ヤマレコ

記録ID: 75552 全員に公開 沢登り丹沢

水無川水系 セドノ沢左俣(沢登り講習)

日程 2010年08月30日(月) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー1人
天候晴れ一時曇り(暑い)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸沢駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

渋沢駅7:30=
8:10戸沢キャンプ場8:36-
9:00水無川本谷F1-10m-
セドノ沢へ-
9:22セドノ沢二俣(左俣へ)-
10:04セドノ沢左俣大滝2段13m-
11:1010m滝-
12:0610m涸棚-
13:05表尾根(木ノ又小屋と新大日の間のコル)13:33-
13:40木ノ又小屋-
ホソノノ尾根を下降-
15:02書策新道/水無川徒渉点-
15:50戸沢キャンプ場=
渋沢/湯花楽(入浴)

コース状況/
危険箇所等
■講習会情報
  http://mt-farm.info/
  
■セドノ沢左俣
  遡行グレード:1級上(「上」は大滝ほか滝の直登含む)
   ※水量多いと当然グレードは2級に上がる

  2段13m大滝
    水流右を数m登り右壁の残置支点沿いに。
    テラスに上がった正面に古いリングボルト2個、またその左側の
    積み重なった岩(リングボルト1個あり)に240cmのスリングを
    掛ける。
    平水ならばクライミンググレード卦蕁⊃緡迷燭ぞ豺腓魯轡礇錙
    となり体感で元蕁

  10m滝
    右壁を登る。下からでは確認しづらいが、5mほど登るとハーケン、
    さらに2m上にもハーケンあり。
    終了点は枯れ木の根元でとるなど。ややシャワーで卦+。

  5佑甼瓩の10m涸棚
    ルンゼ中心のやや右を登る。残置なしなので絶対落ちられない。
    終了点は落ち口上の潅木で取る。卦+。
    左から高巻くこともできるが、落ち口へのトラバースは慎重に。
過去天気図(気象庁) 2010年08月の天気図 [pdf]

写真

水無川本谷F1は左の鎖を使う
2010年08月30日 09:07撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水無川本谷F1は左の鎖を使う
セドノ沢に入り最初のF1
2010年08月30日 09:15撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
セドノ沢に入り最初のF1
セドノ沢F2
F1ともども容易に越えられる
2010年08月30日 09:17撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
セドノ沢F2
F1ともども容易に越えられる
苔の岩を慎重に登る
2010年08月30日 09:35撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔の岩を慎重に登る
2段13m大滝
今日は水量も少なく楽(卦蘢度)。
水が多いと苦労する。
2010年08月30日 10:04撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2段13m大滝
今日は水量も少なく楽(卦蘢度)。
水が多いと苦労する。
13m大滝を登る。
2010年08月30日 10:25撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13m大滝を登る。
13m大滝の終了点。
下の岩に長いスリング(240cmでいっぱい)をかけてビレイした方がよい。
2010年08月30日 10:31撮影 by DMC-FX07, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13m大滝の終了点。
下の岩に長いスリング(240cmでいっぱい)をかけてビレイした方がよい。
中間部の10m滝。
右壁を登る。卦+。
2010年08月30日 11:11撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中間部の10m滝。
右壁を登る。卦+。
詰め近くの10m涸棚。
残置なしなので落ちられない。
卦+。
台風後はここも滝となる。
2010年08月30日 12:06撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
詰め近くの10m涸棚。
残置なしなので落ちられない。
卦+。
台風後はここも滝となる。
涸棚を登る
2010年08月30日 12:31撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸棚を登る
詰めは幾つも涸棚が続く
2010年08月30日 12:40撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
詰めは幾つも涸棚が続く
木ノ又小屋と新大日の間のコルに飛び出る
2010年08月30日 13:04撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木ノ又小屋と新大日の間のコルに飛び出る
ホソノノ尾根下降
左の支尾根に行かないよう注意
2010年08月30日 13:46撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホソノノ尾根下降
左の支尾根に行かないよう注意

感想/記録
by kamog

一昨日は三ツ峠で講習、昨日は小難しい箱根屋沢と
朝から今日はさすがに疲れていて足取りが重かった。
まあ通い慣れたセドノ沢なので気も楽だし
講習なのでペースもいつもよりゆっくりと登れた。

前回講習で来たときは水量もやや多くおまけに水温が低かったので
大滝では掴んだホールドが冷たく、当時の受講者さんにも大変だったが
今回は水量少なくとても楽であった。
終了点の岩には前回はなかったリング1本と捨て縄。
この岩で新たに終了点を作るには少なくとも240cmのスリングが必要だ。

相変わらず詰めは多くの涸棚をかけ
猛暑時はひぃひぃ。
成長した多数のアザミに触れる度に悲鳴をあげてしまう。

下降は木ノ又小屋裏からホソノノ尾根を使う。
この尾根も出だしは時期柄アザミ等がすっかり成長しており
少し下った開けた箇所から径路が不明瞭になる。
ここでやや左側に下りるが、下っているうちに右側に顕著な尾根が確認でき
主尾根から外れていることがわかる。
早めのリカバリーで右側のしっかりした尾根に移って事なきを得る。

書策新道との合流点にある小さな看板もいつの間にか見落としたのか
それとも撤去されたのか、いつの間にか書策新道を歩いていた。
山はどこでもそうだが、季節や天候、そしてメンバーや自身の状態により
まったく別物になる。
まさに一期一会。だから楽しい。
訪問者数:2116人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ