ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 999083 全員に公開 ハイキング丹沢

丹沢蛭ヶ岳ピストンと鍋割山稜黄葉散策(大倉起点、塔ノ岳・丹沢山)

日程 2016年11月05日(土) [日帰り]
メンバー sunyousee
天候曇り後快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大倉の有料駐車場を利用しました。
1:30〜17:00頃までとめて800円でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間27分
休憩
2時間5分
合計
11時間32分
S大倉バス停04:5004:54大倉山の家05:12観音茶屋05:1305:25雑事場ノ平05:27見晴茶屋05:53駒止茶屋05:5406:02堀山06:0306:10堀山の家06:1406:28天神尾根分岐06:48花立山荘06:56花立07:02金冷シ07:0307:15塔ノ岳07:1607:18尊仏山荘07:2807:48日高08:01竜ヶ馬場08:17丹沢山08:2008:20みやま山荘08:3508:51早戸川乗越(鳥屋ブッコシ)08:5309:03箒杉沢ノ頭09:07不動ノ峰休憩所09:13不動ノ峰09:21棚沢ノ頭09:2209:34鬼ヶ岩ノ頭09:41鬼ヶ岩09:4209:58蛭ヶ岳10:4410:58中ノ沢乗越10:5911:04鬼ヶ岩11:17棚沢ノ頭11:26不動ノ峰11:30不動ノ峰休憩所11:3111:36箒杉沢ノ頭11:43早戸川乗越(鳥屋ブッコシ)11:4412:01丹沢山12:0912:10みやま山荘12:24竜ヶ馬場12:40日高12:57尊仏山荘12:57塔ノ岳13:0513:15金冷シ13:38小丸尾根分岐(二俣分岐・平二山)13:3913:46小丸14:04鍋割山荘14:04鍋割山14:1814:48後沢乗越14:5015:04林道終点15:0515:20二俣15:2115:39黒竜の滝16:22大倉バス停16:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートログはヤマレコマップで取得しています。
コース状況/
危険箇所等
■コース状況
特に大倉尾根はオーバーユースで崩壊も激しいですがよく整備され危険はありません。
その他も登山道保護の為の木道などが膨大に整備され濡れて滑ることさえ注意していれば特に危険と思われるところはあいりませんでした。
丹沢山〜蛭ヶ岳間はまさに木の階段の付け替え作業中で下。感謝。
■登山届
大倉のどんぐりハウス前にポストがあります。ただ備え付けの用紙は私が訪れた際は切れていました。私は持参した用紙を投函。

装備

個人装備 アウターシェル上着(レインウェア)(1) アウターシェルパンツ(レインウェア)(1) 地図(山と高原地図)(1) 地図(国土地理院1/25000)(1) ヘッドライト(2) コンパス(1) サングラス(1) GPS(1) スマートフォン(1) スマートフォン予備電池(1) ガラケー(1) デジカメ(1) ミニ三脚(1) 日焼け止め(1) マルチプライヤー(1) ノート(1) ペン(1) 熊避け鈴(1) 健康保険証(1) 免許証(1) 現金(1) キャップ(1) ニット帽(1) 薄手軍手(1) GORE-TEXアウターグローブ(1) タオル(1) ゲイター(ショート)(1) 救急セット(1) ツェルト(1) 補助ロープ(1) JETBOIL(1) 山専魔法瓶750ml(1) カップ(1) ロウソク(1) ライター(2) IDホイッスル(1) 靴紐予備(1) 時計(1) ストック一対(1) 水(2l) ポカリスウェット顆粒(2) カロリーメイト(1) ウィダーインプロテインバー(2) CLIFBAR(2) カップヌードル(1) 飴(10) アミノサプリ(5) 芍薬甘草湯(3) MAGon(2) 通常食料(1)

写真

ご無沙汰しております。久しぶりの大倉起点。
夜明け少し前にヘッドライトをつけて出発。
本当は久しぶりに塔ノ岳でご来光を拝むために3AM頃出発予定でしたが、仮眠から目覚めたら予報に反して低い厚い雲に覆われていた為、車の中で二度寝しました。。。
2016年11月05日 04:57撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご無沙汰しております。久しぶりの大倉起点。
夜明け少し前にヘッドライトをつけて出発。
本当は久しぶりに塔ノ岳でご来光を拝むために3AM頃出発予定でしたが、仮眠から目覚めたら予報に反して低い厚い雲に覆われていた為、車の中で二度寝しました。。。
で、いきなり塔ノ岳。ガスガスです。。。(^_^;
帰ろうかと思いましたが、今日は1ヶ月ぶりの登山で雪山に向けて脚力回復の目的もありましたので、トイレ(チップ制100円)をお借りした後に先に進みます。
2016年11月05日 07:15撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、いきなり塔ノ岳。ガスガスです。。。(^_^;
帰ろうかと思いましたが、今日は1ヶ月ぶりの登山で雪山に向けて脚力回復の目的もありましたので、トイレ(チップ制100円)をお借りした後に先に進みます。
3
西の方はガスが切れているようですので期待。
2016年11月05日 07:38撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西の方はガスが切れているようですので期待。
1
そしていきなり丹沢山。
途中で写真は撮りましたが、光が足りず今ひとつ。。
2016年11月05日 08:17撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしていきなり丹沢山。
途中で写真は撮りましたが、光が足りず今ひとつ。。
1
まだガスガスです。
2016年11月05日 08:19撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだガスガスです。
ここで行動食を摂取。
下界で食べると甘すぎますが、山だと美味で腹もちも良いのでお気に入り。
2016年11月05日 08:30撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで行動食を摂取。
下界で食べると甘すぎますが、山だと美味で腹もちも良いのでお気に入り。
4
おっ!
丹沢山を後にして蛭ヶ岳に向かうと、いきなり光に包まれガスが取れて行きます。
2016年11月05日 08:39撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ!
丹沢山を後にして蛭ヶ岳に向かうと、いきなり光に包まれガスが取れて行きます。
5
おぉおお。俄然テンションが上がりますが、いつも通り無駄な写真撮影も増えて一気に歩行速度が落ちます(^_^;
不動の峰方面。
2016年11月05日 08:41撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おぉおお。俄然テンションが上がりますが、いつも通り無駄な写真撮影も増えて一気に歩行速度が落ちます(^_^;
不動の峰方面。
2
箒杉沢にも光が入ります。
鮮やかな紅葉には程遠いですが綺麗です。
2016年11月05日 08:55撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箒杉沢にも光が入ります。
鮮やかな紅葉には程遠いですが綺麗です。
10
風が強く恐ろしく早い速度でガスが現れては消えて行きます。この気持ちの良い稜線。足取りが軽い。
2016年11月05日 09:03撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が強く恐ろしく早い速度でガスが現れては消えて行きます。この気持ちの良い稜線。足取りが軽い。
6
不動の峰前の立派な休憩所。建物内にもベンチとテーブルがあります。「山と高原地図」によると水場もあるようですが未確認。
2016年11月05日 09:08撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動の峰前の立派な休憩所。建物内にもベンチとテーブルがあります。「山と高原地図」によると水場もあるようですが未確認。
丹沢山からの下降箇所から見え隠れしていた富士山からもガスが取れて行きます。
2016年11月05日 09:14撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山からの下降箇所から見え隠れしていた富士山からもガスが取れて行きます。
7
すっかりガスは取れて気持ちの良い稜線散歩。
鬼ヶ岩、蛭ヶ岳に向けた稜線。
2016年11月05日 09:26撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっかりガスは取れて気持ちの良い稜線散歩。
鬼ヶ岩、蛭ヶ岳に向けた稜線。
10
宮ヶ瀬湖と相模原方面。
2016年11月05日 09:36撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮ヶ瀬湖と相模原方面。
ヤマレコでもよく拝見する鬼ヶ岩から蛭ヶ岳のビュースポット。
ここから一旦下降します。
こうして見ると蛭ヶ岳山荘が山城の天守閣に見える。
2016年11月05日 09:38撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマレコでもよく拝見する鬼ヶ岩から蛭ヶ岳のビュースポット。
ここから一旦下降します。
こうして見ると蛭ヶ岳山荘が山城の天守閣に見える。
9
本谷沢の蛭ヶ岳稜線の紅葉。
2016年11月05日 09:43撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷沢の蛭ヶ岳稜線の紅葉。
9
そして蛭ヶ岳山荘着。
2016年11月05日 09:58撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして蛭ヶ岳山荘着。
2
すぐ横に広々とした山頂。
富士山が正面で出迎えてくれます。
八丁尾根方面から登って来られる方が多いようでした。
2016年11月05日 10:00撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ横に広々とした山頂。
富士山が正面で出迎えてくれます。
八丁尾根方面から登って来られる方が多いようでした。
3
乾燥した真冬ほどクリアでは無いもののこの絶景。
冠雪が進んでいます。
2016年11月05日 10:02撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乾燥した真冬ほどクリアでは無いもののこの絶景。
冠雪が進んでいます。
15
檜洞丸方面の山々と富士山。
2016年11月05日 10:04撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜洞丸方面の山々と富士山。
8
引くとこんな感じ。冠雪した南アルプスの峰々もはっきりと見えていました。
2016年11月05日 10:04撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引くとこんな感じ。冠雪した南アルプスの峰々もはっきりと見えていました。
4
そしてまったりコーヒーブレイク。今日はインスタントですが、山で飲むと美味。
カップヌードル用にジェットボイルも出したものの、あまり空腹感が無いので行動食だけ食べて使わず。
2016年11月05日 10:14撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてまったりコーヒーブレイク。今日はインスタントですが、山で飲むと美味。
カップヌードル用にジェットボイルも出したものの、あまり空腹感が無いので行動食だけ食べて使わず。
4
さてまったりし過ぎましたが戻ります。
しかしこの気持ちの良い稜線。どこか谷川連峰の武能岳付近の快適トレイルに似ているような。
トレイルランの方が多いのも頷けます。
2016年11月05日 10:48撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さてまったりし過ぎましたが戻ります。
しかしこの気持ちの良い稜線。どこか谷川連峰の武能岳付近の快適トレイルに似ているような。
トレイルランの方が多いのも頷けます。
6
彩づく稜線と沢
2016年11月05日 10:52撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
彩づく稜線と沢
7
丹沢山〜蛭ヶ岳間は木道、階段の付け治し箇所が多くありました。メンテナンスをして下さっている皆さんに感謝。
2016年11月05日 11:12撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山〜蛭ヶ岳間は木道、階段の付け治し箇所が多くありました。メンテナンスをして下さっている皆さんに感謝。
3
最新版。まさに近くで作業をされていました。
2016年11月05日 11:21撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最新版。まさに近くで作業をされていました。
1
右奥に蛭ヶ岳、左奥に富士山。
2016年11月05日 11:53撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右奥に蛭ヶ岳、左奥に富士山。
3
すっかりガスが無くなったみやま山荘に戻る。
こちらは大勢の方で賑わっていました。
トイレ(チップ制100円)をお借りして早々に撤収。
2016年11月05日 12:01撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっかりガスが無くなったみやま山荘に戻る。
こちらは大勢の方で賑わっていました。
トイレ(チップ制100円)をお借りして早々に撤収。
往路の写真は上げませんでしたが、丹沢山〜塔ノ岳間もこのように気持ちの良いトレイルです。ただ、広くは無いのですれ違いに待つことしきり。
2016年11月05日 12:20撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
往路の写真は上げませんでしたが、丹沢山〜塔ノ岳間もこのように気持ちの良いトレイルです。ただ、広くは無いのですれ違いに待つことしきり。
しかしこの富士山の絶景に立ち止まることもしきり。
2016年11月05日 12:24撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかしこの富士山の絶景に立ち止まることもしきり。
5
度々足をとめ見入ってしまいます。
2016年11月05日 12:34撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
度々足をとめ見入ってしまいます。
3
進みません。。
写真では分かりづらいですが、須走りのブルドーザー道がジグザグにくっきりと付いていました。冠雪はしつつもまだ積雪は薄い印象。
2016年11月05日 12:35撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進みません。。
写真では分かりづらいですが、須走りのブルドーザー道がジグザグにくっきりと付いていました。冠雪はしつつもまだ積雪は薄い印象。
2
塔ノ岳から大倉尾根は余りに大勢の人でテーマパークの様なカオス状態。
しかし金冷やしから鍋割山稜に足を踏み入れた途端、このような静かな日だまり稜線散歩でほっとします。
2016年11月05日 13:16撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳から大倉尾根は余りに大勢の人でテーマパークの様なカオス状態。
しかし金冷やしから鍋割山稜に足を踏み入れた途端、このような静かな日だまり稜線散歩でほっとします。
2
紅葉の当たり年ではありませんが、鍋割山稜は山域一番の紅葉スポットでした。このような美しい照り葉も。
2016年11月05日 13:18撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の当たり年ではありませんが、鍋割山稜は山域一番の紅葉スポットでした。このような美しい照り葉も。
11
鍋割山方面から来られる方もそこそこいらっしゃいますが、全体的には静かな稜線歩きを楽しめました。
この鍋割山稜を歩く為に、今回は表尾根ではなく大倉起点にしたのでした。
2016年11月05日 13:22撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山方面から来られる方もそこそこいらっしゃいますが、全体的には静かな稜線歩きを楽しめました。
この鍋割山稜を歩く為に、今回は表尾根ではなく大倉起点にしたのでした。
2
鮮やかな赤とは言わないまでも、紅葉外れ年でもこのような美しい紅葉。
2016年11月05日 13:28撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鮮やかな赤とは言わないまでも、紅葉外れ年でもこのような美しい紅葉。
9
上を見上げて立ち止まることしきり。
2016年11月05日 13:31撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上を見上げて立ち止まることしきり。
11
ブナが多く光溢れる心地よい稜線です。
2016年11月05日 13:40撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナが多く光溢れる心地よい稜線です。
12
写真では分かりづらいですが、鍋割山の左奥に富士山。
2016年11月05日 13:50撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真では分かりづらいですが、鍋割山の左奥に富士山。
1
鍋割山荘は大混雑。なので鍋焼きうどんはパス。
2016年11月05日 14:05撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山荘は大混雑。なので鍋焼きうどんはパス。
人は多いのですが大倉尾根のような騒然としたカオスではなく、山荘前の広場はおだやかです。
ここは明らかに客層(?)が異なり小さなお子様連れなどの家族連れでハイキングを楽しまれている方が多かったです。
無雪期に訪れるのは初めて。
2016年11月05日 14:13撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人は多いのですが大倉尾根のような騒然としたカオスではなく、山荘前の広場はおだやかです。
ここは明らかに客層(?)が異なり小さなお子様連れなどの家族連れでハイキングを楽しまれている方が多かったです。
無雪期に訪れるのは初めて。
5
下山路もこのように気持ちの良いトレイルです。
2016年11月05日 14:26撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山路もこのように気持ちの良いトレイルです。
3
後沢乗越から稜線から外れて大倉に向けて沢筋に下降。
日が射さない過ぎを主体とした樹林ですが、沢筋の気持ちが良い道でした。
2016年11月05日 14:49撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後沢乗越から稜線から外れて大倉に向けて沢筋に下降。
日が射さない過ぎを主体とした樹林ですが、沢筋の気持ちが良い道でした。
丸木橋を越えると長い林道歩きの始まり。
2016年11月05日 15:04撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸木橋を越えると長い林道歩きの始まり。
歩きやすい林道なのですが。。長い。
2016年11月05日 15:50撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすい林道なのですが。。長い。
帰還。
満足感溢れる気持ちの良い秋の稜線散策となりました。
2016年11月05日 16:22撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰還。
満足感溢れる気持ちの良い秋の稜線散策となりました。
1

感想/記録

前回登山からまた一ヶ月も空いてしまい高山は雪の季節に。
今年は紅葉のハズレ年であることは承知しつつも、多少は秋の紅葉を楽しめて雪山に向けた脚力復旧が出来る長めのトレイルは無いものかと、丹波天平(でんでえろ)尾根から雲取山を登って周回するルートと比較検討し、でんでえろが彩づきにまだ早いとの情報をヤマレコで拝見し今回のルートとしました。
大倉尾根の混雑が嫌いで、いつもは塔ノ岳方面に登る際は菩提峠に車をとめて表尾根を辿るのですが、今回は鍋割山塊の彩づきが良いとの他の方のレコを拝見し、大倉を起点としました。
丹沢山〜蛭ヶ岳間の空の開けた天空トレイル、そして鍋割山塊の美しいブナ林の黄葉トレイルの一度で二度美味しいような欲張りなルートを堪能できました。
二俣から大倉への林道歩きがもう少し短ければ良いのですけれど。
それにしても塔ノ岳と大倉尾根の騒然としたカオス感がやはり苦手です。往路は早朝で人もおらず良かったのですが、帰路の金冷シまでの少しの区間でも辟易としました。。(^_^;
とは言え、天候にも恵まれ、近くで良い山、丹沢の表情豊かな魅力を再確認できた素晴らしい山行となりました。
訪問者数:812人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ