ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 819129 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

冬期八ヶ岳 赤岳〜硫黄岳

日程 2016年02月26日(金) 〜 2016年02月27日(土)
メンバー teruyama
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間23分
休憩
5分
合計
2時間28分
S美濃戸口11:1011:55美濃戸山荘12:0013:38赤岳鉱泉
2日目
山行
8時間30分
休憩
2時間28分
合計
10時間58分
赤岳鉱泉06:4507:14行者小屋07:2008:13文三郎尾根 阿弥陀岳分岐08:1508:38赤岳08:5009:20赤岳展望荘09:3007:37日ノ岳10:04三叉峰10:1010:17大権現10:30横岳10:4511:08硫黄岳山荘11:32硫黄岳11:3911:50赤岩の頭12:1012:40赤岳鉱泉13:4515:00美濃戸山荘15:0515:50美濃戸口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
赤岳鉱泉まで凍結箇所あり。稜線上は雪安定。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 ゲイター バラクラバ 毛帽子 着替え ザック ザックカバー アイゼン ピッケル 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 カメラ ヘルメット

写真

美濃戸口でバスを降りて出発。最後に来てから10年以上。ブランクを感じるが、変わらない風景。
2016年02月26日 11:08撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸口でバスを降りて出発。最後に来てから10年以上。ブランクを感じるが、変わらない風景。
分岐。南沢のほうが凍結してそう。
2016年02月26日 12:03撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐。南沢のほうが凍結してそう。
北沢も最初は砂利が出ているが、ここから先は凍結多し。
2016年02月26日 12:03撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北沢も最初は砂利が出ているが、ここから先は凍結多し。
赤岳鉱泉13:38着。アイスキャンディが薄雲に映える?明日はクライミング大会のため、スタッフの方々が準備中。
2016年02月26日 13:38撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉13:38着。アイスキャンディが薄雲に映える?明日はクライミング大会のため、スタッフの方々が準備中。
昨日は、午後から雪だけど、積雪ほぼ無し。
2016年02月27日 06:42撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日は、午後から雪だけど、積雪ほぼ無し。
阿弥陀岳を朝日が照らす。快晴のなか出発。
2016年02月27日 07:11撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳を朝日が照らす。快晴のなか出発。
2
行者小屋到着。鉱泉から30分と、ちょうど良い準備運動。文三郎尾根へ。
2016年02月27日 07:16撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋到着。鉱泉から30分と、ちょうど良い準備運動。文三郎尾根へ。
1
樹林帯を超えると、傾斜がきつくなる。
2016年02月27日 07:55撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を超えると、傾斜がきつくなる。
快晴と締まった雪質に感謝! 少しずつ高度をかせぐ。
2016年02月27日 07:55撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴と締まった雪質に感謝! 少しずつ高度をかせぐ。
稜線が見えてきた。
2016年02月27日 07:56撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線が見えてきた。
2
阿弥陀岳への分岐までくると風強い。風圧が変わるため、バランスを崩しやすい。
2016年02月27日 08:13撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳への分岐までくると風強い。風圧が変わるため、バランスを崩しやすい。
ここからの阿弥陀岳、惚れ惚れするほど良い形。いつか冬季に登りたい。
2016年02月27日 08:14撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからの阿弥陀岳、惚れ惚れするほど良い形。いつか冬季に登りたい。
3
下からみても黒かった岩壁はやはり着雪少ない。気付くと、上にも下にも人がいない。滑落しないように注意しよう。
2016年02月27日 08:22撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下からみても黒かった岩壁はやはり着雪少ない。気付くと、上にも下にも人がいない。滑落しないように注意しよう。
雪質は良く、動いていれば寒さは無い。誰もいないなか、慎重に歩を進め、あれ、山頂?という感じで登頂。
2016年02月27日 08:38撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪質は良く、動いていれば寒さは無い。誰もいないなか、慎重に歩を進め、あれ、山頂?という感じで登頂。
2
土曜の早朝だからか、貸し切り状態。とても嬉しい。八ヶ岳にしては風が強くないし、快晴だし、この条件だからこそ登れたと思う。
2016年02月27日 08:38撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土曜の早朝だからか、貸し切り状態。とても嬉しい。八ヶ岳にしては風が強くないし、快晴だし、この条件だからこそ登れたと思う。
1
雪質や体調によってショートカットも考えていたが、予定通り、硫黄岳まで縦走とする。
2016年02月27日 08:50撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪質や体調によってショートカットも考えていたが、予定通り、硫黄岳まで縦走とする。
1
赤岳展望荘は冬季営業終了。そのせいか、時間的に殆ど人に合わず、ロケーションは最高。贅沢過ぎる。気温−12度
2016年02月27日 09:20撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳展望荘は冬季営業終了。そのせいか、時間的に殆ど人に合わず、ロケーションは最高。贅沢過ぎる。気温−12度
日ノ岳ルンゼ
2016年02月27日 09:37撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日ノ岳ルンゼ
ヤマレコの記録見て、憧れた場所に立てて満足。
2016年02月27日 09:37撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマレコの記録見て、憧れた場所に立てて満足。
2
縦走路を振り返る。
2016年02月27日 09:37撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路を振り返る。
2
やや細く、凍結場所には通過慎重に。でも楽しい。
2016年02月27日 09:45撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やや細く、凍結場所には通過慎重に。でも楽しい。
ルート上は、よく踏まれており、基本的にアイゼンがよく効く。
2016年02月27日 09:45撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルート上は、よく踏まれており、基本的にアイゼンがよく効く。
1
高度感はあるが、クサリは出ている。
2016年02月27日 09:45撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度感はあるが、クサリは出ている。
1
トラバース。締まった雪の道が出来上がっており通過は問題なし。降雪後はもっと厳しいのだろう。
2016年02月27日 09:49撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース。締まった雪の道が出来上がっており通過は問題なし。降雪後はもっと厳しいのだろう。
風弱く、気持ち良い稜線歩き。
2016年02月27日 09:56撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風弱く、気持ち良い稜線歩き。
次第に遠くなる赤岳。離れたくないなー。
2016年02月27日 10:04撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次第に遠くなる赤岳。離れたくないなー。
1
時々、下を見て気持ちを引き締める。
2016年02月27日 10:04撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時々、下を見て気持ちを引き締める。
11:32横岳到着。標識からして積雪どのくらいなんだろ。気温−7度。名残惜しく15分間休憩。
2016年02月27日 10:27撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:32横岳到着。標識からして積雪どのくらいなんだろ。気温−7度。名残惜しく15分間休憩。
3
横岳奥ノ院からの下り。リッジは最初だけ。その後、クサリ場のところが少し緊張。
2016年02月27日 10:37撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳奥ノ院からの下り。リッジは最初だけ。その後、クサリ場のところが少し緊張。
2
あとは風に遊ばれながら、なだらかに降りて登るだけ。
2016年02月27日 10:58撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは風に遊ばれながら、なだらかに降りて登るだけ。
硫黄岳山頂。覚悟していたほど強風ではなく、殆ど足を止めずに登れた。
2016年02月27日 11:32撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳山頂。覚悟していたほど強風ではなく、殆ど足を止めずに登れた。
4
達成感を味わう、の図。
2016年02月27日 11:36撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
達成感を味わう、の図。
3
赤岩の頭。この景色。ザックも降りたくないと申しております。
2016年02月27日 11:59撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩の頭。この景色。ザックも降りたくないと申しております。
1
赤岳鉱泉到着。アイスキャンディで大会しており、賑やか。小屋でカレーを食べて、のんびり美濃戸口まで下山。
2016年02月27日 12:38撮影 by XZ-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉到着。アイスキャンディで大会しており、賑やか。小屋でカレーを食べて、のんびり美濃戸口まで下山。
1

感想/記録

久々の八ヶ岳。20人位の登山客とともに美濃戸口でバスを降車し、登山届を出して出発。雪のない林道歩きだけど所々、凍っている。慎重に通過。気温3度とこの季節にしては暖かい。汗をかかないようにゆっくりペースを守り、美濃戸山荘を通過。薄曇りのなか次第に道の凍結が目立ち、アイゼンを付けるか迷う。北沢を渡る小橋で、大同心が黒々しているのには驚き。今年は雪が少ないのを実感。足が滑りそうになりながらも赤岳鉱泉に到着。気温は−6度で天気も良くなさそうなので早々と宿泊手続きし、自炊室で昼飯。水が無料なのは助かる。そのうち、雪が降り始めた。明日の天候が気になる。
翌朝、外を見ると月や星がきれいだ。6時に小屋朝食を摂って準備。6:45出発。後半に足がもつよう、ゆっくり歩く。行者小屋で数人の登山者がいるが、未だ日帰りの人が来るには早いのだろう。朝日の照らす阿弥陀岳を見上げ、文三郎尾根を登り始める。樹林帯から次第に斜度が上がり、きつくなる。途中足を止めながらも良好な雪質に安定して登る。阿弥陀岳との分岐に着くと、かなりの強風。写真を撮っていると、身体を持ていかれそうになり、再び登り始める。かなり前にいた登山者はもう登り切ったのか、上にも下にも自分ひとりの状況。滑落しても見つからないため、足元と風に気を付けて岩場を登る。息切れしながらも最後のハシゴを登り、8:38赤岳登頂。この尾根は約15年前に来て以来だけど、当時は雪もないのに怖かったな。今回は余裕?
山頂独り占め。すごい気持ち良い。山頂小屋に行くと風よけして休む二人の登山者。この時点で、天候、雪質、体調ともに問題なく、縦走決定。一つでも不安があれば地蔵尾根下山も予定していただけに、すべてに感謝。
展望荘で行動食を摂る。−12度だけど八ヶ岳にしては風が弱く、休んでいてもあまり寒くない。雲がない稜線縦走は最高だ。日ノ岳ルンぜはトレースしっかり。その後も危険個所はクサリが出ているので安心。楽しい気持ちの一方で、小さくなる赤岳にもっとこの場に居たい気持ち。10:30横岳到着。15分ほど休み、短いナイフリッジを下ってクサリ場へ。今までのルートの中では一番の注意ポイントかな。でもすぐに通過。ここからは、強風のなか硫黄岳へ。耐風姿勢を取らずとも歩ける状況で山頂に着いた。雪をサクサクいわせて赤岩の頭に降りる。歩いてきた縦走路を見渡せる絶景ポイント。久々のしっかりした登山は山と一体感が得られて、とても充実したものだった。あとは赤岳鉱泉経由で下山するだけ。ゆっくり山のなかの自然を味わいながら、今回の山を締めくくった。
訪問者数:238人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/8/17
投稿数: 6
2016/2/29 10:12
 無事下山されて良かったです。
美濃戸口からアイゼン装着せず鉱泉宿に着いた単独おじいさんです。
赤岳主稜はすぐ諦めて、文三郎道から登り返し、8時50分に山頂に到着です。その後、予定通り阿弥陀岳北稜から御小屋尾根を下り、14時45分のバスで下山しました。横岳付近のアルパイン風景は素晴らしいですね。またどこかでお会いしましょう。
登録日: 2015/11/15
投稿数: 2
2016/2/29 20:06
 Re: 無事下山されて良かったです。
alpsommetさん。コメントありがとうございます。途中までご一緒させていただき、主稜に入るチャレンジ精神、こちらも頑張ろうと励みになりました。結果、北陵登攀!やりましたね。おめでとうございます 。私より15歳も年上とは思えない登り、尊敬します。また、いつの日かお会いしたいですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ