ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 843744 全員に公開 雪山ハイキング日光・那須・筑波

残雪の那須〜茶臼岳・南月山・姥ヶ平

日程 2016年04月10日(日) [日帰り]
メンバー tonebubu, その他メンバー1人
天候晴れのち曇り。強風!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
●東京方面から
 ・那須ICより県道17号線ほか。まっすぐです。

●茨城方面から(馬頭経由)
 ・まず国道293号線に乗る。
 ・若鮎大橋の先で右折、「上町」交差点も右折。国道294号線に。
 ・伊王野の手前で「りんどうライン」へ。
 ・高速道路を越えた先で「湯本方面」に従って右折、りんどう湖傍を抜けて県道68号線へ。  すぐ北の「池田」交差点を左折、県道21号線。
 ・あとは道なり。

<峠の茶屋駐車場>
 ・県営。
 ・広いですが、シーズンは大混雑します。
 ・トイレあり。但し冬季期間(4月下旬まで)は使用不可。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
山と高原地図のCTで、6時間30分ぐらいの行程です。
コース状況/
危険箇所等
【峠の茶屋〜峰の茶屋避難小屋】
 ・整備状況は問題なし。雪がなければ軽装で行けなくもない道です。(軽装はおすすめしま   せんが)
 ・前半の樹林帯と、最終部の谷の横断に雪が残ります。
 ・アイゼン無しでも十分行けます。あれば保険にはなるかも知れません。

【峰の茶屋避難小屋〜茶臼岳〜牛ヶ首】
 ・残雪は一切なし。
 ・登山道としては問題なし。視界不良時は道をロストしやすいかも。

【牛ヶ首〜日の出平〜南月山】
 ・牛ヶ首から日の出平まで、稜線上の残雪。
 ・一部、凍っているので、滑りやすいです。また、雪庇状になったところがありますが、   こちらは問題ないです。雪の状態は毎日変わっていくと思われます。
 ・日の出平から鞍部までも残雪。踏み抜きは仕方ない。

【牛ヶ首〜姥ヶ平】
 ・残雪。踏み抜き多数。
 ・下部で道を見失わないように注意が必要です。

【姥ヶ平〜三斗小屋分岐〜沼原分岐】
 ・残雪。
 ・トラバース箇所が幾つかあり、危険。ダブルストック必携です。出来れば軽アイゼンも。
 ・雪の重みで倒れた藪が、登山道を覆っています。道が分かりづらく、歩きにくいので時間  がかかります。

【沼原分岐〜峰の茶屋避難小屋】
 ・下部に残雪ありますが、危険個所は皆無。
 ・上部に、急な雪の斜面。また、雪が融けたばかりの所、浮き石多く危険です。上部からの  落石もあるかも、です。

 ○本コース(特に姥ヶ平含む西側)を歩く場合、残雪があるので、軽アイゼン、ダブルストッ  クはあった方がいいと思われます。
 ○アイゼンは、普通の軽アイゼンでも良いですが、雪の無い個所も多いので、チェーンアイ  ゼンも使えます。
その他周辺情報<那須湯本 鹿の湯>
 ・41℃〜48℃までの浴槽があります。
 ・シャワー等はありません。(もちろん洗剤も) かけ湯のみ
 ・大人 500円(中学生以上) / 小人 300円
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター マフラー ネックウォーマー 毛帽子 ザック サブザック 輪カンジキ アイゼン スノーシュー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

駐車場から朝日岳。
寒い……!!
2016年04月09日 06:38撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から朝日岳。
寒い……!!
体をあっためるべく、ペースを上げて行きます♪
2016年04月09日 06:46撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
体をあっためるべく、ペースを上げて行きます♪
いきなり残雪出現。
2016年04月09日 06:53撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり残雪出現。
あさひ
2016年04月09日 07:00撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あさひ
3
ちゃうす
2016年04月09日 07:00撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちゃうす
1
穏やかそうに見える?
いえ、すんごい風です。
2016年04月09日 07:11撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穏やかそうに見える?
いえ、すんごい風です。
トラバース。
突風が怖い…
2016年04月09日 07:17撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース。
突風が怖い…
4
ありがたいです。
宿泊はできませんけど。
2016年04月09日 07:21撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ありがたいです。
宿泊はできませんけど。
キター!!裏那須!!
残雪の具合が素晴らしすぎます。
2016年04月09日 07:25撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キター!!裏那須!!
残雪の具合が素晴らしすぎます。
4
大佐飛山(左)と男鹿岳。
レコもたくさん出てますが、今週はまだ大丈夫なのかな?…
2016年04月09日 07:25撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大佐飛山(左)と男鹿岳。
レコもたくさん出てますが、今週はまだ大丈夫なのかな?…
2
絶景の中。
何度も言いますが、すごい強風です。
2016年04月10日 07:49撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶景の中。
何度も言いますが、すごい強風です。
1
悪天候のとき、危ないあたり。
2016年04月09日 07:37撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪天候のとき、危ないあたり。
振り返って、朝日岳。
2016年04月09日 07:37撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って、朝日岳。
あの奥が山頂です。
2016年04月09日 07:47撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの奥が山頂です。
1
到着。
2016年04月09日 07:56撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着。
1
記念に。
父、よく分かんないことやって、祠隠しちゃう…という…
2016年04月10日 08:17撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念に。
父、よく分かんないことやって、祠隠しちゃう…という…
6
左から、大倉山、裏に三倉山、流石山。
2016年04月09日 07:56撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から、大倉山、裏に三倉山、流石山。
5
うっすら、七ヶ岳(ななつがたけ)
その奥の会津駒は今日は無理。
2016年04月09日 07:56撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うっすら、七ヶ岳(ななつがたけ)
その奥の会津駒は今日は無理。
那須連山です。
今年もよろしくおねがいします。
2016年04月09日 07:57撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
那須連山です。
今年もよろしくおねがいします。
2
これもうっすら、旭岳。
2016年04月09日 08:00撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これもうっすら、旭岳。
1
霞んだ景色の中へ…
2016年04月09日 08:27撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞んだ景色の中へ…
次の山はあれです。
雪の残り方がいい感じ…
2016年04月09日 08:29撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の山はあれです。
雪の残り方がいい感じ…
ロープウェイ手前まで下ってきました。
2016年04月09日 08:32撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ手前まで下ってきました。
牛ヶ首より、振り返って。
2016年04月09日 08:51撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛ヶ首より、振り返って。
いざ、日の出平へ。
2016年04月09日 08:52撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いざ、日の出平へ。
せっぴ
2016年04月09日 08:56撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっぴ
日の出平まで雪です。
2016年04月09日 08:57撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出平まで雪です。
4
山頂部も残雪。
2016年04月09日 09:06撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部も残雪。
1
何回か踏み抜いてます。
2016年04月09日 09:17撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何回か踏み抜いてます。
1
白笹山(左)
誰か入ってないかな…
2016年04月09日 09:25撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白笹山(左)
誰か入ってないかな…
1
沼原は雪無さそうです。
湿原がちょっと心配。
2016年04月09日 09:27撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沼原は雪無さそうです。
湿原がちょっと心配。
青空だったらもうちょっと気持ちいいのに…
2016年04月09日 09:28撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空だったらもうちょっと気持ちいいのに…
日の出平のうえに顔を出す、
大倉山と三倉山。
2016年04月09日 09:32撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出平のうえに顔を出す、
大倉山と三倉山。
南月山到着。
山頂標識の「余白」は未だに謎です。
2016年04月09日 09:32撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南月山到着。
山頂標識の「余白」は未だに謎です。
「余白」は、こう使うのかな?
2016年04月10日 10:20撮影 by PENTAX Optio W90, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「余白」は、こう使うのかな?
3
茶臼と日の出平。
とりあえず牛ヶ首まで戻ります。
2016年04月09日 10:01撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶臼と日の出平。
とりあえず牛ヶ首まで戻ります。
残雪たっぷりの日の出平北壁。
2016年04月09日 10:43撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪たっぷりの日の出平北壁。
雪はこんな位です。
2016年04月09日 10:51撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪はこんな位です。
1
姥ヶ平から茶臼。定番の。
2016年04月09日 10:57撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姥ヶ平から茶臼。定番の。
2
ひょうたん池
2016年04月09日 11:01撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひょうたん池
藪で歩きにくい道。
2016年04月09日 11:09撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪で歩きにくい道。
トラバースが危険です。
2016年04月09日 11:24撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバースが危険です。
1
置き去りのストックって…
怖いよ…
2016年04月09日 11:33撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
置き去りのストックって…
怖いよ…
御沢。
この下流にあれがあるんですが…
2016年04月09日 11:48撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御沢。
この下流にあれがあるんですが…
1
イワカガミの葉っぱ。
2016年04月09日 11:59撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミの葉っぱ。
西那須、3分の2まで来ました。
峰の茶屋に登り返します。
2016年04月09日 12:02撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西那須、3分の2まで来ました。
峰の茶屋に登り返します。
那須岳避難小屋。
誰もいないよね〜って言ってたら、中にいました。
失礼いたしました。
2016年04月09日 12:35撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
那須岳避難小屋。
誰もいないよね〜って言ってたら、中にいました。
失礼いたしました。
西面、荒涼としてます。
2016年04月09日 12:49撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西面、荒涼としてます。
きたない雪。
2016年04月09日 13:24撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きたない雪。
一気に下ります。
2016年04月09日 13:29撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一気に下ります。
1
下山。
2016年04月09日 13:35撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山。

感想/記録

 久々の晴れを狙って、那須へ。三本槍と茶臼で悩み、天気が崩れた時の事を考えて茶臼岳周辺へ。
 娘の習い事が発表会前で忙しいため、父と息子(兄)の二人で歩きました。

 予定ぴったり、4時半に家出発。登山口についたのが6時半。
 予定通り(?)風がすごいですね〜何度来ても、那須の風は変わりません。車の陰で準備済ませて、6時45分出発♪
 樹林の中は雪と泥濘、森林限界越えてからは爆風と戦いながら、峰の茶屋へ。強い時は、まっすぐ前向いていると息が出来ないほど!
 雪渓の横断は慎重に、それ以外は風の無いタイミングで急ぎ足、と、そんなことしてたら峰の茶屋に35分で到着。コースタイムの7割は、我が家としては偉業(←さすがに言いすぎ)。
 裏那須見つつ、茶臼岳へはさらに強風の洗礼。本峰手前の窪池が最強。とんでもない風。まわりは絶景なんだけどねぇ…
 岩礫の斜面を風に押されつつテクテク……で、50分弱で山頂到着。
 山頂の岩陰で、父が小キジ撃ったら、あまりの強風に自分自身にあれがかかってしまった事はナイショです。
 こういう事があると良くないので、携帯トイレはちゃんと持参しましょう。
  (↑そーゆー問題じゃない)

 下山は風下斜面で楽々、巻き道も楽々で牛ヶ首。
 南月山までは雪の楽しい道でした。踏み抜いたり滑ったり…。南月山で大休止。

 牛ヶ首まで戻って、姥ヶ平経由、峰の茶屋まで周回してくる事に。
 これが吉だったのか凶だったのか…
 まず、姥ヶ平までの下りで父がやたら踏み抜き、下部でこんどは兄がやたら踏み抜き、姥ヶ平は文句なしの絶景。
 ここから御沢源流の辺りが今日一番の難所。雪の沢を横断してからは急峻なトラバースになり、無雪期と比べてはるかに危険。
 三斗小屋分岐で北に切り返し、一気に急降下。ここで父がほんのちょっと滑落(数メートル)、その後のトラバースをなんとか乗り切って、いったん休憩。
 先は、地形が穏やかになる代わりに道が分かりづらく、藪に覆われた道はなかなか大変でした。
 でも、御沢本流の雪解け水か気持ち良くて…♪
 分岐からは頑張って標高差300m。途中、気になっていた避難小屋も偵察でき、目的は十分達成。
 
 最後は峠の茶屋まで一気に下山。
 鹿の湯の硫黄泉でほっこり〜、中身の濃い一日が終わりました。
訪問者数:636人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ