また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 506811 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

奥穂高岳(白出沢から日帰りピストン)

日程 2014年09月08日(月) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新穂高温泉登山者用無料駐車場。月曜にも関わらず、朝4時の出発時点でほぼ満車に近い状態。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間22分
休憩
2時間21分
合計
12時間43分
Sスタート地点03:4904:02新穂高バスターミナル04:17小鍋谷ゲート04:48穂高平小屋04:4905:24白出小屋05:2506:22重太郎橋06:3506:43重太郎橋07:07白出大滝07:1609:32穂高岳山荘09:4410:20穂高岳10:3911:05穂高岳山荘12:0313:58白出大滝14:1514:21重太郎橋14:3115:11白出小屋15:1215:41穂高平小屋16:06小鍋谷ゲート16:17新穂高温泉駅16:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
荷継沢横断後、穂高岳山荘までの区間はガレ場で大きさの割に不安定な岩が多く、落石には注意されたし。
その他周辺情報深山荘日帰り入浴は露天風呂のみ利用で500円。
体洗い、シャンプーが出来る内湯にも入るには700円。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ポール
備考 ヘルメット必須!

写真

新穂高登山指導センターにて登山届を提出。
昨日に引き続き、今日もここからスタートです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新穂高登山指導センターにて登山届を提出。
昨日に引き続き、今日もここからスタートです。
2
真夜中の新穂高ロープウェイ駅。
静まりかえっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真夜中の新穂高ロープウェイ駅。
静まりかえっています。
1
新鍋谷ゲート。
ここから長い長い林道歩きが始まります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新鍋谷ゲート。
ここから長い長い林道歩きが始まります。
1
穂高平小屋。
この二日間で人が居るのを見たことがなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高平小屋。
この二日間で人が居るのを見たことがなかった。
1
白出沢付近まで林道を歩くと、奥穂高岳への登山口に到着します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白出沢付近まで林道を歩くと、奥穂高岳への登山口に到着します。
1
ここから登山道ですが、白出沢の渡渉地点までは勾配もなだらかで歩きやすい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登山道ですが、白出沢の渡渉地点までは勾配もなだらかで歩きやすい。
1
後ろを振り返ると笠ヶ岳が綺麗に見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろを振り返ると笠ヶ岳が綺麗に見えています。
2
前には穂高の山々が。
これからあそこまで登るのかぁ…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前には穂高の山々が。
これからあそこまで登るのかぁ…。
1
何度見ても美しい笠ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度見ても美しい笠ヶ岳。
3
下のほうは伏流していた白出沢も上流はしっかり水が流れています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下のほうは伏流していた白出沢も上流はしっかり水が流れています。
1
最初の渡渉地点に到達。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の渡渉地点に到達。
1
足場をかけてくれてあるので安全に渡れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足場をかけてくれてあるので安全に渡れます。
1
このハシゴで対岸の崖に昇ります。
ここから鉱石沢までの岩切道はクサリやロープの連続。
足元のおぼつかないトラバースもあって緊張しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このハシゴで対岸の崖に昇ります。
ここから鉱石沢までの岩切道はクサリやロープの連続。
足元のおぼつかないトラバースもあって緊張しました。
2
鉱石沢の渡渉地点。
ここからまた樹林帯に突入。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉱石沢の渡渉地点。
ここからまた樹林帯に突入。
1
荷継沢で視界が開けます。
ほぼ水平に横断します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荷継沢で視界が開けます。
ほぼ水平に横断します。
1
穂高の頂きはまだまだ遠い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高の頂きはまだまだ遠い。
1
笠ヶ岳はずっと見えていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳はずっと見えていました。
3
途中残雪がありますが上を歩く必要はありません。
完全に溶けることなく次の雪山シーズンに突入するのでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中残雪がありますが上を歩く必要はありません。
完全に溶けることなく次の雪山シーズンに突入するのでしょうか。
2
白出沢のガレ場を延々と登っていき後ろを振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白出沢のガレ場を延々と登っていき後ろを振り返る。
3
穂高岳山荘に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘に到着。
3
中はとても綺麗です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中はとても綺麗です。
2
常念岳が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳が見えました。
4
手前は明神岳かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前は明神岳かな?
2
奥穂高の頂きを目指して最後の岩登りに出発!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高の頂きを目指して最後の岩登りに出発!
3
笠ヶ岳が下に見えるようになった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳が下に見えるようになった。
3
昨日登ったお槍さまに再会。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日登ったお槍さまに再会。
5
上に人が居ます!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上に人が居ます!
5
西穂高方面の稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂高方面の稜線。
2
ジャンダルムと笠ヶ岳。
遠くに白山の山々も。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルムと笠ヶ岳。
遠くに白山の山々も。
3
手前が乗鞍、奥は御嶽。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前が乗鞍、奥は御嶽。
4
上高地を上から見下ろせます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地を上から見下ろせます。
3
右上の赤い屋根は上高地帝国ホテル。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右上の赤い屋根は上高地帝国ホテル。
2
西穂の向こうの焼岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂の向こうの焼岳。
2
北穂、大キレット、南岳の向こうには槍ヶ岳。
昨日はあそこに居たんだよなあ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂、大キレット、南岳の向こうには槍ヶ岳。
昨日はあそこに居たんだよなあ。
3
八ヶ岳。先々週行ったばかり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳。先々週行ったばかり。
2
富士山も見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山も見えました。
3
山荘前でランチ♪
今日はカレーとコールスローとトマトスープ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘前でランチ♪
今日はカレーとコールスローとトマトスープ
2
白出沢を下るぞー!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白出沢を下るぞー!!
2
一時間ほど下って上を見上げたところ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一時間ほど下って上を見上げたところ。
5
一時間半でようやくガレ場下りが終了。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一時間半でようやくガレ場下りが終了。
2
白出沢分岐地点の登山口に戻るまで約3時間。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白出沢分岐地点の登山口に戻るまで約3時間。
2
林道を一時間以上歩いて無事に帰着。
下山届を提出しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を一時間以上歩いて無事に帰着。
下山届を提出しました。
2
今回の戦利品。穂高岳山荘で購入。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の戦利品。穂高岳山荘で購入。
2

感想/記録

前日は槍ヶ岳、南岳を日帰りでまわって下山。
休みがもう一日あるので、当初は笠ヶ岳に日帰りするつもりでした。
槍ヶ岳からの帰路、白出沢付近で奥穂高岳登山口の看板を見つけて、調べたところ奥穂高日帰りも可能とのことで急遽計画変更しました。

穂高のネームバリューに惹かれたのは事実ですが、笠ヶ岳の美しい山姿は離れた場所から眺めるほうが堪能できるとも感じたので。

このコースのポイントはなんといっても、白出沢のガレ場登りです。
体力的にもキツいですが、目的地が見えていてもなかなか近づかないので精神的にもツラいです。大きめでも不安定な岩も多く、落石には十分注意が必要です。過去に落石事故も起きているとのことなので、ヘルメットもあったほうがいいでしょう。

穂高岳山荘から奥穂高岳までの岩稜登りは慎重に歩けば問題ありません。

天気が良くて山頂からの眺めは最高でした。
東は八ヶ岳、富士山、木曽駒、空木岳、南アルプス。
南には西穂高の稜線の先に焼岳、乗鞍、その向こうに御嶽。
西側には笠ヶ岳の向こうに白山。少し南側に伊吹山も見える。
北側には昨日登った槍ヶ岳の向こうに立山、剣岳が。
今シーズンは週末雨が多くて、登ったものの山の姿が見えなかったことも多かったので、その分を取り返すべく、じっくり眺めてきました。

帰り道は白出沢の長いガレ場下りとその後の林道歩きに嫌気がさしていたので、西穂をまわってロープウェイ下山したい誘惑にかられましたが、奥穂~西穂間は難度の高い危険コースでヘルメットも持っていなかったので自重しました。そもそも行ってたらロープウェイの最終便に間に合わなかったと思われます。

ツラいけどそれだけ達成感も大きい山行となりました。
訪問者数:2408人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/9/18
投稿数: 6314
2014/9/10 8:24
 久しぶりの白出し沢レコですね
おはようございます

岩きり道は鉱石沢まで通ってましたか・・

落石・崩落で途中までしかいけなかったですが(^^;

最後の登りの辛さは行った者しかわからないですね

ご苦労様でした

       でわでわ

前日、槍ですか お元気ですね
登録日: 2014/5/9
投稿数: 162
2014/9/10 22:10
 Re: 久しぶりの白出し沢レコですね
コメントありがとうございます。
uedaさんの白出沢レコも拝見しました。相当大変な目に遭われたみたいですね。今回、雪渓に行く手を遮られることはなかったですし、鉱石沢までの岩切道も一応通ることが出来ました。トラバース中に今にも崩れそうな箇所はありましたけどね。
最後のガレ場登りはホントキツいですよね。登りきってウンザリしてましたが、日帰りできる選択肢は他にないので泣く泣くピストンに…。

前日は槍から南岳へ稜線歩きしたのちに槍平へ降りて日帰りしたのですが、翌日奥穂へ行くならそのまま稜線上の小屋に泊まるべきでしたね(汗) あの無駄に長い右俣林道を2回も往復しなくてよかったのに…。

ま、楽しかったから結果オーライですけどね

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ