また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 510993 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

赤岳〜阿弥陀岳

日程 2014年09月13日(土) 〜 2014年09月14日(日)
メンバー
天候1日目:曇り
2日目:晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八ヶ岳山荘の駐車場にバイク駐輪。バイクということで、半額の500円×二日分にしてもらえました。
本当は赤岳山荘あたりに停めたかったのですが、満車とのことで。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間20分
休憩
1時間52分
合計
5時間12分
S美濃戸口10:0810:48やまのこ村10:55美濃戸山荘12:00「行者小屋まで40分」プレート13:20行者小屋15:0015:05中山乗越15:08中山展望台15:2015:00行者小屋
2日目
山行
7時間56分
休憩
2時間44分
合計
10時間40分
行者小屋05:0706:27地蔵の頭06:4506:53赤岳天望荘07:23赤岳頂上山荘07:23赤岳07:5207:52竜頭峰07:52真教寺尾根分岐08:31文三郎尾根分岐08:50中岳08:5509:09中岳のコル09:41阿弥陀岳09:5510:25中岳のコル10:3511:26合流点11:36行者小屋13:0413:57「行者小屋まで40分」プレート14:56美濃戸山荘15:47美濃戸口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
八ヶ岳山荘に登山届を提出します。
赤岳周辺はハシゴ・クサリ場がありますが、ある程度慣れれば問題ないでしょう。
阿弥陀岳はクサリのある箇所が少ないので、慎重に。
その他周辺情報帰りに、道の駅小淵沢に立ち寄ると温泉&お土産を確保できます。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

美濃戸口から美濃戸山荘までは、こんな道。
2014年09月13日 10:13撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸口から美濃戸山荘までは、こんな道。
これは、トリカブト?
こいつをせn・・・ゲフンゲフン!
2014年09月13日 10:38撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは、トリカブト?
こいつをせn・・・ゲフンゲフン!
1
ここから、南沢へ進みます。
2014年09月13日 10:56撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから、南沢へ進みます。
「行者小屋まで40分」プレート。
40分じゃ無理です。
2014年09月13日 12:02撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「行者小屋まで40分」プレート。
40分じゃ無理です。
ヘリポートが見えれば、もうひと踏ん張り。
2014年09月13日 12:52撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘリポートが見えれば、もうひと踏ん張り。
行者小屋。
テン場はかなり埋まりつつあります。
2014年09月13日 14:12撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋。
テン場はかなり埋まりつつあります。
テントを張ったら、行者小屋と赤岳鉱泉の間にある中山展望台へ向かいます。
2014年09月13日 15:03撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントを張ったら、行者小屋と赤岳鉱泉の間にある中山展望台へ向かいます。
中山展望台から、赤岳。この時間はきれいに晴れてます。
2014年09月13日 15:10撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山展望台から、赤岳。この時間はきれいに晴れてます。
1
おなじく、横岳。
2014年09月13日 15:11撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おなじく、横岳。
行者小屋に戻り、赤岳を肴に乾杯!
2014年09月13日 16:04撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋に戻り、赤岳を肴に乾杯!
1
2日目。地蔵尾根へ。初めは樹林帯です。
2014年09月14日 05:39撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目。地蔵尾根へ。初めは樹林帯です。
でたな、ハシゴ!
2014年09月14日 05:58撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でたな、ハシゴ!
初めてのクサリ場。
途中から慣れてきて、少しはスムーズに。
2014年09月14日 06:18撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めてのクサリ場。
途中から慣れてきて、少しはスムーズに。
地蔵の頭。
2014年09月14日 06:32撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵の頭。
お地蔵様の、後光が眩い!
2014年09月14日 06:35撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お地蔵様の、後光が眩い!
ここから見える赤岳、きれいです。
2014年09月14日 06:35撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから見える赤岳、きれいです。
4
この時間、富士山は見えていたんですが・・・
2014年09月14日 06:37撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時間、富士山は見えていたんですが・・・
赤岳直下のクサリ場。もうちょいで山頂!
2014年09月14日 07:19撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳直下のクサリ場。もうちょいで山頂!
山頂へ到着。
2014年09月14日 07:21撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へ到着。
1
北アルプス
2014年09月14日 07:24撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス
1
南アルプス。
2014年09月14日 07:25撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス。
1
こちら方面は晴れてるんですが、裏側にはすでにガスが。
2014年09月14日 07:41撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちら方面は晴れてるんですが、裏側にはすでにガスが。
これから行く阿弥陀岳。
2014年09月14日 07:41撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから行く阿弥陀岳。
2
お団子げっと。
2014年09月14日 07:45撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お団子げっと。
1
阿弥陀岳に向かうには、この標識に従いましょう。社の裏のルートらしきものは、バッテンです。
2014年09月14日 07:57撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳に向かうには、この標識に従いましょう。社の裏のルートらしきものは、バッテンです。
赤岳直下クサリ場。すでに何のその。
2014年09月14日 08:06撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳直下クサリ場。すでに何のその。
2
文三郎尾根分岐。ここは阿弥陀岳方面へ。
2014年09月14日 08:28撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根分岐。ここは阿弥陀岳方面へ。
中岳山頂。
2014年09月14日 08:51撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳山頂。
中岳から、阿弥陀岳。この時点では快晴なんですが。
2014年09月14日 08:52撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳から、阿弥陀岳。この時点では快晴なんですが。
阿弥陀岳へ。岩場ですが、クサリが張ってある箇所が少ないので、結構苦戦しました。
2014年09月14日 09:12撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳へ。岩場ですが、クサリが張ってある箇所が少ないので、結構苦戦しました。
2
阿弥陀岳山頂。すでにガス。
2014年09月14日 09:39撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳山頂。すでにガス。
かろうじて、諏訪湖は見えました。
2014年09月14日 09:40撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かろうじて、諏訪湖は見えました。
赤岳もガスがきてますね。
この日は、ここからでもわかるくらい多くの人が登っていたようです。
2014年09月14日 09:56撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳もガスがきてますね。
この日は、ここからでもわかるくらい多くの人が登っていたようです。
1
中岳コルから、中岳道を下ります。
2014年09月14日 10:34撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳コルから、中岳道を下ります。
1
中岳道。
途中道迷いをやらかし、タイムロス。
2014年09月14日 10:41撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳道。
途中道迷いをやらかし、タイムロス。
文三郎尾根との合流点。あと少しで行者小屋。
2014年09月14日 11:25撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根との合流点。あと少しで行者小屋。
テントを撤収し、昼飯のラーメン。
2014年09月14日 12:45撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントを撤収し、昼飯のラーメン。
1
帰り道、カモシカと遭遇。目が合った!
2014年09月14日 13:59撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道、カモシカと遭遇。目が合った!
1
八ヶ岳山荘到着!
2014年09月14日 16:11撮影 by TG-820 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳山荘到着!

感想/記録
by gaku-3

 八月の間、天候不順につきやきもきしていた八ヶ岳、赤岳と阿弥陀にやっといけました。
 中央道小淵沢ICから美濃戸口までは順調でしたが、その先に進もうにも道には満車の文字。当初はやまのこ村あたりにバイクを止める予定でしたが、ここで降車し歩き始めます。
 行者小屋までひたすら歩きます。途中、「行者小屋まで40分」のプレートがありますが、40分じゃ着きません。自分は倍かかりました。ヘリポートが見えればもうひと踏ん張りです。
 行者小屋、すでにテン場は埋まりつつあります。急いで場所を確保、今晩の塒を作ったら中山展望台へ向かいます。ここから赤岳と横岳がいい感じに。そして初日終了。
 2日目、地蔵尾根を進みます。森林限界を超えたあたりから、ハシゴとクサリ場が出てきます。初めてのクサリ場で、はじめはうまく進めなかったのですが、周りの人の歩き方を見て真似してみれば、あれよあれよと高度が稼げました。
 そんなこんなで地蔵尾根、このときは快晴で秩父方面、富士山も見えました。
 そして赤岳山頂へ。南アルプス、北アルプス方面は晴れていますが、秩父方面はすでにガスが来ています。ここで写真などとりつつ休憩。空気ウマ!それにしても人が多いもんです。
 山頂を堪能したら、阿弥陀岳へ向かいます。山頂社の裏側に、まっすぐ向かうルートがあるようですが、岩に描かれたバッテンを信じましょう。標識に従えば、巻き道がちゃんとあります。
 赤岳山頂からクサリ場を下り、文三郎尾根との分岐も越して、中岳を経由し阿弥陀岳へ。ここが一番きつかった。岩場なのに、クサリが少ないので、へばりついて上ることに。そして頂上に着くと、すでにガス発生。かろうじて諏訪湖が見えました。
 阿弥陀岳を下り、中岳道を下ります。途中道迷いをやらかし、タイムロス。何とか行者小屋にたどり着きます。
 テントを撤収し、昼飯のラーメンを啜ったらいざ帰路へ。途中、カモシカと遭遇しつつ、何とか八ヶ岳山荘までたどり着きました。ソフトクリームが身に染みる〜。
 初めての赤岳でしたが、クサリ場なども楽しめました。今度はもっと天気のいい時、硫黄岳から縦走するか、赤岳だけの気軽なテン泊で行きたいと思います。
訪問者数:316人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ