ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 894254 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

2016年6月11日 表日光連山縦走(ナイトハイク付)計画変更編

日程 2016年06月11日(土) [日帰り]
メンバー unitorotareo
天候星の綺麗な夜からの快晴後曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
日光キスゲ平駐車場に自家用車を停め、中禅寺湖より日光駅行バスと大笹牧場行きバスにて車回収
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間26分
休憩
1時間37分
合計
12時間3分
S霧降高原駐車場01:0801:16八平ヶ原分岐01:31キスゲ平01:31小丸山01:33丸山分岐01:3402:15赤薙山02:1602:52奥社跡02:5703:28独標03:3204:15女峰山05:1105:21専女山05:2205:30帝釈山05:3206:20富士見峠06:2207:04小真名子山07:0607:28鷹の巣07:2908:05大真名子山08:59志津乗越09:1709:20志津避難小屋09:2111:04男体山11:0511:28二荒山神社奥宮11:3012:12七合目12:37四合目13:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
この日は少し前に雨が降ったようで登山道が濡れていました。女峰山までは踏み跡がしっかりしているので道は明確。帝釈山より先の登山道は人の入りが少ないみたいで倒木が多く歩きづらいです。小真子山からのガレ場の注意です。このルートは再度上り返しがあり倒木が多いので注意です。裏男体山からはえぐれた登山道を行きますのでルート明確。男体山の下山は急下りの岩場地帯ですので脚を痛めやすいので慎重に下りましょう。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

今回のルート。時間制限がある身分の為夜中出発します
コースタイム16時間と中々のルート(行動予定13時間目標)
実はこれはエスケープルートで本来は志津乗越より唐沢避難小屋経由の再度女峰山で霧降高原のルートでした(w
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回のルート。時間制限がある身分の為夜中出発します
コースタイム16時間と中々のルート(行動予定13時間目標)
実はこれはエスケープルートで本来は志津乗越より唐沢避難小屋経由の再度女峰山で霧降高原のルートでした(w
1
6月11日またもや霧降高原から表日光連山縦走スタート
AM1:00
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6月11日またもや霧降高原から表日光連山縦走スタート
AM1:00
真っ暗な中一理が曽根。暗いなかでの行動は下りが緊張を要します。昨晩降雨があり滑りやすい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ暗な中一理が曽根。暗いなかでの行動は下りが緊張を要します。昨晩降雨があり滑りやすい
1
P2318当たりの稜線あたりの樹林帯から@AM3:30 微妙に明るくなってくる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P2318当たりの稜線あたりの樹林帯から@AM3:30 微妙に明るくなってくる
1
女峰山手前からAM4:04 あともう少しで頂上
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女峰山手前からAM4:04 あともう少しで頂上
最後の頂陵部
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の頂陵部
概ね時間通り朝焼けが始まりかけた女峰山到着AM4:16
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
概ね時間通り朝焼けが始まりかけた女峰山到着AM4:16
7
ご来光タイム開始です。この瞬間がなんとも言えない。天気よくなりそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご来光タイム開始です。この瞬間がなんとも言えない。天気よくなりそうです。
1
山頂写真1 奥白根 皇海山方面 雲がついてます。写真ボケてる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂写真1 奥白根 皇海山方面 雲がついてます。写真ボケてる
1
山頂写真2 山頂標識(どっち向いてる?)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂写真2 山頂標識(どっち向いてる?)
山頂写真3 染まり始める田心姫命様。今日もお美しいでございます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂写真3 染まり始める田心姫命様。今日もお美しいでございます。
1
山頂写真4 縦走予定の日光連山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂写真4 縦走予定の日光連山
3
山頂写真5 来ましたご来光 頂上からのご来光は格別!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂写真5 来ましたご来光 頂上からのご来光は格別!
6
山頂写真6 朝日とアサヒ 頂上でのアサヒも格別!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂写真6 朝日とアサヒ 頂上でのアサヒも格別!
3
山頂写真7 誰もいない中素晴らしい景色の中での至福の時間!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂写真7 誰もいない中素晴らしい景色の中での至福の時間!
2
山頂写真8 もう一度、今日はお化粧が派手ですね田心姫命様!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂写真8 もう一度、今日はお化粧が派手ですね田心姫命様!
1
山頂写真9 焼ける山頂標識 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂写真9 焼ける山頂標識 
4
山頂写真10 帝釈山方面痩せ尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂写真10 帝釈山方面痩せ尾根
2
山頂写真11 帝釈山方面痩せ尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂写真11 帝釈山方面痩せ尾根
2
山頂写真12 焼けるピーク女峰山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂写真12 焼けるピーク女峰山
山頂写真13 焼ける山頂標識 中々見れないですから感激ものですよしかも快晴!本日のベストショットです。やっぱこの山最高だわ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂写真13 焼ける山頂標識 中々見れないですから感激ものですよしかも快晴!本日のベストショットです。やっぱこの山最高だわ!
3
山頂写真14 いつの間にか男体山にも雲
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂写真14 いつの間にか男体山にも雲
1
赤く染まる山頂標識とセルフ撮りして喜こんでいる中年男性。酔っ払いじゃないですよ(w
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤く染まる山頂標識とセルフ撮りして喜こんでいる中年男性。酔っ払いじゃないですよ(w
5
山のシルエットも美しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山のシルエットも美しい
3
本日は早朝の気温6度でもアサヒは頂きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日は早朝の気温6度でもアサヒは頂きました。
またもや太陽が2つ。お得だねではなく下の水湖(ダム・調整池)に照り返された光でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またもや太陽が2つ。お得だねではなく下の水湖(ダム・調整池)に照り返された光でした
4
帝釈山からの女峰山。ありがとうお母様。ではこれからご家族にご挨拶をしに行って参ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帝釈山からの女峰山。ありがとうお母様。ではこれからご家族にご挨拶をしに行って参ります。
3
帝釈山からの登山道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帝釈山からの登山道。
400m程下って富士見峠。上り返し地獄の始まり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
400m程下って富士見峠。上り返し地獄の始まり
1
ガレ場と青空 澄み切った青空ですがガレ場はきつい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場と青空 澄み切った青空ですがガレ場はきつい
4
ガレ場の所々でこの大量にお花が群生してます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場の所々でこの大量にお花が群生してます。
2
ガレ場の急登中から帝釈山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場の急登中から帝釈山。
2
小真子山の反射板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小真子山の反射板
小真子山頂上 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小真子山頂上 
200m程下り鷹の巣?はどこ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
200m程下り鷹の巣?はどこ?
行く手を阻むかのように大真子山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行く手を阻むかのように大真子山
倒木多く歩きづらいです。おかげで今日も直したばかりのタイツ破った(げー)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木多く歩きづらいです。おかげで今日も直したばかりのタイツ破った(げー)
大真子山山頂。急登りを終えてから緩い斜面を行くので精神的にやられます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大真子山山頂。急登りを終えてから緩い斜面を行くので精神的にやられます。
1
日光三剣の千鳥返し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日光三剣の千鳥返し
1
志津乗越到着。休憩しながらコースを考える。本来のルートはここから馬立、唐沢避難小屋経由にて再度女峰山を経て霧降高原へ戻る予定でしたが体力的と時間がないのでエスケープルート(男体山)へ変更
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
志津乗越到着。休憩しながらコースを考える。本来のルートはここから馬立、唐沢避難小屋経由にて再度女峰山を経て霧降高原へ戻る予定でしたが体力的と時間がないのでエスケープルート(男体山)へ変更
志津避難小屋の二荒山神社
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
志津避難小屋の二荒山神社
1
ひーこら言いながら男体山到着。正直もう登らなくて済むという心の喜び。太郎君(息子 ♂は趣味ではないのでまたの機会に)刀身が霧と一体化して見えないです(妖刀?)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひーこら言いながら男体山到着。正直もう登らなくて済むという心の喜び。太郎君(息子 ♂は趣味ではないのでまたの機会に)刀身が霧と一体化して見えないです(妖刀?)
1
30分程休憩と補給を行い下山開始。人気の百名山だけあって人が多いので待ち時間が多いです。しかも急下りなので足腰に優しくない…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
30分程休憩と補給を行い下山開始。人気の百名山だけあって人が多いので待ち時間が多いです。しかも急下りなので足腰に優しくない…
1
門の手前で白根葵の看板があったので行ってみれば既に終了
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
門の手前で白根葵の看板があったので行ってみれば既に終了
エスケープルートにて無事下山!助かったこれで帰宅時間に間に合う。これからバスにて霧降高原まで車を回収して帰路へ(バス代高いだからエスケープルート使いたくなかったのに…)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エスケープルートにて無事下山!助かったこれで帰宅時間に間に合う。これからバスにて霧降高原まで車を回収して帰路へ(バス代高いだからエスケープルート使いたくなかったのに…)
1

感想/記録

毎度の事で時間制限のある山行。最近がっつりと歩いていないので日光縦走を計画。計画時間が18時間なので早い出発は必須との事でAM1:00より出発して女峰山頂上にてご来光という素晴らしい計画。結果最高のご来光を見ることができ大満足。あの暗闇から変わりゆく景色は本当に素晴らしいです。ナイトハイク病みつきになりそうですね。個人的には女峰山が素晴らしすぎる山なのもあるのと思われますが。
本来は霧降高原〜女峰山〜帝釈山〜小真子〜大真子〜志津乗越〜馬立〜唐沢避難小屋〜女峰山〜霧降高原というコースタイム18時間(行動予定15時間)のルートを計画していたが志津乗越到着時点で計画に無理がある(要は自分の実力)に無理があるとのことでエスケープルートを選択。
なんとか時間前に自宅に到着することができました。帰路の車の中では疲労と睡眠不足で何度白目を剥いたことか…追突防止装置付自動車欲しいです。皆さん登山はは無理せずに楽しみましょう!
追記 帰宅して片付けをしていると今まで使用していた登山靴のソールが剥がれかけているのを発見。初めから使っていた靴なので思い出深いものでした。寂しくなるが今までありがとう。
訪問者数:455人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/4/14
投稿数: 2
2016/6/13 11:59
 すごいです!!!
こんにちは。
先日、犬連れで女峰山頂でお会いしたものです。

今回はまた、すごいことをされましたね〜。
エスケープでも累積2300m超えてますがな・・・

裏男体の登りはいかがでしたか?
私もいつか、女峰+男体、やってみたいけど、その時は、お嬢様たちへのご挨拶は省略だろうなあ・・・

朝日の写真、綺麗ですね!!!
いいもの見せていただけてありがとうございます♩

こちらは、金精山から白根縦走してきました。
金精山から小真名子、大真名子見えた頃に、ちょうどいらしたかもですね。
本当に、お疲れ様でした♩
登録日: 2015/4/28
投稿数: 17
2016/6/13 20:44
 Re: すごいです!!!
kayamaru 様 コメントありがとうございます。
あの時の事はしっかり覚えてますよ。その節は楽しい時間をありがとうございました。
金精峠から奥白根山とは恐れ入りました。今回もお犬様も一緒だったのですか?奥白根山も個人的には大好きな山ですので楽しまれた事でしょう。
裏男体山の登りは表の渋滞と標高差がないので体力的に楽ですよ。ですが中禅寺湖の雄大な眺望がないので登っていて辛いかもしれないです。
女峰山の朝焼けの写真お褒めめ頂きましてありがとうございます。
写真ではしょぼいかもしれないですが雰囲気が感じてもらえれば幸いです。
いつか女峰と男体山の縦走してみてください、辛いながらも達成感は凄いですよ。
是非近いうちお犬様と一緒にお逢いしたいです。その時には楽しい時間を過ごしましょう。
(犬用おやつ仕込んでおくかな)
お互いこれからも安全で楽しい山行を行いましょう!コメントありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ