また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 511227 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

笊ヶ岳(老平↑ランカン尾根↓)

日程 2014年09月14日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ(展望ガス)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
老平
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間14分
休憩
1時間32分
合計
13時間46分
S老平駐車場04:4405:24タケ沢吊橋05:2705:56広河原06:0006:23山ノ神06:3607:184本桧の肩07:2408:22桧横手山10:08布引山10:0911:11笊ヶ岳12:1217:19大金山17:2318:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【老平〜笊ヶ岳】
歩きやすい明瞭な登山道ではあるが容赦無い急登を強いられる。
渡渉点は水かさが少なく飛び石で渡れた。

【ランカン尾根】
老平〜笊ヶ岳間は特に地図を広げる事も無く歩行出来るがこちらは地形図、コンパス必要。尾根が広い箇所は踏み跡が分散され薄くなるので尾根の芯を見失わないように進む。登りは高みを目指せばよいが、下りはルートを見失いやすいので注意が必要。小笊以降は下草もほとんどなく道は歩きやすい。登攀具を使う様な技術的に難しい箇所は無く読図力と体力勝負のVR。

笊ヶ岳〜小笊〜2500m付近までは石楠花、シラビソ、ハイマツを漕ぎながら進む事になるが足元は踏まれておりさほど労せず通過可能。(小太郎山西尾根のようにハイマツの上に乗って四つん這いにならなければ進めないような箇所は無かった)

1948mピーク手前に地形図には表記されていないキレット有り。勢いよく突っ込んでしまうと尾根の先が突然崖になっているのでここは猛烈に注意が必要。この辺りまで来ると藪にマヒし始める頃でもある。
右へのトラバース道を進むと岩壁の下へ続く明瞭なバンドがある。


*黒戸尾根と比較される山だがここでは白根三山と比較してみる事とする。
(GPSは10秒毎取得の同一設定)

笊ヶ岳(老平〜ランカン)2014.9/14登頂
合計距離: 28.08km
累積標高(上り): 3250m
累積標高(下り): 2861m

白根三山(広河原〜大門沢)2014.8/13登頂
合計距離: 28.01km
累積標高(上り): 2537m
累積標高(下り): 3216m

距離、標高差からみると白根三山を大門沢から詰めて広河原へ降りるルートに近いようだ。笊ヶ岳には小屋、水場、エスケープルート無し。携帯はほぼ圏外。白根三山はいざとなったら小屋に逃げ込めば良いがこちらでは全て自己解決しなければならない。この日は駐車場が止めきれないくらいの人出ではあったがランカン経由は我々のみ。(登りで使っているパーティも無し)ソロ山行でアクシデントが発生したら数日放置もありえるだろう。
白根三山の日帰りを軽くこなせないようだと笊〜ランカンは厳しいか。

今回、車2台使用し車道歩きを回避した。
車道を繋ぐ場合はさらに距離が伸びる事となる。

闇テン場、黙認テン場が数箇所有
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

老平から出発
ゲート横の登山ポストに入山届けを提出
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
老平から出発
ゲート横の登山ポストに入山届けを提出
1
モルタルが吹き付けられた味のあるトンネルだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モルタルが吹き付けられた味のあるトンネルだ
1
薄明るくなってきた
布引山のシルエット
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄明るくなってきた
布引山のシルエット
1
予想以上に整備の行き届いた登山道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予想以上に整備の行き届いた登山道
かなり揺れる吊り橋
渡ったあとも暫くクラクラめまいがした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり揺れる吊り橋
渡ったあとも暫くクラクラめまいがした
7
湧き水のシャワーを浴びる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湧き水のシャワーを浴びる
1
最終水場と案内されている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終水場と案内されている
広河原
水かさが少なかったのでジャンプ一発で渡渉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原
水かさが少なかったのでジャンプ一発で渡渉
2
桧横手山
ビバークサイトとしてよさげな場所がいくつかあった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桧横手山
ビバークサイトとしてよさげな場所がいくつかあった
1
丹沢で見たトリカブトより少し小ぶりに感じた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢で見たトリカブトより少し小ぶりに感じた
1
ガスってきたなあ、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスってきたなあ、、、
眺望厳しいか、、、
地図には(危)表記されている箇所
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望厳しいか、、、
地図には(危)表記されている箇所
トリカブトの群生地
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブトの群生地
2
少し足元がうるさくなる所を通過して笊ヶ岳へ向かう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し足元がうるさくなる所を通過して笊ヶ岳へ向かう
1
ランカン尾根が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ランカン尾根が見える
1
ハイマツを抜けると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツを抜けると
荒川三山方面だが、、、
残念
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川三山方面だが、、、
残念
1
これから向かう小笊
ガスで真っ白だ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう小笊
ガスで真っ白だ
ガスが一瞬晴れて小笊が見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが一瞬晴れて小笊が見えた
1
H部到着
roku様にお預けした伝言を聞いて必死に登って来てくれた
roku様ありがとうございました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
H部到着
roku様にお預けした伝言を聞いて必死に登って来てくれた
roku様ありがとうございました
6
山頂から少し戻った所のビバークサイト
ランカン尾根への取り付きは小笊に向かって藪に突っ込む形となる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から少し戻った所のビバークサイト
ランカン尾根への取り付きは小笊に向かって藪に突っ込む形となる
4
小笊手前から笊ヶ岳を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小笊手前から笊ヶ岳を振り返る
え〜これマジで道ですか?
と言う初VRのH部
きのこ狩りでもこんな所通りませんね・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
え〜これマジで道ですか?
と言う初VRのH部
きのこ狩りでもこんな所通りませんね・・・
5
登り返しがキツイ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返しがキツイ
7
H部はシャクナゲの藪の中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
H部はシャクナゲの藪の中
1
足元は踏まれているので実際は見た目ほど苦労する事も無く藪は突破出来る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元は踏まれているので実際は見た目ほど苦労する事も無く藪は突破出来る
2
三点でしっかり
こんな所でケガでもしたら大変だ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三点でしっかり
こんな所でケガでもしたら大変だ
6
歴史を感じる案内板
人工物があると少しほっとする
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歴史を感じる案内板
人工物があると少しほっとする
5
危険ポイント
キレット
尾根伝いに直進すると滑落する
右へトラバース
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危険ポイント
キレット
尾根伝いに直進すると滑落する
右へトラバース
4
静大ワンゲルのプレート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静大ワンゲルのプレート
1
陽の高いうちに林道に到着
ここまで来てしまえばもう安心
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽の高いうちに林道に到着
ここまで来てしまえばもう安心
車道は崩落しているので車の乗り入れは途中まで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道は崩落しているので車の乗り入れは途中まで

感想/記録

南アルプス白峰南嶺南部に位置する標高2629mの笊ヶ岳。甲府盆地からも特徴のある双耳峰をみることが出来る。山梨百名山の中の四難山の一つであり距離、標高差共に群を抜いている。
今回は老平から詰めて布引山を経由して笊ヶ岳に立ちランカン尾根を下降するルートを試みる事とした。

暗くなってからのバリエーションは歩きたく無かったので山頂到着に時間設定を設けて臨んだ。同行のH部が途中、脚が痙ってしまい想定していた時間よりは少々遅れてしまったが誤差の範囲内だったので予定どうりランカン尾根を下山路に使う事とした。

今回、眺望には恵まれなかったが充実感、達成感とも十分な山歩きであった。
山頂での展望が残念だったので再訪する理由が出来た。
訪問者数:2417人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/11/25
投稿数: 361
2014/9/19 11:14
 こんにちは。
ランカン尾根おつかれさまでした。
ひとつ教えてください。

二度ほどランカン尾根を歩いているのですが、いずれも登りに使いました。2,125mの小ピークの下り(西側)で二回ともヤブに突入したのですが、きっちりと尾根通しに登ればヤブを回避できるのでしょうか。
あそこの部分が最も嫌な個所だったというような記憶があります。

時間がありましたら、よろしく。
登録日: 2013/7/20
投稿数: 45
2014/9/19 17:39
 2125m
トシさんこんにちは
2125mピーク付近の件ですが特に藪に突入する事はなかったと記憶しております。

今回、トシさんのランカン尾根の過去レコ参考にさせて頂き山行計画を立てました。
ありがとうございました。

ザ深南!
魅力いっぱいの楽しいコースですね。
また行ってみたいと思います。
登録日: 2011/2/23
投稿数: 14
2014/9/20 17:01
 ワイルドなコースですね!
なかなかタフなコースですね、山行きの参考にさせていただきます。
登録日: 2013/7/20
投稿数: 45
2014/9/20 18:40
 Re: ワイルドなコースですね!
kozakozaさんこんにちは
今回、ガスで展望はお預けでしたが山歩きとしては魅力満載で十分堪能する事が出来ました。
登録日: 2007/10/14
投稿数: 1323
2014/9/22 14:52
 ランカン尾根
小笊まで行ってみようかな?と思い入口を覗いてみましたが、
私はとても入って行く気にはなりませんでした。
あそこからの突入は覚悟がいりますね。

ランカン尾根については道が分かりにくいという噂くらいしか知りませんでしたが。
レコを見ると、面白そうな尾根なのですね。

比較されている白根三山の日帰り。
白根三山の日帰りなんて考えたことなかったのですが
チャレンジしたくなりました
それにしても15歳の息子さんの体力に拍手です。
登録日: 2013/7/20
投稿数: 45
2014/9/22 21:43
 Re: ランカン尾根
rokuさんこんばんは。
先日はたいへんお世話になりました。

白根三山は農鳥の関所をいかに突破するか・・・

なんとか私が出来ている事ですのでrokuさんなら余裕かと思いますよ。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ