また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 735942 全員に公開 ハイキング 白馬・鹿島槍・五竜

初の標高差1700m ー大雪渓を登る白馬岳ー

情報量の目安: A
-拍手
日程 2015年10月05日(月) ~ 2015年10月06日(火)
メンバー
 emimaru(記録)
, その他メンバー1人
天候1日目 晴れ一時ガス  2日日 晴れ 
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間0分
休憩
40分
合計
8時間40分
S猿倉登山口駐車場06:5006:50白馬尻荘07:1008:20白馬尻小屋08:4015:00白馬山荘
2日目
山行
6時間10分
休憩
1時間50分
合計
8時間0分
白馬山荘07:0007:30白馬岳山頂08:0009:10三国境09:3010:00小蓮華山11:00白馬大池山荘12:0012:30乗鞍岳14:40栂池山荘15:00栂池ヒュッテG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
時間は、写真から割り出したおおよそのものです。
過去天気図(気象庁) 2015年10月の天気図 [pdf]

装備

備考 モンベルカードで、白馬山荘は500円割引してくれます。

写真

ようこそ大雪渓への看板が向かえる。
これか始まる大雪渓にドキドキワクワク・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようこそ大雪渓への看板が向かえる。
これか始まる大雪渓にドキドキワクワク・・・
1
ヘルメット持ってきましたが・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘルメット持ってきましたが・・・
大雪渓はだいぶ雪解けが進んで、上の方に上がっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪渓はだいぶ雪解けが進んで、上の方に上がっている。
さて、アイゼン付けましょう。

雪渓の赤い線は薄くなっているが、足跡で道は分かる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、アイゼン付けましょう。

雪渓の赤い線は薄くなっているが、足跡で道は分かる。
2
しばらく歩くと落石ゴロゴロ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと落石ゴロゴロ。
1
夢中で歩くも、なかなか落石箇所から抜けられない。

人と大きさ比べてみてください。
こんなのぶつかったら、ヘルメットなんて何の役にもたたないよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夢中で歩くも、なかなか落石箇所から抜けられない。

人と大きさ比べてみてください。
こんなのぶつかったら、ヘルメットなんて何の役にもたたないよ。
うんうん、上も見るし頑張って急いでいるよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うんうん、上も見るし頑張って急いでいるよ。
雪渓には足跡の道があるが、4本爪アイゼンでは効かず、道でない凸凹の方が歩きやすかった。
道以外の雪は、凍ってはいないが締まっていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓には足跡の道があるが、4本爪アイゼンでは効かず、道でない凸凹の方が歩きやすかった。
道以外の雪は、凍ってはいないが締まっていた。
青空―ガス―時々晴れ間
2015年10月05日 10:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空―ガス―時々晴れ間
2
やっと雪渓が終わった!^^

アイゼン外す場所に困るほどのザレタ岩場。
こういうところって、雪渓に隠れていた時とどちらが歩きやすいのだろう?
2015年10月05日 11:09撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと雪渓が終わった!^^

アイゼン外す場所に困るほどのザレタ岩場。
こういうところって、雪渓に隠れていた時とどちらが歩きやすいのだろう?
1
雪渓の境はクレバス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓の境はクレバス。
ここからが今日の本番だった^^;
2015年10月05日 11:41撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが今日の本番だった^^;
2
右側を歩く。
このザレた岩場が今回の山で一番きつかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側を歩く。
このザレた岩場が今回の山で一番きつかった。
2
水平線のような雲海が、ずっとつづく。
2015年10月05日 13:25撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水平線のような雲海が、ずっとつづく。
大分上に上がったかな・・
2015年10月05日 13:52撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大分上に上がったかな・・
今夜の宿、白馬山荘が見えた!
2015年10月05日 14:27撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今夜の宿、白馬山荘が見えた!
1
山荘への稜線に出た。
五竜方面との分岐点。
2015年10月05日 14:39撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘への稜線に出た。
五竜方面との分岐点。
唐松五竜方面への尾根。
いつか、不帰の瞼越えて唐松岳まで行ける時があるのだろうか!?
2015年10月05日 14:40撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松五竜方面への尾根。
いつか、不帰の瞼越えて唐松岳まで行ける時があるのだろうか!?
着いたよー!
2015年10月05日 15:03撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いたよー!
2
白馬岳登頂は明日にしましょう。
栂池に降りるのだから・・・
2015年10月05日 15:06撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳登頂は明日にしましょう。
栂池に降りるのだから・・・
もうすぐ日の出
雲海の上に、富士山と浅間山が重なって見える。
2015年10月06日 05:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ日の出
雲海の上に、富士山と浅間山が重なって見える。
1
雲海に朝日射す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に朝日射す。
1
剱が美しい。
来年は登れるかなー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱が美しい。
来年は登れるかなー
5
部屋の窓から。
部屋は「剱」 よく見えます!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
部屋の窓から。
部屋は「剱」 よく見えます!
2
槍の穂先が見える。
昨夏、槍ヶ岳に登るの夢が叶った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍の穂先が見える。
昨夏、槍ヶ岳に登るの夢が叶った。
2
白馬岳山頂。
傾きは、風が強いから? 雪の重み?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳山頂。
傾きは、風が強いから? 雪の重み?
2
少しでも高い所に登りたい^^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しでも高い所に登りたい^^
2
三国境から歩いてきた稜線を眺める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国境から歩いてきた稜線を眺める。
2
白馬大池だ。お昼にしよう!
池の上にこれから歩く道が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬大池だ。お昼にしよう!
池の上にこれから歩く道が見える。
2
これからずーっと岩岩岩・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これからずーっと岩岩岩・・・
1
やっと最後の平らな道になった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと最後の平らな道になった。
ライチョウ家族:7羽

写真を撮りたくて道より中に入ってしまったら、調査に歩いていた監視員さんグループに注意された。
石の上を歩くようにしていたのですが、やっぱりいけませんね。
2015年10月06日 10:48撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライチョウ家族:7羽

写真を撮りたくて道より中に入ってしまったら、調査に歩いていた監視員さんグループに注意された。
石の上を歩くようにしていたのですが、やっぱりいけませんね。
1
撮影機材:

感想/記録

初の1日1700mの標高差を登るので、緊張した山だった。

雪渓は歩きやすく、心配したほどのことはなかった。
4本爪アイゼンは締った雪には効かず、12本爪アイゼンでガシガシ登りたかった。
雪渓が終わった後の岩場と、翌日の白馬大池の後の岩に緊張した。
もう栂池と思ってしまった木道の天狗原、まだ道半ばと知った時には下りってきつくて飽きて嫌いだと思った。

それでも、お天気に恵まれ雲と空と稜線とに見惚れた、最高の山歩きだった。


白馬山荘が空いていて、個室だったことは嬉しかった。
着いた夕方はガスで何も見えなかったが、翌朝は雲海の上に顔を出していた槍も剣も遠く白山も部屋の窓から見えた。


帰りのタクシー、下りを前後しながら歩いたご夫婦と、猿倉まで相乗りした。5400円。
ロープウェイは下りの片道では、ジャフの割引がきかなかった。

白馬山荘は、モンベルカードで500円割引してくれますから、持参しましょう。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1073人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ