ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 835304 全員に公開 ハイキング伊豆・愛鷹

天城山トレーニングハイク 天城高原ゴルフ場〜八丁池ピストン

日程 2016年03月26日(土) [日帰り]
メンバー chamao
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
天城高原ゴルフ場ハイカー専用駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
17時間51分
休憩
7時間15分
合計
25時間6分
S天城高原ハイカー専用駐車場10:1610:17トイレ10:1810:34四辻10:3511:25万二郎岳11:2711:59馬の背12:13石楠立12:1412:43万三郎岳12:49万三郎岳下分岐12:5013:28戸塚山(小岳)13:2914:02戸塚峠14:0314:26戸塚峠14:51白田峠14:5715:43八丁池06:3416:15白田峠16:42戸塚峠23:4217:17戸塚山(小岳)17:47万三郎岳下分岐18:18涸沢分岐点18:51101ポスト19:10菅引分岐19:1119:23四辻19:43トイレ19:46天城高原ハイカー専用駐車場19:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
石楠花コースの下り注意

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 ガイド地図(ブック) 常備薬 保険証 携帯 タオル ストック カメラ

写真

登山口入口もうっすらと冠雪
前日に降雪があったようです。時間が遅いのでぐちゃぐちゃ。
2016年03月26日 10:30撮影 by Canon IXY DIGITAL 25 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口入口もうっすらと冠雪
前日に降雪があったようです。時間が遅いのでぐちゃぐちゃ。
四辻
三叉路なのになぜか四辻。
石のボッカ運動に協力を〜とかの標識があったけど、何の協力なのかいまいちわからない。
2016年03月26日 10:36撮影 by Canon IXY DIGITAL 25 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四辻
三叉路なのになぜか四辻。
石のボッカ運動に協力を〜とかの標識があったけど、何の協力なのかいまいちわからない。
ドロドロでゲイター必須。
全体的に歩き易い歩道です。
2016年03月26日 11:07撮影 by Canon IXY DIGITAL 25 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドロドロでゲイター必須。
全体的に歩き易い歩道です。
万二郎は少し展望あります。
2016年03月26日 11:26撮影 by Canon IXY DIGITAL 25 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万二郎は少し展望あります。
万三郎方面
2016年03月26日 11:42撮影 by Canon IXY DIGITAL 25 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万三郎方面
1
東伊豆方面
展望らしい展望があるのはこの辺りだけ。
2016年03月26日 11:42撮影 by Canon IXY DIGITAL 25 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東伊豆方面
展望らしい展望があるのはこの辺りだけ。
天城高原ゴルフ場
標高が高いので、夏にプレーして見たいゴルフ場。
2016年03月26日 11:54撮影 by Canon IXY DIGITAL 25 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天城高原ゴルフ場
標高が高いので、夏にプレーして見たいゴルフ場。
霧氷
昨夜は風もあった模様。盛り気味だ。
2016年03月26日 11:55撮影 by Canon IXY DIGITAL 25 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷
昨夜は風もあった模様。盛り気味だ。
アセビのトンネル
2016年03月26日 12:02撮影 by Canon IXY DIGITAL 25 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アセビのトンネル
石楠立(はなだて)
2016年03月26日 12:14撮影 by Canon IXY DIGITAL 25 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石楠立(はなだて)
万三郎は通過します
2016年03月26日 12:46撮影 by Canon IXY DIGITAL 25 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万三郎は通過します
万三郎下降点の分岐
2016年03月26日 12:51撮影 by Canon IXY DIGITAL 25 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万三郎下降点の分岐
ブナの原生林がきれいになってきました。
2016年03月26日 12:52撮影 by Canon IXY DIGITAL 25 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの原生林がきれいになってきました。
少し下ると片瀬峠
2016年03月26日 13:03撮影 by Canon IXY DIGITAL 25 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下ると片瀬峠
小岳に到着
2016年03月26日 13:30撮影 by Canon IXY DIGITAL 25 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小岳に到着
ヘビブナに寄り道
2016年03月26日 13:39撮影 by Canon IXY DIGITAL 25 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘビブナに寄り道
アセビのトンネルその2
2016年03月26日 14:02撮影 by Canon IXY DIGITAL 25 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アセビのトンネルその2
1
苔も美しい
2016年03月26日 14:11撮影 by Canon IXY DIGITAL 25 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔も美しい
ブナの大木
2016年03月26日 14:14撮影 by Canon IXY DIGITAL 25 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの大木
ブナの大木枝先
2016年03月26日 14:14撮影 by Canon IXY DIGITAL 25 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの大木枝先
ヒメシャラの幼木
2016年03月26日 14:15撮影 by Canon IXY DIGITAL 25 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメシャラの幼木
八丁池に着きました
2016年03月26日 15:44撮影 by Canon IXY DIGITAL 25 IS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁池に着きました
1
撮影機材:

感想/記録
by chamao

富士山外輪山は降雪があったため、天城山にトレーニングの予定を変更。
実は天子山塊の縦走を予定していて本栖湖へ行ったものの、山麓は数センチの積雪。朝の時点でぱっと見た感じ、1500mより上は雲がかかってチラチラ降雪している模様なので、ドロドロのハイクもイヤだし、中止した。
外輪山を富士山に沿って時計回りに見て廻るもどこも冠雪している。
へたれなので、迷った末に天城山に場所を移した。
伊豆市に入った時点で9:00を過ぎていたので、下田・伊東からの離島行きプランもなし。出航時刻に間に合わない。
ということで、天城山に変更。
四辻から万二郎岳の登山度は雪が解けてぬかるんだ状態でどろどろ。
トレーニングなので、50Lザックにプラティパス2L×2本、500mlペット×3本、ウイスキー180ml、水物計5.68lを担いでいった。
今年の登り初めなので、脚を故障しないようにコースタームを維持。
万三郎からは調子が出てきた。
ずっと行ってみたかった皮子平へも寄り道できた。
地図で見ると大ブナにたどり着いたかどうか怪しい。大ブナの案内板がなかったのでおそらく行っていないのではないだろうか。皮子平にはまた寄ってみたい。
天城山はやはりブナの原生林が素晴らしい。
なんでも、ブナの落葉は腐りにくくフカフカの状態が長く保たれるために、ブナ林は土壌の保水力が高いのだとか。確かに天城山は、一年を通して落葉が積もっている印象がある。景色はそんなに期待できないのだが、木々や植生を見てあるきながら楽しむことができる。
高低差はさほどないコースだが、重石を担いで登ったためけっこう効いた。
意外と地元民の中では百名山である天城山の存在は薄いように思う。ハイカーには有名な山だが、伊豆の住人や観光客には大室山のほうがメジャーな存在なのではないかと思う。こんなに面白い植生を見ることができる山はそうそうないので、ジオサイトとしてもっと脚光を浴びてもいいのではないかと思う。
これで、西伊豆稜線歩道の仁科峠から天城峠を経由して天城高原ゴルフ場まで縦走路の踏み跡が繋がった。
万三郎はこれで3回目となった。また違う季節に来て見たい。
八丁池〜万三郎間の静かな感じがいいですね。伊豆には熊がいないので安心だし。
訪問者数:318人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ