ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 6710866
全員に公開
ハイキング
奥多摩・高尾

鷹ノ巣山 5年ぶりの奥多摩で…☀️🗻🌸🍻😵‍💫

2024年04月28日(日) [日帰り]
 - 拍手
体力度
4
1泊以上が適当
GPS
10:02
距離
15.0km
登り
1,642m
下り
1,582m
歩くペース
標準
0.91.0
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
4:30
休憩
0:38
合計
5:08
7:42
8
9:14
9:18
85
10:43
10:48
19
11:12
11:14
31
11:45
11:48
31
12:19
12:24
5
12:29
12:45
5
日帰り
山行
3:33
休憩
1:27
合計
5:00
4:40
5:40
18
5:58
6:04
33
6:37
6:38
7
6:45
6:52
44
7:36
7:37
28
8:05
8:09
26
8:35
8:35
10
8:45
8:50
18
9:12
9:12
0
9:12
ゴール地点
天候 1日目→午前ピーカン☀️,午後は少し雲が増えたがよい天気。避難小屋でも22℃とか!
2日目→薄い雲がかかるが天気のくずれはなし。下界は暑かった…。
過去天気図(気象庁) 2024年04月の天気図
アクセス
利用交通機関:
電車
新幹線で東京へ。川口市内の隊長宅でお世話になる。帰りも新幹線。13時30分発でスイスイ帰る。
コース状況/
危険箇所等
水根沢コース→よく整備された登山道。
ヒルメシクイノタワ~お伊勢山~八丁山~日原→岩場,ガレ場,激下りが続く道。禁止表示があり注意して下る。
その他周辺情報 日原森林館などバス停周辺に施設少々。奥多摩駅の周囲にもいろいろ。どこも寄らず直帰。
青梅線で久々の奥多摩駅。前回来たのは5年前。駅からバス停までハイカーの皆さん猛ダッシュでバスに並ぶ。この時季なのにバスの増便はないそうだ。水根バス停で下りて新緑の奥多摩へ。
6
青梅線で久々の奥多摩駅。前回来たのは5年前。駅からバス停までハイカーの皆さん猛ダッシュでバスに並ぶ。この時季なのにバスの増便はないそうだ。水根バス停で下りて新緑の奥多摩へ。
振り返れば形のよい御前山。隊長の好きな避難小屋があるらしい。ヒメウツギ,大きなアメリカスミレ,トキワマンサク,シャクナゲ,ヤマブキ。庭先の花が賑やかな道。
11
振り返れば形のよい御前山。隊長の好きな避難小屋があるらしい。ヒメウツギ,大きなアメリカスミレ,トキワマンサク,シャクナゲ,ヤマブキ。庭先の花が賑やかな道。
ガクウツギ,ツクバネウツギ,セリバヒエンソウ。セリバヒエンソウは繁殖力が強い外来種。岡山で見かけたことはない。
10
ガクウツギ,ツクバネウツギ,セリバヒエンソウ。セリバヒエンソウは繁殖力が強い外来種。岡山で見かけたことはない。
畑の中に付いた道を抜け水根沢コースに取り付く。紫に白にスミレが多く咲く。
10
畑の中に付いた道を抜け水根沢コースに取り付く。紫に白にスミレが多く咲く。
アケボノスミレ,マルバスミレ,ヒナスミレといろいろ聞くが勉強不足。葉,茎,花弁のそり具合等の判別ポイントが今イチ。
11
アケボノスミレ,マルバスミレ,ヒナスミレといろいろ聞くが勉強不足。葉,茎,花弁のそり具合等の判別ポイントが今イチ。
今季初のチゴユリは奥多摩で。
14
今季初のチゴユリは奥多摩で。
ヒトリシズカは山ほど続く。
11
ヒトリシズカは山ほど続く。
これはマルバスミレだな。
13
これはマルバスミレだな。
泊装備で花を見ながらちんたら上がっていく。抜いていった人5人ほど,下りて来た人も数人。稜線はこの上なくよい天気で😊。
7
泊装備で花を見ながらちんたら上がっていく。抜いていった人5人ほど,下りて来た人も数人。稜線はこの上なくよい天気で😊。
開きかけエイザンスミレ1つだけ発見。ムラサキケマン,ミヤマキケマンとなじみある花が沢筋にあった。
10
開きかけエイザンスミレ1つだけ発見。ムラサキケマン,ミヤマキケマンとなじみある花が沢筋にあった。
木橋を渡って沢を詰めていく。ヨゴレネコノメソウも多い。
13
木橋を渡って沢を詰めていく。ヨゴレネコノメソウも多い。
沢の音を聞きながら進んでいく。沢の近くにはコガネネコメソウやワチガイソウ。
13
沢の音を聞きながら進んでいく。沢の近くにはコガネネコメソウやワチガイソウ。
サワハコベやミツバコンロンソウもあった。このコンロンソウ,見たのは初めてかも。沢から離れると稜線まで一気のゲキ上り。
13
サワハコベやミツバコンロンソウもあった。このコンロンソウ,見たのは初めてかも。沢から離れると稜線まで一気のゲキ上り。
足下にフデリンドウ。ハルリンドウとは葉の形や咲き方が違う。
14
足下にフデリンドウ。ハルリンドウとは葉の形や咲き方が違う。
バキバキと傷んだ案内標識が多い?熊の仕業だそうです。クマさん,ラッカーのにおいが好きでかじってしまうらしい。シンナー中ですな。ここからやっと平行移動の道に。
3
バキバキと傷んだ案内標識が多い?熊の仕業だそうです。クマさん,ラッカーのにおいが好きでかじってしまうらしい。シンナー中ですな。ここからやっと平行移動の道に。
石尾根に出た。青空が広がっていた。そして木の向こうに白い山影がチラリチラリ♪。
4
石尾根に出た。青空が広がっていた。そして木の向こうに白い山影がチラリチラリ♪。
まずは水根沢の源流,水根山1620m。このピークは木が眺望を遮るが...。
5
まずは水根沢の源流,水根山1620m。このピークは木が眺望を遮るが...。
鷹ノ巣山へ少し進んだ場所からは,「あ〜たまを雲の〜♪上にだ〜し〜」た富士山。奥多摩から見るのは5年ぶり。
19
鷹ノ巣山へ少し進んだ場所からは,「あ〜たまを雲の〜♪上にだ〜し〜」た富士山。奥多摩から見るのは5年ぶり。
てっぺん白い。やはり特別な山でした。
14
てっぺん白い。やはり特別な山でした。
水根山と鷹ノ巣山の鞍部は平らな草原。西に大菩薩,甲斐駒,仙丈ヶ岳,白根三山,富士山。南〜西方面の景観がすばらしい。
9
水根山と鷹ノ巣山の鞍部は平らな草原。西に大菩薩,甲斐駒,仙丈ヶ岳,白根三山,富士山。南〜西方面の景観がすばらしい。
続いて今日の最高点鷹ノ巣山へ,と~ちゃこ。南には奥多摩三山,大岳山,御前山,三頭山が並ぶ。彼方に道志や丹沢の山なみ。
9
続いて今日の最高点鷹ノ巣山へ,と~ちゃこ。南には奥多摩三山,大岳山,御前山,三頭山が並ぶ。彼方に道志や丹沢の山なみ。
東京都の立派な山頂標1736.6m。待ってろ,飛龍,雲取(行かんけど)。
20
東京都の立派な山頂標1736.6m。待ってろ,飛龍,雲取(行かんけど)。
東京都No.1の雲取山とNo.2の芋ノ木ドッケを正面に別荘に向かう。
6
東京都No.1の雲取山とNo.2の芋ノ木ドッケを正面に別荘に向かう。
5年ぶりにやって来ました鷹ノ巣避難小屋。前回はすごい雷雨で雹まで落ちてきて大変だった。今日は20℃超のすごい陽気。
賑やかなコガラと小屋のすぐ側で子育て中?のヒガラ。
10
5年ぶりにやって来ました鷹ノ巣避難小屋。前回はすごい雷雨で雹まで落ちてきて大変だった。今日は20℃超のすごい陽気。
賑やかなコガラと小屋のすぐ側で子育て中?のヒガラ。
とりあえず水場へ。アレを冷やす間に近くのミツバツチグリを観察。日が照ってよく開いている。
11
とりあえず水場へ。アレを冷やす間に近くのミツバツチグリを観察。日が照ってよく開いている。
アルコールタイム♪。
この後ウイスキーが旨すぎ,夕暮れタイムを見逃すほどの爆死。呑みすぎはイケマセン。
10
アルコールタイム♪。
この後ウイスキーが旨すぎ,夕暮れタイムを見逃すほどの爆死。呑みすぎはイケマセン。
翌朝は月齢19.4の月が地上を明るく照らしていた。3時半に起きて支度し出発する。
14
翌朝は月齢19.4の月が地上を明るく照らしていた。3時半に起きて支度し出発する。
霞の上に月明かりの富士山が浮かび上がる。鷹ノ巣山に上がってご来光を待つ。
7
霞の上に月明かりの富士山が浮かび上がる。鷹ノ巣山に上がってご来光を待つ。
静かに夜明けを待つ富士山。
12
静かに夜明けを待つ富士山。
東京の日の出は4時52分。少し遅れてカラマツの向こうからご来光。
15
東京の日の出は4時52分。少し遅れてカラマツの向こうからご来光。
近くで囀るホオジロ君。
14
近くで囀るホオジロ君。
太陽が出ると空も山も色鮮やかに。今日も西方面の景観はすばらしい。
9
太陽が出ると空も山も色鮮やかに。今日も西方面の景観はすばらしい。
白根三山,北岳,間ノ岳,農鳥岳。南アルプスまだまだ白い。そしてほんのり赤い。
8
白根三山,北岳,間ノ岳,農鳥岳。南アルプスまだまだ白い。そしてほんのり赤い。
モルゲン富士山。同宿の方もご一緒に,鷹ノ巣山で1時間以上くつろいだ。
10
モルゲン富士山。同宿の方もご一緒に,鷹ノ巣山で1時間以上くつろいだ。
下りは鷹ノ巣山から,ヒルメシクイノタワ〜お伊勢山〜八丁山〜日原に下りる。長沢背稜の長い縦走路を正面に見ながら注意して下った。
7
下りは鷹ノ巣山から,ヒルメシクイノタワ〜お伊勢山〜八丁山〜日原に下りる。長沢背稜の長い縦走路を正面に見ながら注意して下った。
ヒルメシクイノタワ分岐。真っ直ぐ下りると稲村岩へ続くゲキ下り。ここからお伊勢山方面へ。
3
ヒルメシクイノタワ分岐。真っ直ぐ下りると稲村岩へ続くゲキ下り。ここからお伊勢山方面へ。
標高が下がるとブナが芽吹き始める。道べりにはミズナラやブナの巨木が続いた。トウゴクミツバツツジ,オオカメノキの花も咲き始める。
10
標高が下がるとブナが芽吹き始める。道べりにはミズナラやブナの巨木が続いた。トウゴクミツバツツジ,オオカメノキの花も咲き始める。
尾根筋にあるお伊勢山1338m通過。
4
尾根筋にあるお伊勢山1338m通過。
5年前に本仁田山に上ったときアセビが多いなと感じた。この道沿いもアセビがとても多い。ハウチワカエデやブナも生き生き♪
11
5年前に本仁田山に上ったときアセビが多いなと感じた。この道沿いもアセビがとても多い。ハウチワカエデやブナも生き生き♪
標高は少しずつ下がって八丁山1280m通過。細い痩せ尾根の道が続く。
4
標高は少しずつ下がって八丁山1280m通過。細い痩せ尾根の道が続く。
岩場,ガレ場有り。ミツバツチグリを観察し,用心して下りる。
8
岩場,ガレ場有り。ミツバツチグリを観察し,用心して下りる。
開けたところから鷹ノ巣山。尖ったいい形♪。新緑が麓から次第に上がって行く様子が分かる。
6
開けたところから鷹ノ巣山。尖ったいい形♪。新緑が麓から次第に上がって行く様子が分かる。
後は尾根沿いに長い道をゲキ下る。下の方は人工林が続いた。
5
後は尾根沿いに長い道をゲキ下る。下の方は人工林が続いた。
日原川の沢鳴りが聞こえるようになるとゴールは近い。
7
日原川の沢鳴りが聞こえるようになるとゴールは近い。
日原の集落手前で道べりに全開のニリンソウ。
14
日原の集落手前で道べりに全開のニリンソウ。
日原街道に出てきた。稲村岩が聳え立つ。
6
日原街道に出てきた。稲村岩が聳え立つ。
万寿の水場で水分補給。アルコールで乾いた体に日原のおいしい水が優しかった。水場の側にオダマキの花。帰りのバスを待って奥多摩駅へ。
12
万寿の水場で水分補給。アルコールで乾いた体に日原のおいしい水が優しかった。水場の側にオダマキの花。帰りのバスを待って奥多摩駅へ。
最後に恒例の乾杯で。11時発青梅線,中央線で東京へ。そして岡山へ。
11
最後に恒例の乾杯で。11時発青梅線,中央線で東京へ。そして岡山へ。

感想

隊長と共に久々の奥多摩へ。隊長の常宿,鷹ノ巣山避難小屋へおじゃまする。
川口の隊長宅へ前泊させてもらい,翌朝JR武蔵野線~中央線~青梅線と乗り継いで奥多摩駅へ。駅からは小菅行きのバスに乗り水根バス停から出発。
奥多摩は快晴!新緑が青空に眩しい。軒先や道縁の花を眺めて水根の古い集落を過ぎると登山口はすぐ。
今回は水根沢沿いに上がって石尾根に出て,水根山~鷹ノ巣山をめざした。奥多摩通の隊長オススメの静かな道だった。清々しい沢沿いの道は最初は楽ちんだが,沢を離れると一気に急登に激変。さすが奥多摩。
上りを耐えて石尾根に出るとご褒美の景色が待ち受ける。丹沢,多摩三山,真っ白な南アルプス,そして雲の上に頭を出した富士山がお出迎え。奥多摩から5年ぶりに眺める富士山。エエ眺めでした。
鷹ノ巣山避難小屋へは12時過ぎに到着。近くの水場で🍺冷やして幸せの一献。夜は飲み過ぎて😵‍💫😵‍💫😵‍💫💦富士山の夕景も見損ねるほど爆睡してしまった。
2日目は3時半に起き,出発準備をし鷹ノ巣山でご来光。(体が異常に重い?アルコールが完全に抜けきっていない?汗かいて歩いていれば抜ける...。)
鷹ノ巣山からは昨日以上に夜明けの景色がいい👍。日が上るにつれて山なみが刻々と変化する。同宿されていた方々と話しつつよい時間を過ごした。
下りは鷹ノ巣山からヒルメシクイノタワ~お伊勢山~八丁山を経て日原に下りた。岩場,ガレ場,激下りが続く野趣に富んだ道だった。日原のバス停の手前,万寿の水でこの旅のゴール。帰りもバスで奥多摩駅へ。そして岡山に戻った。
今回の旅も隊長にすっかりお世話になり感謝しきり。奥多摩の山深さをじっくりと楽しむ2日間だった。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:247人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

ハイキング 奥多摩・高尾 [日帰り]
技術レベル
4/5
体力レベル
3/5
ハイキング 奥多摩・高尾 [日帰り]
鷹ノ巣山(倉戸口〜榧ノ木尾根〜石尾根〜水根沢コース)
利用交通機関: 車・バイク、 電車・バス
技術レベル
2/5
体力レベル
3/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら