また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 602929
全員に公開
ハイキング
六甲・摩耶・有馬

二十渉堰堤西尾根〜二十渉第三堰堤沢〜黒岩尾根北谷〜ドントリッジ東尾根

2015年03月21日(土) [日帰り]
 - 拍手
GPS
05:08
距離
11.2km
上り
710m
下り
921m

コースタイム

日帰り
山行
6:28
休憩
0:06
合計
6:34
12:33
14
12:47
12:48
5
12:53
12:56
2
12:58
12:58
8
13:06
13:07
12
13:19
13:19
6
13:25
13:26
186
16:32
16:32
15
16:47
16:47
122
18:49
18:49
3
18:52
18:52
15
天候 晴れ
過去天気図(気象庁) 2015年03月の天気図
アクセス
今日はかなり暖かい。新神戸からスタート。トゥエンティクロスまで進む。
2015年03月21日 12:50撮影 by  SO-04E, Sony
2
3/21 12:50
今日はかなり暖かい。新神戸からスタート。トゥエンティクロスまで進む。
今週の雨で水量は多め。予定的に良い展開。
2015年03月21日 12:55撮影 by  SO-04E, Sony
3
3/21 12:55
今週の雨で水量は多め。予定的に良い展開。
かくれ滝も3本お目見え。
2015年03月21日 13:04撮影 by  SO-04E, Sony
3
3/21 13:04
かくれ滝も3本お目見え。
また和む。
2015年03月21日 13:38撮影 by  SO-04E, Sony
2
3/21 13:38
また和む。
濡れざるを得ない渡渉。
2015年03月21日 13:42撮影 by  SO-04E, Sony
3
3/21 13:42
濡れざるを得ない渡渉。
ちょっと進んで奥に見える二十渉堰堤の対岸の尾根をまず登る。shinji50さんの2015.2.16山行の写真(10/31)で興味を持つ。
2015年03月21日 13:44撮影 by  SO-04E, Sony
2
3/21 13:44
ちょっと進んで奥に見える二十渉堰堤の対岸の尾根をまず登る。shinji50さんの2015.2.16山行の写真(10/31)で興味を持つ。
コンクリート壁手前で渡渉。左奥に進んでいく。
2015年03月21日 13:47撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 13:47
コンクリート壁手前で渡渉。左奥に進んでいく。
二十渉堰堤に乗る。左手の南東尾根を登っていく。出だしは崩れていて危ない(堰堤側はフェンスで守られている、反対側は崩落)。
2015年03月21日 13:52撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 13:52
二十渉堰堤に乗る。左手の南東尾根を登っていく。出だしは崩れていて危ない(堰堤側はフェンスで守られている、反対側は崩落)。
ところどころに岩があったり。
2015年03月21日 13:55撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 13:55
ところどころに岩があったり。
ちょっと幅広になって道を失いかける。右手北方向の斜面を登って尾根に乗換えす。
2015年03月21日 13:57撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 13:57
ちょっと幅広になって道を失いかける。右手北方向の斜面を登って尾根に乗換えす。
ピークへ向け進む。
2015年03月21日 14:01撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 14:01
ピークへ向け進む。
ちょっと危険な箇所もあるけど、巻いて進めるので問題なし。
2015年03月21日 14:04撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 14:04
ちょっと危険な箇所もあるけど、巻いて進めるので問題なし。
ピークにぽつんと大きな松。印として植えられてるっぽい。北東の尾根を下る。
2015年03月21日 14:08撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 14:08
ピークにぽつんと大きな松。印として植えられてるっぽい。北東の尾根を下る。
先ほどと大体似たような感じ。
2015年03月21日 14:08撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 14:08
先ほどと大体似たような感じ。
ワイルドな感じだけど、巻いて進む。
2015年03月21日 14:14撮影 by  SO-04E, Sony
2
3/21 14:14
ワイルドな感じだけど、巻いて進む。
こういうところではやはりネズ。逃げる。さらに下って生田川に。
2015年03月21日 14:15撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 14:15
こういうところではやはりネズ。逃げる。さらに下って生田川に。
適当な渡渉地点がないのでちょっと戻って、倒木を橋にして渉る。
2015年03月21日 14:27撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 14:27
適当な渡渉地点がないのでちょっと戻って、倒木を橋にして渉る。
最後の根っこじゃないほう、ヘタしたら折れそうだけど大丈夫でした。
2015年03月21日 14:28撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 14:28
最後の根っこじゃないほう、ヘタしたら折れそうだけど大丈夫でした。
考え事しながら少し歩いてて、通りすぎて戻ってここ。奥の沢に進む。
2015年03月21日 14:34撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 14:34
考え事しながら少し歩いてて、通りすぎて戻ってここ。奥の沢に進む。
ゴーロを進んで堰堤が現れる。
2015年03月21日 14:37撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 14:37
ゴーロを進んで堰堤が現れる。
左から登って副堰堤。満々と黒々としていい雰囲気。上の二十渉第三堰堤天端に若者が二人いる。ここでまさかの先行者??
2015年03月21日 14:39撮影 by  SO-04E, Sony
2
3/21 14:39
左から登って副堰堤。満々と黒々としていい雰囲気。上の二十渉第三堰堤天端に若者が二人いる。ここでまさかの先行者??
堰堤巻いて越えようと崖を登ろうとするも脆くて登れない。そうこうしていると上の若者が「大丈夫ですか〜?」「大丈夫で〜す」と返事をするも大丈夫じゃない…。左手奥から尾根筋に一旦乗って高巻く。
2015年03月21日 14:40撮影 by  SO-04E, Sony
3
3/21 14:40
堰堤巻いて越えようと崖を登ろうとするも脆くて登れない。そうこうしていると上の若者が「大丈夫ですか〜?」「大丈夫で〜す」と返事をするも大丈夫じゃない…。左手奥から尾根筋に一旦乗って高巻く。
堰堤の高めの段を下って谷に戻りゴシャゴシャのところを進む。若者は留まったのか、おそらく下っていったもよう。
2015年03月21日 14:44撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 14:44
堰堤の高めの段を下って谷に戻りゴシャゴシャのところを進む。若者は留まったのか、おそらく下っていったもよう。
水。やっぱり落ち着く。
2015年03月21日 14:47撮影 by  SO-04E, Sony
2
3/21 14:47
水。やっぱり落ち着く。
小滝を越え、滑を歩く。
2015年03月21日 14:48撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 14:48
小滝を越え、滑を歩く。
次の滝。右から越えていく。
2015年03月21日 14:51撮影 by  SO-04E, Sony
3
3/21 14:51
次の滝。右から越えていく。
上部は滑るので右に逃げる。
2015年03月21日 14:52撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 14:52
上部は滑るので右に逃げる。
さらに滑や滝が続く。慎重に進む。
2015年03月21日 14:53撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 14:53
さらに滑や滝が続く。慎重に進む。
次の小滝。右から越える。越えて再び滑を進む。
2015年03月21日 14:58撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 14:58
次の小滝。右から越える。越えて再び滑を進む。
5段小さな滝。そのまま登る。
2015年03月21日 14:59撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 14:59
5段小さな滝。そのまま登る。
斜瀑も直登。
2015年03月21日 15:03撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 15:03
斜瀑も直登。
けっこうエグい角度の滝というか壁が現れる。岩質大丈夫そうなので濡れながら直登。下部がハング気味で出だしが中々進まなかった。プチシャワークライミング。
2015年03月21日 15:10撮影 by  SO-04E, Sony
3
3/21 15:10
けっこうエグい角度の滝というか壁が現れる。岩質大丈夫そうなので濡れながら直登。下部がハング気味で出だしが中々進まなかった。プチシャワークライミング。
落ち口はちょっとかわいい。
2015年03月21日 15:13撮影 by  SO-04E, Sony
3
3/21 15:13
落ち口はちょっとかわいい。
さっきの岩壁登りでスイッチ入ったか次も直登。
2015年03月21日 15:14撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 15:14
さっきの岩壁登りでスイッチ入ったか次も直登。
傾斜が緩くなってきた。このあと小滝を2つ3つ越えて、源流部へ。ツバキはなかったです…残念。
2015年03月21日 15:16撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 15:16
傾斜が緩くなってきた。このあと小滝を2つ3つ越えて、源流部へ。ツバキはなかったです…残念。
ここが最終地点かな。もう少しツメのところを登って…
2015年03月21日 15:29撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 15:29
ここが最終地点かな。もう少しツメのところを登って…
黒岩尾根脇道に合流。山頂方向に進み…
2015年03月21日 15:33撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 15:33
黒岩尾根脇道に合流。山頂方向に進み…
クリスマススツリーと遠くに三枚岩。また行ってみよう。ちょっと進んで…
2015年03月21日 15:37撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 15:37
クリスマススツリーと遠くに三枚岩。また行ってみよう。ちょっと進んで…
黒岩尾根から北へ伸びる(生田川から南へ伸びる)谷を目指して下る。入り際は不明瞭だけど…
2015年03月21日 15:42撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 15:42
黒岩尾根から北へ伸びる(生田川から南へ伸びる)谷を目指して下る。入り際は不明瞭だけど…
谷止を見つけた。これに沿って下る。
2015年03月21日 15:47撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 15:47
谷止を見つけた。これに沿って下る。
向こうに三枚岩。きつそうな感じ。
2015年03月21日 15:49撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 15:49
向こうに三枚岩。きつそうな感じ。
進むのが結構しんどい様子。
2015年03月21日 15:51撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 15:51
進むのが結構しんどい様子。
漕ぐ&漕ぐ。
2015年03月21日 15:52撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 15:52
漕ぐ&漕ぐ。
めんどくさいところを抜けたらパッと開けて堰堤。越えてから伏流が姿を表す。
2015年03月21日 15:57撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 15:57
めんどくさいところを抜けたらパッと開けて堰堤。越えてから伏流が姿を表す。
堰堤が2連で待ち構える。越えて堰堤に沿って続くコンクリート壁で谷に下りられない…
2015年03月21日 16:02撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 16:02
堰堤が2連で待ち構える。越えて堰堤に沿って続くコンクリート壁で谷に下りられない…
この枝を伝ってターザンよろしく谷に下りる。進む。
2015年03月21日 16:04撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 16:04
この枝を伝ってターザンよろしく谷に下りる。進む。
なんか綺麗な明るい色の岩肌。
2015年03月21日 16:10撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 16:10
なんか綺麗な明るい色の岩肌。
滑を下って堰堤を左から越す。
2015年03月21日 16:11撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 16:11
滑を下って堰堤を左から越す。
堰堤を越えてこれは何?
2015年03月21日 16:14撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 16:14
堰堤を越えてこれは何?
滑やら滝やらあっていい感じ。奥もうすぐ生田川に合流。
2015年03月21日 16:16撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 16:16
滑やら滝やらあっていい感じ。奥もうすぐ生田川に合流。
振り返って。堰堤なければいい感じ。この谷筋、登るなら左俣だと思う。結果右俣下る形で失敗…。適当な渡渉地点を求めて生田川左岸をへつる。
2015年03月21日 16:18撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 16:18
振り返って。堰堤なければいい感じ。この谷筋、登るなら左俣だと思う。結果右俣下る形で失敗…。適当な渡渉地点を求めて生田川左岸をへつる。
この辺かな。多少濡れながら渉る。渉って崖を登って徳川道に合流。
2015年03月21日 16:23撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 16:23
この辺かな。多少濡れながら渉る。渉って崖を登って徳川道に合流。
ヌクト原を抜けて…(ゲートロックも行かねば…)
2015年03月21日 16:27撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 16:27
ヌクト原を抜けて…(ゲートロックも行かねば…)
黄蓮谷も石楠花山もまたいつか。まだ行ってない。笹が刈られていた。前の怪しい感じが良かったけど。
2015年03月21日 16:32撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 16:32
黄蓮谷も石楠花山もまたいつか。まだ行ってない。笹が刈られていた。前の怪しい感じが良かったけど。
ヌケ谷もまた今度。
2015年03月21日 16:42撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 16:42
ヌケ谷もまた今度。
森林植物園東門のところを濡れながら渡渉して…
2015年03月21日 16:46撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 16:46
森林植物園東門のところを濡れながら渡渉して…
踏み跡を辿って尾根に取り付く。ドントリッジ東尾根。石柱がたくさん。
2015年03月21日 16:50撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 16:50
踏み跡を辿って尾根に取り付く。ドントリッジ東尾根。石柱がたくさん。
「こっちやで」→「はい」無言のコミュニケーションがうれしい一人旅。
2015年03月21日 16:57撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 16:57
「こっちやで」→「はい」無言のコミュニケーションがうれしい一人旅。
ちょっとした危険箇所もあったりしたけど…
2015年03月21日 16:59撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 16:59
ちょっとした危険箇所もあったりしたけど…
左手からくる北ドントリッジともうすぐ合流。
2015年03月21日 17:08撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 17:08
左手からくる北ドントリッジともうすぐ合流。
コブ状の分岐からもう一回南へ進んでみる。以前尾根を外して谷に下りたりしたところ。岩場の手前で西へ尾根を下るもそっちじゃない。
2015年03月21日 17:09撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 17:09
コブ状の分岐からもう一回南へ進んでみる。以前尾根を外して谷に下りたりしたところ。岩場の手前で西へ尾根を下るもそっちじゃない。
前項岩場の南に続く尾根に乗るため、下り途中から斜面をトラバースして行きたい尾根に取り付く。尾根を右手に下って…
2015年03月21日 17:21撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 17:21
前項岩場の南に続く尾根に乗るため、下り途中から斜面をトラバースして行きたい尾根に取り付く。尾根を右手に下って…
振り返って写真。やたら岩に阻まれる。
2015年03月21日 17:23撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 17:23
振り返って写真。やたら岩に阻まれる。
また振り返って。こんなところも下る。さらにちょっと下って…
2015年03月21日 17:27撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 17:27
また振り返って。こんなところも下る。さらにちょっと下って…
ちょっと早めに谷に下りてしまう。この周辺ちょっとわかりにくい。こんな時間から暗い谷に進む。不気味…。
2015年03月21日 17:29撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 17:29
ちょっと早めに谷に下りてしまう。この周辺ちょっとわかりにくい。こんな時間から暗い谷に進む。不気味…。
瓢箪から駒。意外に見どころもあってなんか嬉しいけど、時間がやばい。
2015年03月21日 17:32撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 17:32
瓢箪から駒。意外に見どころもあってなんか嬉しいけど、時間がやばい。
住居跡らしきものもあったり色々。
2015年03月21日 17:37撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 17:37
住居跡らしきものもあったり色々。
分水嶺林道に合流して再度DWで帰る。
2015年03月21日 17:42撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 17:42
分水嶺林道に合流して再度DWで帰る。
この尾根でたどり着くのが一番良い選択のはず。
2015年03月21日 17:43撮影 by  SO-04E, Sony
1
3/21 17:43
この尾根でたどり着くのが一番良い選択のはず。
修法ヶ原橋を南へ進んで帰路につく。にしても時間がやばい。とにかくビーナスブリッジまでたどり着ければ…。万一を考え再度DW一本で行く。
2015年03月21日 17:45撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 17:45
修法ヶ原橋を南へ進んで帰路につく。にしても時間がやばい。とにかくビーナスブリッジまでたどり着ければ…。万一を考え再度DW一本で行く。
再度DW進んで写真。暗いのにまだまだ街が遠くて焦る。が、夜景モードにする余裕はある。夜景モードはあまり力を発揮しない…。
2015年03月21日 18:40撮影 by  SO-04E, Sony
3/21 18:40
再度DW進んで写真。暗いのにまだまだ街が遠くて焦る。が、夜景モードにする余裕はある。夜景モードはあまり力を発揮しない…。
カップルだらけのビーナスブリッジ。金星台経由で下る。もう完全に真っ暗。ここから先は街灯があるので問題ない。なぜなら夜のデートスポットだから…。
2015年03月21日 18:51撮影 by  SO-04E, Sony
5
3/21 18:51
カップルだらけのビーナスブリッジ。金星台経由で下る。もう完全に真っ暗。ここから先は街灯があるので問題ない。なぜなら夜のデートスポットだから…。
撮影機器:

感想

今回は
nanfutsuさんの山行
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-430534.html
shinji50さんの山行
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-590304.html
を参考にさせていただきました。ありがとうございます。

北ドントリッジのコブのところからの南の尾根筋は
また迷ってしまってまたうまく下れなかった。
あの周辺は岩場もあったりほんとややこしい…。
黒岩尾根北の谷は左俣行くべきだった。またいつか。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:1476人

コメント

先行者?
あんなところで人に合うとびっくりしますよね。
結果的には先行者じゃなかったようで。

滝、微妙に斜度があって登りにくかったでしょ。
2015/3/22 7:02
先行者&滝群
おはようございます!

半袖でスポーティな感じのお二人。
ひっそり行くつもりだったので
「おいおい…」となりましたが一安心?です。

滝群は斜度があって苔がちょこちょこあって
終始緊張感持って登ってました。
岩壁部分は急角度+ビシャコで苦労しました…。

怪我してもアレなのであまり無理せず
またどこか行ってみます。
2015/3/22 8:36
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら