また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 5473018 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 大台ケ原・大杉谷・高見山

台高山脈縦走(高見山〜日出ヶ岳)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2023年05月03日(水) 〜 2023年05月06日(土)
メンバー
天候一日目 快晴
二日目 快晴
三日目 快晴
四日目 晴れ時々曇り後霧
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路
近鉄大阪線榛原駅下車
奈良交通バス10系統菟田野行き菟田野下車
東吉野村コミュニティバス『ふるさと号』杉谷方面高見登山口下車

復路
奈良交通バス特急系統大台ヶ原発イオンモール橿原行き大和八木駅下車
近鉄大阪線大和八木駅乗車
経路を調べる(Google Transit)
GPS
36:35
距離
55.1 km
登り
5,147 m
下り
4,041 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間13分
休憩
0分
合計
7時間13分
Sスタート地点09:0016:14宿泊地
2日目
山行
9時間6分
休憩
0分
合計
9時間6分
宿泊地04:5614:02宿泊地
3日目
山行
10時間7分
休憩
0分
合計
10時間7分
宿泊地05:0215:09宿泊地
4日目
山行
10時間15分
休憩
0分
合計
10時間15分
宿泊地04:5715:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一日目(高見登山口〜明神平)
 この区間は北部台高縦走路としてよく整備され、道標やマーキングも随所にあり歩きやすい。特に危険な場所や迷いやすい箇所はない。
二日目(明神平〜霧ノ平)
 明神平から池子屋山までは比較的よく整備されているが、池小屋山から先の縦走路は藪が多く不明瞭で、道標はもちろんマーキングも少ない。けもの道に惑わされないよう、主稜線を意識して歩きたい。アップダウンを繰り返す厳しいコースだ。
三日目(霧ノ平〜振子辻手前の幕営適地)
 アップダウンを繰り返す厳しいコースが続く。主稜線をたどっていくが、不明瞭な箇所は多い。幅が広いなだらかな地形では、進行方向を見失いやすいので気をつけたい。また、ピークの上では支尾根に迷い込まないよう、進むべき方向を確認しながら進むようにしたい。コースには両側が切れ落ちた痩せ尾根もあり注意が必要だ。場所によってはフィックスロープもあるが、古くなっており体重をかけるのには不安がある。実際、切れたロープが残置されている箇所もあった。
四日目(幕営地〜大台ヶ原・日出ヶ岳)
 相変わらず厳しいアップダウンが続く。振子辻の前後はコースがコの字を描くように曲がっており、進行方向を誤らぬよう慎重に確認を行った。明らかにコースと思われるような、はっきりとした稜線の脇から主稜線が落ち込んでいる箇所があり、マーキングを見逃してしまうとコースを誤ってしまうので注意が必要だ。大台辻から先は、整備された登山道に様子が一変する。といっても整備された登山道の跡といった方が良く、崩壊箇所もあり注意すべき箇所も多い。
 コース全般を通して、アップダウンがキツく、トレースは不明瞭でマーキングが少なく、灌木の藪漕ぎや倒木が登山道を塞いでいる箇所も多いため、ルートファインディング技術が試されるタフなコースだ。
その他周辺情報大台ヶ原ビジターセンター
大台ヶ原物産店

http://vill.kamikitayama.nara.jp/kanko/tanoshimu/odaigahara/

心・湯治館(日帰り入浴不可)

https://www.cocoro-toujikan.com/
過去天気図(気象庁) 2023年05月の天気図

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え サンダル ザック 昼ご飯 行動食 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ シュラフカバー
備考 シュラフは#3を持参したが#5でもよかった。
防寒着にフリースとダウンを持参したが、ダウンだけで十分だった。

写真

旧南伊勢街道の面影を残す石畳の道
2023年05月03日 08:59撮影 by ILCE-6000SONY
旧南伊勢街道の面影を残す石畳の道
石畳の道
2023年05月03日 09:00撮影 by ILCE-6000SONY
石畳の道
雲母曲
2023年05月03日 09:27撮影 by ILCE-6000SONY
雲母曲
崩落のため進入禁止
迂回路が設けられている。
2023年05月03日 09:32撮影 by ILCE-6000SONY
崩落のため進入禁止
迂回路が設けられている。
崩壊箇所
2023年05月03日 09:32撮影 by ILCE-6000SONY
崩壊箇所
1
小峠に到着
熊が出るらしい
2023年05月03日 09:43撮影 by ILCE-6000SONY
小峠に到着
熊が出るらしい
小峠
2023年05月03日 09:43撮影 by ILCE-6000SONY
小峠
小峠の先は伊勢へ続く
2023年05月03日 09:43撮影 by ILCE-6000SONY
小峠の先は伊勢へ続く
2
高見山へは鳥居をくぐる
2023年05月03日 09:44撮影 by ILCE-6000SONY
高見山へは鳥居をくぐる
平野道分岐
2023年05月03日 10:05撮影 by ILCE-6000SONY
平野道分岐
石の道標
ここにも熊が・・・
2023年05月03日 10:05撮影 by ILCE-6000SONY
石の道標
ここにも熊が・・・
レンゲツツジ
2023年05月03日 10:20撮影 by ILCE-6000SONY
レンゲツツジ
1
国見岩の説明
2023年05月03日 10:23撮影 by ILCE-6000SONY
国見岩の説明
こちらが国見岩
2023年05月03日 10:24撮影 by ILCE-6000SONY
こちらが国見岩
揺岩
2023年05月03日 10:27撮影 by ILCE-6000SONY
揺岩
ミツバツツジ
2023年05月03日 10:28撮影 by ILCE-6000SONY
ミツバツツジ
1
アケボノツツジ
2023年05月03日 10:33撮影 by ILCE-6000SONY
アケボノツツジ
2
笛吹岩
2023年05月03日 10:41撮影 by ILCE-6000SONY
笛吹岩
笛吹岩の説明
2023年05月03日 10:41撮影 by ILCE-6000SONY
笛吹岩の説明
笛吹岩からの眺望
2023年05月03日 10:41撮影 by ILCE-6000SONY
笛吹岩からの眺望
遠く大峯の山並みが見える。
2023年05月03日 10:42撮影 by ILCE-6000SONY
遠く大峯の山並みが見える。
1
登山道が続く
山頂はもうすぐだ
2023年05月03日 10:46撮影 by ILCE-6000SONY
登山道が続く
山頂はもうすぐだ
高見山山頂
2023年05月03日 10:50撮影 by ILCE-6000SONY
高見山山頂
2
高見山の三角点
2023年05月03日 10:50撮影 by ILCE-6000SONY
高見山の三角点
高見山の山名表示
2023年05月03日 10:51撮影 by ILCE-6000SONY
高見山の山名表示
1
宇陀・曽爾の山々
2023年05月03日 10:51撮影 by ILCE-6000SONY
宇陀・曽爾の山々
山座表示
2023年05月03日 10:51撮影 by ILCE-6000SONY
山座表示
宇陀・曽爾の山々
2023年05月03日 10:51撮影 by ILCE-6000SONY
宇陀・曽爾の山々
宇陀・曽爾の山々
2023年05月03日 10:51撮影 by ILCE-6000SONY
宇陀・曽爾の山々
レンゲツツジ
2023年05月03日 11:08撮影 by ILCE-6000SONY
レンゲツツジ
大峠に降りてきた
2023年05月03日 11:20撮影 by ILCE-6000SONY
大峠に降りてきた
1
大峠の駐車場
2023年05月03日 11:20撮影 by ILCE-6000SONY
大峠の駐車場
日本遺産 高見山の説明
2023年05月03日 11:20撮影 by ILCE-6000SONY
日本遺産 高見山の説明
新緑がきれい
2023年05月03日 11:31撮影 by ILCE-6000SONY
新緑がきれい
このベンチで休憩
2023年05月03日 11:31撮影 by ILCE-6000SONY
このベンチで休憩
1
アケボノツツジ
2023年05月03日 11:49撮影 by ILCE-6000SONY
アケボノツツジ
三角点みたいな?
2023年05月03日 11:58撮影 by ILCE-6000SONY
三角点みたいな?
アケボノツツジ
2023年05月03日 12:03撮影 by ILCE-6000SONY
アケボノツツジ
1
雲ヶ瀬山
2023年05月03日 12:17撮影 by ILCE-6000SONY
雲ヶ瀬山
1
ハッピのタワ
2023年05月03日 12:57撮影 by ILCE-6000SONY
ハッピのタワ
鞍部の様子
2023年05月03日 12:57撮影 by ILCE-6000SONY
鞍部の様子
進路はこちら
2023年05月03日 12:57撮影 by ILCE-6000SONY
進路はこちら
ハンシ山
2023年05月03日 13:22撮影 by ILCE-6000SONY
ハンシ山
1
伊勢辻
2023年05月03日 14:05撮影 by ILCE-6000SONY
伊勢辻
伊勢辻山
2023年05月03日 14:12撮影 by ILCE-6000SONY
伊勢辻山
1
伊勢辻山
2023年05月03日 14:12撮影 by ILCE-6000SONY
伊勢辻山
伊勢辻山からの眺望
2023年05月03日 14:14撮影 by ILCE-6000SONY
伊勢辻山からの眺望
赤ゾレ山
2023年05月03日 14:34撮影 by ILCE-6000SONY
赤ゾレ山
1
赤ゾレ山から薊岳を望む
右手後方には大峯の山並みが見える。
2023年05月03日 14:40撮影 by ILCE-6000SONY
赤ゾレ山から薊岳を望む
右手後方には大峯の山並みが見える。
1
先ほど登った伊勢辻山を振り返る。
2023年05月03日 14:40撮影 by ILCE-6000SONY
先ほど登った伊勢辻山を振り返る。
国見山方面
2023年05月03日 14:41撮影 by ILCE-6000SONY
国見山方面
赤ゾレ池
ハートに見えるというのだが…
2023年05月03日 14:46撮影 by ILCE-6000SONY
赤ゾレ池
ハートに見えるというのだが…
1
馬駈ヶ辻
2023年05月03日 14:57撮影 by ILCE-6000SONY
馬駈ヶ辻
馬駈ヶ辻
2023年05月03日 14:58撮影 by ILCE-6000SONY
馬駈ヶ辻
1
国見山
2023年05月03日 15:30撮影 by ILCE-6000SONY
国見山
国見山の三角点
2023年05月03日 15:30撮影 by ILCE-6000SONY
国見山の三角点
水無山
2023年05月03日 15:51撮影 by ILCE-6000SONY
水無山
登山道は続く
2023年05月03日 15:51撮影 by ILCE-6000SONY
登山道は続く
今日の宿泊地、明神平が見えた。
2023年05月03日 15:57撮影 by ILCE-6000SONY
今日の宿泊地、明神平が見えた。
1
テント設営
2023年05月03日 16:40撮影 by ILCE-6000SONY
テント設営
1
水場方向
2023年05月03日 16:40撮影 by ILCE-6000SONY
水場方向
アカヤシオ
2023年05月04日 05:09撮影 by ILCE-6000SONY
アカヤシオ
明神岳
2023年05月04日 05:13撮影 by ILCE-6000SONY
明神岳
1
同じく明神岳の山名表示
2023年05月04日 05:13撮影 by ILCE-6000SONY
同じく明神岳の山名表示
桧塚分岐
2023年05月04日 05:14撮影 by ILCE-6000SONY
桧塚分岐
1
1380mピーク
2023年05月04日 05:34撮影 by ILCE-6000SONY
1380mピーク
笹ヶ峰
2023年05月04日 05:45撮影 by ILCE-6000SONY
笹ヶ峰
1
千石山の三角点
2023年05月04日 06:29撮影 by ILCE-6000SONY
千石山の三角点
2
千石山
2023年05月04日 06:29撮影 by ILCE-6000SONY
千石山
1
シャクナゲ
2023年05月04日 06:41撮影 by ILCE-6000SONY
シャクナゲ
アップで
2023年05月04日 06:42撮影 by ILCE-6000SONY
アップで
1
少し引いて
2023年05月04日 06:42撮影 by ILCE-6000SONY
少し引いて
1
こちらもシャクナゲ
2023年05月04日 06:43撮影 by ILCE-6000SONY
こちらもシャクナゲ
2
シャクナゲ
2023年05月04日 06:43撮影 by ILCE-6000SONY
シャクナゲ
アカヤシオ
2023年05月04日 06:44撮影 by ILCE-6000SONY
アカヤシオ
2
アカヤシオ
2023年05月04日 06:44撮影 by ILCE-6000SONY
アカヤシオ
沢の源頭近くで設営のテントを発見
ここなら水に困らない
2023年05月04日 06:57撮影 by ILCE-6000SONY
沢の源頭近くで設営のテントを発見
ここなら水に困らない
1
山並みが続く
2023年05月04日 07:37撮影 by ILCE-6000SONY
山並みが続く
さらに続く、どこまでも
2023年05月04日 07:37撮影 by ILCE-6000SONY
さらに続く、どこまでも
赤グラ山
2023年05月04日 07:59撮影 by ILCE-6000SONY
赤グラ山
1
展望は良くない
2023年05月04日 07:59撮影 by ILCE-6000SONY
展望は良くない
こちらも
2023年05月04日 08:00撮影 by ILCE-6000SONY
こちらも
進行方向
2023年05月04日 08:00撮影 by ILCE-6000SONY
進行方向
右後方が池木屋山
2023年05月04日 08:06撮影 by ILCE-6000SONY
右後方が池木屋山
1
奥ノ平峰
2023年05月04日 08:45撮影 by ILCE-6000SONY
奥ノ平峰
霜降山
2023年05月04日 08:54撮影 by ILCE-6000SONY
霜降山
1
その昔、池の畔に木屋があったらしい
ここが池の名残り
2023年05月04日 09:24撮影 by ILCE-6000SONY
その昔、池の畔に木屋があったらしい
ここが池の名残り
池というよりヌタ場
2023年05月04日 09:25撮影 by ILCE-6000SONY
池というよりヌタ場
池木屋山到着
2023年05月04日 09:33撮影 by ILCE-6000SONY
池木屋山到着
1
池小屋山頂の馬ノ鞍峰への道標
2023年05月04日 09:33撮影 by ILCE-6000SONY
池小屋山頂の馬ノ鞍峰への道標
ここにも山名表示
2023年05月04日 09:33撮影 by ILCE-6000SONY
ここにも山名表示
1
ホウキガ峰
2023年05月04日 10:17撮影 by ILCE-6000SONY
ホウキガ峰
アカヤシオが青空に映える
2023年05月04日 10:57撮影 by ILCE-6000SONY
アカヤシオが青空に映える
2
こちらも
2023年05月04日 10:57撮影 by ILCE-6000SONY
こちらも
2
あちこちで花が迎えてくれる。
2023年05月04日 11:03撮影 by ILCE-6000SONY
あちこちで花が迎えてくれる。
1
青空に新緑とアカヤシオが映える。
2023年05月04日 11:49撮影 by ILCE-6000SONY
青空に新緑とアカヤシオが映える。
2
三角点
2023年05月04日 12:11撮影 by ILCE-6000SONY
三角点
霧ノ平でテント泊
2023年05月04日 13:51撮影 by ILCE-6000SONY
霧ノ平でテント泊
1
テント設営
2023年05月04日 17:10撮影 by ILCE-6000SONY
テント設営
1
馬ノ鞍峰
三角点の周りが随分浸食されている。
2023年05月05日 06:10撮影 by ILCE-6000SONY
馬ノ鞍峰
三角点の周りが随分浸食されている。
1
アップで
2023年05月05日 06:11撮影 by ILCE-6000SONY
アップで
木立の間から雲海が見える。
2023年05月05日 06:13撮影 by ILCE-6000SONY
木立の間から雲海が見える。
進行方向
2023年05月05日 06:13撮影 by ILCE-6000SONY
進行方向
1164mピーク
2023年05月05日 06:41撮影 by ILCE-6000SONY
1164mピーク
2023年05月05日 06:41撮影 by ILCE-6000SONY
三角点みたいな?
2023年05月05日 06:42撮影 by ILCE-6000SONY
三角点みたいな?
三人山
2023年05月05日 07:34撮影 by ILCE-6000SONY
三人山
1
山ノ神ノ頭の三角点
2023年05月05日 09:34撮影 by ILCE-6000SONY
山ノ神ノ頭の三角点
こちらは山名表示と県境表示
2023年05月05日 09:34撮影 by ILCE-6000SONY
こちらは山名表示と県境表示
1
急な登り
2023年05月05日 10:17撮影 by ILCE-6000SONY
急な登り
けもの道のようなトレースをたどる
2023年05月05日 10:17撮影 by ILCE-6000SONY
けもの道のようなトレースをたどる
1
湯谷ノ頭
2023年05月05日 10:30撮影 by ILCE-6000SONY
湯谷ノ頭
1
ブナノ平近くの山之公雨量観測局
2023年05月05日 12:21撮影 by ILCE-6000SONY
ブナノ平近くの山之公雨量観測局
1
父ヶ谷の高
2023年05月05日 13:26撮影 by ILCE-6000SONY
父ヶ谷の高
1
同じく
2023年05月05日 13:26撮影 by ILCE-6000SONY
同じく
父ヶ谷の高にある振子辻への道標
2023年05月05日 13:26撮影 by ILCE-6000SONY
父ヶ谷の高にある振子辻への道標
道標の残骸
2023年05月06日 05:48撮影 by ILCE-6000SONY
道標の残骸
振子辻
ほとんど読み取れない
2023年05月06日 05:48撮影 by ILCE-6000SONY
振子辻
ほとんど読み取れない
2023年05月06日 05:48撮影 by ILCE-6000SONY
2023年05月06日 07:16撮影 by ILCE-6000SONY
2023年05月06日 07:16撮影 by ILCE-6000SONY
2023年05月06日 07:16撮影 by ILCE-6000SONY
引水サコ
2023年05月06日 07:17撮影 by ILCE-6000SONY
引水サコ
シャクナゲ
2023年05月06日 07:23撮影 by ILCE-6000SONY
シャクナゲ
1
シャクナゲ
2023年05月06日 07:24撮影 by ILCE-6000SONY
シャクナゲ
1
シャクナゲ
2023年05月06日 07:32撮影 by ILCE-6000SONY
シャクナゲ
目的地は雲の中
2023年05月06日 07:45撮影 by ILCE-6000SONY
目的地は雲の中
1
シャクナゲの山稜を行く
2023年05月06日 08:19撮影 by ILCE-6000SONY
シャクナゲの山稜を行く
添谷山
2023年05月06日 08:30撮影 by ILCE-6000SONY
添谷山
添谷山の三角点
2023年05月06日 08:31撮影 by ILCE-6000SONY
添谷山の三角点
1
2023年05月06日 08:31撮影 by ILCE-6000SONY
シャクナゲがいっぱい
2023年05月06日 09:09撮影 by ILCE-6000SONY
シャクナゲがいっぱい
1
大きな倒木
根張り幅は5mを超える
2023年05月06日 09:14撮影 by ILCE-6000SONY
大きな倒木
根張り幅は5mを超える
1
シャクナゲ
2023年05月06日 09:18撮影 by ILCE-6000SONY
シャクナゲ
大台辻
2023年05月06日 09:50撮影 by ILCE-6000SONY
大台辻
1
大台辻
2023年05月06日 09:50撮影 by ILCE-6000SONY
大台辻
大台辻
筏場方面はロープが張られ通行止め
2023年05月06日 09:50撮影 by ILCE-6000SONY
大台辻
筏場方面はロープが張られ通行止め
1
大台辻
2023年05月06日 09:51撮影 by ILCE-6000SONY
大台辻
登山道を整備した石積みがうかがえる。
2023年05月06日 10:28撮影 by ILCE-6000SONY
登山道を整備した石積みがうかがえる。
1
こちらの石積みはわかりやすい
2023年05月06日 10:31撮影 by ILCE-6000SONY
こちらの石積みはわかりやすい
1
登山道が沢を横切る
2023年05月06日 10:35撮影 by ILCE-6000SONY
登山道が沢を横切る
1
沢の様子
2023年05月06日 10:39撮影 by ILCE-6000SONY
沢の様子
石積みの登山道を振り返る。
2023年05月06日 10:42撮影 by ILCE-6000SONY
石積みの登山道を振り返る。
コブシ峠
2023年05月06日 11:01撮影 by ILCE-6000SONY
コブシ峠
1
金明水
2023年05月06日 11:12撮影 by ILCE-6000SONY
金明水
1
一つ目の橋
安心橋?
2023年05月06日 11:36撮影 by ILCE-6000SONY
一つ目の橋
安心橋?
1
橋から沢を見下ろす。
2023年05月06日 11:37撮影 by ILCE-6000SONY
橋から沢を見下ろす。
登山道が続く。
2023年05月06日 11:56撮影 by ILCE-6000SONY
登山道が続く。
1
二つ目の橋
2023年05月06日 11:57撮影 by ILCE-6000SONY
二つ目の橋
1
三つ目の橋
2023年05月06日 11:57撮影 by ILCE-6000SONY
三つ目の橋
1
四つ目の橋
2023年05月06日 12:17撮影 by ILCE-6000SONY
四つ目の橋
1
五つ目の橋
2023年05月06日 12:22撮影 by ILCE-6000SONY
五つ目の橋
1
川上辻到着
2023年05月06日 12:36撮影 by ILCE-6000SONY
川上辻到着
日出ヶ岳にダイレクトにアプローチできる稜線だが植生保護のため立入は禁止されている。
2023年05月06日 12:36撮影 by ILCE-6000SONY
日出ヶ岳にダイレクトにアプローチできる稜線だが植生保護のため立入は禁止されている。
1
周辺案内図
2023年05月06日 12:38撮影 by ILCE-6000SONY
周辺案内図
ドライブウェイからの入り口
2023年05月06日 12:38撮影 by ILCE-6000SONY
ドライブウェイからの入り口
ドライブウェイに出た!
2023年05月06日 12:38撮影 by ILCE-6000SONY
ドライブウェイに出た!
大台ヶ原到着
2023年05月06日 12:55撮影 by ILCE-6000SONY
大台ヶ原到着
2
日出ヶ岳山頂の三角点
2023年05月06日 13:44撮影 by ILCE-6000SONY
日出ヶ岳山頂の三角点
日出ヶ岳の山名表示
2023年05月06日 13:44撮影 by ILCE-6000SONY
日出ヶ岳の山名表示
1
霧で展望は効かず
2023年05月06日 13:44撮影 by ILCE-6000SONY
霧で展望は効かず
大台ヶ原らしい幻想的風景?
2023年05月06日 14:02撮影 by ILCE-6000SONY
大台ヶ原らしい幻想的風景?
1
こちらも
2023年05月06日 14:02撮影 by ILCE-6000SONY
こちらも
1
尾鷲辻の東屋
2023年05月06日 14:23撮影 by ILCE-6000SONY
尾鷲辻の東屋
尾鷲辻の道標
2023年05月06日 14:24撮影 by ILCE-6000SONY
尾鷲辻の道標
1
遊歩道沿いの沢
2023年05月06日 14:48撮影 by ILCE-6000SONY
遊歩道沿いの沢
1
日出ヶ岳入山前の天気予報
日出ヶ岳入山前の天気予報
高見山入山前の天気予報
高見山入山前の天気予報
撮影機材:

感想/記録

 台高山脈縦走路は、その名のとおり大台ヶ原から高見山をつなぐ縦走路だ。今まで、高見山から池小屋山までの北部台高山脈縦走路は何度か行っているが、池木屋山から先の縦走路は初めてになる。かねてより、訪ねてみたいと思っていたが、入山者も少なく登山道は不明瞭と聞いていたので、なかなか行く機会がなかった。もともと今年のゴールデンウィークは、昨年、大峯奥駈道の北半分を行ったので、南半分を行こうと考えていたところ、十津川村内の国道168号で土砂崩れがあり、帰りのバスが運行していなかったことから、ならば台高山脈縦走をと思い立ったものだ。
 名前からすれば、大台ヶ原から高見山になるのだが、それでは登山ではなく下山になると思い、高見山から入山した。池木屋山から先は、想像に違わぬ不明瞭な道で、これでもかとアップダウンを繰り返すタフなコースに日頃のトレーニング不足を実感させられた。
 入山前の天気予報では、最終日は崩れて雨になるとのことだったが、どうにか天気は持ちこたえて雨に遭うこともなく無事下山することができ、ラッキーだった。また、シャクナゲやアカヤシオの開花がドンピシャのタイミングで、折れそうな心が癒やされた。
 すれ違った登山者に話を伺うと、高見山から尾鷲まで行かれる強者がいたとのことで、本当にびっくりだ。そんな話を聞くと、今回のタフな山行でお腹いっぱいと思いつつも、日をあらためて大台ヶ原から先、尾鷲へも行ってみたいと思う私は間違いなく山バカだ。
 なお、使用したカメラの時刻を合わせていなかったため、地図上の撮影ポイントが10分ほど手前の位置を示している。あしからずご了承願いたい。

お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:291人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ