また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 86953 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

甲武信ヶ岳 〜信濃川源流を目指す旅〜

日程 2010年11月13日(土) 〜 2010年11月14日(日)
メンバー
 stk(CL)
 t-kinjou(食事)
 shin-w(記録)
 y-river(携帯調査)
 megahiro4(気象)
天候1日目:曇り(残念・・・)
2日目:曇り(無念)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
海老名駅〜圏央道海老名I.C.〜東名道御殿場I.C.〜東部富士五湖道路須走I.C.〜河口湖I.C.〜一般道〜道の駅みとみ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

往路:6時間15分
 9:45道の駅みとみ(雁坂峠入口BT)〜徳ちゃん新道〜15:05木賊山〜甲武信小屋〜15:18〜休憩後〜16:00甲武信ヶ岳-甲武信小屋(小屋泊4人・テント泊3人)

復路:6時間20分
 6:45甲武信小屋〜巻き道経由〜7:35避難小屋〜8:10西破風山〜8:53東破風山〜9:38雁坂嶺〜10:15雁坂峠〜林道終点〜13:45道の駅みとみ
コース状況/
危険箇所等
積雪・凍結等はなし 霜柱は多数
シカに出会いました。立派な角のオスでした。
最後道間違えて、ガードレール外の斜面をショートカット クソぼろい看板で「広瀬」と書いてある方が正解でした。
ファイル record_201011_kobushi.GIF 高度記録(Pro Trek) (更新時刻:2010/11/14 20:33)
過去天気図(気象庁) 2010年11月の天気図 [pdf]

写真

今回は徳ちゃん新道から甲武信ヶ岳を目指す。入り口は、かなりわかりづらい古い看板があるのみ。途中の位置関係を見ていればまず見過ごしませんが。
2010年11月14日 19:36撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は徳ちゃん新道から甲武信ヶ岳を目指す。入り口は、かなりわかりづらい古い看板があるのみ。途中の位置関係を見ていればまず見過ごしませんが。
徳ちゃん新道の序盤は、バリエーションルート?というほど不明瞭な道だ。落ち葉で道が埋まっていたのも一因か。。
2010年11月14日 19:38撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳ちゃん新道の序盤は、バリエーションルート?というほど不明瞭な道だ。落ち葉で道が埋まっていたのも一因か。。
切れた道標。ココが甲州と武州の境界線を意味している!?
2010年11月13日 14:08撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切れた道標。ココが甲州と武州の境界線を意味している!?
鶏冠山を望む。ここへの道は、かなりの岩稜のようで、今は通行禁止となっているようだ。
2010年11月14日 19:54撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏冠山を望む。ここへの道は、かなりの岩稜のようで、今は通行禁止となっているようだ。
木賊山直下から甲武信ヶ岳が見えた。
2010年11月13日 15:16撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木賊山直下から甲武信ヶ岳が見えた。
甲武信小屋。ひなびた雰囲気が最高だ。トイレはすごいキレイで感動。
2010年11月14日 19:38撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲武信小屋。ひなびた雰囲気が最高だ。トイレはすごいキレイで感動。
煙突からの煙をスローシャッターで撮影
2010年11月14日 19:38撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
煙突からの煙をスローシャッターで撮影
甲武信ヶ岳山頂からの眺め。
2010年11月14日 19:44撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲武信ヶ岳山頂からの眺め。
テント内部。
2010年11月13日 19:03撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント内部。
砂礫地を進む。
2010年11月14日 19:44撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂礫地を進む。
破風山避難小屋
2010年11月14日 07:38撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破風山避難小屋
西破風山の手前の避難小屋。かなりキレイで、ストーブ用のマキもたくさん用意されいた。
2010年11月14日 19:42撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西破風山の手前の避難小屋。かなりキレイで、ストーブ用のマキもたくさん用意されいた。
西破風山への登りはかなりの急登だ。
2010年11月14日 19:45撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西破風山への登りはかなりの急登だ。
破風山と地図には表記されているが、現地には「破不」と「破風」の2通りの表記が。。どちらが正解??
2010年11月14日 19:44撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破風山と地図には表記されているが、現地には「破不」と「破風」の2通りの表記が。。どちらが正解??
富士山はこの山行を通してずっと見ることが出来た。天気はイマイチだが、頂上の雪は確認できた。
2010年11月14日 19:44撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山はこの山行を通してずっと見ることが出来た。天気はイマイチだが、頂上の雪は確認できた。
破風山の印象は、「立ち枯れの木」。自然の厳しさを感じる場所であった。
2010年11月14日 19:49撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破風山の印象は、「立ち枯れの木」。自然の厳しさを感じる場所であった。
立ち枯れの木(モノクロ)
2010年11月14日 19:50撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち枯れの木(モノクロ)
立ち枯れの木2(モノクロ)
2010年11月14日 19:52撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち枯れの木2(モノクロ)
雁坂峠に到着。樹林帯が続く中、ここは見晴らしが良かった。
2010年11月14日 10:17撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁坂峠に到着。樹林帯が続く中、ここは見晴らしが良かった。
雁坂峠から、ジグザグ道を急降下。
2010年11月14日 19:54撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁坂峠から、ジグザグ道を急降下。
甲武信ヶ岳〜雁坂峠は、倒れた巨木が多い山だった。コケに覆われた木も多数
2010年11月14日 19:54撮影 by NIKON D300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲武信ヶ岳〜雁坂峠は、倒れた巨木が多い山だった。コケに覆われた木も多数
沓切沢橋。登山道がここで終わってあとは林道。
2010年11月14日 12:46撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沓切沢橋。登山道がここで終わってあとは林道。
林道を歩く。結構長い。
2010年11月14日 13:00撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を歩く。結構長い。
雁坂トンネルを回り込んで進む。
2010年11月14日 13:12撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁坂トンネルを回り込んで進む。
雁坂トンネル付近は落葉。
2010年11月14日 13:19撮影 by PENTAX Optio W80, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁坂トンネル付近は落葉。

感想/記録
by stk

感想をポイントごとに

1.奥秩父の初登山
アルプス・八ヶ岳は相当数行っているが、この山域は初めてだ。あまり味わったことの無い山容。丹沢に近い気もするが、高度や展望はアルプスに近い。ただし森林限界が高く、展望が利くのは高所の一部のみ。甲武信ヶ岳〜破風山〜雁坂嶺の印象を一言で表すと「立ち枯れの木の山」。それくらい多かった。折れている巨木が多いのも印象に残った。暖かいが、たまに来る寒波が木を枯らせたり倒したりするのであろうか。。人が少なく山との一体感?を楽しめたような気がした。あとは、結構急登が多いというのも印象に残っている。丹沢の「バカ尾根」を彷彿とさせる急登が何箇所かあり、結構息が切れた。

2.X-RAIZ3人初使用
3人で使うのは初めて。料理は3つのストーブで湯を沸かしても余裕ある感じ。外張りも初めて使用したが結露は無かった。寒さは感じなかったが、冷えこみが甘かったのでまだ性能の評価は難しい。

3.DNS Trek Clubとして
今回は到着時刻に差があったため、2グループに分かれて初日は行動した。自分(stk)、H内副部長、t-kinjou、w-shinの先行組と、y-river、S藤隊員、S木宴会部長の後発組だ。先行組みは海老名出発。東名経由で渋滞を避けられたので早くついてスタート。クライムチームメンバも多いので読図もよくする。それに対し後続チームは、普段コースタイムやルートをあまり気にせず、言ってみれば「後から着いてくる」メンバ達だった。ただ、今回は地図だけをたよりに小屋で落ち合おうという計画だ。今までの山行とは緊張感が断然違ったと思う。雪はないとはいえ、冬山間近の2000m峰で日も短い。そんななか若さとダメだったら戻ろう?という覚悟で頑張り、2000m付近で合流。本人達も「初めてマジメに地図を見た」と言っているので、かなり勉強になった事だろう。

感想/記録

甲武信ヶ岳と甲武信小屋
山頂は雲海に浮かぶ富士山。南〜中央〜北アルプスに八ヶ岳。ぐるりと見渡せる位置で、なかなかの見晴らしでした。宿泊は山頂直下の甲武信小屋のテン場。我々も含めて5張りほど。
今回、気温は明け方でも外気が4度程度までしか下がらず。わりと暖かい。
小屋前には氷結した水場があって、もう冬間近。氷結したといっても、側の蛇口からは水が出ていて、給水には問題なかった(50円/L)。

甲武信ヶ岳〜雁坂峠
尾根道は左右に人工物がほとんど見られない樹林帯。ひたすら直線の縦走路を、踏破する!って感じがして心地良かった。雲取山からここまでのルートもそのうち機会があれば歩きたいな。あと金峰山。じっくりと歩くのが楽しそう。

食事
今回CLから食事担当を命じられたので、今回の夕食はバリエーションを増やしてみた。その記録。
(テント泊メンバー3人の夕食。小屋泊4名は、カレーだったとか。)
<使用食器>
・JetBoil
・SnowPeak純チタン食器3点セット(フライパン、720ml、570ml)

<麻婆ナス春雨>
食材:麻婆春雨(辛口)、ナス2個、ゴマラー油(適量)
手順:
.淵垢2cm角切りにして、フライパンで炒める(1〜2分)
JetBoilに水450mlを沸騰させ、麻婆春雨(辛口)を戻す(2分)。
クッカー(570ml)に麻婆ソースとナスを入れて煮込む(3分)。好みでゴマラー油を追加
麻婆春雨は、内容量143gなのに3人前。カロリも463kcalあり、
冬登山には、温まるおすすめ食材。若干水を多めにすると、ラーメン感覚で食べられます。
また、小さいクッカーで春雨を煮こむのは、焦げやすいので注意。
<雑炊>
食材:アルファ米(白米)、ちょっとぞうすい(ヒガシマル)、卵、長ネギ
手順:
,湯を用意(アルファ米戻し用と雑炊用)
▲▲襯侫(討鬚湯で戻す。
M颪鰺呂、長ネギを斜め切りにする。
ぅ▲襯侫(討鬟ッカー(720ml)に戻し、卵と長ネギを入れる
イ湯を加えて1〜2分中火で煮込む
最後に煮こむので、アルファ米の戻し時間は早めでも食べられます。
但し、火力が強いと焦げるので注意です。
ネギの辛味が好きなので、割と大きめに斜め切りにしました。

感想/記録
by shin-w

途中の好展望地から



訪問者数:1908人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ