また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 5213748 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

【御来光】北岳(八本歯手前まで)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2023年02月26日(日) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
開運隧道ゲート付近は職員用につき駐車不可。奈良田温泉駐車場に停める。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
10:32
距離
42.0 km
登り
3,714 m
下り
3,717 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち32%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間24分
休憩
1時間6分
合計
10時間30分
Sスタート地点00:1500:18奈良田駐車場00:1800:25奈良田第一発電所00:2601:25野呂川発電所バス停01:2501:42アルキ沢橋BS01:5903:15池山03:1503:23池山御池小屋03:3004:07城峰04:0705:33ボーコン沢ノ頭05:5607:19ボーコン沢ノ頭07:2208:04城峰08:0508:26池山御池小屋08:3308:42池山08:4209:45アルキ沢橋BS09:5410:43奈良田第一発電所10:4310:46奈良田駐車場10:4610:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【雪】
奈良田〜あるき沢橋 凍結あり
〜池山 うっすら
〜池山御池 膝下くらい トレースバッチリ
〜城峰 膝下くらい ところによりトレース消える
〜ボーコン沢の頭 トレース消える

【危険崩落箇所】
なし

21日に訪れた際とあまり状況は変わらず、城峰あたりまでは自分らのトレースが残っていた。その日は、八本歯はフリーで下降できるほど、コルから山頂にかけてはラッセルも浅く、アイゼンもよく咬み条件良し。
池山吊尾根は、ボーコン沢の頭から八本歯まで風がよく抜ける。

 
その他周辺情報奈良田温泉駐車場から徒歩圏内に日帰り温泉、食事処が随所にある。
過去天気図(気象庁) 2023年02月の天気図

写真

26日、この日の目的は、ボーコンで御来光
2023年02月26日 00:25撮影 by SOV42Sony
26日、この日の目的は、ボーコンで御来光
登山口はここ
2023年02月26日 00:25撮影 by SOV42Sony
登山口はここ
ナイトハイク開始です
2023年02月26日 01:48撮影 by SOV42Sony
ナイトハイク開始です
ボーコン手前、ここまでテント4張、池山小屋数名。私は御来光待ち
2023年02月26日 05:37撮影 by PENTAX K-1 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
ボーコン手前、ここまでテント4張、池山小屋数名。私は御来光待ち
寒さに耐えられず歩き出したところ、吊尾根上で御来光
2023年02月26日 06:26撮影 by PENTAX K-1 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
寒さに耐えられず歩き出したところ、吊尾根上で御来光
バットレス、淡く染まる
2023年02月26日 06:30撮影 by PENTAX K-1 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
バットレス、淡く染まる
3
間ノ岳、
2023年02月26日 06:31撮影 by PENTAX K-1 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
間ノ岳、
3
ハ本歯手前、このあたり暴風につきしぱらく停滞
2023年02月26日 06:50撮影 by PENTAX K-1 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
ハ本歯手前、このあたり暴風につきしぱらく停滞
1
強風のため引き返します
2023年02月26日 07:29撮影 by PENTAX K-1 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
強風のため引き返します
1
天気いいだけに名残惜しい
2023年02月26日 07:30撮影 by PENTAX K-1 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
天気いいだけに名残惜しい
1
次は山頂で御来光かな。
2023年02月26日 06:29撮影 by PENTAX K-1 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
次は山頂で御来光かな。
2
本日28日、リフト35本目、この時間をヤマレコ作成にあててます
2023年02月28日 13:57撮影 by SOV42Sony
本日28日、リフト35本目、この時間をヤマレコ作成にあててます
谷川連峰の眺め、富士山、北岳もよく見えます
2023年02月28日 14:00撮影 by SOV42Sony
谷川連峰の眺め、富士山、北岳もよく見えます

感想/記録

今回の山歩きは、20日から三度にわたる北岳登山の最終章。備忘録的にまとめるとする。
時系列として、20日〜22日にかけて北岳ピストン、23日池山御池小屋ピストン、24日袖ヶ浦で仕事、25日スキー、26日にボーコン沢ノ頭ピストンとなった。
なぜこんなスケジュールになったかと言えば、端的に、山でスマホを失くしたからである。
ここから長文になります。
【20日、奈良田〜ボーコン沢手前幕営】
奈良田温泉駐車場からあるき沢橋までは、13キロほど近日の雨雪高温で落石多数、休憩は橋の上もしくはトンネルで。
あるき沢橋から池山までは目印等あり夏道が確認できるが一部不明瞭、登山道は氷。
池山〜御池小屋〜城峰までは積雪時ルートを見失いやすそうだが、先行パーティのトレースを使わせてもらいなんなく通過。程なく追いついたので、ラッセル要因に加わる。モナカ雪、状態悪し、2550mあたりで幕。
【21日、幕場〜北岳〜幕場】
夜明け前に単独行1名が先行した。御来光に合わせ出発、ボーコン沢で先日のパーティと御来光を迎える。八本歯まではトップ、コルまでは半分程行ったところで赤ヤッケのお兄さんに先をお願いした。コルから先山頂までは再びトップをとらせてもらった。吊尾根分岐から先、ルンゼっぽいとこは前爪を効かせて登ったが岩尾根上がったほうが危険度低いかも。山頂一番乗り、道標処女雪は頂いた。山頂積雪量は雪庇上に看板1m超すくらい。やはり正月に比べてぐんぐん増えてくる。追って赤ヤッケのお兄さんが到着。
赤「トレースありがとうございました!」
私「八本歯ありがとうございました!」
私は先頭で行きたいだけですが感謝されるとやっぱ嬉しいです。八本歯だって嫌らしい雪で通過にだいぶ時間費やしてもらったし、おそらく赤ヤッケさんいかなかったら後続みんな引き返しましたよ。なんて伝えました。
北岳から西側の展望はなかったが、間ノ岳方面の雪稜はやはり圧巻、ここの稜線ほんと好きです。
下山中。朝イチ抜いたチェンスパ兄さんとクロス。この方、チェンスパで北岳ピストンとゆう強者。三山縦走しそうな昨日のパーティは、単独行1名加え、分岐に荷物をデポしルンゼを駆け上がって行った。すご、めちゃくちゃ元気。
幕場に戻ったのはお昼前、時間に余裕があったが、おりても無駄にお金使っちゃうし、せっかくなのでここでもう一泊した。景色を楽しんだり、ドラクエ7もクリアしちゃったり。時間もあり夕焼け待てずに就寝。
【22日、幕場〜あるき沢橋〜池山御池小屋〜奈良田】
日付が変わってまもなく、寝付けなくなってしまいそのままゆっくり支度し下山開始。
これがちょっと失敗だったかも。なんなく暗いうちにあるき沢橋まで降りたわけだが、ここで事件が。ヤマレコでログもとりカメラのSDを入れ替えていた普段使いのスマホと、音楽聴いたり遊び用の旧機、2台ともどこかで落とした。ヤマレコログでは確かに1730mまでの案内は耳にしていたので、探しに登り返した。が見つからなかった。
奈良田に戻ってから、スマホの捜索活動。
どうやら、位置情報をオンにし電波があれば、メールを介し具体的に座標をとれるらしいのだが、生憎県外、得た情報は奈良田からだと最終基地局雨池山でひろった通信記録が最後とのこと。もしかしたらヤマレコのログをあたり探すことができたかもしれないが、私には辿りつかなかった。
【23日、奈良田〜池山御池小屋〜奈良田】
明日からまた寒気がくるので、今日中に探さないと。と意気込んで出発、登りは少しルートを外しながら、下りは落とす可能性がある範囲を徹底的に探した。大岩を巻き南に進路を向けるところで、逆の北側谷筋に入りしばらく下ったところで、なんと普段使いが見つかった。1500m位。強い衝撃のせいか、戻って充電も出来ず、中のSDのデータも破損していた。一年分位の山歩きが消えてしまった。ショック。もう一台は結局見つからなかった。残念。
【26日、奈良田〜ボーコン沢〜奈良田】
せっかくの山行をスマホ失くした思い出にするまいと、再び北岳を目指すことにした。
せっかくのせっかくなので、同じとこで御来光を見ようとゆう試み。それが今回のログ。
さて、これが失敗でした。
あとは掲載写真のとおりです。

時間遅らせれば、寒気も緩んだのになぁ。なんて後の祭りですが、書き記す事で少しすっきり。
なにより20日からの登山は、平日にも関わらず入山者も10名弱おり、互いに協力しあい、また、天気にも恵まれるとゆう最高の三日間になりました。
やっぱ、南アルプスに集まる人、好きだなぁ。
春が来る前にもう一度行こう。



お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:195人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ