ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 6485736
全員に公開
積雪期ピークハント/縦走
道東・知床

知円別岳、東岳

2024年02月19日(月) [日帰り]
 - 拍手
sap その他1人
GPS
10:24
距離
16.4km
登り
1,572m
下り
1,577m

コースタイム

日帰り
山行
10:11
休憩
0:13
合計
10:24
6:06
390
スタート地点
12:36
12:48
55
13:43
13:44
166
16:30
ゴール地点
過去天気図(気象庁) 2024年02月の天気図
アクセス
中央奥に知円別岳が小さく見えます。
2
中央奥に知円別岳が小さく見えます。
登山口に向かう車窓から。
1
登山口に向かう車窓から。
帰れ戻れ北方領土!
2
帰れ戻れ北方領土!
登山口は旧知円別小から。南西方面。
登山口は旧知円別小から。南西方面。
登り始めて直ぐに朝陽が昇る。
2
登り始めて直ぐに朝陽が昇る。
今日は朝から気温が高く歩き始めて直ぐに汗が出まくり。体温調整が忙しい。
雪も少なく至る所にササやハイ松が頭を出している。
今日は朝から気温が高く歩き始めて直ぐに汗が出まくり。体温調整が忙しい。
雪も少なく至る所にササやハイ松が頭を出している。
シールが濡れて下駄状態に。標高1000m弱付近まで何度もワックスを塗る作業を繰り返して時間ロス。
1
シールが濡れて下駄状態に。標高1000m弱付近まで何度もワックスを塗る作業を繰り返して時間ロス。
標高高くなると一気に展望が開ける。
1
標高高くなると一気に展望が開ける。
まだまだ遠い。
小さな起伏やハイ松を避けながら進むのでスピード上がらず中々距離が稼げない。
まだまだ遠い。
小さな起伏やハイ松を避けながら進むのでスピード上がらず中々距離が稼げない。
相方もマイペースで登ってくる。
2
相方もマイペースで登ってくる。
1000mを超えてようやくサシルイ岳、羅臼岳が見えた。
2
1000mを超えてようやくサシルイ岳、羅臼岳が見えた。
遮るものが無いので強風が吹き抜け、油断していると身体が煽られる。今日の山頂付近は風速17,18m/S予報。
さらに雪面もハイ松とシュカブラで非常に歩きにくい。
遮るものが無いので強風が吹き抜け、油断していると身体が煽られる。今日の山頂付近は風速17,18m/S予報。
さらに雪面もハイ松とシュカブラで非常に歩きにくい。
知円別岳ロックオン。
知円別岳ロックオン。
山頂斜面も雪が少なくハイ松が見えている。
山頂斜面も雪が少なくハイ松が見えている。
直下にスキーデポしてツボ足で山頂へ。アイゼン持ってきたが雪柔らかくハイ松に埋まるので使用せず。
1
直下にスキーデポしてツボ足で山頂へ。アイゼン持ってきたが雪柔らかくハイ松に埋まるので使用せず。
もう少しで山頂。
もう少しで山頂。
知円別岳山頂到着。以外に風が弱くゆっくり展望堪能できた。
南方面。羅臼岳に続く知床連山。
5
知円別岳山頂到着。以外に風が弱くゆっくり展望堪能できた。
南方面。羅臼岳に続く知床連山。
西方面。硫黄山。
3
西方面。硫黄山。
北方面。東岳。
羅臼町側の海と流氷。
3
羅臼町側の海と流氷。
東岳に向かう。
東岳も直下にスキーデポしてツボ足で。
こちらは身の危険を感じるほどの強風が吹き抜けていた。
写真撮って直ぐに下山。
2
東岳も直下にスキーデポしてツボ足で。
こちらは身の危険を感じるほどの強風が吹き抜けていた。
写真撮って直ぐに下山。
北方面。
硫黄山。見る角度違うと山容も違う。
4
硫黄山。見る角度違うと山容も違う。
知円別岳方面。
流氷良し。
下山準備。スキー滑走モードに変換。
1
下山準備。スキー滑走モードに変換。
ストップ雪とシュカブラ段差で気が抜けないスキーでした。
1
ストップ雪とシュカブラ段差で気が抜けないスキーでした。
流氷に向かってスキーでGOと言いたいが、実際はハイ松を避けたりトラバースしたりで下山も辛かった。
1
流氷に向かってスキーでGOと言いたいが、実際はハイ松を避けたりトラバースしたりで下山も辛かった。
お疲れ⛰!

感想

相方が3年越しの東岳登頂を目指す計画に便乗して道東遠征に参加。
雪が少ない様なので1か月時期を早めての知円別岳、東岳にトライした。
結果は相方、東岳に登頂出来念願成就。私は両山とも初登頂で万歳でした。

やはり今年は雪が少なくスタート地点からササやハイ松が顔を出していてルート選びながらの登行だった。ただ、雪が切れている個所は無かったので直下までスキーで登れた。

今日は異常なほど気温が高く山頂付近でもプラス5℃もあり行動中は汗の調整で苦労した。また1000m以下は湿雪でシールが濡れて下駄になり苦戦を強いられた。スキーの良さが発揮できず。

1000mを超えると強風に悩まされたが気温が高かったので低体温にはならず。
シュカブラの段差とハイ松にも苦労させられた。

知円別岳から東岳までは距離短く短時間で登頂できた。

下山はストップ雪、シュカブラ段差、ハイ松を避けるルート選択などでスキーを楽しむ余裕なく安全第一で時間をかけての下りとなった。

最後は疲労困憊でメンタルもやられ気味でしたが、無事に2座登頂出来、達成感、満足感のある山行となりました。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:153人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら