ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 828354 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走霊仙・伊吹・藤原

竜ヶ岳と砂山(ノートレース踏み抜き地獄・↑遠足↓中道)

日程 2016年03月16日(水) [日帰り]
メンバー garamgarito
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
宇賀渓キャンプ場駐車場を利用。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間52分
休憩
3時間4分
合計
8時間56分
S宇賀渓キャンプ場駐車場05:0605:10自由テント村05:22遠足尾根登山口05:59岩山展望台06:0806:23遠足尾根・新道(大日向)分岐06:3706:44遠足尾根・大鉢山分岐06:4506:55ヤセ尾根ガレ06:5707:08遠足尾根展望良好07:1507:34遠足尾根・裏道分岐07:5508:05金山尾根降り口08:0608:21治田峠分岐08:31P105308:54竜ヶ岳09:1509:37大ガレ上部(食事)10:1610:40中道尾根取付点11:0911:46ヨコ谷出合(No.71)11:5011:57長尾滝11:5812:05砂山分岐12:0812:29砂山奥展望台12:40砂山山頂13:0713:10砂山尾根道降り口 (No.97)13:1113:17水晶橋降り口(No.199)13:18砂山 鉱山跡13:22尾根道分岐 (No.198)13:2313:24登竜荘・水晶分岐13:2513:29砂山尾根道入口13:3114:02宇賀渓キャンプ場駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【積雪状況】
遠足尾根〜竜ヶ岳
・大日向分岐辺りから残雪。
・遠足尾根展望良好ポイント(位置確認No.128を過ぎた辺り)から積雪。
・ヤセ尾根ガレを過ぎた辺りで膝までの積雪。以降モナカ。
・前日のトレースはP1042の途中で消え、以降は鹿や小動物の足跡のみ。
・治田峠分岐付近で80cm程度の積雪。

竜ヶ岳山頂から中道方面
・山頂から約400mは腰までの踏み抜き。ノートレース。
・位置確認No.48辺りまで残雪あり。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 【ベース】NT11331 【インナー】#1107235 【ミドル】NL61232 【帽子】1090-01540 【アウター】NP61502 【インナー】CW-X ジェネレーター 【ミドル】NL21304 【アウター】NP61406 【ネックゲイター】#1118172 【インナーグローブ】キャラバン シームレスグローブ 【アウターグローブ】BD73052 【予備グローブ】防寒テムレス 【予備グローブ】RG3553 【靴下】FITexpeditionbo 【ゲイター】NN88000 【靴】3010-00700
備考 ワカン

写真

宇賀渓駐車場着。
印刷してきた登山届を提出して出発。
2016年03月16日 04:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宇賀渓駐車場着。
印刷してきた登山届を提出して出発。
2
遠足尾根を登る。
2016年03月16日 05:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠足尾根を登る。
1
岩山展望台に到着。
2016年03月16日 05:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩山展望台に到着。
1
岩山展望台から竜ヶ岳山頂。
今日も雪が残っていました。
2016年03月16日 06:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩山展望台から竜ヶ岳山頂。
今日も雪が残っていました。
3
伊勢湾方面。
2016年03月16日 06:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊勢湾方面。
2
赤い竜ヶ岳。
2016年03月16日 06:07撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤い竜ヶ岳。
2
大日向分岐でしばし休憩。
2016年03月16日 06:23撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日向分岐でしばし休憩。
1
この辺りから残雪あり。
2016年03月16日 06:47撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから残雪あり。
こんな感じです。
2016年03月16日 06:49撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じです。
ヤセ尾根ガレ。
雪が凍っていました。
2016年03月16日 06:56撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤセ尾根ガレ。
雪が凍っていました。
予報通り晴れてきました。
2016年03月16日 06:59撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予報通り晴れてきました。
2
伊勢湾を望むT氏。
2016年03月16日 07:11撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊勢湾を望むT氏。
4
藤原岳はもちろん御嶽山や北・中央・南アルプス、名古屋市内が見渡せました。
案内所のおじさん曰く、条件によっては2月〜3月中旬頃に富士山が見えるとか。今日は見えず。
2016年03月16日 07:13撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤原岳はもちろん御嶽山や北・中央・南アルプス、名古屋市内が見渡せました。
案内所のおじさん曰く、条件によっては2月〜3月中旬頃に富士山が見えるとか。今日は見えず。
3
伊勢湾、釈迦ヶ岳方面
2016年03月16日 07:14撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊勢湾、釈迦ヶ岳方面
1
4日前までは完全に溶けたはずの雪が復活。
2016年03月16日 07:17撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4日前までは完全に溶けたはずの雪が復活。
2
想像以上の積雪にテンションが上がります。
前日のトレースあり。
2016年03月16日 07:29撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
想像以上の積雪にテンションが上がります。
前日のトレースあり。
3
だんだんと雪が深くなり・・・
2016年03月16日 07:30撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだんと雪が深くなり・・・
1
P1042手前では膝上までの積雪。しかもモナカです。
前日のトレースに感謝。
2016年03月16日 07:32撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1042手前では膝上までの積雪。しかもモナカです。
前日のトレースに感謝。
6
1年前のP1042までの登りでは強風でクラストしていたため、念のために持ってきていたアイゼン装着。
2016年03月16日 07:47撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1年前のP1042までの登りでは強風でクラストしていたため、念のために持ってきていたアイゼン装着。
1
クラストどころか膝までハマります(深いところでは腰まで)。
前日のトレースは途中で無くなっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラストどころか膝までハマります(深いところでは腰まで)。
前日のトレースは途中で無くなっていました。
1
何とか金山尾根分岐に到着。
この先はシカや小動物の足跡しか有りません。
後続のT氏のために先頭で頑張ります。
2016年03月16日 08:07撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とか金山尾根分岐に到着。
この先はシカや小動物の足跡しか有りません。
後続のT氏のために先頭で頑張ります。
2
嬉しくも悲しい想像以上の積雪量にペースダウン。
ワカンを持って来ればよかった・・・
2016年03月16日 08:12撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嬉しくも悲しい想像以上の積雪量にペースダウン。
ワカンを持って来ればよかった・・・
1
この手前で腰までの積雪
2016年03月16日 08:20撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この手前で腰までの積雪
2
治田峠分岐の標識もご覧のとおり。
積雪量の参考まで。
2016年03月16日 08:22撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
治田峠分岐の標識もご覧のとおり。
積雪量の参考まで。
3
ようやく山頂に近づいたところで雲行きが怪しくなってきました。
2016年03月16日 08:33撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく山頂に近づいたところで雲行きが怪しくなってきました。
2
さっきまでの青空が嘘の様。

2016年03月16日 08:41撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきまでの青空が嘘の様。

2
遠足尾根を振り返る。
2016年03月16日 08:48撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠足尾根を振り返る。
2
山頂までの登りも膝までのモナカ。
2016年03月16日 08:50撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂までの登りも膝までのモナカ。
2
山頂に到着。風強くないのが幸い(おそらく10m/s以下)
2016年03月16日 08:55撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着。風強くないのが幸い(おそらく10m/s以下)
1
琵琶湖や比良山系、御池〜藤原
2016年03月16日 08:55撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶湖や比良山系、御池〜藤原
2
山頂の雪も珍しくモナカ。
2016年03月16日 08:55撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の雪も珍しくモナカ。
3
珍しく風が穏やかな山頂ですが、遮るものがないのでやはり寒い。
2016年03月16日 08:56撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
珍しく風が穏やかな山頂ですが、遮るものがないのでやはり寒い。
5
少し降りて食事にします。
砂山にも寄りたいし、Mっ気のあるT氏に"激下り"と"堰堤の梯子"、"長尾滝の梯子"を体感してもらうために下山は中道をチョイス。
2016年03月16日 09:14撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し降りて食事にします。
砂山にも寄りたいし、Mっ気のあるT氏に"激下り"と"堰堤の梯子"、"長尾滝の梯子"を体感してもらうために下山は中道をチョイス。
4
ここから先もトレースなし。
先頭で腰まで埋もれる洗礼(という名のプレイ)を楽しみました。
2016年03月16日 09:17撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから先もトレースなし。
先頭で腰まで埋もれる洗礼(という名のプレイ)を楽しみました。
3
中道はほぼ1年ぶり。
前回は登りだったので初下りです。
2016年03月16日 09:20撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中道はほぼ1年ぶり。
前回は登りだったので初下りです。
1
踏み抜き地獄もようやく終わり・・・
2016年03月16日 09:31撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み抜き地獄もようやく終わり・・・
2
雪も少なくなった・・・
2016年03月16日 09:31撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪も少なくなった・・・
1
と思いきや、雪復活。
大ガレの上部(No.46辺り)で食事休憩。
2016年03月16日 09:37撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と思いきや、雪復活。
大ガレの上部(No.46辺り)で食事休憩。
激下りの始まり。少し前に外したドロッドロのアイゼンを片手に持って下りました。
2016年03月16日 10:27撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
激下りの始まり。少し前に外したドロッドロのアイゼンを片手に持って下りました。
1
ヨコ谷に合流。
2016年03月16日 10:42撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨコ谷に合流。
1
しばし休憩。ドロッドロのアイゼンを洗って収納。
2016年03月16日 11:04撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばし休憩。ドロッドロのアイゼンを洗って収納。
2
ロープ有り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープ有り。
2
梯子も有りで中道は楽しいですね。
2016年03月16日 11:19撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子も有りで中道は楽しいですね。
2
T氏もご満悦でした。
2016年03月16日 11:21撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
T氏もご満悦でした。
1
短い梯子。
これはこれで曲がっているのでスリル有り。
2016年03月16日 11:30撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
短い梯子。
これはこれで曲がっているのでスリル有り。
1
当初の予定通り砂山を経由します。
2016年03月16日 11:50撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当初の予定通り砂山を経由します。
2
長尾滝を過ぎて・・・
2016年03月16日 11:55撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長尾滝を過ぎて・・・
1
前回は下った梯子を今回は登ります。
2016年03月16日 11:57撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回は下った梯子を今回は登ります。
2
T氏もご満悦。
2016年03月16日 11:58撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
T氏もご満悦。
2
長尾滝上部の渡渉ポイントを過ぎて・・・
2016年03月16日 12:01撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長尾滝上部の渡渉ポイントを過ぎて・・・
3
砂山分岐へ。
2016年03月16日 12:05撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂山分岐へ。
1
御在所岳や鎌ヶ岳に似た感じです。
2016年03月16日 12:16撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳や鎌ヶ岳に似た感じです。
1
なかなか楽しい尾根歩き。
2016年03月16日 12:19撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか楽しい尾根歩き。
2
この辺りはイワクラ尾根や中尾根に似た感じ。
2016年03月16日 12:21撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りはイワクラ尾根や中尾根に似た感じ。
3
これはなかなか楽しい。
2016年03月16日 12:22撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これはなかなか楽しい。
2
楽しいけど踏み抜き地獄での体力消耗のため、この辺りから「砂山はまだか・・・」と考えながら歩いていました。
2016年03月16日 12:28撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しいけど踏み抜き地獄での体力消耗のため、この辺りから「砂山はまだか・・・」と考えながら歩いていました。
2
この辺りでは「疲れた・・」の先に有る「Mの境地」に達してきて、テンションが上がっています。
2016年03月16日 12:40撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りでは「疲れた・・」の先に有る「Mの境地」に達してきて、テンションが上がっています。
1
すぐに砂山に到着。
2016年03月16日 12:42撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに砂山に到着。
ここでも休憩。後は下るのみ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでも休憩。後は下るのみ。
2
砂山から案内所へ向かうとすぐに「砂のボブスレーコース」有り。
ロープが無ければ危険ですね。
2016年03月16日 13:09撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂山から案内所へ向かうとすぐに「砂のボブスレーコース」有り。
ロープが無ければ危険ですね。
1
案内所から砂山まではしっかり整備されていました。
2016年03月16日 13:13撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内所から砂山まではしっかり整備されていました。
休憩所もあり。
2016年03月16日 13:17撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩所もあり。
1
案内板もあり。
2016年03月16日 13:22撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内板もあり。
後はひたすら下る。
2016年03月16日 13:27撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後はひたすら下る。
1
後はひたすら下る。
2016年03月16日 13:32撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後はひたすら下る。
1
テントを張れそうな休憩所発見。
2016年03月16日 13:37撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントを張れそうな休憩所発見。
3
分岐を過ぎてしばらく下ると
2016年03月16日 13:46撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐を過ぎてしばらく下ると
おなじみの光景が見えてきた。
2016年03月16日 14:00撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おなじみの光景が見えてきた。
2
なるほどここから出るのね。
2016年03月16日 14:02撮影 by FDR-X1000V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なるほどここから出るのね。
2
下山完了。お疲れさまでした。
2016年03月16日 14:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山完了。お疲れさまでした。
3

感想/記録
by garam

今日は最近登山を始めたT氏と春の竜ヶ岳(+砂山)登山を計画。

前日(3/15)に自宅から鈴鹿山脈を見てみると、釈迦、竜、藤原が白くなっているじゃない!ということで、念のためアイゼンとT氏用にチェーンスパイクを用意。さすがにワカンはいらないだろうということで置いてきた。

5時前に宇賀渓の駐車場着。
ヘッデンを点けて登り始め、岩山展望台でご来光とモルゲンロートの竜ヶ岳を満喫。
大日向分岐を過ぎた辺りから残雪が有り。
P1042辺りから先はノートレース+膝(たまに腰)までの踏み抜きという状況に、ワカンを持って来ればと後悔。
「今シーズンは終了」と思っていた矢先の予想以上の積雪に「うれションする犬の如き高揚感」を味わった。

1年前に登りで使った中道からの初下山は、激下りや堰堤の梯子を楽しんだ。T氏もご満悦でなにより。

砂山までの尾根歩きや砂山山頂からの展望、案内所からの整備された登山道も楽しめた。
訪問者数:493人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/3/17
投稿数: 1
2016/3/17 20:48
 ありがとうございました😃
下り道マラソンで痛めたひざが、また痛みだして、遅れましたすいません、次はサポーターでも着けますか
登録日: 2014/9/25
投稿数: 42
2016/3/18 1:37
 Re: ありがとうございました😃
お疲れ様でした。
まさかの積雪でしたが、楽しんで頂けてなによりです。
次回は膝に優しめでドM向けの山に逝きましょう。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ