ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 790647 全員に公開 ハイキング北陸

能登半島「山伏山・宝立山」〜さいはての地を巡る〜

日程 2016年05月12日(木) [日帰り]
メンバー g-okabe
天候雨のち晴れ(午後には快晴)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
___【 始めに 】___

 まず、能登半島先端に位置する珠洲市の山に登ることを第一に考えました。次に、どの山をピークハントするか〜です。先端の中の先端の珠洲岬(注:最先端は正確には「碌剛崎」です)近くにある『山伏山(やまぶしやま)』に登ることにしました。しかし、低山なので物足りない〜と思い、珠洲市の最高峰の『宝立山(ほうりゅうざん)』にも登ることにしました。

___【 珠洲市について 】___

 珠洲市(すずし)は、能登半島の先端に位置する市です。「最果ての地」とも呼ばれます。半島では、輪島市(わじまし)と、鳳珠郡能登町(ふげしぐんのとちょう)に隣接します。現在の人口は1万4千人ほど。1954年(昭和29年)に3町6ヶ村が合併して市が発足した当初は、3万8千人の人口を抱えていました。珠洲市に限らず、日本列島では辺縁地域に行くほど人口減少と高齢化が凄まじくなっています。

___【 珠洲(すず)の地名の由来について 】___

 能登半島先端部の珠洲岬(遭・金剛・碌剛)近くに『須須神社(すすじんじゃ)』があります。社殿が3箇所に分かれています。「山伏山」山頂に『奥宮』があり、「山伏山」の南東約2kmの場所に『高座宮』と『金分宮』と呼ばれる須須神社本宮が2つあります。須須神社の社伝には「高倉宮主神ニニギノミコトが来臨した折、鈴を以てこの地を鎮める」という下りがあるそうです。鈴の万葉仮名が須須・須受であったものが、現在の『珠洲』につながったようです。また『高座宮』の主神が美穂須須見命(ミホススミノミコト)です。稲穂と鈴を連想させる神様です。稲穂が豊かに実った様子が美しく、稲穂が潮風でそよぐ時、鈴の音が聴こえて来るのかもしれません。

___【 「能登半島」について 】___

 「能登半島」は南北に長細い石川県の北側半分を占めています。県内の9つの行政区(市と町)で占められていますが、半島の南東部は富山県の一部の行政区も含まれます。富山県側が能登半島に含まれることに異論もありますが、私は仮に、能登半島の境界線を「宝達山」と「二上山」を通るラインを想定しました。地形的に、この2つの山ある位置で本州から能登半島が切り離せるような感じです。以下に、北から順に行政区を挙げます。

 《 石川県 》

 珠洲市(すずし)・輪島市(わじまし)・鳳至郡(ふげしぐん)「能登町(のとちょう)」・鳳珠郡「穴水町(あなみずまち)」・七尾市(ななおし)・羽咋郡「志賀町(しかまち)」・鹿島郡「中能登町(なかのとまち)」・羽咋市(はくいし)・羽咋郡「宝達志水町(ほうだつしみずちょう)」

 《 富山県 》

 氷見市(ひみし)・高岡市の一部地域(雨晴地区と伏木地区)

___【 「能登」と「越中」の関係について 】___

 過去にも、能登と越中との境界が揺れ動いています。律令時代の8世紀、大伴家持が越中国守として伏木に赴任していた頃は、能登と越中の2国を治めていました。また、明治初期、石川県が成立する前年の1年間だけ、能登に『七尾県』が出来ました。七尾市が県庁所在地で、能登と越中国射水郡(現氷見市と高岡市・射水市・富山市の一部)で構成されていました。能登と越中が1つの県(現富山県東部にあった新川県を除く)だったこともあったわけです。昔から今現在も、能登と富山(特に氷見・高岡)との交流が盛んです。近年は、能越道の開通により能登と富山(越中)間の交通の便が良くなり、一層の親交がが深まりつつあります。
 私見ですが、氷見海岸(氷見市)から雨晴海岸(高岡市)の風物は、能登のそれと同じ匂いを感じさせます。七尾市の東岸から富山県氷見市を通り高岡市雨晴海岸・伏木までの道(国道160号線と国道415号線)のことを愛称で『能登立山シーサイドライン』と呼ばれています。「立山連峰」を眺めつつ、「能登の海岸線」の香りが漂う中をドライブやサイクリングするのは、最高です。

___【 アクセス 】___

 「山伏山」と「宝立山」までのアクセスルートを、それぞれ別々に案内いたします。ルートの初めの部分はいずれも「のと里山海道」+「珠洲道路(のとスターライン)」を利用することになります。

−−−< 山伏山(珠洲岬)までのアクセス >−−−

 金沢からあるいは富山からでも「のと里山海道(能越道と共通部分)」を北上してくることになります。穴水インターで降りて、のんびり国道249号線を走り、磯の香りを楽しみながら、能登半島先端を目指すのも一興です。最短最速のルートは、能登空港インターから「珠洲道路(のとスターライン)」を利用することです。正確には、穴水IC−能登空港IC間は「穴水道路」と名付けられていますが、「のと里山海道」の延長線なので、とくに区別はされていません。「珠洲道路」は、アップダウンが多い直線的な道路です。珠洲市に入り「鉢ヶ崎温泉」手前のライスセンター前交差点(※)で、県道287号線に入り、最東端で県道28号線と合流します。合流地点から5kmほど進むと「山伏山」の登山口(須須神社奥宮の鳥居のある所)に到着します。

※:のとスターラインからは、国道249号線−すずなり西口交差点(左折)−飯田町北交差点(右折)−県道12号線−珠洲総合病院前−ライスセンター前交差点(左折)−県道287号線−県道28号線−山伏山登山口〜の道のりがスマートですが、県道12号線や県道287号線への進入がやや複雑です。面倒なら、すずなり西口交差点で左折せず、そのまま直進して海岸線通りを走り通しても登山口にたどり着く事が出来ます。

−−−< 宝立山までのアクセス >−−−

 最短ルートは、「のと里山海道」−「珠洲道路(のとスターライン)」−珠洲市道726号(旧・珠洲広域農道)のコースです。珠洲市道726号へのアクセスで迷うかもしれません。能登町上町で、穴水道路の交差点「天坂」で左折し、県道288号線に入ります。2kmほど進み、能登町久田で、右に入る脇道が、隣町の珠洲市道726号へと続いています。輪島市と珠洲市の境界にある「宝立トンネル」の手前で、「宝立山」に上がる林道が分岐しています。今回の山行では、さきに「山伏山」方面を回りましたので、私は珠洲市側から「宝立山」方向に、珠洲市道726号(旧・珠洲広域農道)を進んできました。

___【 山伏山登山ルート 】___

 「山伏山」は標高172mしかありませんが、日本海に突き出している能登半島の先端に位置します。「珠洲道路」から珠洲市に入り、珠洲市東部沿岸の県道22号線に出て、しばらく行くと登山口です。ランプの宿の看板が目印になります。葭ヶ浦(よしがうら)温泉「ランプの宿」入口の反対側に鳥居があり、山伏山の登山口になります。鳥居をくぐり、山道を西方向に登ります。約700mの道のりです。山頂には『須須神社奥宮』が鎮座しています。また、山頂の西南西約500mに、二等三角点「狼煙」があります。

___【 宝立山登山ルート 】___

 珠洲市道726号線(旧・珠洲広域農道)が通る「宝立トンネル」の南側出口(輪島市町野町寺山)付近で、横道から「宝立林道」に上がります。50mほど登った所にあるポケットパークに駐車して東方向に700mほど進むと、林道が西方向にカーブしさらに約700m進むと宝立山(黒峰)の登山口分岐点に着きます。そこから登山道を約500m進むと山頂です。宝立山は2峰あり、山頂が第1峰で「黒峰」と呼ばれます。山頂(黒峰)には『黒崎大権現』の祠があります。標高は471mです。第2峰は山頂の東南東500mに位置します。登山口の手前に第2峰の登り口があり。50mほどで一等三角点「丸山」(※)のあるピークに着きます。三角点の標高468.50mです。

※:地理院地図には、一等三角点「丸山」のある第2峰の場所に『宝立山』が記載されています。第1峰の「黒峰」の名が載せられていません。正式には、宝立山(黒峰、471m)ではなく、第2峰の宝立山(丸山、469m)が正しいのかも知れません。しかし、地元では第1峰の「黒峰」を『宝立山』と認識されていますので、それに従います。

___【 2つの山頂付近にある三角点 】___

● 二等三角点「狼煙」:標高171.13m。「山伏山」山頂の西南西約500mに位置します。

● 一等三角点「丸山」:標高468.50m。宝立山山頂(第1峰)の東南東約500mも位置します。三角点のある場所が、宝立山の第2峰に相当するピークです。(注):前述のとうり、地理院地図では、この三角点の位置が宝立山になっています。

___【 今回、能登半島で利用した道 】___

 旅で自分が通る道(通った道)をよく調べると、その道が通る土地の風土を知る手がかりになるかもしれません。主な道について少しまとめてみました。

● のと里山海道

 千鳥台出入口(内灘町)から穴水インター(穴水町)までの無料の自動車専用道路です。徳田大津JCTから以北は、輪島市まで延伸予定の能越自動車道(国道470号)と路線が重複しています。能登半島の北部に進むには、まず始めに「のと里山海道」と「能越自動車道」の2幹線がメインとなります。

● 能越自動車道
 
 小矢部砺波JCTから輪島インター(未完成)までの高規格幹線道路で、国道470号線でもあります。小矢部砺波JCTから高岡インターまでは有料です。高岡インターの以北の七尾インターまで無料区間です。七尾インターの部分で、輪島方面への延伸工事が中断しています。七尾から輪島までは、部分的に、工事が進められています。「のと里山海道」徳田大津JCTから能越自動車道が田鶴浜インターまで伸びていて、将来的には、七尾インターとつながる予定です。

● 珠洲道路(のとスターライン)

 珠洲道路(すずどうろ)は、輪島市三井町洲衛(能登空港インターチェンジ)から珠洲市蛸島町(りふれっしゅ村鉢ヶ崎)までの主要幹線です。「のと里山海道」と「能越道」が途切れた先にある「能登半島の先端」に誘う動脈路になっています。元々ある一般道を活用して建設されています。国道・県道・市道の計5本の道路が合わさって出来ています。部分的に数カ所はまだ未完成ですが、『鉢ヶ崎温泉』のそばまでアクセス出来ます。古い地図(ナビ)では、能登空港から珠洲市までの間で何度か交差点を曲がるように描かれているかも知れませんが、現在は、改修工事が進みほとんど信号で曲がることなく一直線になっています。近年、珠洲道路に『のとスターライン』という愛称がつけられました。

● 国道249号

 七尾市から金沢市に至る一般国道です。起点:七尾市川原町交差点−終点:金沢市武蔵交差点ですが、七尾市から一旦、金沢方面とは反対方向の北に向かい、能登半島を一周してから、南下して金沢に向かっています。能登半島のほぼ沿岸部を外周しているので、隣り合う港町や漁村どうしを結びつけてくれています。

● 県道28号大谷狼煙飯田線(おおたにのろしいいだせん)

 珠洲市内を通る主要地方道(石川県道)で、珠洲市の海岸線に沿うよう通っていて、全体として「『つ』の字」形をしています。起点:珠洲市馬緤町−終点:飯田町北交差点(珠洲市飯田町)です。「山伏山」の麓を通過しています。

● 県道287号粟津正院線(あわづしょういんせん)

 珠洲市内を通る一般県道です。起点:珠洲市三崎町粟津−終点:珠洲市正院町川尻で、路線延長は6.4kmほどしかありません。「山伏山」へのアクセスには、「珠洲道路」の終点近くで、正院町川尻の「ライスセンター前交差点」から県道287号線に入り、県道22号線に合流します。

● 珠洲市道726号(旧・珠洲広域農道)

 珠洲市三崎町粟津(三崎町粟津地区部分は未完成)から、宝立山の山腹を通り、能登町久田までに至る建設中の広域農道でしたが、近年、県から珠洲市に移管されたため、珠洲市道になりました。一部、輪島市と能登町を通過しています。輪島市との行政境界部分で、宝立山の山腹を貫く「宝立トンネル」を通行しています。このトンネルの南側出口付近にポケットパークがあります。「宝立山」登山に便利です。

___【 周回コース上にあるスポット 】___

 風光明媚な能登半島では、観光スポットが豊富で、1日では見て回れないほどです。今回は、「山伏山」登山の前後に立ち寄れそうな近い場所にあるスポットのみ紹介します。

● 「碌剛灯台」

 「山伏山」登山口から県道28号線を北方向に2kmほど進んだ場所です。能登半島の最先端の碌剛(ろっこうざき)に建っています。「海から昇る朝日と、海に沈む夕陽」が同じ場所でみれることで有名です。

● 聖域の岬(金剛崎)

 珠洲岬(遭・金剛・碌剛)のうちの1つです。碌剛の隣にある「金剛崎」ですが、近年、『日本三大パワースポット』の1つとして注目されるようになりました。北陸新幹線金沢開業を契機に、リニューアルデビューしたのが『聖域の岬』です。世界農業遺産「能登の里山里海」の指定地区でもあるので、「自然環境保護センター」も設置されています。ランプの宿、空中展望台「スカイバード」、青の洞窟、数々の石の彫刻のモニュメントなど見どころ満載のスポットです。

● 「寄り道パーキング寺家」

 県道28号線の「山伏山」登山口の約3km手前に位置します。寺家川上バス停のある所に開設された施設です。バスの待合室やトイレの他、展望台も設置されています。建物内では、能登の海産物や野菜・果物などの直売もされています。

● 『須須神社(すすじんじゃ)』

 金剛崎(聖域の岬)近くの三崎町寺家(みさきまちじけ)にある神社です。「山伏山」山頂に『奥宮』は遥か2000年前の創建されました。山伏山の南東方向に『高座宮』と『金分宮』と呼ばれる本宮が2つあります。この二社には、ご夫婦の大神様を祀られ「須須大明神」として尊崇されています。また、狼煙町の道の駅に隣接して奥宮遥拝所があります。

● 木ノ浦海域公園(木ノ浦海岸)

 禄剛崎から西方向(輪島方面)に県道28号線を約6km進んだ所に位置します。風光明媚な海岸線と岬を辿る散策路が絶景を醸し出しています。公園の大部分が「木ノ浦健民休暇村」になっていて、遊歩道・野営場・コテージ(木ノ浦ビレッジ)・椿の展望台などの施設があります。

● 「見附島」

 所在地は、宝立町鵜飼です。珠洲市役所のある飯田町の5kmほど南に位置します。島の形が軍艦に似ているところから別名「軍艦島」とも呼ばれる奇岩です。昔から能登のシンボルになっています。見附島の近くから見る景色は最高です。眼前の日本海、東から昇る朝日、南東には立山連峰の稜線が海の上に浮かび上がっています。また、珠洲温泉「弘法の湯(のとじ荘)」が近くにあります。自分が露天風呂の湯船につかりながら、日本海につかっている「軍艦島」を見るのも一興です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間48分
休憩
1時間49分
合計
8時間37分
S宝立町金峰寺交差点04:3104:48寄り道パーキング寺家05:0205:03須神社高座宮05:0705:18山伏山登山口(葭ヶ浦口)05:2006:31山伏山(往復登山)06:3606:03山伏山登山口(葭ヶ浦口)06:0406:14聖域の岬06:1906:36道の駅「狼煙」06:3806:56禄剛崎灯台07:2807:34道の駅「狼煙」07:3507:55木ノ浦海域公園08:0208:05椿展望台08:1208:20岳山08:2308:36ゴジラ岩08:4308:47能登平家墓所09:0009:26宝立山ポケットパーク09:2710:05宝立山(往復登山)10:0810:45宝立山ポケットパーク10:4611:12宝立町金峰寺交差点11:1312:35珠洲温泉(見附島)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
___【 今回のコース 】___

 「のと里山海道」−「のとスターライン」〜で「能登半島さいはての地『珠洲』」にアクセスしました。

(開始):のとスターライン−宝立町金峰寺交差点−寄り道パーキング寺家−須須神社高座宮−山伏山登山口(葭ヶ浦口)−山伏山(往復登山)−聖域の岬−道の駅「狼煙」−禄剛崎灯台(往復)−木ノ浦海域公園−椿展望台−岳山−ゴジラ岩−能登平家墓所−宝立山ポケットパーク−宝立山(往復登山)−宝立町金峰寺交差点−珠洲温泉(見附島)−のとスターライン:(帰投)
コース状況/
危険箇所等
___【 コースの状況等 】___

● 「山伏山」と「宝立山」ともに近くの道路(県道と林道)から登山道が出ていて短時間で登頂可能です。危険な場所や急登の所はありません。
その他周辺情報___【 コース近くの日帰り温泉 】___

 山伏山の近くにある、葭ヶ浦(よしがうら)温泉「ランプの宿」が有名ですが、日帰り入浴は出来ません。「ランプの宿」は、宿泊の予約自体も難しいことでも有名です。以下に、日帰り入浴可能な施設を3箇所ご紹介します。

● 珠洲鉢ヶ崎温泉 「元気の湯」

 旧・能登半島鉢ヶ崎温泉「すずの湯」です。平成28年3月16日「元気の湯」と改名しました。リニューアルオープンです。所在地は、珠洲市蛸島町鉢ヶ崎で、鉢ヶ崎総合運動公園内にあります。同公園内にあるオートキャンプ場や珠洲ビーチホテルに宿泊して「元気がでる」温泉で湯治も可能です。

・泉質:ナトリウム-塩化物質(強黄褐色・透明)、循環・加水・加温。
・営業時間:午前11時00分〜午後10時00ふっm
・休館日:毎週火曜日
・入浴料:700円
・お食事処:タニタ食堂メニュー提供店「ゲンキ食堂」/午前11時30分〜午後2時00分


● 珠洲温泉「弘法の湯」(国民宿舎「のとじ荘」)
 
 住所は、珠洲市宝立町鵜飼(ほうりゅうまちうかい)で、鵜飼漁港の近くの海辺に所在します。目の前には、通称「軍艦島」と呼ばれる『見附島』が「飯田湾」に浮かんでいます。天候が良ければ、「日本海」越しに「立山連峰」を望むことも出来ます。

・泉質:ナトリウム・塩化物・炭酸水素塩泉
・日帰り入浴:600円/午前12時00分〜午後8時30分
・宿泊料金:1泊2食円 10,950円〜

● 真脇ポーレポーレ「真脇(まわき)温泉」

 住所は鳳珠郡能登町真脇で、真脇遺跡公園内に所在する宿泊温泉施設です。かっては、公園内に「真脇ポーレポーレ」とは別に、日帰り温泉施設「縄文真脇温泉」がありましたが、2013年に閉館してしまいました。その翌年、代わりに、ポーレポーレの館内に日帰り温泉施設がオープンしました。

・泉質:ナトリウム−塩化物強塩泉(アルカリ性高張性高温泉、塩分が非常に強いため、加水希釈
・日帰り温泉:午後1時00分〜午後10時00分
・入浴料:460円
・宿泊料金:1泊2食円13,945円〜
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ■[装備等]■ ウエストポーチ キャップ 軍手 ■[電気製品・GPS等]■ スマートホン GPS 一眼レフデジカメ コンパクトデジカメラ 予備電池 ABCウォッチ ■[食糧・水等]■ 水1L おにぎり お菓子少々

写真

< 能登半島の付け根とは? >
珠洲市・輪島市・能登町・穴水町・七尾市・志賀町・中能登町・宝達志水町・羽咋市と、富山県の氷見市・高岡市の一部(雨晴地区・伏木地区)が含まれます?私は仮に「宝達山」と「二上山」を通るラインを能登半島と本州の境界(半島の付け根)としました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 能登半島の付け根とは? >
珠洲市・輪島市・能登町・穴水町・七尾市・志賀町・中能登町・宝達志水町・羽咋市と、富山県の氷見市・高岡市の一部(雨晴地区・伏木地区)が含まれます?私は仮に「宝達山」と「二上山」を通るラインを能登半島と本州の境界(半島の付け根)としました。
< 山伏山(珠洲岬)までのアクセス >
「のと里山海道」を北上し、能登空港インターから「珠洲道路」を走ります。「鉢ヶ崎温泉」の手前で、県道287号線に入り、最東端で県道28号線と合流します。5kmほどで「山伏山」の登山口に到着します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 山伏山(珠洲岬)までのアクセス >
「のと里山海道」を北上し、能登空港インターから「珠洲道路」を走ります。「鉢ヶ崎温泉」の手前で、県道287号線に入り、最東端で県道28号線と合流します。5kmほどで「山伏山」の登山口に到着します。
< 今回の山行(さいはての地へ) >
「のと里山海道」−「のとスターライン(珠洲道路)」を通り、『珠洲』に向かいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 今回の山行(さいはての地へ) >
「のと里山海道」−「のとスターライン(珠洲道路)」を通り、『珠洲』に向かいました。
< 珠洲温泉 >
〜「弘法の湯のとじ荘」でアフターのお風呂を頂きました。最終的に、珠洲市宝立町の珠洲温泉を起点として、珠洲市を一周したことになりました。スポット間は車で移動していますが、この周回部分を山行ルートとして登録しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 珠洲温泉 >
〜「弘法の湯のとじ荘」でアフターのお風呂を頂きました。最終的に、珠洲市宝立町の珠洲温泉を起点として、珠洲市を一周したことになりました。スポット間は車で移動していますが、この周回部分を山行ルートとして登録しました。
< 「さいはての地」周回のグラフ >
珠洲市を登山と観光を織り交ぜて一周しました。移動距離約87km、所要時間約8時間でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 「さいはての地」周回のグラフ >
珠洲市を登山と観光を織り交ぜて一周しました。移動距離約87km、所要時間約8時間でした。
< 「山伏山」の地図 >
住所は「三崎町寺家」です。県道28号線の「葭ヶ浦(よしがうら)」バス停の所に『須須神社奥宮』の鳥居があります。県道に建っている「ランプの宿」の案内板が目印になります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 「山伏山」の地図 >
住所は「三崎町寺家」です。県道28号線の「葭ヶ浦(よしがうら)」バス停の所に『須須神社奥宮』の鳥居があります。県道に建っている「ランプの宿」の案内板が目印になります。
< 山伏山の山行ルート >
山伏山登山口(1つ目の鳥居)から山頂まで片道700mほどです。山伏山登山の後は、聖域の岬(金剛崎)にも立ち寄りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 山伏山の山行ルート >
山伏山登山口(1つ目の鳥居)から山頂まで片道700mほどです。山伏山登山の後は、聖域の岬(金剛崎)にも立ち寄りました。
< 山伏山の山行グラフ >
標高差は約140mです。空荷ならば、30分ほどで往復出来ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 山伏山の山行グラフ >
標高差は約140mです。空荷ならば、30分ほどで往復出来ます。
< 「宝立山」の地図 >
珠洲市道726号線から「宝立山」に向かいます。宝立トンネルの南側口から「宝立林道」へと上がると林道沿いに登山口が出てきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 「宝立山」の地図 >
珠洲市道726号線から「宝立山」に向かいます。宝立トンネルの南側口から「宝立林道」へと上がると林道沿いに登山口が出てきます。
< 宝立山の山行ルート >
宝立山トンネルの南側から林道に上がります。約1.4km進むと、宝立山第1峰「黒峰」の登山道が分岐しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 宝立山の山行ルート >
宝立山トンネルの南側から林道に上がります。約1.4km進むと、宝立山第1峰「黒峰」の登山道が分岐しています。
< 宝立山の山行グラフ >
ポケットパークから登ると、第1峰「黒峰」まで片道約1.9km、標高差は100m弱です。実は、黒峰山頂の150m手前まで車で入れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 宝立山の山行グラフ >
ポケットパークから登ると、第1峰「黒峰」まで片道約1.9km、標高差は100m弱です。実は、黒峰山頂の150m手前まで車で入れます。
<  道の駅「寺家」 >
珠洲市東部の海岸線を通る「県道28号線」を北上し、三崎町寺家(みさきまちじけ)にある道の駅でトイレ休憩しました。
2016年05月12日 04:57撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<  道の駅「寺家」 >
珠洲市東部の海岸線を通る「県道28号線」を北上し、三崎町寺家(みさきまちじけ)にある道の駅でトイレ休憩しました。
<  寄り道パーキング寺家 >
昨夜から、雨模様でしたが、日の出(4時50分頃)とともに、雨が上がりました。
2016年05月12日 04:56撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<  寄り道パーキング寺家 >
昨夜から、雨模様でしたが、日の出(4時50分頃)とともに、雨が上がりました。
< 展望デッキ >
屋上の展望デッキに上がりました。空は雲で覆われ、眼下は日本海と砂浜。予報では、晴れになるはずです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 展望デッキ >
屋上の展望デッキに上がりました。空は雲で覆われ、眼下は日本海と砂浜。予報では、晴れになるはずです。
< 奥能登絶景海道 >
〜も部分的に通過します。能登半島先端を回った後は、ゴジラ岩の辺りで、南下しはじめ、半島内部側の「宝立山」に登ります。
2016年05月12日 04:55撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 奥能登絶景海道 >
〜も部分的に通過します。能登半島先端を回った後は、ゴジラ岩の辺りで、南下しはじめ、半島内部側の「宝立山」に登ります。
<  須須神社(すすじんじゃ)「高座宮」 >
須須神社の本宮です。谷を挟んだ向かいの小山にもう一つの本宮である「金分宮」があるのですが、今回は省きました。
2016年05月12日 05:03撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
<  須須神社(すすじんじゃ)「高座宮」 >
須須神社の本宮です。谷を挟んだ向かいの小山にもう一つの本宮である「金分宮」があるのですが、今回は省きました。
< Tri-torii >
3つある鳥居。境内の中にも鳥居があります。「サントリー」??
2016年05月12日 05:05撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< Tri-torii >
3つある鳥居。境内の中にも鳥居があります。「サントリー」??
< 鳥居を3回くぐり >
〜参道を進みました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 鳥居を3回くぐり >
〜参道を進みました。
< 長い参道 >
〜です。1つ目の鳥居から、社殿まで300mほどもあります。以前、鳥取県の「大山」に登った時、下山後に通った「大神山神社」の参道がかなり長かったのを思い出してしまいました。
2016年05月12日 05:07撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 長い参道 >
〜です。1つ目の鳥居から、社殿まで300mほどもあります。以前、鳥取県の「大山」に登った時、下山後に通った「大神山神社」の参道がかなり長かったのを思い出してしまいました。
< 高座宮社殿 >
標高は25mくらいです。
2016年05月12日 05:08撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 高座宮社殿 >
標高は25mくらいです。
< 須須神社縁起 >
お隣の「金分宮」と婚姻関係にあられるようです。
2016年05月12日 05:06撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 須須神社縁起 >
お隣の「金分宮」と婚姻関係にあられるようです。
< 唐破風(からはふ) >
〜の向拝(こうはい)。屋根の曲線美が良い感じです。この後、山伏山に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 唐破風(からはふ) >
〜の向拝(こうはい)。屋根の曲線美が良い感じです。この後、山伏山に向かいます。
< 山伏山のそばに来ました >
登山口の手前に脇道がありますが、ワラビ農園(入山禁止)と表示されています。この後、登山開始してみると、山伏山の中腹で登山道(参道)と農園が接していました。
2016年05月12日 06:06撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 山伏山のそばに来ました >
登山口の手前に脇道がありますが、ワラビ農園(入山禁止)と表示されています。この後、登山開始してみると、山伏山の中腹で登山道(参道)と農園が接していました。
< 高い位置に鳥居があります >
須須神社奥宮の参道が登山道になります。葭ヶ浦(よしがうら)温泉「ランプの宿」入口を示す看板の向かい側になります。
2016年05月12日 05:29撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 高い位置に鳥居があります >
須須神社奥宮の参道が登山道になります。葭ヶ浦(よしがうら)温泉「ランプの宿」入口を示す看板の向かい側になります。
< バス停「葭ヶ浦」 >
変わった感じのバス停です。
2016年05月12日 05:30撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< バス停「葭ヶ浦」 >
変わった感じのバス停です。
< タンクの待合室 >
何かの容器を転用したみたいです。タンクの待合ですから、大雪でバスが来れないときはタンク(戦車)が迎えに来るのかな??
2016年05月12日 05:30撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< タンクの待合室 >
何かの容器を転用したみたいです。タンクの待合ですから、大雪でバスが来れないときはタンク(戦車)が迎えに来るのかな??
< 葭ヶ浦温泉口側から >
〜参道を見上ました(写真上)。下の写真は、鳥居の前から撮影しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 葭ヶ浦温泉口側から >
〜参道を見上ました(写真上)。下の写真は、鳥居の前から撮影しました。
< 1つ目の鳥居 >
登山開始です。参道が登山道です。
2016年05月12日 05:31撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 1つ目の鳥居 >
登山開始です。参道が登山道です。
< 山伏山社叢 >
うっそうとした森が社叢(しゃそう)になっています。標高が低いのでブナ林はありません。ちなみに、南の加賀では、1000m級の山で、ブナ林が多く見られますが、能登半島では、500m級の山でもブナ林が分布がみられます。
2016年05月12日 05:32撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 山伏山社叢 >
うっそうとした森が社叢(しゃそう)になっています。標高が低いのでブナ林はありません。ちなみに、南の加賀では、1000m級の山で、ブナ林が多く見られますが、能登半島では、500m級の山でもブナ林が分布がみられます。
< 最初の分かれ道 >
200mほど進んだところで、「ワラビ農園」にぶつかりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 最初の分かれ道 >
200mほど進んだところで、「ワラビ農園」にぶつかりました。
< ワラビ農園 >
この後、2つ目の鳥居がある辺りまで、農園の横を通行します。
2016年05月12日 05:34撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ワラビ農園 >
この後、2つ目の鳥居がある辺りまで、農園の横を通行します。
< ワラビ(蕨) >
コバノイシカグマ科ワラビ属。農園の脇で、観察しました。食用になる時期は過ぎています。 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ワラビ(蕨) >
コバノイシカグマ科ワラビ属。農園の脇で、観察しました。食用になる時期は過ぎています。 
< ゼンマイ(薇) >
ゼンマイ科ゼンマイ属。ワラビもゼンマイもよく似た種が多いので、同属の他種(近似種)かも知れませんが、私には鑑別出来ません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ゼンマイ(薇) >
ゼンマイ科ゼンマイ属。ワラビもゼンマイもよく似た種が多いので、同属の他種(近似種)かも知れませんが、私には鑑別出来ません。
< 2つ目の鳥居 >
2つ目の分かれ道でもあります。この鳥居をくぐる坂道に進みます。
2016年05月12日 05:37撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 2つ目の鳥居 >
2つ目の分かれ道でもあります。この鳥居をくぐる坂道に進みます。
< 後半分です >
1つ目の鳥居から350m進んだところです。ちょうど登山道の中間になります。
2016年05月12日 05:38撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 後半分です >
1つ目の鳥居から350m進んだところです。ちょうど登山道の中間になります。
< 山伏山山頂 >
〜に到着。山伏山は「鈴ヶ嶽」とも呼ばれています。
2016年05月12日 05:46撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 山伏山山頂 >
〜に到着。山伏山は「鈴ヶ嶽」とも呼ばれています。
< 須須神社奥宮 >
言い伝えでは、今から2000年前に創建されたそうです。杜(もり)と森(もり)に囲まれているため展望ありません。
2016年05月12日 05:46撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 須須神社奥宮 >
言い伝えでは、今から2000年前に創建されたそうです。杜(もり)と森(もり)に囲まれているため展望ありません。
< 下山しました >
参道口付近では、黄色い花が目立ちました。
2016年05月12日 06:03撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 下山しました >
参道口付近では、黄色い花が目立ちました。
< ウマノアシガタ(馬の足形) >
キンポウゲ科キンポウゲ属。黄色き可憐な花です。サイズが小さいのでピント合わせに苦労しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ウマノアシガタ(馬の足形) >
キンポウゲ科キンポウゲ属。黄色き可憐な花です。サイズが小さいのでピント合わせに苦労しました。
< 葭ヶ浦バス停から >
〜200m進んだところで右折し、「聖域の岬」に進みます。私の車もこの付近に駐車していました。聖域の岬(葭ヶ浦)には、バス停の横からでも入って行けます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 葭ヶ浦バス停から >
〜200m進んだところで右折し、「聖域の岬」に進みます。私の車もこの付近に駐車していました。聖域の岬(葭ヶ浦)には、バス停の横からでも入って行けます。
< 自然保護センター >
北陸新幹線金沢駅の開業と世界農業遺産「能登の里山里海」の指定が相まったことで、金剛崎が『聖域の岬』としてリニューアルしました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 自然保護センター >
北陸新幹線金沢駅の開業と世界農業遺産「能登の里山里海」の指定が相まったことで、金剛崎が『聖域の岬』としてリニューアルしました。
< 聖域の岬案内図 >
聖域と呼ばれるだけの歴史と自然環境があるらしいです。なんでも、大地の気流と日本海の海流が集中する場所らしい。
2016年05月12日 06:22撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 聖域の岬案内図 >
聖域と呼ばれるだけの歴史と自然環境があるらしいです。なんでも、大地の気流と日本海の海流が集中する場所らしい。
< 石の彫刻のモニュメント >
石でできた錨のように見えました。モニュメントは、他にもいくつもあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 石の彫刻のモニュメント >
石でできた錨のように見えました。モニュメントは、他にもいくつもあります。
< 空中展望台「スカイバード」 >
入場料は500円です。下のパワースポットには別料金(1,500円)かかります。9時から16時までの営業です。
2016年05月12日 06:23撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 空中展望台「スカイバード」 >
入場料は500円です。下のパワースポットには別料金(1,500円)かかります。9時から16時までの営業です。
< 水平線 >
まっすぐ見ても海と空だけですが〜
2016年05月12日 06:27撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 水平線 >
まっすぐ見ても海と空だけですが〜
< 視線を下に向けると >
〜ランプの宿があります。
2016年05月12日 06:24撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 視線を下に向けると >
〜ランプの宿があります。
< フレームストーン「夢の扉」 >
『古代と現代が直結する扉』がコンセプト?〜この扉は、開き戸?引き戸?
2016年05月12日 06:26撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< フレームストーン「夢の扉」 >
『古代と現代が直結する扉』がコンセプト?〜この扉は、開き戸?引き戸?
< 『扉』には >
〜ドアノブ(取っ手)らしいものがありません、扉の窓から覗くと「葭ヶ浦」の一部分が切り取られました。
2016年05月12日 06:25撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 『扉』には >
〜ドアノブ(取っ手)らしいものがありません、扉の窓から覗くと「葭ヶ浦」の一部分が切り取られました。
< 狼煙町に進みました >
県道28号線の左手が、道の駅。右手側に、禄剛崎灯台へ登り口があります。ここの少し手前の海側にも、別の登り口がありますが、あまり利用されていないようです。
2016年05月12日 06:39撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 狼煙町に進みました >
県道28号線の左手が、道の駅。右手側に、禄剛崎灯台へ登り口があります。ここの少し手前の海側にも、別の登り口がありますが、あまり利用されていないようです。
< 道の駅「狼煙」 >
道の駅には広い駐車場があります。店員さんは7時半頃にご出勤されました。
2016年05月12日 07:35撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 道の駅「狼煙」 >
道の駅には広い駐車場があります。店員さんは7時半頃にご出勤されました。
< 須須神社奥宮の遥拝所 >
別の神社かと思いきや、山伏山山頂にある奥宮を遙拝(ようはい)するお社でした。
2016年05月12日 06:38撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 須須神社奥宮の遥拝所 >
別の神社かと思いきや、山伏山山頂にある奥宮を遙拝(ようはい)するお社でした。
< 古民家の横から登ります >
灯台まで400m(徒歩8分)と表示されています。
2016年05月12日 06:41撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 古民家の横から登ります >
灯台まで400m(徒歩8分)と表示されています。
< 見えないアートミュージアム >
登り口のある場所で、2015年8月のオープンしました。『日本三大古民家アート』の一つだそうです。約250m登ると「パノラマハウス(休憩所)」があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 見えないアートミュージアム >
登り口のある場所で、2015年8月のオープンしました。『日本三大古民家アート』の一つだそうです。約250m登ると「パノラマハウス(休憩所)」があります。
< シャガ(射干) >
アヤメ科アヤメ属。同属の「ヒメシャガ(姫射干)」より少し大柄です。ヒメシャガは乾燥した所を好むのに対して、こちらの「シャガ」は湿った所(川縁や谷筋など)でよく見かけます。
2016年05月12日 06:43撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< シャガ(射干) >
アヤメ科アヤメ属。同属の「ヒメシャガ(姫射干)」より少し大柄です。ヒメシャガは乾燥した所を好むのに対して、こちらの「シャガ」は湿った所(川縁や谷筋など)でよく見かけます。
< 金剛(聖域の岬)と山伏山 >
山伏山には『鈴ヶ嶽』の別名があります。ここから眺めると、なるほど、小松市の「鈴ヶ岳」と山の形が似ています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 金剛(聖域の岬)と山伏山 >
山伏山には『鈴ヶ嶽』の別名があります。ここから眺めると、なるほど、小松市の「鈴ヶ岳」と山の形が似ています。
< カラー/オランダカイウ(海芋) >
サトイモ科 オランダカイウ属。
2016年05月12日 06:44撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< カラー/オランダカイウ(海芋) >
サトイモ科 オランダカイウ属。
< 仏炎苞(ぶつえんほう) >
同科他属のミズバショウ(水芭蕉、サトイモ科ミズバショウ属)と同様、サトイモ科特有の苞葉(ほうよう)を持ちます。白い花びらに見える仏炎苞は、葉っぱが変形した物です。黄色の芯の部分が、花序になります。
2016年05月12日 06:45撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 仏炎苞(ぶつえんほう) >
同科他属のミズバショウ(水芭蕉、サトイモ科ミズバショウ属)と同様、サトイモ科特有の苞葉(ほうよう)を持ちます。白い花びらに見える仏炎苞は、葉っぱが変形した物です。黄色の芯の部分が、花序になります。
< ノトキリシマ >
能登産の「キリシマツツジ」です。
2016年05月12日 06:45撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ノトキリシマ >
能登産の「キリシマツツジ」です。
< キリシマツツジ(霧島躑躅) >
ツツジ科ツツジ属。〜ですが、能登では、ブランド名『ノトキリシマ』で通っています。
2016年05月12日 06:45撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< キリシマツツジ(霧島躑躅) >
ツツジ科ツツジ属。〜ですが、能登では、ブランド名『ノトキリシマ』で通っています。
< 『ノト』のつかない「キリ」です >
昔の里山では、女の子が生まれると、その家の庭に、キリ(桐)の木を植えたそうです。嫁に行くときにその木を切り、箪笥などの嫁入り道具に仕立てたそうです。
2016年05月12日 06:49撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 『ノト』のつかない「キリ」です >
昔の里山では、女の子が生まれると、その家の庭に、キリ(桐)の木を植えたそうです。嫁に行くときにその木を切り、箪笥などの嫁入り道具に仕立てたそうです。
< キリ(桐) >
ゴマノハグサ科キリ属。
2016年05月12日 06:49撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< キリ(桐) >
ゴマノハグサ科キリ属。
1
< コデマリ(小手毬) >
バラ科シモツケ属。
2016年05月12日 06:46撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< コデマリ(小手毬) >
バラ科シモツケ属。
< コデマリを拡大 >
〜してみると、桜や梅の花と似ています。いずれも、バラ科の花です。
2016年05月12日 06:46撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< コデマリを拡大 >
〜してみると、桜や梅の花と似ています。いずれも、バラ科の花です。
< オオデマリ (大手毬) >
レンプクソウ科ガマズミ属。
2016年05月12日 06:50撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< オオデマリ (大手毬) >
レンプクソウ科ガマズミ属。
< オオデマリを拡大 >
〜しました。同属の「ガマズミ(莢蒾)」や「ヤブデマリ(藪手毬)」とは似ていませんが、よく見ると似ている所もあります。 
2016年05月12日 06:50撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< オオデマリを拡大 >
〜しました。同属の「ガマズミ(莢蒾)」や「ヤブデマリ(藪手毬)」とは似ていませんが、よく見ると似ている所もあります。 
< コデマリ/オオデマリ/ガマズミ >
〜の比較。ガマズミはこの後、宝立山で撮影した物です。ガマズミ属のオオデマリの葉は、ガマズミのものと似ています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< コデマリ/オオデマリ/ガマズミ >
〜の比較。ガマズミはこの後、宝立山で撮影した物です。ガマズミ属のオオデマリの葉は、ガマズミのものと似ています。
< 岬自然遊歩道 >
〜がここから始まります。禄剛崎の「パノラマハウス」の裏が起点の約8kmの散策コースです。木ノ浦の西側にある「椿展望台」が終点です。
2016年05月12日 06:54撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 岬自然遊歩道 >
〜がここから始まります。禄剛崎の「パノラマハウス」の裏が起点の約8kmの散策コースです。木ノ浦の西側にある「椿展望台」が終点です。
< 海岸線のコース >
〜でが、海辺の小径だけではなく、いくつかの岬を跨ぐ道では、峠越えのような山道になっています。
2016年05月12日 06:41撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 海岸線のコース >
〜でが、海辺の小径だけではなく、いくつかの岬を跨ぐ道では、峠越えのような山道になっています。
< 広場にモニュメント >
灯台は、こっから150mさきです。原っぱ(灯台園地)には、能登を象徴するようなモニュメントがあります。また、海側には別の記念碑があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 広場にモニュメント >
灯台は、こっから150mさきです。原っぱ(灯台園地)には、能登を象徴するようなモニュメントがあります。また、海側には別の記念碑があります。
< 『海風の灯』の趣旨 >
中央部の石塔は石川県の大地〜だそうです。私には能登半島にしか見えませんでしたが?
2016年05月12日 06:55撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 『海風の灯』の趣旨 >
中央部の石塔は石川県の大地〜だそうです。私には能登半島にしか見えませんでしたが?
< パーツに名前をつけてみました >
2016年05月12日 06:56撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< パーツに名前をつけてみました >
< 日本列島ここが中心 >
日本の国土に重さを与えると、禄剛崎の沖合に「重心」があるそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 日本列島ここが中心 >
日本の国土に重さを与えると、禄剛崎の沖合に「重心」があるそうです。
< 禄剛崎灯台 >
〜に着きました。能登では、通称「狼煙灯台」と呼ばれ親しまれています。この撮影地点は、散策道の突き当たりの場所(灯台の西側)ですが、灯台の入口は南側にあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 禄剛崎灯台 >
〜に着きました。能登では、通称「狼煙灯台」と呼ばれ親しまれています。この撮影地点は、散策道の突き当たりの場所(灯台の西側)ですが、灯台の入口は南側にあります。
< ステージのような広場 >
灯台の場所より1段高くなっています。百周年記念碑、灯台の碑、地球儀のモニュメント、道標〜が並んでいます。
2016年05月12日 06:57撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ステージのような広場 >
灯台の場所より1段高くなっています。百周年記念碑、灯台の碑、地球儀のモニュメント、道標〜が並んでいます。
< かなり遠くまで標した >
〜道標です。『日本海』は足元ですが、『上海』(上の海ではありません)まで1598kmです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< かなり遠くまで標した >
〜道標です。『日本海』は足元ですが、『上海』(上の海ではありません)まで1598kmです。
< 点灯百周年記念碑 >
この灯台が出来る以前は、山伏山山腹で、火(または狼煙)を灯していたようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 点灯百周年記念碑 >
この灯台が出来る以前は、山伏山山腹で、火(または狼煙)を灯していたようです。
< 灯台の碑 >
後ろに道標、右後方に地球儀のモニュメント。柵の向こうが水平線。
2016年05月12日 06:58撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 灯台の碑 >
後ろに道標、右後方に地球儀のモニュメント。柵の向こうが水平線。
< イギリスのかたの設計 >
〜でした。明治16年(1883年)の建設です。当時は灯油を燃していたようです。
2016年05月12日 06:59撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< イギリスのかたの設計 >
〜でした。明治16年(1883年)の建設です。当時は灯油を燃していたようです。
< 山口誓子(やまぐちせいし)来NOTO >
ひぐらしが
   鳴く
奥能登の
 ゆきどまり
2016年05月12日 06:59撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 山口誓子(やまぐちせいし)来NOTO >
ひぐらしが
   鳴く
奥能登の
 ゆきどまり
< 東側にある道から登ると >
〜灯台に正面玄関に出ますが、急登なので、あまり利用されていないルートです。
2016年05月12日 06:59撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 東側にある道から登ると >
〜灯台に正面玄関に出ますが、急登なので、あまり利用されていないルートです。
< 地球の半分? >
半球の手前側が、能登半島で、裏側が佐渡島と日本海になっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 地球の半分? >
半球の手前側が、能登半島で、裏側が佐渡島と日本海になっています。
< 表と裏を一つにしました >
能登と佐渡で地球の半分をおさえています?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 表と裏を一つにしました >
能登と佐渡で地球の半分をおさえています?
< パノラマが少しゆがんでしまいました >
画面左端が西北西方向で、日本海に飛び出した「シャク岬」が見えます。画面右端が南東方向で、遠くに「火打山」がみえるはずです。
2016年05月12日 07:25撮影 by KYV35, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< パノラマが少しゆがんでしまいました >
画面左端が西北西方向で、日本海に飛び出した「シャク岬」が見えます。画面右端が南東方向で、遠くに「火打山」がみえるはずです。
< 北西方向の日本海 >
〜をズームしました。「七ッ島」と「舳倉島」が見えます。
2016年05月12日 07:04撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 北西方向の日本海 >
〜をズームしました。「七ッ島」と「舳倉島」が見えます。
< 北方向の日本海 >
正面は水平線。眼下には「千畳敷」が敷かれています。波の浸食により不思議な波状の模様が浮き出ています。
2016年05月12日 07:09撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 北方向の日本海 >
正面は水平線。眼下には「千畳敷」が敷かれています。波の浸食により不思議な波状の模様が浮き出ています。
< せんじょうのフィッシャーマン >
千畳敷に釣り人が〜います。命綱は?岩のり取りの方が、ロープを結んでいるのを見たことがあります。
2016年05月12日 07:23撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< せんじょうのフィッシャーマン >
千畳敷に釣り人が〜います。命綱は?岩のり取りの方が、ロープを結んでいるのを見たことがあります。
< 南東方向の日本海 >
よく見ると遠くの山々が見えました。実は、禄剛崎からは、立山連峰が見えることはありません。南側にある山伏山がじゃましています。南側に海が広がった岬に出ないと立山を拝めません。
2016年05月12日 07:11撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 南東方向の日本海 >
よく見ると遠くの山々が見えました。実は、禄剛崎からは、立山連峰が見えることはありません。南側にある山伏山がじゃましています。南側に海が広がった岬に出ないと立山を拝めません。
< 長野の山が見えた! >
火打山・焼山・金山〜です。いわゆる「頸城アルプス」です。
2016年05月12日 07:12撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 長野の山が見えた! >
火打山・焼山・金山〜です。いわゆる「頸城アルプス」です。
< 東側から灯台を見ました >
灯台の南側に灯台正面口があります。西からの遊歩道は、後から観光用に造られてのでしょう。
2016年05月12日 07:09撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 東側から灯台を見ました >
灯台の南側に灯台正面口があります。西からの遊歩道は、後から観光用に造られてのでしょう。
< 「菊の紋章」のある灯台 >
水面から灯火まで48mと記されています。灯台は地上から、頂部まで12mとなってます。また、この場所の標高は約40mですから、頂部までは52m(海抜)になるでしょうか?
2016年05月12日 07:16撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 「菊の紋章」のある灯台 >
水面から灯火まで48mと記されています。灯台は地上から、頂部まで12mとなってます。また、この場所の標高は約40mですから、頂部までは52m(海抜)になるでしょうか?
< 均整の取れた灯台です >
『菊のご紋』は、ベランダの下にあります。
2016年05月12日 07:17撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 均整の取れた灯台です >
『菊のご紋』は、ベランダの下にあります。
< 明治十八年七月十日初点灯 >
日本人による最初の洋式灯台なので、特別に『菊の紋章』が掲げられたそうです。
2016年05月12日 07:16撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 明治十八年七月十日初点灯 >
日本人による最初の洋式灯台なので、特別に『菊の紋章』が掲げられたそうです。
< 灯台の正面玄関 >
南側から登って来ると、正面玄関に出てきますが、こちらから上がってくる方はほとんどいないようです。
2016年05月12日 07:22撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 灯台の正面玄関 >
南側から登って来ると、正面玄関に出てきますが、こちらから上がってくる方はほとんどいないようです。
< 能登半島国定公園 禄剛崎 >
以前は、山伏山でのろし(狼煙)をあげていたので狼煙町の地名がつきました。
2016年05月12日 07:17撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 能登半島国定公園 禄剛崎 >
以前は、山伏山でのろし(狼煙)をあげていたので狼煙町の地名がつきました。
< フランスギク(仏蘭西菊) >
キク科フランスギク属 。灯台の正面口に群生していました。マーガレットと似た花を咲かせます。カンシロギク(寒白菊、ノースポールギク)とそっくりですが、細かなところを見ると違いが判ります。
2016年05月12日 07:19撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< フランスギク(仏蘭西菊) >
キク科フランスギク属 。灯台の正面口に群生していました。マーガレットと似た花を咲かせます。カンシロギク(寒白菊、ノースポールギク)とそっくりですが、細かなところを見ると違いが判ります。
< 道の駅に降りました >
木ノ浦、岳山(だけやま)、ゴジラ岩、能登平氏の墓〜を道々見物しながら、「宝立山」を目指します。
2016年05月12日 06:41撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 道の駅に降りました >
木ノ浦、岳山(だけやま)、ゴジラ岩、能登平氏の墓〜を道々見物しながら、「宝立山」を目指します。
< 奥能登絶景海道 >
海辺の道に出ました。眼下に海岸には、岬自然遊歩道が通っています。「のと里山海道」もそうですが、海沿いなのですが、『山道』ぽい部分が多い『海道』です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 奥能登絶景海道 >
海辺の道に出ました。眼下に海岸には、岬自然遊歩道が通っています。「のと里山海道」もそうですが、海沿いなのですが、『山道』ぽい部分が多い『海道』です。
< 海道の休憩スペースにある案内図 >
野外展示なのに。綺麗な写真がつけられています。近年、印刷物の耐久性が向上したのかな?
2016年05月12日 07:47撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 海道の休憩スペースにある案内図 >
野外展示なのに。綺麗な写真がつけられています。近年、印刷物の耐久性が向上したのかな?
< 木ノ浦海域公園 >
崖の上の海道から降りてきました。少しくぼんだ湾になっていて、この海岸の波は穏やかです。
2016年05月12日 07:59撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 木ノ浦海域公園 >
崖の上の海道から降りてきました。少しくぼんだ湾になっていて、この海岸の波は穏やかです。
< 木ノ浦ビレッジ >
〜という「コテージ村」です。海道(県道28号線)から降りてくる道の途中にあります。岬自然遊歩道はこの海岸を通った後、岬を登り、西側の「椿展望台」で終点です。
2016年05月12日 07:57撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 木ノ浦ビレッジ >
〜という「コテージ村」です。海道(県道28号線)から降りてくる道の途中にあります。岬自然遊歩道はこの海岸を通った後、岬を登り、西側の「椿展望台」で終点です。
< 椿展望台 >
たしかに『絶景』ですが、北西方向しか展望が確保されていません。本当は、「つばき茶屋」の後ろの山に展望台があればパノラマビュー出来たでしょう?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 椿展望台 >
たしかに『絶景』ですが、北西方向しか展望が確保されていません。本当は、「つばき茶屋」の後ろの山に展望台があればパノラマビュー出来たでしょう?
< 椿の花の時期は >
〜過ぎていました。椿なしで展望しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 椿の花の時期は >
〜過ぎていました。椿なしで展望しました。
< 能登半島国定公園の概要 >
富山県の2市(氷見・高岡)も含まれています。石川県側が4市12町となっていますが、現在は平成の合併により、4市5町に集約されています。
2016年05月12日 08:07撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 能登半島国定公園の概要 >
富山県の2市(氷見・高岡)も含まれています。石川県側が4市12町となっていますが、現在は平成の合併により、4市5町に集約されています。
< 日本海のかなたに島影があります >
眼下に見えるの小さめの岬は「堂ヶ崎」です。その後方には「狼煙漁港(高屋)」の防波堤が見えています。
2016年05月12日 08:07撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 日本海のかなたに島影があります >
眼下に見えるの小さめの岬は「堂ヶ崎」です。その後方には「狼煙漁港(高屋)」の防波堤が見えています。
< 島々をズームしました >
左側の諸島は「七ッ島」です。7つあるように見えますが、実際に見えている島は4つで残りの3つは他の島の影に入っています。画面右側の大きめの島は「舳倉島」です。よく見ると、島の高所にある灯台が確認出来ます。
2016年05月12日 08:11撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 島々をズームしました >
左側の諸島は「七ッ島」です。7つあるように見えますが、実際に見えている島は4つで残りの3つは他の島の影に入っています。画面右側の大きめの島は「舳倉島」です。よく見ると、島の高所にある灯台が確認出来ます。
< 岳山(だけやま、35m) >
珠洲市高屋町に位置し、小さな岬になっています。県内4番目に低い山です。手前が、狼煙漁港(高屋)です。狼煙漁港は東から順に、「狼煙−折戸−高屋」と3箇所に別れています。
2016年05月12日 08:19撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 岳山(だけやま、35m) >
珠洲市高屋町に位置し、小さな岬になっています。県内4番目に低い山です。手前が、狼煙漁港(高屋)です。狼煙漁港は東から順に、「狼煙−折戸−高屋」と3箇所に別れています。
< 岳山を反対側から眺めました >
石川県内の低山ラストスリー:1位=日和山(29.0m、能登町小木)/2位=大平山(31.5m、かほく市二ツ屋)/3位=鳶山(33.2m、津幡町上山田)
2016年05月12日 08:28撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 岳山を反対側から眺めました >
石川県内の低山ラストスリー:1位=日和山(29.0m、能登町小木)/2位=大平山(31.5m、かほく市二ツ屋)/3位=鳶山(33.2m、津幡町上山田)
< 寄揚(よりあげ)の浜 >
珠洲市馬緤町(まつなぎまち)赤神(あかがみ)の海岸です。近年、ここの海岸の奇岩が有名になりました。
2016年05月12日 08:36撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 寄揚(よりあげ)の浜 >
珠洲市馬緤町(まつなぎまち)赤神(あかがみ)の海岸です。近年、ここの海岸の奇岩が有名になりました。
< ゴジラ岩 >
ここは、『塩田の砂の産地』そして『水平線を朝日と夕陽が出入りするのを見れる場所』〜ですが、海岸に怪獣(海獣)出現しています。
2016年05月12日 08:41撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ゴジラ岩 >
ここは、『塩田の砂の産地』そして『水平線を朝日と夕陽が出入りするのを見れる場所』〜ですが、海岸に怪獣(海獣)出現しています。
< 浜士達の夢の後 >
浜士(はまじ)とは、揚げ浜式製塩の責任者のことです。『砂取節』は、毎年8月13日に執り行われる「砂取節まつり」で聴けるそうです。
2016年05月12日 08:37撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 浜士達の夢の後 >
浜士(はまじ)とは、揚げ浜式製塩の責任者のことです。『砂取節』は、毎年8月13日に執り行われる「砂取節まつり」で聴けるそうです。
< 塩田に使われる砂 >
〜が足元にあります。揚浜式塩田は、ここから約7km、西に行った輪島市清水町で現在も行われています。
2016年05月12日 08:36撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 塩田に使われる砂 >
〜が足元にあります。揚浜式塩田は、ここから約7km、西に行った輪島市清水町で現在も行われています。
< ゴジラに接近しました >
少し危ないかも知れませんが、夕陽が沈み直前に、ゴジラの東側に回り込むと、夕陽をバックにした『ゴジラシルエット』が撮影出来ると思います。
2016年05月12日 08:39撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ゴジラに接近しました >
少し危ないかも知れませんが、夕陽が沈み直前に、ゴジラの東側に回り込むと、夕陽をバックにした『ゴジラシルエット』が撮影出来ると思います。
< バス停「則貞」 >
国道249号線に入り南下しました。大谷トンネル手間の珠洲市大谷町則貞です。「則貞(のりさだ)」は、珠洲に島流しされた「平時忠(たいらのときただ)」卿の息子さんの名前が地名となったものです。
2016年05月12日 08:59撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< バス停「則貞」 >
国道249号線に入り南下しました。大谷トンネル手間の珠洲市大谷町則貞です。「則貞(のりさだ)」は、珠洲に島流しされた「平時忠(たいらのときただ)」卿の息子さんの名前が地名となったものです。
< 平時忠と一族の墳 >
駐車場(バス停)の向かいから、150mほど谷に下った所に一族様の墓所(墳)があります。
2016年05月12日 08:52撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 平時忠と一族の墳 >
駐車場(バス停)の向かいから、150mほど谷に下った所に一族様の墓所(墳)があります。
< 能登平家物語 >
壇ノ浦で捕虜になりましたが、文官であったためか死罪にはなりませんでした。流人でありながらも、ここ能登では尊敬され、現在も末裔が、豪農(上時国家、下時国家)などとして代々続いています。
2016年05月12日 08:49撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 能登平家物語 >
壇ノ浦で捕虜になりましたが、文官であったためか死罪にはなりませんでした。流人でありながらも、ここ能登では尊敬され、現在も末裔が、豪農(上時国家、下時国家)などとして代々続いています。
< 平家に非ずんば人に非ず >
〜と申したのが、時忠卿本人でした。
2016年05月12日 08:49撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 平家に非ずんば人に非ず >
〜と申したのが、時忠卿本人でした。
< 源義経と義親子 >
時忠卿の歌
『 白波の 打ち驚かす 岩の上に 寝らえで松の 幾世経ぬらん 』
2016年05月12日 08:48撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 源義経と義親子 >
時忠卿の歌
『 白波の 打ち驚かす 岩の上に 寝らえで松の 幾世経ぬらん 』
< 時忠卿の歌の書かれた標柱 >
〜を頼りに、下っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 時忠卿の歌の書かれた標柱 >
〜を頼りに、下っていきます。
< ハルジオン(春紫菀) >
キク科ムカシヨモギ属。ピンクのハルジオンは珍しいです。坂道を降りたところで見かけました。
2016年05月12日 08:56撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ハルジオン(春紫菀) >
キク科ムカシヨモギ属。ピンクのハルジオンは珍しいです。坂道を降りたところで見かけました。
< 墓所の入口 >
〜の扉は閉められています。国道からの脇道があり、車両が降りてこれるようになっているようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 墓所の入口 >
〜の扉は閉められています。国道からの脇道があり、車両が降りてこれるようになっているようです。
< 平一族之墓所 >
歴史書『吾妻鏡』では、時忠卿の没年は、文治5年(1189年)2月24日没となっているそうです。
2016年05月12日 08:54撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 平一族之墓所 >
歴史書『吾妻鏡』では、時忠卿の没年は、文治5年(1189年)2月24日没となっているそうです。
< 平時忠卿及び其の一族の墳 >
時忠卿は天皇家や平清盛と姻戚関係にあったらしい。また、「則貞家」の伝承では時忠卿の没年は、歴史書の記述とは異なり、元久元年(1204年)と伝えられているらしい。
2016年05月12日 08:53撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 平時忠卿及び其の一族の墳 >
時忠卿は天皇家や平清盛と姻戚関係にあったらしい。また、「則貞家」の伝承では時忠卿の没年は、歴史書の記述とは異なり、元久元年(1204年)と伝えられているらしい。
< 右から2本目の五輪塔 >
〜が、時忠卿の墓らしい。
2016年05月12日 08:54撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 右から2本目の五輪塔 >
〜が、時忠卿の墓らしい。
< 帰り道です >
〜上から覗かせて頂きました。左から2本目が、時忠卿の墓でしょう。
2016年05月12日 08:57撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 帰り道です >
〜上から覗かせて頂きました。左から2本目が、時忠卿の墓でしょう。
< 大谷トンネルをぬけ >
旧・珠洲広域農道に入りました。現在は、珠洲市に移管され、市道726号線になっています。この先、宝立山トンネルを抜けると、部分的に輪島市を通り、能登町に入ります。南部では行政区が変わってしまいますが、市道の扱い(管轄)はどうなっているのでしょうか?
2016年05月12日 09:06撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 大谷トンネルをぬけ >
旧・珠洲広域農道に入りました。現在は、珠洲市に移管され、市道726号線になっています。この先、宝立山トンネルを抜けると、部分的に輪島市を通り、能登町に入ります。南部では行政区が変わってしまいますが、市道の扱い(管轄)はどうなっているのでしょうか?
< 「宝立山」 >
〜が見えてきました。正確には2峰とも山頂部分は、近すぎるため見えていませんが、山体の形が判ります。
2016年05月12日 09:14撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 「宝立山」 >
〜が見えてきました。正確には2峰とも山頂部分は、近すぎるため見えていませんが、山体の形が判ります。
< 宝立山トンネル >
このトンネルを抜けると、宝立山に上がる「宝立林道」があります。私は、珠洲から南下してきましたが、能登空港ICから北上してきた場合は、トンネルの手前で宝立山に上がることになります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 宝立山トンネル >
このトンネルを抜けると、宝立山に上がる「宝立林道」があります。私は、珠洲から南下してきましたが、能登空港ICから北上してきた場合は、トンネルの手前で宝立山に上がることになります。
< 陸橋の渡ると駐車場があります >
トンネルを抜けて、宝立林道を登ります。反対方向に下る道は「寺山林道」です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 陸橋の渡ると駐車場があります >
トンネルを抜けて、宝立林道を登ります。反対方向に下る道は「寺山林道」です。
< 宝立山ポケットパーク >
トンネルからの林道を上がってすぐの場所です。5台位の駐車スペースです。宝立山第1峰の「黒峰」は無線中継の鉄塔の裏側にあります。
2016年05月12日 09:25撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 宝立山ポケットパーク >
トンネルからの林道を上がってすぐの場所です。5台位の駐車スペースです。宝立山第1峰の「黒峰」は無線中継の鉄塔の裏側にあります。
< ミツバツツジ(三葉躑躅) >
ツツジ科ツツジ属。ポケットパークから少し登った所で咲いていました。
2016年05月12日 09:57撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ミツバツツジ(三葉躑躅) >
ツツジ科ツツジ属。ポケットパークから少し登った所で咲いていました。
< 花の時期が終わりかけています >
他のツツジ属より半月ほど花の時期が早いように思います。能登では、「ノトキリシマ」は5月いっぱいですが、サツキ(皐月)ならば6月頃でも咲いていると思います。
2016年05月12日 09:43撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 花の時期が終わりかけています >
他のツツジ属より半月ほど花の時期が早いように思います。能登では、「ノトキリシマ」は5月いっぱいですが、サツキ(皐月)ならば6月頃でも咲いていると思います。
< 三葉 >
〜が綺麗です。この後、花が枯れてもしばらくは新緑の葉が、3枚残されます。
2016年05月12日 09:44撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 三葉 >
〜が綺麗です。この後、花が枯れてもしばらくは新緑の葉が、3枚残されます。
< 突然、視界が開けました >
1kmほど歩くと、東西に伸びる稜線に出ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 突然、視界が開けました >
1kmほど歩くと、東西に伸びる稜線に出ました。
< 南西方向に「別所岳」 >
「虫ヶ峰」と「別所岳」の手前の湾内に穴水町の市街があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 南西方向に「別所岳」 >
「虫ヶ峰」と「別所岳」の手前の湾内に穴水町の市街があります。
< 西方向に「高洲山」 >
輪島市にある「鉢伏山」と「高洲山」が見えました。「高洲山」はこちらから見ると南側のあるピークが目立つため、二峰山のように見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 西方向に「高洲山」 >
輪島市にある「鉢伏山」と「高洲山」が見えました。「高洲山」はこちらから見ると南側のあるピークが目立つため、二峰山のように見えます。
< 小型の無線中継所がありました >
眺望を楽しんだ場所から、さらに500mほど稜線を通る林道を歩くと、宝立山第1峰「黒峰」への登山口(作業路)が分岐しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 小型の無線中継所がありました >
眺望を楽しんだ場所から、さらに500mほど稜線を通る林道を歩くと、宝立山第1峰「黒峰」への登山口(作業路)が分岐しています。
< 漁業用無線中継所 >
「無線漁業協同組合」等の4つの組織の共同施設です。少し手前に、宝立山第2峰「丸山」の登り口があるのですが、通り過ぎてしまいました。後の楽しみとしました。
2016年05月12日 09:52撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 漁業用無線中継所 >
「無線漁業協同組合」等の4つの組織の共同施設です。少し手前に、宝立山第2峰「丸山」の登り口があるのですが、通り過ぎてしまいました。後の楽しみとしました。
< 「黒峰」登山口の分岐点 >
本来は、無線中継所や林業の管理道路なのでしょう。山頂にある『黒崎大権現』の参道(黒峰の登山道)が、この先で分岐しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 「黒峰」登山口の分岐点 >
本来は、無線中継所や林業の管理道路なのでしょう。山頂にある『黒崎大権現』の参道(黒峰の登山道)が、この先で分岐しています。
< ガマズミ(莢蒾) >
レンプクソウ科ガマズミ属。(ガマズミ属は以前はスイカズラ科でした)このガマズミの葉っぱを見て、禄剛崎で見かけた同属の「オオデマリ (大手毬)」を思い出しました。両者は葉だけならそっくりです。 
2016年05月12日 09:58撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ガマズミ(莢蒾) >
レンプクソウ科ガマズミ属。(ガマズミ属は以前はスイカズラ科でした)このガマズミの葉っぱを見て、禄剛崎で見かけた同属の「オオデマリ (大手毬)」を思い出しました。両者は葉だけならそっくりです。 
< 宝立山無線中継所 >
〜と呼ばれています。宝立林道からの分岐点から「黒峰」山頂(黒崎大権現)までは約500mです。この中継所は、その500mのうちの200m地点です。
2016年05月12日 09:59撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 宝立山無線中継所 >
〜と呼ばれています。宝立林道からの分岐点から「黒峰」山頂(黒崎大権現)までは約500mです。この中継所は、その500mのうちの200m地点です。
< 奥能登広域圏事務組合 宝立山基地局 >
でした。「宝立山無線中継所」は通り名です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 奥能登広域圏事務組合 宝立山基地局 >
でした。「宝立山無線中継所」は通り名です。
< 山頂まで残り150m >
〜が山道です。管理路(作業路)から、右手に進みます。
2016年05月12日 10:00撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 山頂まで残り150m >
〜が山道です。管理路(作業路)から、右手に進みます。
< 左手に登り道に進みます >
右に進むと北側の谷に下ってしまいます。左に上がる『黒崎大権現』の林叢(りんそう)に入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 左手に登り道に進みます >
右に進むと北側の谷に下ってしまいます。左に上がる『黒崎大権現』の林叢(りんそう)に入ります。
< 笹藪の道を上がると >
〜中央に1本のブナの木があります。黒峰山頂です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 笹藪の道を上がると >
〜中央に1本のブナの木があります。黒峰山頂です。
< 『黒崎大権現』の祠 >
標高471mです。珠洲市の最高峰です。山頂付近は、社叢なので、ブナ林が守られています。山頂から少し降りると、杉の木がたくさん植林されています。
2016年05月12日 10:05撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 『黒崎大権現』の祠 >
標高471mです。珠洲市の最高峰です。山頂付近は、社叢なので、ブナ林が守られています。山頂から少し降りると、杉の木がたくさん植林されています。
< 黒峰から引き返してきました >
宝立林道から黒峰に登る道が分岐している所に戻りました。確認はしませんでしたが、向いの角を登るとテレビ放送の受信中継塔のある場所に行けるのだと思います。第2峰の丸山山頂の近くに位置します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 黒峰から引き返してきました >
宝立林道から黒峰に登る道が分岐している所に戻りました。確認はしませんでしたが、向いの角を登るとテレビ放送の受信中継塔のある場所に行けるのだと思います。第2峰の丸山山頂の近くに位置します。
< 名前のない表札 >
〜がかけられています。黒峰の登山道が分岐している地点から50mほどポケットパークの方に戻ると、第2峰への登り口があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 名前のない表札 >
〜がかけられています。黒峰の登山道が分岐している地点から50mほどポケットパークの方に戻ると、第2峰への登り口があります。
< こちらこそが、宝立山山頂? >
地理院地図には、この一等三角点「丸山」ある場所(第2峰)に、「宝立山」の名があります。私は、ここより2メートルほど高い「黒峰(第1峰)」を宝立山山頂としておきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< こちらこそが、宝立山山頂? >
地理院地図には、この一等三角点「丸山」ある場所(第2峰)に、「宝立山」の名があります。私は、ここより2メートルほど高い「黒峰(第1峰)」を宝立山山頂としておきます。
< 一等三角点「丸山」 >
標高468.50m。落ち葉の下に表札のような物がありました。どなたが、この三角点をレコードしたみたいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 一等三角点「丸山」 >
標高468.50m。落ち葉の下に表札のような物がありました。どなたが、この三角点をレコードしたみたいです。
< タチツボスミレ(立坪菫) >
スミレ科スミレ属。おもしろいことに、「立坪菫」と「坪菫(如意菫)」が、林道の両サイドに分かれて群生していました。南下している林道の東側に立坪菫、西側に坪菫が陣取っていました。
2016年05月12日 10:25撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< タチツボスミレ(立坪菫) >
スミレ科スミレ属。おもしろいことに、「立坪菫」と「坪菫(如意菫)」が、林道の両サイドに分かれて群生していました。南下している林道の東側に立坪菫、西側に坪菫が陣取っていました。
< 坪に立つ菫? >
小さなお庭(坪庭)に立ち上がるように咲くことから、タチツボスミレ(立坪菫)と呼ばれるようになったらしい。
2016年05月12日 10:25撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 坪に立つ菫? >
小さなお庭(坪庭)に立ち上がるように咲くことから、タチツボスミレ(立坪菫)と呼ばれるようになったらしい。
< ツボスミレ(坪菫) >
スミレ科スミレ属。ニョイスミレ(如意菫)とも呼ばれます。
2016年05月12日 10:26撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ツボスミレ(坪菫) >
スミレ科スミレ属。ニョイスミレ(如意菫)とも呼ばれます。
< 小さなスミレのアップ >
タチツボスミレ(立坪菫)より小柄です。余り目立たないので『立』のがとれた「坪菫」になった?また別名、ニョイスミレ(如意菫)の由来は、仏具の「如意」に葉の形が似ているからだそうです。
2016年05月12日 10:26撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 小さなスミレのアップ >
タチツボスミレ(立坪菫)より小柄です。余り目立たないので『立』のがとれた「坪菫」になった?また別名、ニョイスミレ(如意菫)の由来は、仏具の「如意」に葉の形が似ているからだそうです。
< タニウツギ(谷空木) >
スイカズラ科タニウツギ属。山の上の方にあるタニウツギはまだ蕾でした。広域農道に降りたところで、この花を見つけ撮影しました。
2016年05月12日 10:51撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< タニウツギ(谷空木) >
スイカズラ科タニウツギ属。山の上の方にあるタニウツギはまだ蕾でした。広域農道に降りたところで、この花を見つけ撮影しました。
< スイカズラ科のタニウツギ >
名前の似ている「ウツギ(空木)」と「ノリウツギ(糊空木)」はアジサイ科です。
2016年05月12日 10:54撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< スイカズラ科のタニウツギ >
名前の似ている「ウツギ(空木)」と「ノリウツギ(糊空木)」はアジサイ科です。
< ヤマフジ(山藤) >
マメ科フジ属。
2016年05月12日 10:56撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ヤマフジ(山藤) >
マメ科フジ属。
< 山の南側斜面 >
〜によく見かけます。フジ(ノダフジ)とそっくりですが。鑑別点は、 フジのツルは下から上に向かって右回り(右巻き)なのに対して、 ヤマフジは左巻きです。
2016年05月12日 10:57撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 山の南側斜面 >
〜によく見かけます。フジ(ノダフジ)とそっくりですが。鑑別点は、 フジのツルは下から上に向かって右回り(右巻き)なのに対して、 ヤマフジは左巻きです。
< 見附島(軍艦島) >
〜のそばの珠洲温泉に入りに来ました。世界文化遺産の「端島」が『軍艦島』として有名ですが、「珠洲の軍艦島」の方が歴史があるかも?
2016年05月12日 11:20撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 見附島(軍艦島) >
〜のそばの珠洲温泉に入りに来ました。世界文化遺産の「端島」が『軍艦島』として有名ですが、「珠洲の軍艦島」の方が歴史があるかも?
1
< 見附茶屋 >
左手部分が公衆トイレになっています。
2016年05月12日 12:32撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 見附茶屋 >
左手部分が公衆トイレになっています。
< 宝立町−見附島付近の地図 >
能登空港ICから「のとスターライン」を通り、能登半島の先端へ向かい、登山と観光をしながら、ここ珠洲温泉(見附島)に戻りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 宝立町−見附島付近の地図 >
能登空港ICから「のとスターライン」を通り、能登半島の先端へ向かい、登山と観光をしながら、ここ珠洲温泉(見附島)に戻りました。
< ぐしゃぐしゃな円(ルート) >
珠洲市を一周して、法隆寺金峰寺交差点で1つの円になりました。これで、珠洲を一周する旅をした事になります。
2016年05月12日 11:17撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ぐしゃぐしゃな円(ルート) >
珠洲市を一周して、法隆寺金峰寺交差点で1つの円になりました。これで、珠洲を一周する旅をした事になります。
< 8月7日がキリコまつりです >
「宝立七夕キリコまつり」が日本遺産に認定されました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 8月7日がキリコまつりです >
「宝立七夕キリコまつり」が日本遺産に認定されました。
< 見附の杜(もり) >
見附島の浜辺に御堂がありました。
2016年05月12日 11:22撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 見附の杜(もり) >
見附島の浜辺に御堂がありました。
< 見附島と空海 >
弘法大師さまは、佐渡から能登に渡られたらしい。
2016年05月12日 11:22撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 見附島と空海 >
弘法大師さまは、佐渡から能登に渡られたらしい。
< 国民宿舎「のとじ荘」 >
実は、こちらに到着してから、見附島のバックに見える立山連峰を撮影したのですが、雲が多くて残念に思っていました。ところが、こちらの「弘法の湯」に浸かっている間に、雲が少なくなってきました。入浴後に、再ロケ(写真撮影)しました。
2016年05月12日 11:42撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 国民宿舎「のとじ荘」 >
実は、こちらに到着してから、見附島のバックに見える立山連峰を撮影したのですが、雲が多くて残念に思っていました。ところが、こちらの「弘法の湯」に浸かっている間に、雲が少なくなってきました。入浴後に、再ロケ(写真撮影)しました。
< コウゾリナ(顔剃菜) >
キク科コウゾリナ属。一番風呂は12時からでした〜日帰り入浴は、午前12時00分〜午後8時30分です。時間待ちの間に、のとじ荘の玄関先で撮影しました。
2016年05月12日 11:43撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< コウゾリナ(顔剃菜) >
キク科コウゾリナ属。一番風呂は12時からでした〜日帰り入浴は、午前12時00分〜午後8時30分です。時間待ちの間に、のとじ荘の玄関先で撮影しました。
< 宝立山山系 >
〜を南東方向から眺めていることになります。三角点「丸山」がある第2峰が見えていますが、第1峰の黒峰は丸山の影になっています。「白米坂(はくまいざか)」までが、宝立山山系になります。
2016年05月12日 11:42撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 宝立山山系 >
〜を南東方向から眺めていることになります。三角点「丸山」がある第2峰が見えていますが、第1峰の黒峰は丸山の影になっています。「白米坂(はくまいざか)」までが、宝立山山系になります。
< 11:55 >
〜に入湯させて頂きました。一番風呂?〜宿泊のお客さんが朝風呂に入られていたはずですから、午後の部の一番風呂になるのかな?
2016年05月12日 11:49撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 11:55 >
〜に入湯させて頂きました。一番風呂?〜宿泊のお客さんが朝風呂に入られていたはずですから、午後の部の一番風呂になるのかな?
< マナー違反です >
〜が、少し写真をご紹介。内風呂からも眺めナイスです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< マナー違反です >
〜が、少し写真をご紹介。内風呂からも眺めナイスです。
< 露天がさらにナイスです >
露天風呂は男女日替わりでした。確認せずに来湯した場合は、この露天に入れる確率は50%です。
2016年05月12日 11:55撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 露天がさらにナイスです >
露天風呂は男女日替わりでした。確認せずに来湯した場合は、この露天に入れる確率は50%です。
< 丁度良い温度です >
お湯の温度(湯音)も大気の温度(気温)もナイスでした。
2016年05月12日 11:55撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 丁度良い温度です >
お湯の温度(湯音)も大気の温度(気温)もナイスでした。
< 雲がだんだん東に >
〜流れています。松の影になってますが、「後立山」と「後ろでない立山」の姿がだんだんハッキリしてきました。入浴後もう一度、浜辺に出ることにしました。
2016年05月12日 11:55撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 雲がだんだん東に >
〜流れています。松の影になってますが、「後立山」と「後ろでない立山」の姿がだんだんハッキリしてきました。入浴後もう一度、浜辺に出ることにしました。
< 東側180°は日本海 >
画面左側(北側)に、飯田港、蛸島漁港、長手崎と続いています。画面右側(南側)は、恋路海岸、松波漁港、赤崎と続きます。
2016年05月12日 12:28撮影 by KYV35, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 東側180°は日本海 >
画面左側(北側)に、飯田港、蛸島漁港、長手崎と続いています。画面右側(南側)は、恋路海岸、松波漁港、赤崎と続きます。
< 北方向から見た軍艦島 >
島の後ろ(背中側)に「火打山」、島の右側に「白馬岳」。画面右端の赤崎(岬)の向こうに「立山」です。
2016年05月12日 12:24撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 北方向から見た軍艦島 >
島の後ろ(背中側)に「火打山」、島の右側に「白馬岳」。画面右端の赤崎(岬)の向こうに「立山」です。
< 南西側から見た軍艦島 >
手前に「縁結びの観音様」が居られます。
2016年05月12日 12:29撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 南西側から見た軍艦島 >
手前に「縁結びの観音様」が居られます。
1
< NOTO えんむすびーち >
〜の名付けられ、観音様が祀られています。小さなショーウインドウ(小窓)の中においででした。
2016年05月12日 12:30撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< NOTO えんむすびーち >
〜の名付けられ、観音様が祀られています。小さなショーウインドウ(小窓)の中においででした。
1
< ベルの下に白馬岳が収まりました >
見附の南方向約3kmの場所に、恋路海岸(こいじかいがん)があります。
2016年05月12日 12:31撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< ベルの下に白馬岳が収まりました >
見附の南方向約3kmの場所に、恋路海岸(こいじかいがん)があります。
< 南東方向の海 >
〜の向こうに長野北部と新潟南部の峰々が見えます。左側の山々は、頸城山塊(くびきさんかい)になります。右側に見えている「黒姫山」は長野県信濃町にある方の黒姫山ではなく、新潟県糸魚川市の「黒姫山」です。
2016年05月12日 12:21撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 南東方向の海 >
〜の向こうに長野北部と新潟南部の峰々が見えます。左側の山々は、頸城山塊(くびきさんかい)になります。右側に見えている「黒姫山」は長野県信濃町にある方の黒姫山ではなく、新潟県糸魚川市の「黒姫山」です。
< 後立山連峰 >
「頸城アルプス」から南方向に、後立山連峰が続いています。白馬岳を間に挟んで、「朝日岳」と「旭岳」が並んでいます。この配列はここ珠洲でしか見れません。
2016年05月12日 12:21撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 後立山連峰 >
「頸城アルプス」から南方向に、後立山連峰が続いています。白馬岳を間に挟んで、「朝日岳」と「旭岳」が並んでいます。この配列はここ珠洲でしか見れません。
< 南側の海です >
画面の右端あたりが「恋路海岸」になります。
2016年05月12日 12:31撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 南側の海です >
画面の右端あたりが「恋路海岸」になります。
< 南の立山連峰をズーム >
北方向から眺める立山は、能登半島の先端でしか味わえません。また、この辺りのイチゴの味も格別です。手前の岬は能登町布浦の赤崎です。イチゴの産地として有名です。
2016年05月12日 12:31撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 南の立山連峰をズーム >
北方向から眺める立山は、能登半島の先端でしか味わえません。また、この辺りのイチゴの味も格別です。手前の岬は能登町布浦の赤崎です。イチゴの産地として有名です。
< 別所岳SA >
〜に入りました。帰路の途中に立ち寄りました。上り(金沢方面)の入口に出てみました。サービスエリアに別所岳登山口があります。
2016年05月12日 13:34撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 別所岳SA >
〜に入りました。帰路の途中に立ち寄りました。上り(金沢方面)の入口に出てみました。サービスエリアに別所岳登山口があります。
< 入口から藪の道 >
〜を数十メートル抜けると、林道に出ます。以前あって登山道は廃道になっていますので、山頂までは舗装された道を登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 入口から藪の道 >
〜を数十メートル抜けると、林道に出ます。以前あって登山道は廃道になっていますので、山頂までは舗装された道を登ります。
< 車を降りて >
〜約30分で別所岳山頂に立てます。片道約1.7kmのルートです。七尾市の横田インターで降り熊木川を遡り中島町別所集落を通過して山頂まで車で行くことも出来ますが、倒木に気を付けて下さい。
2016年05月12日 13:35撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 車を降りて >
〜約30分で別所岳山頂に立てます。片道約1.7kmのルートです。七尾市の横田インターで降り熊木川を遡り中島町別所集落を通過して山頂まで車で行くことも出来ますが、倒木に気を付けて下さい。
< 透明な自販機3台? >
スカイデッキからの眺望がプリントされています。
2016年05月12日 13:18撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 透明な自販機3台? >
スカイデッキからの眺望がプリントされています。
< 別所岳スカイデッキ >
〜に上がります。この展望台は「能登ゆめてらす」という愛称が付けられています。
2016年05月12日 13:31撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 別所岳スカイデッキ >
〜に上がります。この展望台は「能登ゆめてらす」という愛称が付けられています。
< 三段の空中回廊を登ります >
2段目で振り返り、「別所岳」を眺めました。
2016年05月12日 13:28撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 三段の空中回廊を登ります >
2段目で振り返り、「別所岳」を眺めました。
< スカイデッキ定番 >
〜のショットです。今年3月に、私が『猿山』に雪割草を見てきた時のヤマレコでも、スカイデッキからのショットを載せましたが、今回、撮影条件が特に良かったので、再登場させていただきました。
2016年05月12日 13:21撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< スカイデッキ定番 >
〜のショットです。今年3月に、私が『猿山』に雪割草を見てきた時のヤマレコでも、スカイデッキからのショットを載せましたが、今回、撮影条件が特に良かったので、再登場させていただきました。
< 東側半分の180° >
北から南を写したパノラマです。中央は七尾北湾と能登島です。右側にある立山連峰は糸のように細長くなっています。
2016年05月12日 13:22撮影 by KYV35, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 東側半分の180° >
北から南を写したパノラマです。中央は七尾北湾と能登島です。右側にある立山連峰は糸のように細長くなっています。
< 真東から南南東方向の山脈 >
〜が見渡せます。画面の左端が、新潟県糸魚川市付近。中央部分は長野と富山の峰々。画面の右端が岐阜県北部にある薬師岳の辺りになります。
2016年05月12日 13:27撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 真東から南南東方向の山脈 >
〜が見渡せます。画面の左端が、新潟県糸魚川市付近。中央部分は長野と富山の峰々。画面の右端が岐阜県北部にある薬師岳の辺りになります。
< 東方向 >
糸魚川で後立山連峰から続く稜線が日本海に沈みます。「火打山」の手前にある「黒姫山」は、糸魚川市にある山です。妙高の南側にある黒姫山とは別です。
2016年05月12日 13:24撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 東方向 >
糸魚川で後立山連峰から続く稜線が日本海に沈みます。「火打山」の手前にある「黒姫山」は、糸魚川市にある山です。妙高の南側にある黒姫山とは別です。
< 東南東方向 >
〜は、後立山連峰の北部がよく見えます。白馬三山が綺麗です。
2016年05月12日 13:24撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 東南東方向 >
〜は、後立山連峰の北部がよく見えます。白馬三山が綺麗です。
< 南東方向 >
「劒岳」や「立山=雄山・大汝山・富士ノ折立」がよく見えました。 
2016年05月12日 13:24撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 南東方向 >
「劒岳」や「立山=雄山・大汝山・富士ノ折立」がよく見えました。 
< 南南東方向 >
能登島に架かる2本の橋と七尾市街が見えてます。七尾城山の後方に、岐阜県にある「北ノ俣岳」と「笠ヶ岳」が見えました。
2016年05月12日 13:25撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 南南東方向 >
能登島に架かる2本の橋と七尾市街が見えてます。七尾城山の後方に、岐阜県にある「北ノ俣岳」と「笠ヶ岳」が見えました。
< 北北東をズーム >
奥能登の最高峰「高洲山」です。航空自衛隊のレーダーも判りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 北北東をズーム >
奥能登の最高峰「高洲山」です。航空自衛隊のレーダーも判りました。
< 「宝立山」も見えました >
北東方向のズームです。宝立山山系が孤立した離れ島のように見えます。三角点「丸山」のある第2峰の位置は、『カシミール』の機能を使って同定しました。遠くの宝立山を見納めにして、今回のスライドを終了します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
< 「宝立山」も見えました >
北東方向のズームです。宝立山山系が孤立した離れ島のように見えます。三角点「丸山」のある第2峰の位置は、『カシミール』の機能を使って同定しました。遠くの宝立山を見納めにして、今回のスライドを終了します。

感想/記録

___【 良かったこと 】___

● 効率良く、「さいはての地『珠洲』」を一周できました。
● 無事、珠洲の名山二峰(山伏山と宝立山)を登頂しました。
● 後半は天候が良く、見附島と別所岳SAからの眺望が素晴らしかった。
● 運良く「弘法の湯」の露天に入れた(絶景の露天は男女日替わり)。

___【 悪かったこと 】___

● 朝方は雨模様で、曇天の禄剛崎の景観がイマイチだった。(幸い、禄剛崎灯台を過ぎてから、青空が広がり始めました。)
● 時間の節約のため、ランチはおにぎりで済ませた。本当は、適当なお店で『能登丼』を頂きたかった。

___【 最後に 】___

 今回、能登最北、珠洲の二峰をレコード出来ました。すでに、輪島の「猿山」と「高洲山」をヤマレコしてあります。能登南部の山々も、いくつも済ませています。能登中部の山はまだ空白になっていますので、今後、侵食していきたいと思います。

___【 私の能登での山行記録のリンク 】___

 「宝達山」と「二上山」を通るラインから北側の能登半島に属する峰々の山行記録を列挙してみました。新しい記録順で、宝達山と二上山の記録も含んでいます。

● 越中国 射水の霊峰『二上山』を巡るハイキング
                2016年04月06日(日帰り)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-816624.html

● 能登半島『猿山』〜雪割草をめぐるハイキング〜
                2016年03月22日(日帰り)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-832684.html

● 能登国 山の寺寺院群「瞑想の道」
                2016年01月15日(日帰り)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-796263.html

● 歴史の道「臼ヶ峰往来」〜臼ヶ峰・石仏峠を越えて〜
                2015年12月20日(日帰り)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-780422.html

● 伊掛山・崎山半島〜半島の中の半島を一周〜
                2015年12月13日(日帰り)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-779102.html

● 能登最高峰「宝達山」〜ぐるっと2回り周回登山〜
                2015年12月06日(日帰り)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-776193.html

● 日本百名城の「七尾城山」に登る〜五大山城の一つ「七尾城址」〜
                2015年11月10日(日帰り)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-762091.html

● 石動山パノラマ曼荼羅ハイキング
                2015年06月06日(日帰り)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-654108.html

● 晩春の高洲山散策(航空自衛隊施設あり)
                2015年05月31日(日帰り)
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-652270.html
訪問者数:204人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ