ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 853925 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

日帰百名山 20 槍・穂高連峰絶景の常念岳蝶ヶ岳周回(三股〜前常念〜常念〜蝶ヶ岳〜)

日程 2016年04月26日(火) [日帰り]
メンバー karasawa246
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間21分
休憩
17分
合計
7時間38分
Sスタート地点09:1809:29三股登山口09:3011:45前常念岳11:4612:39常念岳12:5114:43蝶槍14:4414:47蝶ヶ岳三角点14:52蝶ヶ岳・蝶槍間分岐(横尾方面)15:09蝶ヶ岳ヒュッテ16:14まめうち平16:37ゴジラの木16:3816:48三股登山口16:4916:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

常念岳(じょうねんだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)南部の常念山脈にある標高2,857 mの山である。山体すべてが長野県に属し、松本市と安曇野市にまたがる。常念山脈の主峰。日本百名山のひとつです。ピラミッド型の山容は一目瞭然で遠くからでもすぐに見つけられます。
2016年04月26日 08:53撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳(じょうねんだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)南部の常念山脈にある標高2,857 mの山である。山体すべてが長野県に属し、松本市と安曇野市にまたがる。常念山脈の主峰。日本百名山のひとつです。ピラミッド型の山容は一目瞭然で遠くからでもすぐに見つけられます。
2
三股登山口駐車場からスタートです。三股登山口駐車場には10台止めてありました。おそらくゴールデンウィークには満車になると思います。
2016年04月26日 09:18撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三股登山口駐車場からスタートです。三股登山口駐車場には10台止めてありました。おそらくゴールデンウィークには満車になると思います。
登山届はこちらで記入可能です。
山小屋関係の方はここまで車で入れるみたいです。
2016年04月26日 09:28撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山届はこちらで記入可能です。
山小屋関係の方はここまで車で入れるみたいです。
前回は去年の11月28日、初冠雪があった翌日で山頂までなんと5時間30分もかかった記憶があります。昨年同時期は一ノ沢からのトライでした。
2016年04月26日 09:29撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回は去年の11月28日、初冠雪があった翌日で山頂までなんと5時間30分もかかった記憶があります。昨年同時期は一ノ沢からのトライでした。
急登が終わって平坦になる標高2100m付近から雪があらわれ森林限界までつづきます。この時間でも踏み抜きのないザラメ雪でした。森林限界を越えるといっきに視界が開け前常念が姿をあらわしました。奥に主峰の常念もみえました。
2016年04月26日 11:06撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登が終わって平坦になる標高2100m付近から雪があらわれ森林限界までつづきます。この時間でも踏み抜きのないザラメ雪でした。森林限界を越えるといっきに視界が開け前常念が姿をあらわしました。奥に主峰の常念もみえました。
前常念独特の花崗岩の岩塊が積み重なっていて変化に富んでいてわたし好みです。反対側の蝶ヶ岳もいいかんじです。
2016年04月26日 11:22撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前常念独特の花崗岩の岩塊が積み重なっていて変化に富んでいてわたし好みです。反対側の蝶ヶ岳もいいかんじです。
2
アップしました。だんだんと穂高連峰が現れ始めました。こっちはもっといい感じです。
2016年04月26日 11:19撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップしました。だんだんと穂高連峰が現れ始めました。こっちはもっといい感じです。
5
あともう少しで、前常念です。11月28日はここでひざ上ラッセルでかろうじて屋根だけ見えました。
2016年04月26日 11:44撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あともう少しで、前常念です。11月28日はここでひざ上ラッセルでかろうじて屋根だけ見えました。
1
前常念登頂\(^o^)/大天井岳(おてんしょうだけ)と燕岳(つばくろだけ)の奥に劔岳も見えました。
2016年04月26日 11:53撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前常念登頂\(^o^)/大天井岳(おてんしょうだけ)と燕岳(つばくろだけ)の奥に劔岳も見えました。
3
主峰の常念岳の左には南岳(みなみだけ)、右には鷲羽岳(わしばだけ)が見えてきました。
2016年04月26日 11:55撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主峰の常念岳の左には南岳(みなみだけ)、右には鷲羽岳(わしばだけ)が見えてきました。
3
魅了されていたらお昼になったので、ここでランチタイムです。このひと時が幸せでたまりません。
2016年04月26日 12:03撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魅了されていたらお昼になったので、ここでランチタイムです。このひと時が幸せでたまりません。
5
稜線の雪渓歩きの再スタートです。
乗鞍岳の奥に御岳山も見えてきました。
2016年04月26日 12:22撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の雪渓歩きの再スタートです。
乗鞍岳の奥に御岳山も見えてきました。
1
常念乗越の常念小屋も見えてきました。
2016年04月26日 12:33撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念乗越の常念小屋も見えてきました。
2
ここへきてやっと槍様の登場です。圧巻で言葉になりません。鷲羽岳、黒部五郎岳もみえました。
2016年04月26日 12:33撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここへきてやっと槍様の登場です。圧巻で言葉になりません。鷲羽岳、黒部五郎岳もみえました。
6
これぞ槍・穂高連峰の絶景!!
2857m常念岳登頂\(^o^)/です。
2016年04月26日 12:41撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これぞ槍・穂高連峰の絶景!!
2857m常念岳登頂\(^o^)/です。
9
ゴールデンウィーク前の独り占めの絶景で感動に包まれました。
2016年04月26日 12:42撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴールデンウィーク前の独り占めの絶景で感動に包まれました。
6
遠くに立山、剱岳、後ろ立山連峰も
2016年04月26日 12:45撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに立山、剱岳、後ろ立山連峰も
2
やっぱり槍ヶ岳!!
2016年04月26日 12:45撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり槍ヶ岳!!
4
そろそろ行きたい穂高連峰!ゴールデンウィークは涸沢カール混雑しそうです。
2016年04月26日 12:45撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろ行きたい穂高連峰!ゴールデンウィークは涸沢カール混雑しそうです。
1
槍ヶ岳のアップです。
2016年04月26日 12:46撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳のアップです。
12
前穂、奥穂、北穂の穂高連峰もアップです。
2016年04月26日 12:46撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂、奥穂、北穂の穂高連峰もアップです。
2
いざ周回コースへ蝶ヶ岳を目指しコルまで下ります。
2016年04月26日 12:49撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いざ周回コースへ蝶ヶ岳を目指しコルまで下ります。
1
森林がではじめて、雪渓も再び登場です。この登り返しがとても辛いです。ここは踏み抜きもかなりあり半端ないです。
2016年04月26日 14:13撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林がではじめて、雪渓も再び登場です。この登り返しがとても辛いです。ここは踏み抜きもかなりあり半端ないです。
4
そうゆう時は振り返って、
槍・穂高連峰の絶景でパワー注入\(^o^)/
2016年04月26日 14:39撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そうゆう時は振り返って、
槍・穂高連峰の絶景でパワー注入\(^o^)/
3
蝶槍で本日山小屋泊される女性含めた3名とお会いできました。
2016年04月26日 14:46撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶槍で本日山小屋泊される女性含めた3名とお会いできました。
2
上高地、横尾の分岐地点です。
2016年04月26日 14:52撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地、横尾の分岐地点です。
1
蝶ヶ岳登頂\(^o^)/(ちょうがたけ)は、飛騨山脈(北アルプス)にある標高2,677mの山。常念山脈の稜線上、常念岳の南にあり、山体すべてが長野県に属する。中部山岳国立公園内にある
2016年04月26日 15:06撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳登頂\(^o^)/(ちょうがたけ)は、飛騨山脈(北アルプス)にある標高2,677mの山。常念山脈の稜線上、常念岳の南にあり、山体すべてが長野県に属する。中部山岳国立公園内にある
4
テント泊されるカップルもおられました。ここからは安曇野、松本平の夜景と満点の星空の、コラボレーションが楽しめそうで、うらやましく思いました。
2016年04月26日 15:10撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント泊されるカップルもおられました。ここからは安曇野、松本平の夜景と満点の星空の、コラボレーションが楽しめそうで、うらやましく思いました。
1
下山スタートです。
北斜面のこちらは例年梅雨時まで雪が残っていて、残雪が少ない今日でも1メートル以上の積雪でした。
2016年04月26日 15:21撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山スタートです。
北斜面のこちらは例年梅雨時まで雪が残っていて、残雪が少ない今日でも1メートル以上の積雪でした。
1
標高1900mまで残雪があり急登と踏み抜きの連続で体力消耗しました。
そんななか御約束のゴジラの木でホット一息なごみます。
2016年04月26日 16:37撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1900mまで残雪があり急登と踏み抜きの連続で体力消耗しました。
そんななか御約束のゴジラの木でホット一息なごみます。
2
無事に下山完了です。
駐車場には2台の車がありました。
お疲れさまでした。
最後まで御覧頂きありがとうございました。
2016年04月26日 16:57撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に下山完了です。
駐車場には2台の車がありました。
お疲れさまでした。
最後まで御覧頂きありがとうございました。
3
撮影機材:

感想/記録

常念岳(じょうねんだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)南部の常念山脈にある標高2,857 mの山である。山体すべてが長野県に属し、松本市と安曇野市にまたがる。常念山脈の主峰。日本百名山のひとつです。ピラミッド型の山容は一目瞭然で遠くからでもすぐに見つけられます。
今日は三股登山口駐車場からスタートです。三股登山口駐車場には10台止めてありました。おそらくゴールデンウィークには満車になると思います。
登山届はこちらで記入可能です。
山小屋関係の方はここまで車で入れるみたいです。
前回は去年の11月28日、初冠雪があった翌日で山頂までなんと5時間30分もかかった記憶があります。昨年同時期は一ノ沢からのトライでした。
急登が終わって平坦になる標高2100m付近から雪があらわれ森林限界までつづきます。この時間でも踏み抜きのないザラメ雪でした。森林限界を越えるといっきに視界が開け前常念が姿をあらわしました。奥に主峰の常念もみえました。
前常念独特の花崗岩の岩塊が積み重なっていて変化に富んでいてわたし好みです。反対側の蝶ヶ岳もいいかんじです。
アップしました。だんだんと穂高連峰が現れ始めました。こっちはもっといい感じです。
あともう少しで、前常念です。11月28日はここでひざ上ラッセルでかろうじて屋根だけ見えました。
前常念登頂\(^o^)/大天井岳(おてんしょうだけ)と燕岳(つばくろだけ)の奥に劔岳も見えました。
主峰の常念岳の左には南岳(みなみだけ)、右には鷲羽岳(わしばだけ)が見えてきました。
魅了されていたらお昼になったので、ここでランチタイムです。このひと時が幸せでたまりません。
稜線の雪渓歩きの再スタートです。
乗鞍岳の奥に御岳山も見えてきました。
常念乗越の常念小屋も見えてきました。
ここへきてやっと槍様の登場です。圧巻で言葉になりません。鷲羽岳、黒部五郎岳もみえました。
これぞ槍・穂高連峰の絶景!!
2857m常念岳登頂\(^o^)/です。
ゴールデンウィーク前の独り占めの絶景で感動に包まれました。
遠くに立山、剱岳、後ろ立山連峰も
やっぱり槍ヶ岳!!
そろそろ行きたい穂高連峰!ゴールデンウィークは涸沢カール混雑しそうです。
槍ヶ岳のアップです。
前穂、奥穂、北穂の穂高連峰もアップです。
いざ周回コースへ蝶ヶ岳を目指しコルまで下ります。
森林がではじめて、雪渓も再び登場です。この登り返しがとても辛いです。ここは踏み抜きもかなりあり半端ないです。
そうゆう時は振り返って、
槍・穂高連峰の絶景でパワー注入\(^o^)/
蝶槍で本日山小屋泊される女性含めた3名とお会いできました。
上高地、横尾の分岐地点です。
蝶ヶ岳登頂\(^o^)/(ちょうがたけ)は、飛騨山脈(北アルプス)にある標高2,677mの山。常念山脈の稜線上、常念岳の南にあり、山体すべてが長野県に属する。中部山岳国立公園内にある
テント泊されるカップルもおられました。ここからは安曇野、松本平の夜景と満点の星空の、コラボレーションが楽しめそうで、うらやましく思いました。
下山スタートです。
北斜面のこちらは例年梅雨時まで雪が残っていて、残雪が少ない今日でも1メートル以上の積雪でした。
標高1900mまで残雪があり急登と踏み抜きの連続で体力消耗しました。
そんななか御約束のゴジラの木でホット一息なごみます。
無事に下山完了です。
駐車場には2台の車がありました。
お疲れさまでした。
最後まで御覧頂きありがとうございました。
よろしかったら前回の火打山の山行も御覧ください。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-849469.html
アクセスランキングベストスリー
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-840971.html
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-822974.html
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-836978.html
訪問者数:1694人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ