また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 509359 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根は、やっぱり長かった

日程 2014年09月13日(土) 〜 2014年09月14日(日)
メンバー
天候13日晴れ、14日快晴ー晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央高速長坂IC−尾白渓谷駐車場
9時前に着きましたが、第1駐車場は満杯でした。
下山時は第2も一杯でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

9月13日
9:00尾白川駐車場-10:45笹平分岐-12:12刃渡り-12:37刃利天狗-13:22/35五合目小屋跡-14:30七丈小屋
9月14日
3:00起床
4:00七丈小屋-4:53/5:15八合目-6:22/35甲斐駒ヶ岳山頂-7:20八合目-7:53/8:05七丈小屋-8:35/50五合目小屋跡-9:21刃利天狗-10:21笹平分岐-11:30駒ヶ岳神社-11:38駐車場
コース状況/
危険箇所等
人気のルートで、コースは明瞭ですが、長く急なコースなので、足下には十分注意しました。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

駐車場手前の別荘地で、サルの群れにあいました。黒戸尾根に登り始めてすぐ、また、サルの群れに遭遇。幸いサルたちは腹ごしらえに懸命で、小生を無視。助かりました。
2014年09月13日 08:59撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場手前の別荘地で、サルの群れにあいました。黒戸尾根に登り始めてすぐ、また、サルの群れに遭遇。幸いサルたちは腹ごしらえに懸命で、小生を無視。助かりました。
気を引き締めて、登山開始。
2014年09月13日 09:04撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気を引き締めて、登山開始。
ごもっともですが、ここはどこですか?
2014年09月14日 10:38撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ごもっともですが、ここはどこですか?
笹平分岐を過ぎて、登り切った所。道はよく踏まれています。
2014年09月13日 10:54撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹平分岐を過ぎて、登り切った所。道はよく踏まれています。
さすがに登拝道、随所に古い祠や石仏などが見受けられます。
2014年09月13日 11:10撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすがに登拝道、随所に古い祠や石仏などが見受けられます。
「刃渡り」、傾斜はありません。
2014年09月13日 12:12撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「刃渡り」、傾斜はありません。
刃利天狗の手前の急登。
「長い梯子だ!」と思って、撮ったのですが、このルート、梯子や鎖は珍しくありませんでした。
2014年09月13日 12:30撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刃利天狗の手前の急登。
「長い梯子だ!」と思って、撮ったのですが、このルート、梯子や鎖は珍しくありませんでした。
苔むした、いい感じの森です。
2014年09月13日 13:00撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔むした、いい感じの森です。
五合目に着きました。
2014年09月13日 13:22撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目に着きました。
七丈小屋
ここは、第一小屋
2014年09月13日 14:31撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七丈小屋
ここは、第一小屋
第二小屋のテラスから。
雲の富士山
2014年09月13日 15:28撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二小屋のテラスから。
雲の富士山
夕方雲が晴れて、鳳凰三山が、この後、地蔵岳の左に本物の富士山が姿を現しました。
2014年09月13日 17:17撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕方雲が晴れて、鳳凰三山が、この後、地蔵岳の左に本物の富士山が姿を現しました。
14日、もうすぐ夜明け。
八合目
2014年09月14日 04:57撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14日、もうすぐ夜明け。
八合目
モルゲンロートの駒ヶ岳
2014年09月14日 05:32撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モルゲンロートの駒ヶ岳
1
もう秋が始まってました。
2014年09月14日 05:44撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう秋が始まってました。
雲海の彼方、槍、穂高。
2014年09月14日 06:10撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海の彼方、槍、穂高。
八ヶ岳もくっきりと見えました。
2014年09月14日 06:11撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳もくっきりと見えました。
1
北岳、間ノ岳
2014年09月14日 06:20撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳、間ノ岳
2
駒ヶ岳山頂。
白いのは霜です。
2014年09月14日 06:23撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳山頂。
白いのは霜です。
足が長くなった。
2014年09月14日 06:23撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足が長くなった。
1
地蔵の先に、富士山が・・・
2014年09月14日 06:24撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵の先に、富士山が・・・
2
シャキーン
2014年09月14日 06:54撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャキーン
七丈小屋で
2014年09月14日 07:54撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七丈小屋で
下は、未だ夏!
2014年09月14日 11:29撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下は、未だ夏!

感想/記録

黒戸尾根から、甲斐駒ヶ岳に行って来ました。
7月の北岳・間ノ岳に次ぐビックイベントとして、検討していたのですが、土日の度に天候がすぐれなかったり、体調が不安だったり、第一に、地図を見るたびに、あまりの長さに気持ちが萎えて、ズルズルと来てしまいましたが、今度の休みは天候は大丈夫!!!と、決行しました。
前夜、友人と飲みすぎたり、中央高速が事故渋滞で遅れたりで、尾白川駐車場の出発が予定より遅くなってしまいました。
「北沢峠にバスが通ってから、人気がなくなった」とガイドブックに書いてあった通り、トレランの青年に笹平分岐近くで会ったのみで、登山者にあわなかった。ここを登る登山者は篤志家だけか・・・(これは、全くの勘違い)。
登るにつれ、降りてくるパーティーや追いついたパーティーもあり、「結構、られてるジャン」。黒戸山の手前でお会いしたご夫妻に、この先が核心部ですよ、と情報をいただき、五合目小屋跡へ。約100mの下りは、「せっかくここまで登って来たのに・・・」と、もったいない反面、下山時には萎えそうです。
五合目からは確かに梯子、鎖場と続きますが、こういう所は結構スキです。ただ、ペースアップしてしまい、そのあとバテバテです。もうダメと思ったところ、七丈小屋に着きました。
宿泊({寝具なし素泊まり)の手続きを済ませ、第二小屋に投宿。テラスで、ボーッとして過ごしました。
雲が少しずつ晴れ、地蔵のオベリスクが、そしてその先に富士山が・・・最高のドラマです。
皆さんが、食事に行っている間に、簡単に夕食を済ませ、シュラフに潜り込みました。消灯までストーブが着いておりましたが、人が出はいりするたび、目が覚めるほど寒い夜でした。
2時頃、早発ちするグループが、準備を始めたため、私も3時には起き出し、4時に出発(まだ真っ暗です)。
八合目で、ご来光を待ちましたが、寒すぎるので出発、剣が2本刺さった岩の手前で、素晴らしい日の出を見ることが出来ました。思わず「二礼二拍手」。赤石沢奥壁がモルゲンロートに染まります。
山頂へは一投足、岩に霜が付いて滑りやすく、注意を要しましたが、雲一つない快晴の朝、無事、登頂を果たしました。鳳凰三山の向こうに富士山が、七月に行った北岳・間ノ岳が、鋸岳への尾根が、遠くには御嶽から乗鞍、穂高・槍だで、そして八ヶ岳と、これ以上の展望はありません。
来てよかった!!
甲斐駒はいい山です!!!
七丈小屋でお会いした、相模原の単独行の方、花の名前わかったら教えてください・
下りは気を付けなければ。
黒戸山の登り返しもさほど苦にならず、思ったより早く駐車場にたどり着きました。
山の上は、冬の準備が、尾根は秋の準備が、降りてきたら夏の名残が、さすがに長い尾根でした。
降りてすぐには、「もう行きたくない」と思いましたが、三日過ぎた今、また、行ってみたい気がしています。

訪問者数:561人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/9/16
投稿数: 1
2014/9/16 20:44
 タカネビランジ
だそうです。
翌日に知り合いの方から即答いただきましたが、2週間前に丹沢で見てました(^^ゞ
http://jacohiba.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/7-b735.html
登録日: 2014/1/31
投稿数: 2
2014/9/16 23:05
 お疲れ様でした。
素敵な写真をありがとうございます。おそらく、刃利天狗で「この先が核心部です」と申した者です。あの後私たち夫婦もバテバテでした。が、お互いに無事下山出来て何よりです。
また別の山でお会いできればと思っております。
登録日: 2014/2/21
投稿数: 23
2014/9/17 21:08
 Re: タカネビランジ
jacohibaさん、早速ご連絡いただきありがとうございます。変わった名前ですね。
ブログも拝見しました。
16日は、筋肉痛を癒す目的で、高尾山から神馬山まで歩いてきました。丹沢近いですね・・・。今度ぜひご一緒させてください。
登録日: 2014/2/21
投稿数: 23
2014/9/17 21:13
 Re: お疲れ様でした。
ryochan-ys11さん、ご連絡ありがとうございます。
刃渡りまであまり人に合わなかったので、ちょっとめげておりました、声をかけていただいてありがとうございました。
また、どこかでお会いしたいですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ