また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 801935
全員に公開
アルパインクライミング
丹沢

書策新道〜沖ノ源次郎沢(沢登り予定がまたまた雪山バリエーションに)

2016年01月24日(日) [日帰り]
 - 拍手
kamog その他2人
GPS
--:--
距離
3.2km
上り
424m
下り
417m

コースタイム

渋沢駅8:00=
8:50戸沢(事前説明)9:35−
書策新道−
10:40水無川本谷徒渉点10:53−
11:10沖ノ源次郎沢F1−
F2−
ラペリング−
書策新道−
16:10戸沢
天候 晴れ一時曇り(寒い冷たい・・・)
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
戸沢
・一部凍結箇所あり。ノーマルタイヤでは少しだけ辛いかも)
コース状況/
危険箇所等
■沖ノ源次郎沢
  水無川本谷支流で、書策新道(現在廃道)徒渉点の100m近く上流で
  右岸よりいきなり2段の涸棚で合わさる。通常は涸沢。
  中流部前半にも涸棚が数カ所あり、詰めは大倉尾根/金冷シ南のコルか
  花立山荘東側/源次郎尾根上部に詰め上げることができる。
  通常時の遡行グレード:2級(今回の積雪では2級上程度)
戸沢も一面雪化粧
2016年01月24日 09:34撮影 by  PENTAX Optio WG-2, PENTAX
1
1/24 9:34
戸沢も一面雪化粧
さあスタートです
2016年01月24日 09:37撮影 by  PENTAX Optio WG-2, PENTAX
1
1/24 9:37
さあスタートです
書策新道に取り付く
2016年01月24日 09:45撮影 by  PENTAX Optio WG-2, PENTAX
1
1/24 9:45
書策新道に取り付く
すっかり雪山状態
2016年01月24日 10:18撮影 by  PENTAX Optio WG-2, PENTAX
1/24 10:18
すっかり雪山状態
本谷徒渉点手前のザレトラバースポイント
2016年01月24日 10:29撮影 by  PENTAX Optio WG-2, PENTAX
1/24 10:29
本谷徒渉点手前のザレトラバースポイント
少しの間、水無川本谷を進むけど積雪30cm程度あり踏み抜きもある
2016年01月24日 10:34撮影 by  PENTAX Optio WG-2, PENTAX
1
1/24 10:34
少しの間、水無川本谷を進むけど積雪30cm程度あり踏み抜きもある
沖ノ源次郎沢F1−20m
一般的な左ルートは中段テラスにたっぷりの残雪で、中央ルートはベルグラだぁ。
仕方なく右ルートを登るが、残置ハーケン数個はほぼ腐っており、ハーケン×2、カム×1で切り抜けた。
手の感覚が失せた。結構きついクライミング。
2016年01月24日 11:05撮影 by  PENTAX Optio WG-2, PENTAX
1
1/24 11:05
沖ノ源次郎沢F1−20m
一般的な左ルートは中段テラスにたっぷりの残雪で、中央ルートはベルグラだぁ。
仕方なく右ルートを登るが、残置ハーケン数個はほぼ腐っており、ハーケン×2、カム×1で切り抜けた。
手の感覚が失せた。結構きついクライミング。
F1にある終了点は何とか顔を出していて助かる
2016年01月24日 12:19撮影 by  PENTAX Optio WG-2, PENTAX
1
1/24 12:19
F1にある終了点は何とか顔を出していて助かる
F2−20m
一般的な右クラックルートも通常なら元蕁椶らいだが、バイルで残雪叩き割ったり、手の感覚がいよいよしびれてきて、これも厳しいクライミングだった。
残置ハーケンが錆びてはいるものの精神的保険としてはマシ。
ただランナウトしており落下係数を伴うフォールをすれば当然抜けるか破断するので、絶対テンションは架けられない。
2016年01月24日 12:19撮影 by  PENTAX Optio WG-2, PENTAX
2
1/24 12:19
F2−20m
一般的な右クラックルートも通常なら元蕁椶らいだが、バイルで残雪叩き割ったり、手の感覚がいよいよしびれてきて、これも厳しいクライミングだった。
残置ハーケンが錆びてはいるものの精神的保険としてはマシ。
ただランナウトしており落下係数を伴うフォールをすれば当然抜けるか破断するので、絶対テンションは架けられない。
F2終了点から
2016年01月24日 12:23撮影 by  PENTAX Optio WG-2, PENTAX
1
1/24 12:23
F2終了点から
2016年01月24日 12:28撮影 by  PENTAX Optio WG-2, PENTAX
2
1/24 12:28
雪の中のビレイで足の感覚もつらいよ。
だってクライミングシューズなんだもん。
2016年01月24日 12:45撮影 by  PENTAX Optio WG-2, PENTAX
3
1/24 12:45
雪の中のビレイで足の感覚もつらいよ。
だってクライミングシューズなんだもん。
Mさん登ってくる
グローブしながらだと結構難いでしょね。
2016年01月24日 13:37撮影 by  PENTAX Optio WG-2, PENTAX
1
1/24 13:37
Mさん登ってくる
グローブしながらだと結構難いでしょね。
Fさんも登ってくる
2016年01月24日 13:52撮影 by  PENTAX Optio WG-2, PENTAX
1
1/24 13:52
Fさんも登ってくる
ロワーダウンとラペロングで今日はこれで下りて下山します
2016年01月24日 15:14撮影 by  PENTAX Optio WG-2, PENTAX
1
1/24 15:14
ロワーダウンとラペロングで今日はこれで下りて下山します
ラッセルもどきで水無川本谷を少々下降
2016年01月24日 15:24撮影 by  PENTAX Optio WG-2, PENTAX
1
1/24 15:24
ラッセルもどきで水無川本谷を少々下降
2016年01月24日 15:26撮影 by  PENTAX Optio WG-2, PENTAX
1
1/24 15:26
往路を戻りました
2016年01月24日 15:35撮影 by  PENTAX Optio WG-2, PENTAX
1/24 15:35
往路を戻りました

感想

4日前のヒゴの沢の時も雪山講習化してしまったが
やはりそれより上流の沖ノ源次郎沢は完全な雪山バリエーション化してしまいました。(笑)
F1、F2ともテラスやいつも使っているスタンス、ホールドにしっかりしまった
残雪があり、バイルで叩きながらのクライミングでした。
ギアラックからクイックドロー外すときもカラビナを持っている感覚がなくなるわ、
ホールドを支える指の感覚も失せるどころか痺れてくるし、
おまけにいつもは楽なスタンスのスメアリングが雪で滑るわだし・・・。
赤岳主稜など下手な雪山バリエーションよりも確実に難しかったぁ。
それでもお二人の女性頑張りました!
お疲れ様でした。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:1338人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら