:1514:37高谷山14:49夜叉神峠15:15夜叉神峠登山口15:2615:34芝平橋15:37栄明橋15:40林道南アルプス線ゲート15:46芦安温泉15:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●芦安温泉(岩園館)〜唐松岳
芦安温泉(740m)から唐松岳山頂(1856.4)まで高低差1100mを一気に登ります。
踏み跡は薄いところもありますが、テープ&リボンなどの目印はあります。
藪を漕ぐようなところはありません。

●唐松岳〜アヤメ平〜裸山〜櫛形山
一般登山道。よく整備されています。
いくつかの鹿除け柵を開け閉めしながら進みます。
櫛形山の三角点は頂上標のあるピークから南に550mほど南にあります。
おそらく富士山の眺望のあるこちらのピークを山頂にしたではないかと。

●櫛形山〜池ノ茶屋登山口駐車場
一般登山道。南アルプスの眺望が良い。

●池ノ茶屋登山口駐車場〜唐松峠
池ノ茶屋登山口駐車場から北岳展望台への遊歩道を進み、
鞍部から高低差100mほど急登して主尾根に乗ります。
しばらくは緩やかなアップダウンが続きますが、
1900mを過ぎると唐松峠までP1833を経由して高低差260mほど急降下。

●唐松峠〜ドノコヤ峠
唐松峠からドノコヤ峠までは今回のルートの中では一番タイヘンな区間でした。
藪漕ぎは皆無ですが、急峻なアップダウンと獣道か踏み跡か判然としないトラバース道。
1737手前のピーク(北に方向を変えるところ)まではトラバース道に
引き込まれてしまいました。
先行きが徐々に怪しくなってきたため、斜面を強引に登り返して尾根上に出ました。
1737手前のピークからドノコヤ峠までは1kmに渡って白いお助けロープが
張ってあって(南アルプスフロントトレイルの整備の一環かと)、
これに従って進めばルーファイの必要はありません。

●ドノコヤ峠〜団子沢山
ドノコヤ峠から団子沢山までは1683、1667を経由して高低差210mほどの登り返し。
道は落ち着きます。基本尾根上を進むのがよいでしょう。

●団子沢山〜夜叉神峠入口
団子沢山からは、これまでもよりも踏み跡&マーキングも格段に濃くなります。
樺平〜中池までは平坦なルートが続き、中池からひと登りで高谷山へ。
ここから先は一般登山道。夜叉神峠を経て夜叉神峠入口まで下ります。

●夜叉神峠入口〜芦安温泉(岩園館)
およそ8.8kmの車道歩き。自転車を利用。
 

写真

芦安温泉岩園館脇の駐車スペースからスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芦安温泉岩園館脇の駐車スペースからスタート
2
テキトーに登っていきます。踏み跡ないしけっこう急
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テキトーに登っていきます。踏み跡ないしけっこう急
2
960mまで登ると車道に出ます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
960mまで登ると車道に出ます
1
車道を跨いで取り付きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道を跨いで取り付きます
1
ここからは踏み跡は薄いもののテープ&リボンが導いてくれます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは踏み跡は薄いもののテープ&リボンが導いてくれます
2
ところどころに朽ちた古い標識
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころに朽ちた古い標識
1
1610付近で謎の林道とぶつかりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1610付近で謎の林道とぶつかりました
1590までは急ですがここを過ぎると緩やかに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1590までは急ですがここを過ぎると緩やかに
1
標高を上げると唐松林へと変わり始め…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を上げると唐松林へと変わり始め…
2
踏み跡が濃くなると…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡が濃くなると…
1
ここからは一般道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは一般道。
1
緩やかで歩きやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかで歩きやすい
1
アヤメ平手前から獣除けの柵
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アヤメ平手前から獣除けの柵
アキノキリンソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウ
2
トリカブト。秋だなぁ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブト。秋だなぁ
2
櫛形山の周辺一帯はなだらか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫛形山の周辺一帯はなだらか
1
裸山に立ち寄り。目の前にドーンと白峰三山。右はアサヨと甲斐駒
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裸山に立ち寄り。目の前にドーンと白峰三山。右はアサヨと甲斐駒
5
反対側は富士山。レンズ雲になっているところ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側は富士山。レンズ雲になっているところ
マツムシソウ。こちらも秋を感じさせる花ですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マツムシソウ。こちらも秋を感じさせる花ですね
3
なんだか落ち着く景色
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだか落ち着く景色
3
バラボタン平。寝転がりたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バラボタン平。寝転がりたい
2
山頂まであと少し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まであと少し
1
櫛形山山頂に到着。お初です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫛形山山頂に到着。お初です
2
山梨百名山の頂上標
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山梨百名山の頂上標
1
富士山。おそらくこの眺望があるから三角点ピークとは別にこちらに頂上標を置いたのだと思う
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山。おそらくこの眺望があるから三角点ピークとは別にこちらに頂上標を置いたのだと思う
5
頂上標のある山頂からさらに進んだ先にも富士山がきれいに見える場所があります。樹林が額縁みたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上標のある山頂からさらに進んだ先にも富士山がきれいに見える場所があります。樹林が額縁みたい
2
こちらが頂上標のあるピークから550mほど南にある櫛形山の三角点ピーク。眺望はなく地味
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらが頂上標のあるピークから550mほど南にある櫛形山の三角点ピーク。眺望はなく地味
3
三角点から先はボーナスステージ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点から先はボーナスステージ
2
時おり富士山も眺めながら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時おり富士山も眺めながら
2
北岳〜間ノ岳を結ぶ3000mのスカイライン。右奥には甲斐駒
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳〜間ノ岳を結ぶ3000mのスカイライン。右奥には甲斐駒
4
こちらは白峰南嶺
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは白峰南嶺
3
雲がなかったら赤石とか悪沢とかが見えていたはず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲がなかったら赤石とか悪沢とかが見えていたはず
1
富士山もここで見納め
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山もここで見納め
小屋が見えてきました。池ノ茶屋登山口です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋が見えてきました。池ノ茶屋登山口です
1
池ノ茶屋林道終点の駐車場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池ノ茶屋林道終点の駐車場
北岳展望台へ続く遊歩道に入ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳展望台へ続く遊歩道に入ります
鞍部からテキトーに西に進むと…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部からテキトーに西に進むと…
踏み跡ありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡ありました
1
高低差100mほど急登すると…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高低差100mほど急登すると…
1
主尾根に乗ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主尾根に乗ります
1
しばらくは緩やかなアップダウンが続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは緩やかなアップダウンが続きます
1
1710m付近の崩落地より
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1710m付近の崩落地より
崩落地より。鳳凰三山と奥に甲斐駒。手前がこれから進む夜叉神峠への尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地より。鳳凰三山と奥に甲斐駒。手前がこれから進む夜叉神峠への尾根
5
尾根も痩せ始めます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根も痩せ始めます
1
唐松峠まで急降下
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松峠まで急降下
なんとなく踏み跡があるトラバースを進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとなく踏み跡があるトラバースを進みます
1
振り返って櫛形山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って櫛形山
踏み跡か獣道か判然としないままトラバースを続けます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡か獣道か判然としないままトラバースを続けます
1
この辺りでなんとなく怪しいなぁと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りでなんとなく怪しいなぁと
1
この後、明らかにおかしいと感じ斜面を強引に登って尾根まで上がるとドンピシャ標識が!(って全然威張れない。。。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後、明らかにおかしいと感じ斜面を強引に登って尾根まで上がるとドンピシャ標識が!(って全然威張れない。。。)
4
1737手前のピークで大きく方角を北に変えるところからドノコヤ峠まではおよそ1kmに渡って白いお助けロープが張ってあってこれに捕まって進めばルーファイの必要もありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1737手前のピークで大きく方角を北に変えるところからドノコヤ峠まではおよそ1kmに渡って白いお助けロープが張ってあってこれに捕まって進めばルーファイの必要もありません
2
尾根も痩せています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根も痩せています
1
ドノコヤ峠に到着。ここでひと休み
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドノコヤ峠に到着。ここでひと休み
「奈良田←→芦安」の古い標識が趣深し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「奈良田←→芦安」の古い標識が趣深し
1
唐松峠〜ドノコヤ峠間のトラバースに懲りたので、峠からは尾根上を進むようにしました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松峠〜ドノコヤ峠間のトラバースに懲りたので、峠からは尾根上を進むようにしました
1
こういうの見るとちょっと嬉しくなっちゃう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういうの見るとちょっと嬉しくなっちゃう
2
団子沢山の手前の1700m付近にかなり大きな薙
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
団子沢山の手前の1700m付近にかなり大きな薙
1
上から見下ろします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から見下ろします
2
団子沢山まであと少し!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
団子沢山まであと少し!
団子沢山の三角点が現れました。木の標識には何が書いてあったのかはもう分かりません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
団子沢山の三角点が現れました。木の標識には何が書いてあったのかはもう分かりません
1
三角点の先に標柱。団子は1つもありませんでしたが。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点の先に標柱。団子は1つもありませんでしたが。。。
1
この辺りは南アというよりは奥秩父っぽい雰囲気
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは南アというよりは奥秩父っぽい雰囲気
2
団子沢山から先は歩きやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
団子沢山から先は歩きやすい
踏み跡&マーキングも格段に濃くなります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡&マーキングも格段に濃くなります
この一帯だけすごい密度で菌糸類が育ってました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この一帯だけすごい密度で菌糸類が育ってました
1
集合体恐怖症の気があるボクにはいささかハードルが高かったけど珍しかったのでパチリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
集合体恐怖症の気があるボクにはいささかハードルが高かったけど珍しかったのでパチリ
5
アップで。どういうことになったらこういうことになるんだろ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで。どういうことになったらこういうことになるんだろ?
1
樺平の新しい標柱が立っているところから。晴れていれば絶景でしょう。手前に見えているのは滝ノ沢頭山でしょうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樺平の新しい標柱が立っているところから。晴れていれば絶景でしょう。手前に見えているのは滝ノ沢頭山でしょうか
2
しばらく先に進むと古いかんば平の標識
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく先に進むと古いかんば平の標識
1
中池から高谷山までは高低差120mほどの登り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中池から高谷山までは高低差120mほどの登り
1
高谷山(1842.1)に到着。立派な標識
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高谷山(1842.1)に到着。立派な標識
3
ここからは一般登山道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは一般登山道
1
夜叉神峠から登山口までの区間って何気にいい雰囲気だよなぁ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜叉神峠から登山口までの区間って何気にいい雰囲気だよなぁ
2
夜叉神峠の登山口に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜叉神峠の登山口に到着
デポしておいた自転車で一気に芦安温泉まで下りました。お疲れ様でした!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デポしておいた自転車で一気に芦安温泉まで下りました。お疲れ様でした!
4

感想/記録

お初の櫛形山。
芦安温泉から廃道を登って、夜叉神峠に下りました。
スタートからアヤメ平までと池ノ茶屋から夜叉神峠までは一人旅。
いつものように二人で歩くのもいいんだけど、たまに一人で歩くのもいいもんだ。
久々に小仏渋滞20kmをくらったけど。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:337人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/16
投稿数: 3651
2021/9/16 20:17
南アルプスのレコちょこちょこ参考にさせて頂いてます。
芦安の旅館の方が整備に尽力されてらっしゃるようですね。
夜叉神峠は何度も通っていてこの周回結構意識してます。
南嶺主稜線とりあえず歩きつなぐと取り付き尾根やらフロントトレイルも良いかなぁと。
夜叉神峠から登山口、いつも暗い時間や下山の急ぎ足であまり堪能できてないんですがあの雰囲気は私も好きです。
そのうち歩いてみたいなぁと思ってるのでまた参考にさせてください。
登録日: 2010/8/26
投稿数: 356
2021/9/17 10:15
tomhigさん

今回、このルートを歩いたことで
夜叉神からの赤線を延ばすことができてよかったです。
久々の単独で長距離運転はツライので、
アプローチがラクな芦安起点は一石二鳥でした。

首都圏に住む者にとって、南部&深南部、152号側は、
アプローチするだけで覚悟が必要ですが、
フロントトレイルはその点、気軽で良いですよね。

コメントいただき、ありがとうございます!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ