ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 874855 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥武蔵

[はぐれ山徊 2]  旧正丸峠から武甲山

日程 2016年05月15日(日) [日帰り]
メンバー atosukoshi
アクセス
利用交通機関
電車
西武鉄道 三峰口線(?) は電車の本数が少なく、秩父駅でも池袋線(?)と全く連携していないので都心に戻ってくるのに笑ってしまう程の時間が掛かります。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

08:40 正丸駅
09:35 旧正丸峠 〜 09:40
10:05 正丸峠
10:35 伊豆ヶ岳男坂取り付き
10:50 伊豆ヶ岳 〜 11:05
11:25 山伏峠
12:20 前武川岳
12:30 武川岳 〜 12:40
13:00 妻坂峠
14:05 大持山 〜 14:15
14:45 小持山
15:15 シラジクボ
15:45 武甲山 〜 16:00
16:20 長者屋敷の頭
16:35 尾根筋から側面への左折点
17:00 橋立川林道終点 〜 17:15
18:00 浦山口駅


【お断り】
ルート図は、スマホGPSアプリ=山旅ロガーのログで書かれていますが、
その時間は編集していますので全く出鱈目です。
上記コースタイムを参照下さい。



コース状況/
危険箇所等
・登山道は全体を通じて道標がよく整備されています。
 ただ、写真にも書きましたが、小持山の先の武士平への分岐を示す道標には錯乱させられます。
・どの登り下りもキツイ斜面を持っています。
 どこも登りでは気にならないかも知れませんが、下降では緊張します。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

正丸駅
数十名の人が降りました。
人気の山のようです。
私、最寄り駅の初発電車で来たんですがこの時間です。
秩父、遠いぃ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正丸駅
数十名の人が降りました。
人気の山のようです。
私、最寄り駅の初発電車で来たんですがこの時間です。
秩父、遠いぃ。
3
駅前の国道299に出て2つ目の脇道のここを入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅前の国道299に出て2つ目の脇道のここを入ります。
2
舗装路ではなく直進します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路ではなく直進します。
旧正丸峠への登山道
クモの巣に何回かひっかかりました。
あんなに沢山の人が電車から降りたのにここを登る人はほとんど居ないみたいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧正丸峠への登山道
クモの巣に何回かひっかかりました。
あんなに沢山の人が電車から降りたのにここを登る人はほとんど居ないみたいです。
1
旧正丸峠
残念、眺望はありません。
でも、静かなのが良いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧正丸峠
残念、眺望はありません。
でも、静かなのが良いです。
1
では、ここから武甲山までの縦走に入りましょう。
武甲山まで殆どが右手(秩父側)は自然林で左手(飯能市側)が植林でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、ここから武甲山までの縦走に入りましょう。
武甲山まで殆どが右手(秩父側)は自然林で左手(飯能市側)が植林でした。
5
川越山
カワゼ山と読むの?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川越山
カワゼ山と読むの?
3
こんなのが出てくると現在の正丸峠=車道は近いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなのが出てくると現在の正丸峠=車道は近いです。
植林の径
次第に人が増えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林の径
次第に人が増えてきた。
4
道標があれば何故か今日はシャッターを切ってしまう。
この先の急登で2〜30人の縦列が出来ていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標があれば何故か今日はシャッターを切ってしまう。
この先の急登で2〜30人の縦列が出来ていた。
2
思っていた以上に長い岩場です。
確かに右や左に逃げると落石おこしそうですね。
でも誰一人としてヘルメットは着用していなかったような・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思っていた以上に長い岩場です。
確かに右や左に逃げると落石おこしそうですね。
でも誰一人としてヘルメットは着用していなかったような・・・
6
おっ、まだ続きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ、まだ続きます
1
壁を登り切ってもまだ楽しめます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
壁を登り切ってもまだ楽しめます
3
さらに楽しんで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに楽しんで
2
これが最後でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが最後でした
3
伊豆ヶ岳の山頂は人が一杯でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳の山頂は人が一杯でした
メインの道標には人が絶えないので、とりあえずこの墓石みたいなので我慢することに・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メインの道標には人が絶えないので、とりあえずこの墓石みたいなので我慢することに・・・
3
山頂の少し先で山伏峠への径を分けます。
伊豆ヶ岳のあの多くの人は誰も山伏峠を目指しません。
一気に静けさが戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の少し先で山伏峠への径を分けます。
伊豆ヶ岳のあの多くの人は誰も山伏峠を目指しません。
一気に静けさが戻ってきました。
1
おかげで径は少々荒れてます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おかげで径は少々荒れてます。
面白がってこの上を歩きましたが、歩きやすいわけではなかったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
面白がってこの上を歩きましたが、歩きやすいわけではなかったです。
3
山伏峠の道標
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山伏峠の道標
山伏峠はこんな車道
秩父から車で帰る時はいつもお世話になっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山伏峠はこんな車道
秩父から車で帰る時はいつもお世話になっています。
山伏峠からの武川岳への登り口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山伏峠からの武川岳への登り口
武川岳まで2.5Kmもあるらしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武川岳まで2.5Kmもあるらしい
植林するには一旦山肌を丸裸に。
これじゃ鹿が里に降りてきて畑荒らしても仕方ないですネ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林するには一旦山肌を丸裸に。
これじゃ鹿が里に降りてきて畑荒らしても仕方ないですネ。
植林作業用の林道を横切ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林作業用の林道を横切ります。
1
かなり登って来た気で居るのにまだ1.8Kmもある。
今回ここの登りが一番辛かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり登って来た気で居るのにまだ1.8Kmもある。
今回ここの登りが一番辛かったです。
2
径は悪くないですよ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
径は悪くないですよ
やっぱり自然林の方がいいですよね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり自然林の方がいいですよね。
1
前武川岳=天狗尾根との分岐
ここまでが辛かった。
この先はあっさり武川岳まで行けました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前武川岳=天狗尾根との分岐
ここまでが辛かった。
この先はあっさり武川岳まで行けました。
ウーン自然林がいい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウーン自然林がいい
2
武川岳、到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武川岳、到着。
武川岳
へんぴな山頂だと思っていたのですが、結構人がおられます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武川岳
へんぴな山頂だと思っていたのですが、結構人がおられます。
ついに標高は1000mを越えた。
待ってろよラスボス武甲山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに標高は1000mを越えた。
待ってろよラスボス武甲山
3
何もなくても自然林には風情がある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何もなくても自然林には風情がある
妻坂峠
結構キツイ坂を下ってきた。
女性は相当怖がるのでは?と思う径だった。
登りなら問題ないでしょうけど・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妻坂峠
結構キツイ坂を下ってきた。
女性は相当怖がるのでは?と思う径だった。
登りなら問題ないでしょうけど・・・
3
妻坂峠
折角武川岳で標高1000mを越えたのに200mも下ってきた。
もったいない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妻坂峠
折角武川岳で標高1000mを越えたのに200mも下ってきた。
もったいない。
おっ、ここは右手が植林地帯だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ、ここは右手が植林地帯だ。
木漏れ日が気持ちいい
そう言えば、今日は風が冷たいので快調に歩ける。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木漏れ日が気持ちいい
そう言えば、今日は風が冷たいので快調に歩ける。
1
大持山
再び標高1000mを越えた。
しかもラスボス武甲山と10mほどしか差がない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大持山
再び標高1000mを越えた。
しかもラスボス武甲山と10mほどしか差がない。
3
子持山への尾根は比較的細くて気持ちいいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子持山への尾根は比較的細くて気持ちいいです。
1
少し岩っぽくもなってきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し岩っぽくもなってきます。
1
そしてついにラスボス武甲山をロックオン
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてついにラスボス武甲山をロックオン
4
遠かった武甲山もこの時は近くに見えて
「意外と小さい」と感じた。
その次の瞬間、「登れる」と確信した。
ここまでは常にエスケープルートを考えながら歩いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠かった武甲山もこの時は近くに見えて
「意外と小さい」と感じた。
その次の瞬間、「登れる」と確信した。
ここまでは常にエスケープルートを考えながら歩いた。
7
この道標にはウロウロさせられた。
武士平ってどこ?
武甲山は?
ザック降ろして地図確認、でも分からず。
武甲山は右側を直進です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道標にはウロウロさせられた。
武士平ってどこ?
武甲山は?
ザック降ろして地図確認、でも分からず。
武甲山は右側を直進です。
道標の裏へ回ると武甲山の方向が書かれていた。
紛らわしい道標でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標の裏へ回ると武甲山の方向が書かれていた。
紛らわしい道標でした。
シラジクボ
ここが最後のコルです。
ここから登り切ったら今日の登りは終わりです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラジクボ
ここが最後のコルです。
ここから登り切ったら今日の登りは終わりです。
バイケイソウ?コバイケイソウ?私には分かりません。
花が咲けばまだ分かるかも知れないのですが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バイケイソウ?コバイケイソウ?私には分かりません。
花が咲けばまだ分かるかも知れないのですが・・・
2
武甲山山頂の社
無事の登頂、ありがとうございました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武甲山山頂の社
無事の登頂、ありがとうございました。
1
武甲山
この第2展望はあまり見えないので左の第一展望へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武甲山
この第2展望はあまり見えないので左の第一展望へ
武甲山・山頂
第一展望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武甲山・山頂
第一展望
2
秩父の街並み
足元は、標高600mも石灰岩として削り取られています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秩父の街並み
足元は、標高600mも石灰岩として削り取られています。
1
ラスボス武甲山・山頂
想定よりも大人しい山でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラスボス武甲山・山頂
想定よりも大人しい山でした。
7

この静けさがいいですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す

この静けさがいいですね。
3
長者屋敷の頭の先は気持ちいい尾根です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長者屋敷の頭の先は気持ちいい尾根です。
1
気持ちは良いですが少し傾斜はあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちは良いですが少し傾斜はあります。
2
ほどなくすると植林帯を通るようになって、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなくすると植林帯を通るようになって、
ここで尾根筋から離れて左の尾根の側面に入ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで尾根筋から離れて左の尾根の側面に入ります。
1
地図から想像出来るとおり、尾根の急な側面を200m下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図から想像出来るとおり、尾根の急な側面を200m下ります。
尾根の側面下降はここで終了。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の側面下降はここで終了。
橋立川を左岸に渡れば、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋立川を左岸に渡れば、
1
林道の終点に出ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の終点に出ます。
1
降りてきた径の正面が浦山口の駅だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りてきた径の正面が浦山口の駅だった
ガラガラの電車
30分待ってやっと来た電車の乗客は若夫婦と子供の3人だけだった。
そして家に帰り着くまで4時間半。
秩父は遠〜〜〜い
いい山だったのに残念だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガラガラの電車
30分待ってやっと来た電車の乗客は若夫婦と子供の3人だけだった。
そして家に帰り着くまで4時間半。
秩父は遠〜〜〜い
いい山だったのに残念だ。
8

感想/記録

2016年03月26日の miruru さんのレコ「ラスボス武甲山へ! 〜子ノ権現から♪」
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-834388.html
に魅せられて旧・正丸峠から武甲山へと歩いてきた。
高麗川上流の正丸駅から幾重にも連なる山々を越えていき、次第に高度を上げて最後に挑む奥武蔵の盟主 武甲山 のイメージは正にラスボスだ。
歩ききれるかどうか多少の不安はあるが行ってみた。
計画するにあたり miruru さんとは入山と下山のルートを変えた。
変えた理由の一つは、飯能(ハンノウ)から秩父へ車で入る時に通っていた長い正丸トンネルの上の正丸峠にいつか行ってみたいと思っていたし、
伊豆ヶ岳の岩場は登山道としては面白そうな写真がこのヤマレコに何度も紹介されていたので登ってみたかった。
それで、伊豆ヶ岳へは旧・正丸峠から目指すことにした。
また、下山は車道歩きの短い浦山口駅へ向かう事にした。
そもそもどうして miruru さんは車道歩きの長い横瀬駅へと計画されたのか不思議だったが、行ってみたら分かった。
浦山口駅に下山しても電車の本数がない。
1時間以上の待ち時間を見ておかないと都心部に戻って来れない。
朝は、一番早い電車で行って、家から正丸駅に3時間、掛かっている。
それが帰りは4時間半も掛かってしまった。

丹沢と違ってヒルのいない秩父の山々は、明るく爽やかで気持ちよかったが、電車がこれでは行きづらい。
残念!!


訪問者数:472人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/8
投稿数: 269
2016/5/27 21:34
 atosukoshiさん♪
こんばんは♪初めまして♪
ご訪問が遅くなってしまい、大変申し訳ないです。。まさか自分のレコが登場するなんて。。嬉しいやら、恥ずかしいやら(〃∇〃)
リンクまで、ありがとうございます♥

神奈川からお時間掛かっていらして♪奥武蔵主脈半分を岩場付きで楽しまれたようで良かったです。。ヽ(^。^)ノ
この時季、気温も高く、樹林帯歩きも多いので、大変ではなかったですか?
武川岳と妻坂峠からの登り込みは、とてもキツいですよね。、やっと着いた武甲山では、頂上は確かにこじんまりかも(笑) でも登りきった後の爽快さは格別だった気がします。°**+
浦山口へは遅くなったので行けなかったのでした💧
横瀬駅迄はもう歩くまいと思ったのに、先週も歩いてしまいましたよ💧

長くなってしまいすみません。嬉しかったので(*^^*)
これからもどうぞよろしくお願いいたします♥
miruru🐶
登録日: 2012/10/8
投稿数: 99
2016/5/27 23:47
 Re: atosukoshiさん♪
miruru さん、コメントありがとうございます。

幾つものピークを越えていって、徐々に高度を上げてラスボス武甲山、良いコースを紹介してもらったと楽しんできました。
けっこうブナの木も残っている気持ちの良いコースでした。
キツかったけど。
これが何とか行けたので次は?と思っていたら、 天覧山 から??
これをまねるのは無理。
真似たら2〜3ヶ月静養が必要そう
もう少しやさしいところをお願いします

ありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ