ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 935076 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

待望の白峰三山 テン泊の大門沢登りは超たいへん

日程 2016年08月05日(金) 〜 2016年08月06日(土)
メンバー dan_photrek
天候1日目 曇りときどき晴れ
2日目 快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・奈良田の第1駐車場に、車を駐車。第1駐車場にある公衆トイレは、とてもきれいで使いやすい。
・広河原からは、山梨交通のバス(最終16:40発)で、奈良田に戻る。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

★1日目
4:02奈良田第1駐車場→ 8:08大門沢小屋8:25→ 9:12休憩9:25→ 11:10休憩11:24→ 13:35大門沢下降点13:50→ 14:53農鳥岳14:57→ 15:53西農鳥岳→ 16:50農鳥小屋

★2日目
5:08農鳥小屋→ 6:43間ノ岳6:50→ 7:43中白峰山7:48→ 8:10北岳山荘8:25→ 9:53北岳10:16→ 10:50北岳肩ノ小屋11:00→ 12:54二俣13:00→ 13:32休憩13:40→ 14:48広河原バス停
コース状況/
危険箇所等
・大門沢小屋から大門沢下降点までの登山道は、とても勾配が急で、また岩だらけの歩きづらい荒れた登山道が続くので、非常にスタミナを消耗します。余裕をたくさん持たせた計画にしておいた方が無難です。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

いくつか沢を渡る、天気は予報通り良さそうだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いくつか沢を渡る、天気は予報通り良さそうだ
7
ヒメシャジン、なかなかうまく撮れた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメシャジン、なかなかうまく撮れた
25
青空だ、今日もいい絵が撮れそうだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空だ、今日もいい絵が撮れそうだ
5
昨晩の雨のせいか、沢が暴れている感じ、まぶしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨晩の雨のせいか、沢が暴れている感じ、まぶしい
9
登山道のところどころに、このアジサイが咲く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道のところどころに、このアジサイが咲く
6
ほぼ予定時間で、大門沢小屋に到着
ここでザックを下ろし15分ほど休憩、屋主に木の橋の状態について聞かれる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ予定時間で、大門沢小屋に到着
ここでザックを下ろし15分ほど休憩、屋主に木の橋の状態について聞かれる
4
大門沢小屋を過ぎたあたりから、登山道が急になり、なかなか進まなくなる
ちょうどガスも出てきて、暑い日差しを遮ってくれる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大門沢小屋を過ぎたあたりから、登山道が急になり、なかなか進まなくなる
ちょうどガスも出てきて、暑い日差しを遮ってくれる
5
ザックの重さにヘロヘロだが、たまに花が元気づけてくれる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザックの重さにヘロヘロだが、たまに花が元気づけてくれる
7
樹林帯が終わり、ここに出たときは、稜線に出たものと勘違いして喜んだ
が、稜線はまだまだ先で、大門沢下降点までは1時間かかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯が終わり、ここに出たときは、稜線に出たものと勘違いして喜んだ
が、稜線はまだまだ先で、大門沢下降点までは1時間かかった
2
こんどこそ稜線に違いない、大粒の雨が落ちてきて、慌ててレインウェアを着る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんどこそ稜線に違いない、大粒の雨が落ちてきて、慌ててレインウェアを着る
5
ヘロヘロ状態だが、大門沢下降点に到着、予定より2時間半遅れ
3名ほど休んでいたが、しばらくして大門沢を下山していった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘロヘロ状態だが、大門沢下降点に到着、予定より2時間半遅れ
3名ほど休んでいたが、しばらくして大門沢を下山していった
5
大門沢下降点から農鳥岳まで1時間半ほど歩く、トウヤクリンドウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大門沢下降点から農鳥岳まで1時間半ほど歩く、トウヤクリンドウ
7
農鳥岳が見えてきた、あとちょっと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥岳が見えてきた、あとちょっと
3
農鳥岳山頂、誰もいない、でもゆっくりはしていられない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥岳山頂、誰もいない、でもゆっくりはしていられない
13
タカネヒゴタイ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネヒゴタイ?
8
西農鳥岳に向かう、こんな感じのところを何回か登ったり下りたり、楽じゃない、ヘロヘロだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西農鳥岳に向かう、こんな感じのところを何回か登ったり下りたり、楽じゃない、ヘロヘロだ
6
さっきと同じ風景、てっきり頭までおかしくなって幻覚を見ているのではと思った
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきと同じ風景、てっきり頭までおかしくなって幻覚を見ているのではと思った
5
眼下に、赤い屋根の農鳥小屋が見える、おおげさではなく、助かったと思った
主に怒られるかもしれないが、この際どうでもいい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に、赤い屋根の農鳥小屋が見える、おおげさではなく、助かったと思った
主に怒られるかもしれないが、この際どうでもいい
7
でも、まだあそこの西農鳥岳に登らなければいけない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、まだあそこの西農鳥岳に登らなければいけない
3
なんとか到着、農鳥小屋が小さく見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか到着、農鳥小屋が小さく見える
8
ガスが薄くなってきた、今日の目的地が見え、気持ちがだいぶ楽になる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが薄くなってきた、今日の目的地が見え、気持ちがだいぶ楽になる
6
ガスがどんどん消えてゆき、正面に間ノ岳が登場、デカイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスがどんどん消えてゆき、正面に間ノ岳が登場、デカイ
14
振り返ると、農鳥岳もガスが消えた
ただこの青空も5分と続かず、またガスに覆われた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、農鳥岳もガスが消えた
ただこの青空も5分と続かず、またガスに覆われた
24
受付をして、テントを張り、夕食(アルファー米にカレー)を済ませて、水場に降りる
短い間に雨が降ったようだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
受付をして、テントを張り、夕食(アルファー米にカレー)を済ませて、水場に降りる
短い間に雨が降ったようだ
6
テント場から水場までの間は、たくさんのお花が咲いている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場から水場までの間は、たくさんのお花が咲いている
10
テント場に戻る前に、夕焼けが始まってしまった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場に戻る前に、夕焼けが始まってしまった
5
リンドウ? この後、テントに戻るとすぐ寝てしまう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リンドウ? この後、テントに戻るとすぐ寝てしまう
3
12時過ぎに、テントがパタパタと風で鳴る音に起こされる
外を覗いてみると星空が出ている、ラッキー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12時過ぎに、テントがパタパタと風で鳴る音に起こされる
外を覗いてみると星空が出ている、ラッキー
23
星空撮影に挑戦して、いろいろやってみるが、うまくいかない
自分のテクも足りないが、カメラの感度が足りない、これが限界
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
星空撮影に挑戦して、いろいろやってみるが、うまくいかない
自分のテクも足りないが、カメラの感度が足りない、これが限界
9
「山と高原地図」に農鳥小屋から甲府の夜景が見えると書かれていたが、本当に見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「山と高原地図」に農鳥小屋から甲府の夜景が見えると書かれていたが、本当に見えた
14
出発の準備をしていると、御来光が始まった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発の準備をしていると、御来光が始まった
22
今日は、富士山も見えている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は、富士山も見えている
17
小屋の周りでも、たくさんの人が御来光を見に出ている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の周りでも、たくさんの人が御来光を見に出ている
8
農鳥岳も少し赤くなった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
農鳥岳も少し赤くなった
6
いいね〜、いいね〜、今日はいいことがありそうだね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いいね〜、いいね〜、今日はいいことがありそうだね
23
テント場はすっかり片付いている、自分もそろそろ出発だ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場はすっかり片付いている、自分もそろそろ出発だ
9
これから登る間ノ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから登る間ノ岳
4
間ノ岳の方へ登ったところから、農鳥岳方面
あの形はまぎれもなく塩見岳、懐かしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳の方へ登ったところから、農鳥岳方面
あの形はまぎれもなく塩見岳、懐かしい
14
塩見岳をズーム、その左は荒川岳、赤石岳?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見岳をズーム、その左は荒川岳、赤石岳?
6
北岳も見えるようになってきた、ごきげんだね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳も見えるようになってきた、ごきげんだね
15
間ノ岳の山頂付近は、けっこう平ら
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳の山頂付近は、けっこう平ら
5
あれが間ノ岳山頂、もうたくさんの人がいる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれが間ノ岳山頂、もうたくさんの人がいる
3
仙丈ケ岳もごきげんよろしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳もごきげんよろしい
5
中央アルプスの峰々、前回の南駒ヶ岳、越百山は最高だった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプスの峰々、前回の南駒ヶ岳、越百山は最高だった
4
さて北岳に向かうか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて北岳に向かうか
4
北岳への登山路も、変化に富んでいる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳への登山路も、変化に富んでいる
11
間ノ岳を振り返る、デカイ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間ノ岳を振り返る、デカイ
3
北岳、形が美しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳、形が美しい
11
中白根から間ノ岳
こういうところで寝転んで、一日中眺めていれたら最高だね 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中白根から間ノ岳
こういうところで寝転んで、一日中眺めていれたら最高だね 
5
中白根から北岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中白根から北岳
5
北岳山荘も見えてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山荘も見えてきた
7
仙丈ケ岳、大仙丈沢カールがきれい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳、大仙丈沢カールがきれい
7
北岳山荘、とても山小屋とは思えない整備状況に驚きました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山荘、とても山小屋とは思えない整備状況に驚きました
11
中白根を振り返る、かっこいいね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中白根を振り返る、かっこいいね
4
北岳への登りにかかるとライチョウさんがお目見え
こんなに天気が良くても逢えるんだね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳への登りにかかるとライチョウさんがお目見え
こんなに天気が良くても逢えるんだね
19
子供連れで、全部で4羽
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子供連れで、全部で4羽
10
だいぶ登ってきた、北岳山荘も遠くになりました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ登ってきた、北岳山荘も遠くになりました
8
黄色の花はなんだっけ、中央アルプスには少し雲が出始めた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色の花はなんだっけ、中央アルプスには少し雲が出始めた
4
ハハコヨモギ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハハコヨモギ?
2
イワツメグサ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワツメグサ?
9
山頂はまだまだ先
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はまだまだ先
4
タカネシオガマ?に光が当たって、なかなかきれい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネシオガマ?に光が当たって、なかなかきれい
12
山頂がもう目の前、ひとがたくさん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂がもう目の前、ひとがたくさん
4
北岳山頂の看板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳山頂の看板
15
仙丈ケ岳をバックにして
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳をバックにして
9
八本歯の頭の稜線?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八本歯の頭の稜線?
4
甲斐駒と鋸、甲斐駒はここから見るとお面をかぶっているようだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒と鋸、甲斐駒はここから見るとお面をかぶっているようだ
8
甲斐駒の手前に見えるのは、小太郎山
北岳肩ノ小屋も見えてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒の手前に見えるのは、小太郎山
北岳肩ノ小屋も見えてきた
5
肩ノ小屋、後ろは北岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩ノ小屋、後ろは北岳
4
肩ノ小屋のテント場、向こうは鳳凰山
オベリスクもくっきり見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩ノ小屋のテント場、向こうは鳳凰山
オベリスクもくっきり見える
9
二俣への分岐地点、この辺りから大樺沢沿いまでたくさんのお花が咲いている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二俣への分岐地点、この辺りから大樺沢沿いまでたくさんのお花が咲いている
3
ハクサンフウロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ
13
タカネナデシコ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネナデシコ
5
タカネグンナイフウロ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネグンナイフウロ
7
バットレスに光が当たる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バットレスに光が当たる
9
二俣から大樺沢を見上げる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二俣から大樺沢を見上げる
3
シナノオトギリ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シナノオトギリ
8
タカネナデシコ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タカネナデシコ
10
大樺沢の岩、ちょっとこの写真ではスケールがわかりづらいが、一つの岩が数mはある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大樺沢の岩、ちょっとこの写真ではスケールがわかりづらいが、一つの岩が数mはある
3
たしか最後の沢、ここの水もおいしそうだった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たしか最後の沢、ここの水もおいしそうだった
5
広河原のつり橋、自分が一人で渡っていると、向こう側で20人ほど待っていてくれた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原のつり橋、自分が一人で渡っていると、向こう側で20人ほど待っていてくれた
6
広河原のバス停に着いたのは14時50分、14時の奈良田行きはとっくに行ってしまっていて、最終の16時40分まで、ここで待っていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原のバス停に着いたのは14時50分、14時の奈良田行きはとっくに行ってしまっていて、最終の16時40分まで、ここで待っていた
7

感想/記録

・今年前半の仕事の山場を7月末に無事終わらせ、気候もやっと夏らしくなってきましたので、自分へのご褒美として、金曜日を有休にして、金土の二日間で、テント泊縦走に行くことにしました。
・テント泊用の装備は昨年の夏に揃えたばかりで、今回で2回目です。重いザックを担いで歩く経験が、ほとんどありません。今回、奈良田側から縦走を開始しましたが、大門沢小屋に着いた頃に、かなりバテバテで、そこから稜線に出るまでの急坂では、10歩登っては止まって呼吸を整えるような進み方で、大門沢下降点に着いた時は、計画から2時間以上遅れていました。大門沢を下ってくる方はたくさんいらして、皆さんどこまで行くんですかと心配して声をかけてくれました。農鳥小屋ですというと、まだまだかなりあります、早く着くようにがんばってくださいと激励をいただきました。それにしても、こんなにたいへんなことになるとは思いませんでした。この日は9時頃からガスが出始めて、猛暑でなかったからまだよかったものの、暑かったらさらに遅れていたでしょう。
・自分はこんな状態でしたが、自分を抜いていく人は一人もいませんでした。たぶん奈良田側から縦走を始める人が少ないのでしょう。帰ってから調べて分かったことですが、奈良田の標高は約830m、広河原の標高は約1520mなので、当たり前といえば当たり前。奈良田から農鳥岳までは標高差が2200mもあります。自分は、それに気がついていなかった。まあ。行ってこれたので、結果オーライということにしておこう。
・ところで、ヘロヘロで歩いていたときは、農鳥小屋に遅くついた場合のことを心配していましたが、受付では店主が遭難騒ぎにお取込み中で、自分の受け付けは他の方が何事もなく済ませてくれました。ラッキー。
・今回テント泊したら、やってみたいことがふたつあって、それは星空撮影と農鳥小屋から見える甲府の町の夜景撮影。12時ごろ、テントがパタパタする音で目を覚まし、外を覗いてみると星空が見えたので、外に出て挑戦してみました。このために一応三脚も持ってきておりますので、30分ほどいろいろやってみましたが、なかなかうまくいきません。三脚(携帯性重視の安物)は天を向かせてくれないし、カメラは感度が足りなくて、星が写っているのか全く分からない状態だし。途中で、あきらめました。やっぱりフルサイズセンサーが必要か。
・2日目は、快晴になりました。登りは、間ノ岳と北岳への一部だけ、後は下りのみ、気持ちに余裕があるので、ザックは濡れたテントのおかげでさらに重くなっていましたが、楽ちん気分。それでも、登りは計画時間通りには行かず、2時広河原発のバスには間に合わず、広河原で2時間ほどバス待ちをするはめになりました。
・今回の山行は、たいへんなこともありましたが、初めての経験もあり、南アルプスの大展望もあり、とても思い出に残るものになりました。

訪問者数:438人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ