また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4943030 全員に公開 ハイキング 白山

白山(慰霊登山)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2022年11月23日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)
GPS
05:35
距離
13.9 km
登り
1,534 m
下り
1,537 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間50分
休憩
45分
合計
5時間35分
Sスタート地点01:3401:38別当出合02:07中飯場02:1202:39別当覗02:4003:00甚之助避難小屋03:1403:28南竜分岐03:52黒ボコ岩03:5504:00弥陀ヶ原・エコーライン分岐04:14白山室堂04:46白山04:5105:14白山室堂05:2105:30弥陀ヶ原・エコーライン分岐05:3105:34黒ボコ岩05:55南竜分岐06:0006:08甚之助避難小屋06:0906:25別当覗06:43中飯場06:4607:03別当出合07:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2022年11月の天気図 [pdf]

写真

誰もいるはずもなく闇夜の別当出合、さあ行こう
2022年11月23日 01:38撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰もいるはずもなく闇夜の別当出合、さあ行こう
2
鳥居で拝礼
2022年11月23日 01:38撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居で拝礼
11
すでに板は撤去されている
2022年11月23日 01:42撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すでに板は撤去されている
7
甚之助で休憩、防寒体制に
2022年11月23日 03:13撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甚之助で休憩、防寒体制に
5
室堂の鳥居で拝礼
2022年11月23日 04:15撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂の鳥居で拝礼
9
山頂手前
2022年11月23日 04:47撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前
3
コーエー暗闇のガスの山頂
2022年11月23日 04:49撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コーエー暗闇のガスの山頂
17
このハイマツの少し向こうが遭難地点、ここで二人でお参りをする
2022年11月23日 05:02撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このハイマツの少し向こうが遭難地点、ここで二人でお参りをする
24
室堂で休憩
2022年11月23日 05:20撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂で休憩
5
中飯場が見えた
2022年11月23日 06:43撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中飯場が見えた
4
帰りの一本橋
2022年11月23日 07:00撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの一本橋
13
無事帰還
2022年11月23日 07:03撮影 by iPhone 13 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事帰還
6

感想/記録
by YSHR

今日はH君の一周忌慰霊登山、1年前の今日は前日のドカ雪で白峰のゲートは閉じ、チャリも百万貫辺りまでしか使えなかった。別当出合までラッセルもあり11月にしては白峰から5時間近く要した。今日は1年前が嘘のように別当まで車が入れ雪も少なかった。

あの日7年ぶりのH君との再開が永遠の別れになるなんて知る由もなく交代で激しいラッセルを回して白山を目指した。全ての行程が今でも昨日の事のように脳裏に蘇る。

山や自転車で苦楽を共にしたH君がまた水友に参加してくれるんだと嬉しさと期待で一杯であった。その時の会話を思い出しながら今日はただ黙々と暗闇の登山道を歩いた。

今日の甚之助での休憩であの日の休憩の場面が思い出された。パワフルなラッセルをものともせずH君は疲れた様子もなく元気だった。今日と違い時間は押し迫っていたが三人でラッセルを回せば悪天でも問題なく登頂できると信じて疑わなかった。

今日も室堂から上の風は強かったがあの日ほどではなかった。あの日は強風が山頂へと背中を押してくれたが逆に帰りは正面から猛烈な風と雪に襲われた。

今日は山頂奥社で1年前を思い出しながらH君の冥福を祈った。帰りがけに遭難現場付近で無事に一緒に帰還できなかったことをただただ詫びて手を合わせた。

ホワイトアウトの中逸れてしまったことは残念で申し訳なく、無事に室堂に降りてくれることを祈るしかなかった。ああすればよかった、いやこうすればよかったとただ後悔と自責の念に駆られる。

あれからはや1年大切な山友を亡くした喪失感は計り知れない、山に向かうたびにH君を思い出し、彼のためにも自分には何ができるのかを問い続ける日々である。

合掌

感想/記録

今日の目的は慰霊です

雨は3時と9時くらいから本格的に降る予報だったので別当出合を2時に出発する予定で自宅を出る。意外に早く着いて支度していると先生もすぐに到着された。予定より少し早いが今日はご来光でも景色でもないので暗闇下山でも全く問題ない。

先日降った雪は平瀬側は下まで残っていたらしいけど西側はすっかり融けて五葉坂からチラホラ残雪、室堂からも残雪が凍結している状態だったので汗をかかない程度のペースで歩いた。

2530m付近で手を合わせました。下山もまだ暗かったので慎重に歩いて無事別当出合に到着。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:3965人

コメント

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ