また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3692024 全員に公開 山滑走 剱・立山

薬師岳・初滑り

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年10月29日(金) ~ 2021年10月30日(土)
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・有峰林道は夜間通行止めで、午前6時〜午後8時のみ利用可能
http://www.arimine.net/toll_road2.html
経路を調べる(Google Transit)
GPS
15:18
距離
27.4 km
登り
2,100 m
下り
2,105 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち33%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間19分
休憩
3時間23分
合計
8時間42分
S折立07:1707:20十三重之塔 慰霊碑08:23太郎坂08:3109:05青淵三角点09:2309:34積雪深計測ポール10:50五光岩ベンチ11:16太郎兵衛平11:44太郎平小屋14:3014:41太郎山15:45太郎山15:5615:59太郎平小屋
2日目
山行
7時間11分
休憩
1時間58分
合計
9時間9分
太郎平小屋06:0006:19薬師峠06:2708:11薬師岳山荘08:57薬師岳避難小屋跡09:0909:21薬師岳09:3109:41薬師岳避難小屋跡09:5310:38薬師岳山荘10:44薬師平11:04薬師峠11:1711:34太郎平小屋12:3612:39太郎兵衛平12:4013:02五光岩ベンチ13:48積雪深計測ポール14:00青淵三角点14:29太郎坂15:06十三重之塔 慰霊碑15:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・2000mあたりから、シール高登に十分な積雪量あり
・太郎平小屋、薬師峠キャンプ場は既に営業終了しています
その他周辺情報・温泉はグリーンパーク吉峰を利用(JAF、モンベル割引あり)
過去天気図(気象庁) 2021年10月の天気図 [pdf]

写真

半年ぶりの感触
2021年10月29日 10:03撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半年ぶりの感触
3
先週?誰か滑りに来ている
2021年10月29日 10:14撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週?誰か滑りに来ている
2
薬師岳見えた!
2021年10月29日 10:28撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳見えた!
東って日本だよね!
2021年10月29日 10:52撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東って日本だよね!
4
小屋の軒下に張らせて頂く
2021年10月29日 13:58撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の軒下に張らせて頂く
1
ガスが抜けた!
2021年10月29日 14:23撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが抜けた!
1
まだ雪は少ない
2021年10月29日 15:17撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ雪は少ない
1
ブロッケン出た
2021年10月29日 15:39撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブロッケン出た
1
登山者を発見!
2021年10月30日 06:01撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者を発見!
4
太郎平小屋の奥に白山
2021年10月30日 06:34撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太郎平小屋の奥に白山
7
あれがハイジ尾根か
2021年10月30日 07:51撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれがハイジ尾根か
3
後であそこを滑ろう
2021年10月30日 08:57撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後であそこを滑ろう
3
剱・立山。奥は後立山
2021年10月30日 09:11撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱・立山。奥は後立山
6
薬師如来がいた
2021年10月30日 09:13撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師如来がいた
1
中央カールを1本
2021年10月30日 09:47撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央カールを1本
5
それなりに滑れた
2021年10月30日 10:28撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それなりに滑れた
1
槍、さようなら
2021年10月30日 11:12撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍、さようなら
2
下山路も滑れる
2021年10月30日 12:34撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山路も滑れる
1
もうすぐ終わり
2021年10月30日 12:54撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ終わり
1
弥陀ヶ原の特殊性
2021年10月30日 13:41撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ原の特殊性
1
ありがとうございました!
2021年10月30日 15:59撮影 by PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありがとうございました!
2

感想/記録

10月29日:折立〜太郎平

6時の有峰林道開放を待って紅葉の有峰湖を折立まで車で走る。紅葉は最盛期といった感じ。登山口でトイレを済ませ、重めのテン泊装備、スキーとブーツを背負って、太郎平へ向かう。2人用のダブルウォールテントのせいか、あるいは余計な物を持ってきたか、1泊2日にしては荷物が大きい(マカルー50Lを使用)。

午前中に太郎平に着くもあいにくのガス。テントを設営して読書をしながらのんびり待つ。今回はウェストンの「日本アルプス登攀日記」を持ってきたのだが、外国人の視点から描かれる日本の情景が想像できて面白い。蓮華温泉の薬師の湯が登場して、こんな昔(1894年)からあったのか、と驚くなど。

そうこうするうちに14時半頃ガスが晴れたので、急いで北ノ俣方面へ向かう。薬師岳も青空にくっきりと際立ちとても美しい。向かって右に伸びる尾根が愛知大学山岳部が誤って迷い込んだ尾根だろうか。地形の緩急や上り下りが明らかに違うので、間違いに気が付きそうだが、天候や様々な要素が影響した事故だったのだろう。

晴れるのを信じて薬師岳に向かっていれば、ザラメ条件で夕暮れの一本を滑ることができたかもしれないが、残念ながらその行動力は無かった。再び冷気が入り、雪が固くなりそうなので、適当な高度から一本滑ってテントへ戻る。テントが1つ増えていて、その後、もう1名上がってきた。

夕陽を見ながら外で食事。安定のじゃがりこマッシュポテトとたらこパスタを食した。夜は睡眠不足から18時前には入眠したが、3時間で起きて色々と考え込んでしまい、その後朝方まで寝付けなかった。山に1人で泊るとなぜか感傷的になってしまう。夜中に足音が聞こえたが、小動物だと思われる。

10月30日:太郎平〜薬師岳〜折立

早く登っても雪が硬いと楽しくないので、5時に起きて6時前にゆっくりと出発する。薬師峠に近づくとちらりと槍の頭が顔を出す。素晴らしい景色。峠のあたりに先行者を見る。薬師峠〜薬師平はシール歩行は困難で、この区間は担ぐ。その後、夏道に頼らずスキーで雪を繋ごうとするもハイマツに阻まれ、少し藪を漕いだ後、登山道に復帰。そこは、雪も道幅も十分ある登山道だった(最初から夏道で良かったのだ)。

薬師岳山荘を過ぎたあたりで山頂を往復してきた登山者と会い、立ち話をする。帰り際にすれ違ったというもう1人の登山者と「今日はスキーヤーいないでしょう」と話されていたそう。昨日は先週?のスキートラックを見たが、確かに今のコンディションで来る人はあまりいないかも。ちょっと悲観的になりながら、それでもスキーで登っていく。

避難小屋跡にスキーをデポし、山頂往復。せっかくなのでカールを1本滑る。ここは適度に緩んでいて、思わず歓声が漏れた。登り返してから、斜面を大きくトラバースして稜線へ。スキーヤーズレフトの片斜面は素晴らしいザラメ。薬師平まで十分楽しめた。

テントを撤収して帰路へ。昨晩は他に2張りあったテントももう無くなっていた。重荷を背負って最後の滑りは、半年近く使っていなかった滑り筋にクる。下山路の雪は思ったより溶けておらず、2000m付近まで滑れた。最後はついつい気持ちよく滑ってしまい、危うく変な沢に下るところだった。

登山靴に履き替え、ゆっくりペースで下る。折立が近くなった所に、ナナカマドを大量に食ったと思われる糞が落ちていた。サイズから見て熊だと思われたが、恐くはない。いざとなれば、肩にかけた板を振り回し、それでも近づけばウィペットで眼球をえぐる所存である。

そうこうするうちに下山。入山時はよく見なかったが、愛知大学山岳部の慰霊碑があったので、手を合わせた。小1時間ほど翌日の準備を済ませて林道を走る。小見線の紅葉は素晴らしかった。グリーンパーク吉峰で入浴後、現在は登山ガイドになった元同僚と会い、一緒に食事をしてから馬場島へ向かった。



お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:1981人

コメント

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ