また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4407374 全員に公開 ハイキング 甲斐駒・北岳

お花見ハイク【入笠山】御所平峠起点に周回

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年06月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■駐車場「御所平峠臨時駐車場」
・沢入登山口からだと、走行時間制限あり(8:00〜15:00)
・今回は、時間制限のない伊那市道入笠線を使用。
・杖突峠から千代田湖を経由で、約17劼諒涸路。
・道路の幅員が狭い個所が多く、走行には要注意。
駐車場情報etc.
https://tozanguchinavi.com/trailhead/trailhead-2777
経路を調べる(Google Transit)
GPS
06:01
距離
11.5 km
登り
448 m
下り
456 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■危険個所
・テイ沢の丸太橋が一箇所使えず、飛び石での渡渉個所あり。

写真

相棒が恒例の用足し。待っている間にシロバナノヘビイチゴ。今回は、八ヶ月ぶりのコラボで歩きます。
2022年06月18日 07:03撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相棒が恒例の用足し。待っている間にシロバナノヘビイチゴ。今回は、八ヶ月ぶりのコラボで歩きます。
22
それでは、駐車場を出発します。
2022年06月18日 07:08撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでは、駐車場を出発します。
9
まだ無人のマナスル山荘を通過。
2022年06月18日 07:09撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ無人のマナスル山荘を通過。
11
ちょっと遠回りをして、お花畑経由で山頂を目指します。
2022年06月18日 07:10撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと遠回りをして、お花畑経由で山頂を目指します。
6
この時間だと、誰も歩いておらず(^^♪
2022年06月18日 07:10撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時間だと、誰も歩いておらず(^^♪
10
香るニホンスズラン。
2022年06月18日 07:11撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
香るニホンスズラン。
27
ツマトリソウは最盛期。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツマトリソウは最盛期。
23
曇天ながら、レンゲツツジが鮮やか。
2022年06月18日 07:19撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇天ながら、レンゲツツジが鮮やか。
20
背景のグリーンで、尚更引き立つオレンジ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背景のグリーンで、尚更引き立つオレンジ。
24
上手に撮れないマイヅルソウ。
2022年06月18日 07:32撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上手に撮れないマイヅルソウ。
16
随分と道草を食いながら、やっと入笠山に到着。
2022年06月18日 07:38撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
随分と道草を食いながら、やっと入笠山に到着。
22
【二等三角点】
点名:入笠山
標高:1955.4m
2022年06月18日 07:40撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【二等三角点】
点名:入笠山
標高:1955.4m
20
展望が無いのは織り込み済みなので、早々に下山開始。大阿原湿原を目指します。
2022年06月18日 07:42撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望が無いのは織り込み済みなので、早々に下山開始。大阿原湿原を目指します。
6
首切清水まで下りました。20分とありますが、実際は撮影しながら10分程度の行程です。
2022年06月18日 07:56撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
首切清水まで下りました。20分とありますが、実際は撮影しながら10分程度の行程です。
6
新緑とズミが綺麗なルート。
2022年06月18日 07:59撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑とズミが綺麗なルート。
9
ズミの蕾と、咲き始めの花びらは紅くて綺麗♪
2022年06月18日 08:00撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズミの蕾と、咲き始めの花びらは紅くて綺麗♪
22
大阿原湿原に到着。
2022年06月18日 08:07撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大阿原湿原に到着。
9
現在はズミが主役です。
2022年06月18日 08:10撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
現在はズミが主役です。
19
お花見しながら、暫し休憩。
2022年06月18日 08:11撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花見しながら、暫し休憩。
17
歩き始めれば、鮮やかなクリンソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き始めれば、鮮やかなクリンソウ。
26
湿原を離れ、テイ沢へと進みます。
2022年06月18日 08:26撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原を離れ、テイ沢へと進みます。
7
葉に斑点の無い、サンリンソウを多く見掛けました。
2022年06月18日 08:27撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉に斑点の無い、サンリンソウを多く見掛けました。
15
サルオガセが目立つ区間。
2022年06月18日 08:31撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サルオガセが目立つ区間。
11
行程中、広範囲で見掛けたウマノアシガタ(キンポウゲ)
2022年06月18日 08:33撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行程中、広範囲で見掛けたウマノアシガタ(キンポウゲ)
12
地味ながらズダヤクシュ。
2022年06月18日 08:42撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地味ながらズダヤクシュ。
15
森の中に、洒落たガレスタンドありました。
2022年06月18日 08:43撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森の中に、洒落たガレスタンドありました。
12
この沢でしか見掛けなかったオサバグサ。
2022年06月18日 08:55撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この沢でしか見掛けなかったオサバグサ。
22
地元だと、4月に咲いたラショウモンカズラ。
2022年06月18日 09:00撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地元だと、4月に咲いたラショウモンカズラ。
27
こんな橋が何箇所も現れます。
2022年06月18日 09:08撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな橋が何箇所も現れます。
8
今シーズン初のキバナノコマノツメ。欲を言えば、八ヶ岳で見たかった...。
2022年06月18日 09:13撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今シーズン初のキバナノコマノツメ。欲を言えば、八ヶ岳で見たかった...。
17
緩やかな流れの沢ですが、ちょっとした滝も。uさん、花には目もくれず、魚影ばかり追っていましたけどね。
2022年06月18日 09:17撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかな流れの沢ですが、ちょっとした滝も。uさん、花には目もくれず、魚影ばかり追っていましたけどね。
33
テイ沢入口まで下って来ました。その足元にはムラサキサギゴケ。これから林道をユルユルと上って行きます。
2022年06月18日 09:22撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テイ沢入口まで下って来ました。その足元にはムラサキサギゴケ。これから林道をユルユルと上って行きます。
25
川沿いに、多分オオヒョウタンボク。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川沿いに、多分オオヒョウタンボク。
15
この林道、昔はオフロードバイクでよく走り、今ではテクテク歩き。時の流れを感じます...。
2022年06月18日 09:32撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この林道、昔はオフロードバイクでよく走り、今ではテクテク歩き。時の流れを感じます...。
9
ズミにフワリと掛かる、サルオガセのレースカーテン。
2022年06月18日 09:33撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズミにフワリと掛かる、サルオガセのレースカーテン。
14
施錠されているゲート。脇を乗り越えろと書いてあります。足が長くて良かった。笑
2022年06月18日 09:49撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
施錠されているゲート。脇を乗り越えろと書いてあります。足が長くて良かった。笑
8
牧場には牛さん。のどかな牧場景色が続きます。
2022年06月18日 09:51撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧場には牛さん。のどかな牧場景色が続きます。
21
老眼の方だと見えないくらい小さな花。トリミングしているキュウリグサ。
2022年06月18日 09:53撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
老眼の方だと見えないくらい小さな花。トリミングしているキュウリグサ。
25
駐車場に戻って来ました。
2022年06月18日 10:23撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に戻って来ました。
7
負荷の少ない行程でしたが、それでもお腹は減ります。早いですが昼食とします。uさん、みかんの牛乳寒天をあざ〜す!
2022年06月18日 10:29撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
負荷の少ない行程でしたが、それでもお腹は減ります。早いですが昼食とします。uさん、みかんの牛乳寒天をあざ〜す!
15
大休止後、RW山頂駅までお花鑑賞に出向きます。少ないながらキバナヤマオダマキ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大休止後、RW山頂駅までお花鑑賞に出向きます。少ないながらキバナヤマオダマキ。
21
見事なクリンソウの群落。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事なクリンソウの群落。
28
山彦荘で、いつものキバナアツモリソウ。ホテイアツモリソウは一輪咲いていましたが、今年は不作だとのことです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山彦荘で、いつものキバナアツモリソウ。ホテイアツモリソウは一輪咲いていましたが、今年は不作だとのことです。
22
オオヤマレンゲの気品あるお姿。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオヤマレンゲの気品あるお姿。
28
湿原に下ります。
2022年06月18日 11:19撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原に下ります。
10
ここでもズミがお出迎え。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでもズミがお出迎え。
14
もう、アヤメの季節でしたね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう、アヤメの季節でしたね。
14
綺麗なニッコウキスゲと遭遇♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗なニッコウキスゲと遭遇♪
28
小さな小さなニョイスミレ(ツボスミレ)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな小さなニョイスミレ(ツボスミレ)
14
同じ長野でも、一ヶ月遅いササバギンラン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じ長野でも、一ヶ月遅いササバギンラン。
21
咲き始めのベニバナイチヤクソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲き始めのベニバナイチヤクソウ。
21
まともなのは、この一輪だけだった釜無ホテイアツモリソウ。来年に期待しましょう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まともなのは、この一輪だけだった釜無ホテイアツモリソウ。来年に期待しましょう!
26
青空のバックで撮りたかったサラサドウダン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空のバックで撮りたかったサラサドウダン。
22
チゴユリは終盤でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チゴユリは終盤でした。
15
少数派だったグンナイフウロ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少数派だったグンナイフウロ。
14
ドイツスズランは終わり。フレッシュな個体は極僅かでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドイツスズランは終わり。フレッシュな個体は極僅かでした。
22
山彦荘での情報通り、イチョウランが見られました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山彦荘での情報通り、イチョウランが見られました。
23
山頂駅より、湿原に下って行きます。
2022年06月18日 12:50撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂駅より、湿原に下って行きます。
13
駐車場に戻って来ました。天候が優れないのでお花見ハイクとしましたが、期待を裏切らない入笠山は流石です!uさん、お疲れさまでした。
2022年06月18日 13:08撮影 by Canon EOS KISS M, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に戻って来ました。天候が優れないのでお花見ハイクとしましたが、期待を裏切らない入笠山は流石です!uさん、お疲れさまでした。
7
帰路に、今期初のシモツケをゲット。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路に、今期初のシモツケをゲット。
21
◇◆野鳥◆◇
最近は鳥見もご無沙汰でしたので、近場の鷺山に初めて行ってみました。雛は既に成長し、親子共々強面のアオサギ。笑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◇◆野鳥◆◇
最近は鳥見もご無沙汰でしたので、近場の鷺山に初めて行ってみました。雛は既に成長し、親子共々強面のアオサギ。笑
17
◇◆野鳥◆◇
撮影可能個所が極僅かの為、営巣を撮れたのは2種のみ。ダイサギの親子ですが、ここも雛が大きくなっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◇◆野鳥◆◇
撮影可能個所が極僅かの為、営巣を撮れたのは2種のみ。ダイサギの親子ですが、ここも雛が大きくなっています。
21
◇◆野鳥◆◇
赤目のゴイサギも居たものの、営巣は撮れず残念。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◇◆野鳥◆◇
赤目のゴイサギも居たものの、営巣は撮れず残念。
25
◇◆野鳥◆◇
カルガモの親子。当初は10羽程の雛が居たようですが、現在は4羽。厳しい世界に生きる彼らだからこそ、生きた証を残してやりたいと思っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
◇◆野鳥◆◇
カルガモの親子。当初は10羽程の雛が居たようですが、現在は4羽。厳しい世界に生きる彼らだからこそ、生きた証を残してやりたいと思っています。
21

感想/記録

家族の一周忌の法要も無事終り、久々に高山を目指そうと思いましたが、生憎の空模様。お花見メインでコラボ登山に変更しました。

コラボは八ヶ月ぶりですが、気心が知れた仲間なので気が楽です。冗談を言い合いながら、撮影メインでの移動ですので楽々モード。息切れするハズも無く、楽しく周回出来ました。
昼食後の第二部は、人出も多くビックリ。RWでは乗車待ちがでているとのこと。規制も解除され、皆さん羽を伸ばしに来られたのでしょう。
本命のホテイアツモリソウ、残念ながら今年は不作でしたが、坊主でなかったのは幸いでした。来年に期待しましょう!

山行の回数を増やしたいのですが、貧乏暇なしの生活。それでも何とかやりくりし、2週間に1度程度の頻度で歩けたらと思っています。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:271人

コメント

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ