ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 1001126 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

奥秩父主脈縦走第2日

日程 2016年11月05日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間6分
休憩
1時間36分
合計
11時間42分
S大日小屋04:5905:25大日岩05:34八丁平分岐06:28砂払の頭06:3806:50千代の吹上06:59金峰山小屋分岐07:29五丈石07:5007:52金峰山08:0208:24鉄山巻き08:48朝日岳08:5509:19朝日峠09:48大弛峠10:0310:43前国師岳10:48奥千丈分岐10:54北奥千丈岳10:5611:00奥千丈分岐11:07国師ヶ岳11:1312:20国師のタル12:3013:08東梓13:1314:01両門の頭14:0614:38富士見15:56千曲川源流分岐16:25甲武信ヶ岳16:3016:41甲武信小屋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
04:59 スタート(0.00km) 04:59 - 休憩(4.87km) 08:49 - 休憩(6.89km) 09:50 - 山頂(8.47km) 11:07 - 山頂(11.99km) 13:07 - 休憩(13.24km) 14:06 - 山頂(14.99km) 15:42 - その他(15.33km) 15:57 - 山頂(15.73km) 16:25 - ゴール(16.09km) 16:41
過去天気図(気象庁) 2016年11月の天気図 [pdf]

写真

2日目の朝は一面に霜が降りていた
2016年11月05日 06:06撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目の朝は一面に霜が降りていた
砂払の頭から。朝日に輝く南アルプス、甲斐駒ヶ岳・北岳・間ノ岳
2016年11月05日 06:31撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂払の頭から。朝日に輝く南アルプス、甲斐駒ヶ岳・北岳・間ノ岳
砂払の頭から。朝日に輝く八ヶ岳。日が昇ると色が引いてしまったけど、直前まで木の間から八ヶ岳のモルゲンロートが見事だった。もう少し早く着いていればきれいに撮れたのに。残念。
2016年11月05日 06:32撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂払の頭から。朝日に輝く八ヶ岳。日が昇ると色が引いてしまったけど、直前まで木の間から八ヶ岳のモルゲンロートが見事だった。もう少し早く着いていればきれいに撮れたのに。残念。
砂払の頭の巨岩。八ヶ岳をバックに。
2016年11月05日 06:33撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂払の頭の巨岩。八ヶ岳をバックに。
千代の吹上の絶壁
2016年11月05日 06:43撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千代の吹上の絶壁
金峰山はガスってる
2016年11月05日 06:54撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰山はガスってる
金峰山に到着した7:29の時点では、一面に霜が降り、強風が吹き荒れ、空は霧に覆われていた。
2016年11月05日 07:29撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰山に到着した7:29の時点では、一面に霜が降り、強風が吹き荒れ、空は霧に覆われていた。
五丈石も真っ白。五丈石の陰で風をよけて腹ごしらえしている間に晴れてきた
2016年11月05日 07:29撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五丈石も真っ白。五丈石の陰で風をよけて腹ごしらえしている間に晴れてきた
快晴の空の下、金峰山頂上から八ヶ岳
2016年11月05日 07:53撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴の空の下、金峰山頂上から八ヶ岳
金峰山の三角点
2016年11月05日 07:53撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰山の三角点
南アルプス方面
2016年11月05日 07:53撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス方面
富士山
2016年11月05日 07:55撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山
金峰山頂上からの360度パノラマ
2016年11月05日 07:56撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す | ▶ 360度パノラマ
金峰山頂上からの360度パノラマ
五丈石と南アルプス
2016年11月05日 08:01撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五丈石と南アルプス
登山道には雪ではなく、樹から落ちてきた霧氷
2016年11月05日 08:27撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道には雪ではなく、樹から落ちてきた霧氷
木の枝も霧氷で真っ白に。
2016年11月05日 08:48撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の枝も霧氷で真っ白に。
朝日岳から南アルプスを望む。金峰山の五丈石が特徴的
2016年11月05日 08:54撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳から南アルプスを望む。金峰山の五丈石が特徴的
朝日岳からほぼ真南に見える富士山
2016年11月05日 09:01撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳からほぼ真南に見える富士山
車で越えられる峠として日本一標高が高いそうです。
この日は晴れた土曜日だったので駐車場は満杯でした。
2016年11月05日 09:55撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車で越えられる峠として日本一標高が高いそうです。
この日は晴れた土曜日だったので駐車場は満杯でした。
前国師岳
2016年11月05日 10:45撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前国師岳
奥秩父最高峰、北奥千丈岳(2,601m)山頂から南アルプスを望む
2016年11月05日 10:54撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥秩父最高峰、北奥千丈岳(2,601m)山頂から南アルプスを望む
北奥千丈岳山頂から南アルプスを望む。
2016年11月05日 10:55撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北奥千丈岳山頂から南アルプスを望む。
北奥千丈岳山頂から八ヶ岳を望む。ここからも金峰山の五丈石がわかる。
2016年11月05日 10:56撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北奥千丈岳山頂から八ヶ岳を望む。ここからも金峰山の五丈石がわかる。
北奥千丈岳山頂から北方向
2016年11月05日 10:56撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北奥千丈岳山頂から北方向
国師ヶ岳
2016年11月05日 11:08撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国師ヶ岳
国師ヶ岳からの富士山
2016年11月05日 11:08撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国師ヶ岳からの富士山
国師ヶ岳の三角点は一等
2016年11月05日 11:09撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国師ヶ岳の三角点は一等
門の頭(2,263m)に着いた頃には疲れが出始めていたのかも。この後、富士見(2,373m)を何とか越えるが14:43についに力尽きてしまった。
2016年11月05日 14:01撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
門の頭(2,263m)に着いた頃には疲れが出始めていたのかも。この後、富士見(2,373m)を何とか越えるが14:43についに力尽きてしまった。
ハンガーノックからなんとか復活して、水師(2,396m)のピークの先から望む、甲武信岳(左)と十賊山。
2016年11月05日 15:47撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハンガーノックからなんとか復活して、水師(2,396m)のピークの先から望む、甲武信岳(左)と十賊山。
3つ目の百名山、甲武信ヶ岳(2,475m)に着いたときにはもう日が傾いていた。
2016年11月05日 16:26撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3つ目の百名山、甲武信ヶ岳(2,475m)に着いたときにはもう日が傾いていた。
甲武信ヶ岳山頂からの夕陽
2016年11月05日 16:26撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信ヶ岳山頂からの夕陽
甲武信ヶ岳山頂から富士夕景
2016年11月05日 16:32撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信ヶ岳山頂から富士夕景

感想/記録
by supra

飛び石連休に計画年休を取得して、二泊三日で奥秩父主脈縦走、百名山3座の欲張りプランを実行。
奇跡的に3日とも快晴で、360度の展望と雄大な富士の眺めを堪能したが、2日目は水平距離17km、積算標高差が上り約1,771m・下り約1,409m、標準タイム10時間35分のコースであり、かなり無茶な行程だった。国師のタルを過ぎたあたりから急にペースが落ち、富士見を下ったところで体中に震えが来て動けなくなった。いわゆるハンガーノックというやつだろう。非常食のスポーツ羊羹とアミノバイタルゼリーでなんとか回復したが、後から思えば、せっかくの4連休だったので大弛小屋を加えて三泊四日にするべきだった。
訪問者数:136人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 三角点 モルゲンロート 霧氷
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ