また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4381348 全員に公開 トレイルラン 丹沢

霧に煙る丹沢主脈からいやしの湯

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年06月10日(金) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々霧
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
行きは小田急線渋沢駅からバスで大倉へ。

いやしの湯に下山後は、菅井地区乗合タクシーを電話で予約。藤野やまなみ温泉バス停まで20分、なんと300円!
https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/shisei/toshikotsu/1004854/1016259.html
「乗合」という名称だけれど、ダイヤが決まっているわけではなく、かつ1人でも来てくれるので、実質は300円のオンデマンドタクシー。ただし1時間以上前の予約が必要で、当然ながら先行予約があると希望の時間に来てもらえない。運行終了は平日18時半、土日18時。自分は早めに予約を入れてから、いやしの湯でゆっくり過ごした。

乗合タクシーで藤野やまなみ温泉バス停に移動したあとは、路線バスで藤野駅へ。12分、240円。14時〜19時の間に7本ある。
https://www.kanachu.co.jp/dia/diagram/timetable01/cs:0000801534-1/nid:00128799/dts:1395255600
(野11系統と野12系統の両方にチェック印を入れないと全便表示されない)

結局、いやしの湯から藤野駅まで540円で移動でき、乗り継ぎが良ければ40分かからない。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
06:49
距離
25.0 km
登り
2,208 m
下り
2,197 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.4~0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
平丸分岐から平丸登山口までの下りはそれなりの傾斜と標高差があって膝に来やすい。登山口近くでは石ごろごろの区間が続いて歩きづらい。
その他周辺情報いやしの湯
https://www.iyashinoyu.org/onsen.html
過去天気図(気象庁) 2022年06月の天気図 [pdf]

写真

トレイルに木漏れ陽、脇の樹林にはうっすら霧という珍しい光景に出会った。
2022年06月10日 08:50撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレイルに木漏れ陽、脇の樹林にはうっすら霧という珍しい光景に出会った。
2
霧が部分的に湧くようで、ひなたと日陰のコントラストが面白い。
2022年06月10日 08:52撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧が部分的に湧くようで、ひなたと日陰のコントラストが面白い。
1
帰宅後に妻に聞いたらムラサキサギゴケというらしい。
2022年06月10日 09:05撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰宅後に妻に聞いたらムラサキサギゴケというらしい。
1
少し幽玄な雰囲気に。
2022年06月10日 09:18撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し幽玄な雰囲気に。
1
2分後にはまた霧。
2022年06月10日 09:49撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2分後にはまた霧。
1
塔ノ岳到着。
2022年06月10日 10:03撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳到着。
1
この日は至る所でクワガタソウに会えた。
2022年06月10日 10:07撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日は至る所でクワガタソウに会えた。
1
「いざ縦走開始!」という気分にさせてくれるポイント。これから進む山には霧がかかっている。
2022年06月10日 10:09撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「いざ縦走開始!」という気分にさせてくれるポイント。これから進む山には霧がかかっている。
3
丹沢山の手前にマイヅルソウが何輪か咲いていた。ピンぼけ・・
2022年06月10日 10:44撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山の手前にマイヅルソウが何輪か咲いていた。ピンぼけ・・
今度はピント合った! と思ったらマイヅルソウではなくてユキザサらしい。大きいし、葉が笹っぽい。
2022年06月10日 11:13撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度はピント合った! と思ったらマイヅルソウではなくてユキザサらしい。大きいし、葉が笹っぽい。
1
不動ノ峰。丹沢山より高い。
2022年06月10日 11:17撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動ノ峰。丹沢山より高い。
1
トウゴクミツバツツジ。途中でみかけた案内によると標高800m以上に多いらしい(ミツバツツジは800m以下とのこと)。
2022年06月10日 11:17撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トウゴクミツバツツジ。途中でみかけた案内によると標高800m以上に多いらしい(ミツバツツジは800m以下とのこと)。
2
鬼ヶ岩の間からは丹沢山が・・・見えない。
2022年06月10日 11:32撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼ヶ岩の間からは丹沢山が・・・見えない。
1
ここにだけシロヤシオが残ってた!
2022年06月10日 11:34撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにだけシロヤシオが残ってた!
2
蛭ヶ岳到着! 今にもホワイトアウトしそう。
2022年06月10日 11:51撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳到着! 今にもホワイトアウトしそう。
2
サラサドウダン。
2022年06月10日 11:56撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サラサドウダン。
1
バイカオウレン?
2022年06月10日 12:04撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バイカオウレン?
1
お花畑! ジシバリかな?
2022年06月10日 12:20撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑! ジシバリかな?
1
フタリシズカ
2022年06月10日 12:20撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フタリシズカ
1
今度は二頭の鹿。
2022年06月10日 12:59撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は二頭の鹿。
1
ギンリョウソウ
2022年06月10日 13:00撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ
1
黍殻山。巻かずに登ってみたら西側は結構急登・・
2022年06月10日 13:16撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黍殻山。巻かずに登ってみたら西側は結構急登・・
1
東側の下りには根っこだらけのヤセ尾根も。根と根の間に足を置きながら進むと尾根の左側にトレイルが続いていた。
2022年06月10日 13:20撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側の下りには根っこだらけのヤセ尾根も。根と根の間に足を置きながら進むと尾根の左側にトレイルが続いていた。
1
針葉樹林もここまで無機質だと美しいな・・
2022年06月10日 13:22撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針葉樹林もここまで無機質だと美しいな・・
2
うっすら霧がかかって幻想的なトレイルをジョグしていく。
2022年06月10日 13:30撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっすら霧がかかって幻想的なトレイルをジョグしていく。
1
本日のラスボス、焼山。ここで折り返し。
2022年06月10日 13:40撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のラスボス、焼山。ここで折り返し。
2
霧の中で薄陽を受けたベンチが浮かび上がっていた。時間が止まったかのような空間。
2022年06月10日 13:44撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧の中で薄陽を受けたベンチが浮かび上がっていた。時間が止まったかのような空間。
1
この標識で尾根を離れて北に下り始める。
2022年06月10日 14:03撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この標識で尾根を離れて北に下り始める。
1
ここで車道。右へ行くと高架道路(413号線)に出て平丸バス停へ。自分は左のガードレールの切れ目から細い車道を下って高架下をくぐる。
2022年06月10日 14:40撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで車道。右へ行くと高架道路(413号線)に出て平丸バス停へ。自分は左のガードレールの切れ目から細い車道を下って高架下をくぐる。
1
ここを左に曲がり、トンネルを抜けて
2022年06月10日 14:42撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを左に曲がり、トンネルを抜けて
1
この標識から細いトレイルを下って行く。ここまで車道は400m弱だった。
2022年06月10日 14:44撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この標識から細いトレイルを下って行く。ここまで車道は400m弱だった。
2
この緑のトンネルを抜ければ――
2022年06月10日 14:50撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この緑のトンネルを抜ければ――
1
いやしの湯にゴール!
2022年06月10日 14:53撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやしの湯にゴール!
3
温泉近くのキッチンカーでクレープとアイスコーヒー。ここで青空!
2022年06月10日 15:05撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉近くのキッチンカーでクレープとアイスコーヒー。ここで青空!
3

感想/記録

丹沢主脈は南から北へ縦走する方が後半になだらかで人と陽射しの少ないトレイルをジョグできて好きなのだけれど、下山後のうまい交通手段が見つけられずにいた(藤野タクシーは空きがあれば来てくれるけれど、1人だとタクシー代のハードルが高い・・)。

ところが最近、いやしの湯に下山すれば乗合タクシーなるものを使えそうだということを発見。今回試してみたところ、たった540円で問題なく藤野駅に出られることが分かった。自分の好きな「ゴールが温泉」パターンだし、時間の縛りも少ないし、お気に入りのコースの1つになりそうだ。

*****
この日の丹沢は曇りで所々霧。予報通りだったし、当面晴れの日がなさそうで、「雨にさえ降られずにトレーニングできればいいや」ぐらいの気持ちで来たのだけれど、霧と薄陽が時々幻想的な景色を見せてくれて思いのほか楽しめた。

よく行く山ならたまにはこういう天候の日に行くのも面白いかも。

*****
秦野市の最高気温は22度。稜線上でも風はあまりなく、終始半袖1枚で寒いと感じることはほとんどなし。ラン中に摂った水分は1200ml。心拍数は平均118、最高142。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:245人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ