また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 611521 全員に公開 雪山ハイキング 東海

猿ヶ馬場山・・残雪期春山を満喫(白川郷から往復)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2015年04月09日(木) [日帰り]
メンバー
 sht
天候霧のち晴れ・・0℃〜頂上2℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
岐阜県白川村・村営せせらぎ公園駐車場を利用(500円)・・5時頃の到着時は無人の一番乗りでしたが、下山時はさすが世界遺産で平日ながら、かなりの賑わいでした

トイレは、駐車場内やその他近辺あちこちにあります

コンビニは、東海北陸道の「ひるがの高原SA」が最終だったような・・荘川ICで降りてR156経由で白川郷へ(白川郷ICまで高速を走るのと時間的に余り違わず、高速代・ガソリン代が千円近く安上がり)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間15分
休憩
1時間10分
合計
7時間25分
S白川郷05:2407:03宮谷林道出合07:0507:38第一徒渉点07:50第二徒渉点08:41帰雲山08:5309:13大シラビソノ平09:49猿ヶ馬場山10:4310:50三角点ノ台地11:00大シラビソノ平11:12帰雲山11:35第二徒渉点11:3611:42第一徒渉点11:4312:00宮谷林道出合12:49白川郷G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
せせらぎ公園駐車場から「であい橋」を渡って白川郷の合掌集落を抜け、明善寺の右手から白川八幡宮の裏手に進んで林道に入ります

除雪された林道を800mほど進み、トタン屋根の作業小屋が現れるとそこが登山口・・林道から見えた野谷庄司山の立派な姿に見とれたか、登山口をスルーしてしまいましたが。。

登山道に入ってからのルートは積雪期なのでかなり自由度が高いですが、地図・コンパス・GPS等で進む方向を自分で決めていく必要があり・・本日はトレースもありませんでした(たまにピンクテープはあり)

標高1100m付近の林道上が雪崩のデブリで覆われていました・・凍結気味でイヤな感じだったので、そこからアイゼンを装着(下山時も雪質はまだそれ程緩んでいなかったので、通過の際に雪崩れてくる危険は感じませんでした)

条件によっては、雪崩や落石の危険はあると思います

標高1000m以下は朝方から雪質がユル目で登りにくかったですが、1100m以上はよく締まって歩きやすい状態になりました(帰雲山へ登る尾根は急登だったので、本日は12本爪で正解でした)
過去天気図(気象庁) 2015年04月の天気図 [pdf]

写真

未明の「せせらぎ公園駐車場」からスタート・・トイレも合掌造りと徹底しています
2015年04月09日 05:21撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
未明の「せせらぎ公園駐車場」からスタート・・トイレも合掌造りと徹底しています
であい橋を渡って荻町へ・・朝方は霧の中でした
2015年04月09日 05:24撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
であい橋を渡って荻町へ・・朝方は霧の中でした
明善寺の右手から進み〜
2015年04月09日 05:28撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明善寺の右手から進み〜
一般車両通行止めの林道へ・・登山口まで除雪はされていました
2015年04月09日 05:34撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般車両通行止めの林道へ・・登山口まで除雪はされていました
林道途中で野谷庄司山の展望
2015年04月09日 05:47撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道途中で野谷庄司山の展望
5
トタン屋根の作業小屋からピンクテープ方向の登山道へ・・”道”というより雪上を定めた方向に好き勝手に進んで行くという感じです
2015年04月09日 05:56撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トタン屋根の作業小屋からピンクテープ方向の登山道へ・・”道”というより雪上を定めた方向に好き勝手に進んで行くという感じです
本日はウサちゃんのトレースのみです
2015年04月09日 05:59撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日はウサちゃんのトレースのみです
1
冷え込んだおかげでズボズボという程ではありませんが、結構潜ります
2015年04月09日 06:14撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷え込んだおかげでズボズボという程ではありませんが、結構潜ります
たまにピンクテープがあります
2015年04月09日 06:31撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまにピンクテープがあります
林道に合流したようで電柱があります
2015年04月09日 07:06撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に合流したようで電柱があります
1
山の端からご来光
2015年04月09日 07:06撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の端からご来光
林道を覆う雪崩のデブリ
2015年04月09日 07:21撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を覆う雪崩のデブリ
2
デブリが凍結気味で少しイヤらしかったのでアイゼンを装着
2015年04月09日 07:31撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デブリが凍結気味で少しイヤらしかったのでアイゼンを装着
上部は霧氷がきれい
2015年04月09日 07:44撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部は霧氷がきれい
2
雪質は締まってきて歩きやすくなりましたが、帰雲山へは結構急登でキツい登りに
2015年04月09日 08:13撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪質は締まってきて歩きやすくなりましたが、帰雲山へは結構急登でキツい登りに
1
日が差してきて落雪爆撃の連続
2015年04月09日 08:20撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が差してきて落雪爆撃の連続
2
頂上方向が見えてきましたが、頂上はまだこの先のよう
2015年04月09日 08:37撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上方向が見えてきましたが、頂上はまだこの先のよう
帰雲山頂上到着
2015年04月09日 08:41撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰雲山頂上到着
1
帰雲山から下った鞍部での展望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰雲山から下った鞍部での展望
6
三方岩岳〜笈ヶ岳
2015年04月09日 08:57撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三方岩岳〜笈ヶ岳
2
笈ヶ岳〜大笠山〜大門山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笈ヶ岳〜大笠山〜大門山
1
次のターゲット?の笈ヶ岳と昨年登った大笠山
2015年04月09日 08:57撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次のターゲット?の笈ヶ岳と昨年登った大笠山
4
大笠山〜奈良岳〜見越山
2015年04月09日 08:57撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大笠山〜奈良岳〜見越山
1
人形山〜三ヶ辻山
2015年04月09日 08:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人形山〜三ヶ辻山
1
登山起点の白川郷
2015年04月09日 08:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山起点の白川郷
3
そして迫力の白山・御前ヶ峰〜剣ヶ峰〜大汝峰
2015年04月09日 09:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして迫力の白山・御前ヶ峰〜剣ヶ峰〜大汝峰
6
こちらは白山・別山
2015年04月09日 09:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは白山・別山
5
広くてなだらかな猿ヶ馬場山の頂上付近
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広くてなだらかな猿ヶ馬場山の頂上付近
2
雲海に浮かぶ北アルプス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ北アルプス
3
黒部源流の山々
2015年04月09日 09:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部源流の山々
2
白山〜北方稜線に連なる山々
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山〜北方稜線に連なる山々
1
別山〜白山本峰三山
2015年04月09日 09:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山〜白山本峰三山
2
カッコイイ笈ヶ岳をズーム
2015年04月09日 10:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カッコイイ笈ヶ岳をズーム
4
歩きごたえのあった大笠山
2015年04月09日 10:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きごたえのあった大笠山
1
ツーショットで
2015年04月09日 10:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツーショットで
5
紅葉がきれいだった赤摩木古山〜大門山
2015年04月09日 10:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉がきれいだった赤摩木古山〜大門山
3
本日は担々麺・・大展望満喫で小1時間ノンビリ
2015年04月09日 10:22撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日は担々麺・・大展望満喫で小1時間ノンビリ
1
雲が出始めたので下山にかかりましょう
2015年04月09日 10:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が出始めたので下山にかかりましょう
2
落雪爆撃の結果、一気に霧氷が消えていました
2015年04月09日 11:16撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落雪爆撃の結果、一気に霧氷が消えていました
林道から再び野谷庄司山を眺め〜
2015年04月09日 12:39撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から再び野谷庄司山を眺め〜
であい橋に帰着・・さすが世界遺産、インターナショナルな言語が飛び交っていました
2015年04月09日 12:47撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
であい橋に帰着・・さすが世界遺産、インターナショナルな言語が飛び交っていました
1

感想/記録
by sht

今回は、岐阜県飛騨・白川郷を基点にして三百名山の猿ヶ馬場山に登りました。
猿ヶ馬場山は、無雪期にも林道を使って登ることは可能とのことですが、やはり豪雪地帯の山々が一番輝く積雪期に登りたい山です。

本日は、当初は千本桜が見ごろな岐阜県中部の汾陽寺山方面に向かう予定だったのですが、天気予報が北部ほど好天のようで、残雪期の猿ヶ馬場山に登るにはおあつらえ向きの天気になりそう。そこでこのチャンスを逃してなるものかと、急遽の計画変更となりました。

しかも前日に寒気による降雪があったようで、一番乗りなら嬉しいノートレースとなりそう♪
平日だけに登山者は少なそうで、真っ新な雪に自分の足跡を刻み続ける楽しいスノトレが期待できます。

実際、その期待通りのスタートとなったのですが、現実には雪の締り具合の方がイマイチでやや重い足取りに。その後、標高が1100mに上がってくると雪が締まってきて、足裏への荷重がダイレクトに雪面に伝わるようになり快適スノトレ!・・となったのも束の間、帰雲山への急登に再びペースダウン。予想以上にキツい登行となりました。

それでも何とか到着した頂上には、期待していたご褒美が待っていてくれました。
剱〜立山〜槍穂の北アルプスは雲海に浮かぶ島のようで、反対側の白山は近くてド迫力。
そして昨年登った大笠山や大門山は、「雪を纏うとこんなにも高貴になるのか!!」という感じでした。

そして、次のターゲットとしてフォーカス・インしたのが、やはり三百名山で積雪期限定の笈ヶ岳。
猿ヶ馬場山以上の難山のようですが、皆さんのレコ情報を参考にさせていただき、GW前後にチャレンジ?したいと思いました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:847人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ