ヤマレコ

記録ID: 1047137 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走丹沢

鍋割山・塔の岳縦走

日程 2017年01月15日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ→曇り、塔の岳山頂は時折り粉雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
秦野戸川公園の公営駐車場。出発が遅くなってしまったので、逆に公営駐車場に駐められました(^_^;) ※公営駐車場は8:30までは閉鎖しているため
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間7分
休憩
20分
合計
7時間27分
S大倉バス停08:3009:12黒竜の滝09:1309:33二俣09:3909:51本沢渡渉点09:57ミズヒ沢渡渉点09:5911:44鍋割山11:4611:47鍋割山荘11:4811:48鍋割山11:5112:13鍋割山荘12:32鍋割山稜12:3612:36小丸12:44小丸尾根分岐(二俣分岐・平二山)13:10金冷シ13:42塔ノ岳13:53金冷シ14:01花立14:07花立山荘14:26天神尾根分岐14:41堀山の家14:4214:49堀山14:56駒止茶屋15:26見晴茶屋15:37観音茶屋15:53大倉山の家15:57ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
尾根道は山頂直下を除いてほぼ乾燥しておりコース上には積雪なし。ただし、大倉尾根の堀山〜花立間に300mほど急斜面がアイスバーンになっているところがあり、軽アイゼン装着が望ましい。
稜線は固まった雪が50cmほど積もっており、ブーツのみでは厳しいです。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 ゲイター 毛帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー アイゼン 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 針金 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス ツェルト カメラ
備考 上記をロードバイク用の28Lザックに詰め込んだらパンパンだった……

写真

大倉の集落の中にある登山道入口から、西山林道を目指します。
2017年01月15日 08:37撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉の集落の中にある登山道入口から、西山林道を目指します。
まだ日が高くないせいか、道の水たまりは氷が張っていました。
2017年01月15日 08:54撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ日が高くないせいか、道の水たまりは氷が張っていました。
お地蔵様に道中の安寧を祈願。
2017年01月15日 08:58撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お地蔵様に道中の安寧を祈願。
何回か道を沢水が横切っている場所があります。脇の方が凍ってたりするから油断ならない。
2017年01月15日 09:16撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何回か道を沢水が横切っている場所があります。脇の方が凍ってたりするから油断ならない。
県民の森駐車場から登ってきたときは、ここから合流になります。
2017年01月15日 09:27撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県民の森駐車場から登ってきたときは、ここから合流になります。
銅像の由来を見ながらしばし休憩。
2017年01月15日 09:31撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銅像の由来を見ながらしばし休憩。
二俣まで来ました。
2017年01月15日 09:33撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二俣まで来ました。
この渡渉の手前に、勘七ノ沢に沿って大倉尾根へ登る細道があります。また、渡ってしばらくいったところに小丸尾根への分岐があるので、そこから小丸を目指すつもりだったのですが……
2017年01月15日 09:35撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この渡渉の手前に、勘七ノ沢に沿って大倉尾根へ登る細道があります。また、渡ってしばらくいったところに小丸尾根への分岐があるので、そこから小丸を目指すつもりだったのですが……
1
なんと伐採作業のため通行止め!
仕方ないので後沢乗越経由で行くことに。
2017年01月15日 09:40撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんと伐採作業のため通行止め!
仕方ないので後沢乗越経由で行くことに。
ミズヒ沢出会まで来ました。ここには……
2017年01月15日 09:55撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミズヒ沢出会まで来ました。ここには……
鍋割山荘へ歩荷するための飲料水があります。
2017年01月15日 09:56撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山荘へ歩荷するための飲料水があります。
わたしも2Lぶん協力。
2017年01月15日 09:58撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わたしも2Lぶん協力。
2
後沢乗越まで来ました。ここからは尾根道。
2017年01月15日 10:27撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後沢乗越まで来ました。ここからは尾根道。
後沢乗越に、小丸尾根閉鎖の張り紙が。
2017年01月15日 10:27撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後沢乗越に、小丸尾根閉鎖の張り紙が。
尾根をあがっていくと、次第に道の脇に積雪が見られるようになってきました。
2017年01月15日 11:05撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根をあがっていくと、次第に道の脇に積雪が見られるようになってきました。
木彫りのお地蔵さんにもなむなむ。
2017年01月15日 11:06撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木彫りのお地蔵さんにもなむなむ。
山頂が近くなると、シャーベット状の雪がかなり厚く積もっているところもありました。軽アイゼンを着けるか迷ったものの、山頂までは靴のままで慎重に行くことに。
2017年01月15日 11:30撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が近くなると、シャーベット状の雪がかなり厚く積もっているところもありました。軽アイゼンを着けるか迷ったものの、山頂までは靴のままで慎重に行くことに。
振り返ると相模湾が一望です。
2017年01月15日 11:31撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると相模湾が一望です。
富士山は雲に隠れていて残念……
2017年01月15日 11:31撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山は雲に隠れていて残念……
1
でも江ノ島ははっきり見えました。
2017年01月15日 11:37撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも江ノ島ははっきり見えました。
この太陽電池パネルが見えれば鍋割山荘はもうすぐ。
2017年01月15日 11:40撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この太陽電池パネルが見えれば鍋割山荘はもうすぐ。
11:40、鍋割山荘到着!
名物の鍋焼きうどんを頂いて一休み。美味でした♪
2017年01月15日 11:41撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:40、鍋割山荘到着!
名物の鍋焼きうどんを頂いて一休み。美味でした♪
1
鍋割山荘からの眺望。
2017年01月15日 12:12撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山荘からの眺望。
さてここからは稜線歩き。軽アイゼンは必携です。
2017年01月15日 12:14撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さてここからは稜線歩き。軽アイゼンは必携です。
かなり深い雪が残っている急斜面。こんなところを靴だけで歩いている高齢者のパーティーもいて、端から見ていて冷や冷や……
2017年01月15日 13:00撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり深い雪が残っている急斜面。こんなところを靴だけで歩いている高齢者のパーティーもいて、端から見ていて冷や冷や……
金冷しで大倉尾根に合流。ここから塔の岳を目指します。
2017年01月15日 13:09撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金冷しで大倉尾根に合流。ここから塔の岳を目指します。
金冷し〜塔の岳間も軽アイゼンが必要でした。
2017年01月15日 13:13撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金冷し〜塔の岳間も軽アイゼンが必要でした。
塔の岳到着。筑波山まではっきり見えました。やはり冬は空気が澄んでいますね。
2017年01月15日 13:29撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔の岳到着。筑波山まではっきり見えました。やはり冬は空気が澄んでいますね。
こちらは富士山方面。やっぱり隠れてる……
2017年01月15日 13:29撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは富士山方面。やっぱり隠れてる……
ピークハント記念。
2017年01月15日 13:31撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークハント記念。
1
と思ったら粉雪が舞い始めました。そそくさと大倉尾根から下山です。
2017年01月15日 13:39撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と思ったら粉雪が舞い始めました。そそくさと大倉尾根から下山です。
大倉尾根(通称バカ尾根)は本当に何の変哲もないダラダラ尾根なので写真はなし。2時間ほどで舗装道まで下山。
2017年01月15日 15:46撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉尾根(通称バカ尾根)は本当に何の変哲もないダラダラ尾根なので写真はなし。2時間ほどで舗装道まで下山。
大倉尾根の登山口まで帰ってきました。そこから10分ほど歩いて大倉の駐車場に到着です。お疲れ様でした。
2017年01月15日 15:51撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉尾根の登山口まで帰ってきました。そこから10分ほど歩いて大倉の駐車場に到着です。お疲れ様でした。
撮影機材:

感想/記録

バカ尾根は本当にバカになるかというくらい単調…… ここを使うなら、やはりせめて下りです。登りたいとは思わない……
訪問者数:554人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ