ヤマレコ

記録ID: 819957 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

硫黄岳から横岳へ 〜赤岳鉱泉テント泊〜

日程 2016年02月27日(土) 〜 2016年02月28日(日)
メンバー
天候晴れのち雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸口、八ヶ岳山荘駐車場に駐車
午前2時前に到着、仮眠
駐車スペース余裕です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち32%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間26分
休憩
52分
合計
8時間18分
S八ヶ岳山荘07:1208:06やまのこ村08:23美濃戸山荘08:2409:24堰堤広場10:24赤岳鉱泉11:0011:06大同心沢(大同心ルンゼ)分岐11:59赤岩の頭12:18硫黄岳12:2312:40硫黄岳山荘13:02台座ノ頭13:14横岳(奥の院)13:15横岳14:00地蔵の頭14:40行者小屋14:5015:30赤岳鉱泉
2日目
山行
2時間44分
休憩
0分
合計
2時間44分
赤岳鉱泉08:4611:30八ヶ岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
美濃戸あたりまでほとんど雪なし
赤岳鉱泉に近づくとそれなりに雪が
その他周辺情報もみの湯 うっすら茶色でお肌がすべすべになります
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

あまり雪がありません
2016年02月27日 08:52撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまり雪がありません
いい雰囲気の樹林帯を進みます
2016年02月27日 09:43撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい雰囲気の樹林帯を進みます
北沢、視界が広がります
2016年02月27日 09:45撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沢、視界が広がります
PM2.5でいい天気ですが、山が霞んでます
2016年02月27日 10:15撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
PM2.5でいい天気ですが、山が霞んでます
赤岳鉱泉到着
2016年02月27日 10:24撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉到着
1
今回の目標横岳
2016年02月27日 11:51撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の目標横岳
テント設営後、まずは硫黄岳を目指します
2016年02月27日 12:01撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント設営後、まずは硫黄岳を目指します
このあと歩く稜線
2016年02月27日 12:01撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあと歩く稜線
次の目標、阿弥陀岳
2016年02月27日 12:01撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の目標、阿弥陀岳
PM2.5がはっきり見えます
2016年02月27日 12:03撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
PM2.5がはっきり見えます
赤岩の頭
2016年02月27日 12:03撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩の頭
1
あと少し
2016年02月27日 12:17撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと少し
硫黄岳
これから進む稜線
2016年02月27日 12:25撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳
これから進む稜線
1
先を急ぎます
まず下降
2016年02月27日 12:26撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先を急ぎます
まず下降
硫黄岳山荘前から横岳方面
2016年02月27日 12:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳山荘前から横岳方面
阿弥陀岳方面
2016年02月27日 12:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳方面
硫黄岳と山荘
2016年02月27日 12:45撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳と山荘
1
横竹挑戦中
2016年02月27日 12:45撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横竹挑戦中
振り返り硫黄岳
2016年02月27日 12:53撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返り硫黄岳
登りはやっぱりきつい
風もきつい
2016年02月27日 12:53撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りはやっぱりきつい
風もきつい
硫黄岳の高さまで登り返しました
2016年02月27日 13:01撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳の高さまで登り返しました
爆風で雲が出てきました
2016年02月27日 13:01撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爆風で雲が出てきました
横岳ピークが見えました
2016年02月27日 13:09撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳ピークが見えました
風と登りで疲れています
2016年02月27日 13:15撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風と登りで疲れています
おまけにプレッシャー
2016年02月27日 13:17撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おまけにプレッシャー
1
またまたプレッシャー
2016年02月27日 13:18撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまたプレッシャー
1
あと少し
2016年02月27日 13:20撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと少し
1
頂上手前のナイフブリッジ
2016年02月27日 13:21撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上手前のナイフブリッジ
1
頂上から硫黄岳
2016年02月27日 13:22撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から硫黄岳
着きました
2016年02月27日 13:27撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着きました
3
赤岳までは行けそうにありません
2016年02月27日 13:27撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳までは行けそうにありません
下界PM2.5
2016年02月27日 13:28撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界PM2.5
先を急ぎます
2016年02月27日 13:32撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先を急ぎます
赤岳阿弥陀岳美しい
2016年02月27日 13:32撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳阿弥陀岳美しい
3
進む稜線
2016年02月27日 13:36撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進む稜線
振り返り横岳
2016年02月27日 13:45撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返り横岳
これを登ればあとは下りだけ
2016年02月27日 13:50撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これを登ればあとは下りだけ
ピーク着きました
2016年02月27日 13:50撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピーク着きました
下ります
2016年02月27日 13:50撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ります
その頃赤岳鉱泉では
2016年02月27日 13:56撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その頃赤岳鉱泉では
1
下りはしびれるトラバース
2016年02月27日 13:56撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りはしびれるトラバース
エスカレートするトラバース
2016年02月27日 14:01撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エスカレートするトラバース
1
下りのトラバース長すぎです
2016年02月27日 14:05撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りのトラバース長すぎです
本当は赤岳超えて行ったことのない
文三郎尾根を下りたい
2016年02月27日 14:06撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当は赤岳超えて行ったことのない
文三郎尾根を下りたい
1
しびれすぎ
緊張マックス
2016年02月27日 14:11撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しびれすぎ
緊張マックス
地蔵の頭
見えてきました
2016年02月27日 14:19撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵の頭
見えてきました
最後の登りきつい
2016年02月27日 14:19撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の登りきつい
振り返り横岳方面
向こうに硫黄岳
2016年02月27日 14:20撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返り横岳方面
向こうに硫黄岳
地蔵の頭
雪が降り始め突風
2016年02月27日 14:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵の頭
雪が降り始め突風
下降開始
まずはナイフブリッジ
2016年02月27日 14:29撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下降開始
まずはナイフブリッジ
尾根に赤岳を目指し方が
雪が舞います
2016年02月27日 14:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に赤岳を目指し方が
雪が舞います
振り返り斜面
間違ったトレースで一時急斜面で迷子に
引き返し助かりました
2016年02月27日 14:43撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返り斜面
間違ったトレースで一時急斜面で迷子に
引き返し助かりました
少しなだらかに
2016年02月27日 14:43撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しなだらかに
行者小屋到着
2016年02月27日 15:07撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋到着
次回はこちらのテン場から阿弥陀岳
2016年02月27日 15:07撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次回はこちらのテン場から阿弥陀岳
赤岳鉱泉に帰ってきました
2016年02月27日 15:28撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉に帰ってきました
山飯は猪鍋、温野菜、ちゃんちゃん焼き、キノコのチーズ焼き
2016年02月27日 17:12撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山飯は猪鍋、温野菜、ちゃんちゃん焼き、キノコのチーズ焼き
1
締めは赤岳鉱泉に対抗しステーキ
2016年02月27日 17:17撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
締めは赤岳鉱泉に対抗しステーキ
2
朝、快晴
2016年02月28日 07:05撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝、快晴
ゆっくり朝食後降りるだけ
2016年02月28日 07:05撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆっくり朝食後降りるだけ
輝く山
2016年02月28日 07:07撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
輝く山
賑わう小屋前
2016年02月28日 07:10撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賑わう小屋前
マイテント
2016年02月28日 07:19撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マイテント
いい天気
2016年02月28日 08:56撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい天気
昨夜降った雪が朝日に照らされ美しい
2016年02月28日 08:59撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨夜降った雪が朝日に照らされ美しい
はいポーズ
2016年02月28日 09:01撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はいポーズ
朝日に照らされた北沢
感動の連続
2016年02月28日 09:05撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日に照らされた北沢
感動の連続
氷の川
2016年02月28日 09:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷の川
苔と雪
2016年02月28日 09:52撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔と雪
美しい氷
2016年02月28日 09:58撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい氷
スケートリンク
2016年02月28日 09:59撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スケートリンク
美濃戸山荘前で休憩
凍ったスナッキーズの断面
全てが凍る世界でした
2016年02月28日 10:25撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘前で休憩
凍ったスナッキーズの断面
全てが凍る世界でした
撮影機材:

感想/記録

昨年赤岳、年末に硫黄岳に登頂し、残るは横岳と思い挑戦。
前日夜21時前に大阪発。八ヶ岳山荘駐車場2時前着。
6時出発の予定が寝過ごし、7時発。
赤岳鉱泉到着後、テント設営。
同伴者を鉱泉に残し、いざ硫黄岳へ。
遅れを取り戻そうと赤石の頭まで、頑張り過ぎ、疲労困憊。
硫黄岳はそこそこの風、先を急いでまずは硫黄岳山荘へ
しかし風が強くなってきて、横岳への登り返しでは、
疲労、風、登りで牛歩戦術でした。
横岳頂上からは緊張のトラバース、ナイフブリッジが現れ、集中力を持続するのが
大変でした。
地蔵の頭までの下りの連続するトラバースは緊張で心が壊れそうでした。
地蔵の頭からは突風と雪。
ナイフブリッジから下りスタート。この下りも嫌なトラバースが続きます。
途中トラバースするとトレースが見当たりません。雪で消えてしまったのか?
どの方向も断崖絶壁、泣きそうになりました。
しかし、北側遠くに階段手すりのパイプの一部が見えました。
来たトラバースを戻ると反対側にパイプに向かうトラバースのトレースが
助かりました。
樹林帯まで降りるとあとは快適な尻セードで下山。
あっという間に行者小屋に着きました。
あとは、中山峠を越え赤岳鉱泉へ。ビールで元気を取り戻し
外の自炊エリア貸切で早めの夕食。
同行者の完璧なディナーを楽しみました。
鉱泉の食事に対抗した締めのステーキには感動しました。
心配していた夜の寒さも、雪のせいか、全てが凍る世界でしたが耐えることができました。
翌朝、スープとフランスパンの朝食とドリップコーヒーを2杯優雅な朝食をいただき
ゆっくりと下山。
朝日に輝く北沢を楽しみました。余裕のある山歩きもいいものです。
美濃戸からの林道では、ショートカットの道で迷ってしまうハプニング。
人間楽をしようとしたらいけません。

次は残った阿弥陀岳。行者小屋から挑戦です。楽しみです。

感想/記録

久しぶりの本格的山行。
真っ白の世界、ツーンと静まり返った空間がある雪山を忘れられなく、八ヶ岳へ。
気持ちは硫黄岳ー横岳ー赤岳からのテント泊に憧れながらも...身の丈に合った赤岳鉱泉までのテント泊。
気持ちと現実の差は大きいが、それならテント泊を全力で楽しみましょう♪ということで山飯とテント内快適空間にこだわってみました。
年末に初めて本格挑戦した山飯では足りないかもと不安からちょっとずつ多めに持っていき、結局食材を持ち帰ってしまった。...反省。
今回は、沢山のレパートリーを考えたもののすべて少ないかもを心がけて準備していき完食、完食材!!
もたもたする準備を極寒の中で耐え付き合ってくれる同行者に感謝しながらも、次の山飯のイメージが(笑) ワクワク
赤岳鉱泉のテン場は大きな木に囲まれるようなところにテントが張れる素敵な場所。雪山テント=極寒、冷凍庫 で覚悟はしていたものの少ない経験の反省を活かし底冷え対策のみで意外と温かく快適に過ごすことが出来ました。
今回はゆったりとした時間を大好きな真っ白の世界で過ごすことが出来て大満足。
次は、山飯を進化させて更に頂を目指そう。

今回の山飯メニュー
前菜 温野菜
メイン 猪鍋
酒の肴 〆のちゃんちゃん焼き
酒の肴◆,のこのチーズ焼き
〆料理 ステーーーーキの野菜添え

食材調達 LIFE(笑)
鍋セット野菜(白菜、人参少々、椎茸、白ネギ、エノキ入り、)1人前、お弁当用 鮭の切り身一切れ(冷凍)、ちょっとがうれしいシリーズ(舞茸・もやし・ジャガイモ・ブロッコリー、アスパラ)で全て1個ずつやちょっと売り、ミニトマト、アスパラ
猪肉二切れ(もらい物)、今回の贅沢品 牛肉 100g

鍋セットをすべての料理に活用したのでかなりの経費削減が出来ました。赤岳鉱泉では、2,000円で暖かい場所でステーキを楽しめるので対抗してみました(笑)
しかし、寒かったです。
訪問者数:353人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

テント 林道 テン 山行 地蔵 設営 下界
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ