ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 826013 全員に公開 雪山ハイキング丹沢

急に冬景色になった丹沢表尾根・鍋割山稜(蓑毛BS→大倉BS)

日程 2016年03月12日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:神奈川中央交通バス「蓑毛」バス停
帰り:神奈川中央交通バス「大倉」バス停
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間24分
休憩
45分
合計
6時間9分
S蓑毛10:5511:09春岳沢 水場11:1011:40ヤビツ峠11:4112:30二ノ塔12:4012:49三ノ塔12:5012:54三ノ塔地蔵菩薩12:5513:09烏尾山荘13:1113:24行者ヶ岳13:2813:38政次郎ノ頭13:43書策新道分岐13:4413:51新大日茶屋13:5314:00木ノ又小屋14:20塔ノ岳14:2614:35金冷シ14:49小丸尾根分岐(二俣分岐・平二山)14:56小丸14:5715:10鍋割山荘15:12鍋割山15:40後沢乗越15:4315:43後沢分岐15:4415:53林道終点16:0016:16二俣16:28黒竜の滝16:3217:04大倉バス停17:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
二の塔への登りから雪景色になり、足元も雪が多くて下りは少し滑る場所もありましたので、チェーンスパイクがあるとよいと思います。
一部雪解けのせいで泥が多い場所もあるので、スパッツ併用が望ましいです。
行者岳そばの鎖場は凍結はなかったですが、ちょっと冷たかった。。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 雨具 ゲイター ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 保険証 携帯

写真

ヤビツ峠行きのバスは運休のため、蓑毛からスタートです。(寝坊したのでそもそもそのバスへは乗れませんでしたが)
2016年03月12日 10:55撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠行きのバスは運休のため、蓑毛からスタートです。(寝坊したのでそもそもそのバスへは乗れませんでしたが)
ヤビツ峠。このあたりはまだ雪は少なかったです。
2016年03月12日 11:40撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠。このあたりはまだ雪は少なかったです。
富士見橋の登山口。
2016年03月12日 11:56撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見橋の登山口。
二の塔へ向かう登山道。うってかわって雪に変わる。
2016年03月12日 12:17撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の塔へ向かう登山道。うってかわって雪に変わる。
二ノ塔。
2016年03月12日 12:32撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二ノ塔。
1
霧氷と雪がいっしょになった感じ。
2016年03月12日 12:32撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷と雪がいっしょになった感じ。
ちょっと先に進み、三ノ塔。
2016年03月12日 12:50撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと先に進み、三ノ塔。
1
三ノ塔山頂俯瞰。人もまばらでした。
2016年03月12日 12:51撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ塔山頂俯瞰。人もまばらでした。
お地蔵さんの先に進むか迷いましたが、今日は表尾根縦走にしました。
2016年03月12日 12:54撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お地蔵さんの先に進むか迷いましたが、今日は表尾根縦走にしました。
三ノ塔を振り返る。
2016年03月12日 12:56撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ塔を振り返る。
標高1100m前後とは思えません。
2016年03月12日 13:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1100m前後とは思えません。
烏尾山に到着。2日前にも来ました(^^;
2016年03月12日 13:10撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏尾山に到着。2日前にも来ました(^^;
霧氷は健在でした。
2016年03月12日 13:18撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷は健在でした。
1
綺麗ですが、寒い!
2016年03月12日 13:20撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗ですが、寒い!
2
行者岳。
2016年03月12日 13:26撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者岳。
行者岳から先を見ると、幻想的な景色でした。
2016年03月12日 13:27撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者岳から先を見ると、幻想的な景色でした。
1
表尾根は登ったり下ったりがそこそこあります。
2016年03月12日 13:36撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表尾根は登ったり下ったりがそこそこあります。
書策小屋跡かな。
2016年03月12日 13:44撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
書策小屋跡かな。
かなり雪が降ったんですなあ。
2016年03月12日 13:44撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり雪が降ったんですなあ。
新大日。
2016年03月12日 13:52撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新大日。
1
ここの茶屋は閉鎖。。
2016年03月12日 13:52撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの茶屋は閉鎖。。
木ノ又茶屋。コーヒー300円がとても魅力的。
2016年03月12日 14:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木ノ又茶屋。コーヒー300円がとても魅力的。
木ノ又大日。
2016年03月12日 14:02撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木ノ又大日。
どんどん雪が深くなってきます。
2016年03月12日 14:03撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん雪が深くなってきます。
1
霧氷のトンネル。
2016年03月12日 14:08撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷のトンネル。
あともうちょっとで塔ノ岳なのが惜しい。
2016年03月12日 14:12撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あともうちょっとで塔ノ岳なのが惜しい。
1
塔ノ岳。
2016年03月12日 14:19撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳。
3
尊仏山荘。
2016年03月12日 14:20撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尊仏山荘。
大倉尾根もなかなかの景色。
2016年03月12日 14:32撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉尾根もなかなかの景色。
金冷し。ここで下山はもったいないので、鍋割に寄り道します。
2016年03月12日 14:35撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金冷し。ここで下山はもったいないので、鍋割に寄り道します。
大丸。
2016年03月12日 14:41撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大丸。
ブナ林は健在でした。
2016年03月12日 14:42撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林は健在でした。
結構賑やかだったのが、ちょっと残念。
2016年03月12日 14:46撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構賑やかだったのが、ちょっと残念。
小丸尾根分岐。
2016年03月12日 14:49撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小丸尾根分岐。
鍋割山稜は結構雪深かったです。
2016年03月12日 14:54撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山稜は結構雪深かったです。
1
小丸。
2016年03月12日 14:56撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小丸。
鍋割直前のあたりのブナが好きです。
2016年03月12日 15:04撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割直前のあたりのブナが好きです。
1
名残惜しい。。
2016年03月12日 15:08撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残惜しい。。
1
鍋割山。
2016年03月12日 15:10撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山。
1
鍋割山荘。
2016年03月12日 15:11撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山荘。
さて下山です。11時から登山でしたが、十分に楽しめました。
2016年03月12日 15:16撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて下山です。11時から登山でしたが、十分に楽しめました。
標高を下げると、かなり雪が減ってしまう。
2016年03月12日 15:37撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高を下げると、かなり雪が減ってしまう。
後沢乗越。寄方面も魅力的ですが、今日も大倉(林道方面)に行きます。
2016年03月12日 15:40撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後沢乗越。寄方面も魅力的ですが、今日も大倉(林道方面)に行きます。
このあたり、ちょっと泥が多かった。
2016年03月12日 15:43撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたり、ちょっと泥が多かった。
ちょっと滝っぽい。
2016年03月12日 15:52撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと滝っぽい。
このあたりの沢で泥を落としました。
2016年03月12日 15:58撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりの沢で泥を落としました。
あとは延々と林道歩きです。
2016年03月12日 16:06撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは延々と林道歩きです。
小丸尾根の登り口。
2016年03月12日 16:14撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小丸尾根の登り口。
黒竜の滝分岐。後の林道は写真省略します。。
2016年03月12日 16:28撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒竜の滝分岐。後の林道は写真省略します。。
舗装路まで戻りました。
2016年03月12日 17:00撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路まで戻りました。
大倉に到着。今日はちゃんと座れました。
2016年03月12日 17:04撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉に到着。今日はちゃんと座れました。

感想/記録

(コース)※コースと時間は、東丹沢登山詳細図より引用
蓑毛→(柏木林道コース/一般[45/80]分)→ヤビツ峠→(表尾根縦走コース/一般[160/280]分)→塔ノ岳→(鍋割山稜コース/一般[52/80]分)→鍋割山→(鍋割山後沢乗越コース/一般[66/100]分)→二俣→(西山林道コース/一般[48/90]分)→大倉 計[371/630]分

(感想)
ヨモギ平と大山諸戸尾根が気になって、また丹沢に行きました。しかし・・スタートがさらに遅くなってしまったのと、雪が多いとの情報もあったので、VRをやめて、今日はもくもくと一般登山道を歩きました。雪の多い表尾根・鍋割山稜を楽しむことができて、結果として正解だったと思います。
スタート地点は蓑毛。時間的にも運行的にもヤビツ行はNGでした。。ヤビツ峠に到着すると、いつもながらチャリな人が多かったですが、登山客は皆無。。雪もまだ少なかったので凍結もなく富士見橋より登山開始です。二の塔にあがる途中でも、かなり雪っぽい風景になり、ここからはずっと雪の尾根を楽しむことができました。すれちがう人もそこそこ多かったですが、表尾根にしてはかなりの少ない方だと思います。塔ノ岳山頂も思ったより人は少なかった。時間も少し早めに到着したので、ブナ林を楽しみに鍋割山稜も歩きました。こちらの方が人が多かった・・・。鍋割山には2、3名しかいなかったので、静かな山頂でした。下山は栗ノ木洞方面も魅力的でしたが、いつもの西山林道方面にしてしまいました・・・かなちゅうバスは安価なので・・・。
訪問者数:320人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ