ヤマレコ

記録ID: 1050805 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

鹿倉山・大寺山・中指山(大栃マニアが小栃をめざす)

日程 2017年01月22日(日) [日帰り]
メンバー
 yama-ari(CL)
 reg(食事)
天候■鹿倉山 09:55 晴れ 3℃ 無風
■中指山 12:17 晴れ 5℃ 風速3〜4m(体感)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
二台の自家用車を使用。終点のマリコ川の林道ゲートに1台デポして、起点の深山橋の陣屋バス停近くの無料駐車場へ。ゲート前は1台駐車可能。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間37分
休憩
1時間17分
合計
7時間54分
S陣屋バス停06:5707:25ババアサマ(馬場浅間)07:43大寺山07:5509:22タナグチ山(大マトイ山・大ヤマト山)09:2309:55鹿倉山10:09シロヨシ山10:35大丹波峠10:5011:11ウズモ山11:1311:18大田和峠11:2212:17中指山(小栃山)12:3412:50タグチ沢ノ頭12:59大ダグラ沢ノ頭13:0113:13ナカクロモ沢ノ頭13:26追分(十文字)13:4414:24藤ダワ14:3014:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
○全体として、実線ルートは標識多数。全行程で、北側斜面には雪10〜20cm、南側は日陰を除いて、ほぼ融けている状態。軽アイゼンをもっていきましたが、全行程でツボ足でいきました。
○大丹波峠〜追分:バリルートです。林業用のリボンはありますが、あまり信用しない方が無難。大丹波峠、大田和峠とも、登り始めは雪の急登で若干苦労します。バリルートは軽アイゼンを履いてもよかったかもしれません。
○追分〜ゲート:この区間が一番雪が多かったです。トレースなし。ただ、実線ルートなので、歩きやすいです。
その他周辺情報丹波山温泉 のめこいの湯
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ツエルト(2人用) 救急セット ヘッドライトPETZL ZIPKA PLUS2 非常用防寒シート 手袋・フェイスマスク(1) インナー(1) ステンレスボトルTHERMOS FEK-800(1) ガスカートリッジPRIMUS IP-110(1) バーナーPRIMUS P-153(1) イグニッションスチール(1) カートリッジホルダーPRIMUS P-CH(1) コッヘルセットsnow peak(1) 手拭・ハンカチ・ティッシュ(1) 地図・コンパス(1) 高度計・時計Suunto Core Glacier Gray(1) GPS GARMIN etrex20(1) カメラOLINPUS TOUGH TG-1(1) 無線機STANDARD VX3(1) 非常食(2) 携帯食 トレッキングポールHelinox LB130(1)

写真

深山橋近くの駐車場から出発。今日のメインは、中指山。別名、小栃山。山梨100の大栃山をこよなく愛するregさんの要望で、小栃狙いとなりました。
2017年01月22日 06:51撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深山橋近くの駐車場から出発。今日のメインは、中指山。別名、小栃山。山梨100の大栃山をこよなく愛するregさんの要望で、小栃狙いとなりました。
1
深山橋の手前に大寺山の入口があります。
2017年01月22日 06:52撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深山橋の手前に大寺山の入口があります。
1
最初は急登です。雪はあったりなかったり。
2017年01月22日 07:19撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は急登です。雪はあったりなかったり。
1
大寺山の仏舎利に到着。宗教的には意味があると思いますが、山としては魅力に欠けます。昭文社の地図には、「三頭山の眺めがすばらしい」とありますが、そんなものありません。
2017年01月22日 07:41撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大寺山の仏舎利に到着。宗教的には意味があると思いますが、山としては魅力に欠けます。昭文社の地図には、「三頭山の眺めがすばらしい」とありますが、そんなものありません。
3
大寺山から鹿倉山方面に進んでいくと、昭文社の地図にない鴨沢とつながっている道もありました。
2017年01月22日 08:08撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大寺山から鹿倉山方面に進んでいくと、昭文社の地図にない鴨沢とつながっている道もありました。
2
眺望期待できない本日の山行ですが、途中で頭だけの富士山見えました! 右は山梨200名山候補の鶴寝山。
2017年01月22日 08:34撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望期待できない本日の山行ですが、途中で頭だけの富士山見えました! 右は山梨200名山候補の鶴寝山。
1
この場所で、regさんのヤマ飯。丹波パスタっていったけかな。タバスコ入りで美味しかったです。
2017年01月22日 08:49撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この場所で、regさんのヤマ飯。丹波パスタっていったけかな。タバスコ入りで美味しかったです。
4
鹿倉山に向かう途中で、開ける場所がありました。雲取山(左)と七ッ石山(右)。
2017年01月22日 09:35撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿倉山に向かう途中で、開ける場所がありました。雲取山(左)と七ッ石山(右)。
1
御前山(左)と三頭山(右)。
2017年01月22日 09:39撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御前山(左)と三頭山(右)。
1
鹿倉山手前からは、林道が登山道に平行してあります。
2017年01月22日 09:47撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿倉山手前からは、林道が登山道に平行してあります。
鹿倉山に到着。
2017年01月22日 09:54撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿倉山に到着。
2
昭文社の地図では「西面のみ展望が開ける」とありますが、そんなものありません。「奥多摩」の監修者、近年ほとんど歩いていませんね。
2017年01月22日 09:55撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昭文社の地図では「西面のみ展望が開ける」とありますが、そんなものありません。「奥多摩」の監修者、近年ほとんど歩いていませんね。
3
大丹波峠へと向かって、稜線を進みます。
2017年01月22日 10:08撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大丹波峠へと向かって、稜線を進みます。
1
大丹波峠。
2017年01月22日 10:36撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大丹波峠。
1
大丹波峠からはバリルート。林道造成中ですが、そこには行かず、右の尾根を直登します。
2017年01月22日 10:46撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大丹波峠からはバリルート。林道造成中ですが、そこには行かず、右の尾根を直登します。
1
NHKの中継基地を通過します。
2017年01月22日 10:59撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
NHKの中継基地を通過します。
1
中指山(小栃山)が見えてきました。登り返しきつそう!
2017年01月22日 11:00撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中指山(小栃山)が見えてきました。登り返しきつそう!
2
大田和峠で県道に出ます。大田和峠の標識はありません。
2017年01月22日 11:21撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大田和峠で県道に出ます。大田和峠の標識はありません。
2
あるのは御触書。太閤検地以来の境の争いがあったんですね。
2017年01月22日 11:19撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あるのは御触書。太閤検地以来の境の争いがあったんですね。
2
大田和峠からも直登です。雪がついていて、かつ急登。少々難儀をしますが、ツボ足で登ります。
2017年01月22日 11:40撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大田和峠からも直登です。雪がついていて、かつ急登。少々難儀をしますが、ツボ足で登ります。
2
稜線にでました。ここも林道が延びてきていますが、林道をすすんではいけません。稜線を進むことを心掛けます。
2017年01月22日 12:04撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線にでました。ここも林道が延びてきていますが、林道をすすんではいけません。稜線を進むことを心掛けます。
1
中指山(小栃山)に到着!!
2017年01月22日 12:21撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中指山(小栃山)に到着!!
1
標識はありませんが、三角点あり。
2017年01月22日 12:18撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識はありませんが、三角点あり。
2
小栃山からは、木々の間から富士山の頭が見えます。左は雁ヶ腹摺山。木を伐採すると、いい場所です。
2017年01月22日 12:19撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小栃山からは、木々の間から富士山の頭が見えます。左は雁ヶ腹摺山。木を伐採すると、いい場所です。
1
小栃山から追分の区間は、バリの割にはいい稜線。
2017年01月22日 12:52撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小栃山から追分の区間は、バリの割にはいい稜線。
1
大タグラ沢の頭。国土地理院の地図の1327mのところです。三角点はありますが、標識はありません。
2017年01月22日 13:01撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大タグラ沢の頭。国土地理院の地図の1327mのところです。三角点はありますが、標識はありません。
2
追分(十文字)に到着。ここからは、先週いった石尾根がよく見えます。
2017年01月22日 13:43撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
追分(十文字)に到着。ここからは、先週いった石尾根がよく見えます。
1
雲取山(左)と七ッ石山(右)。
2017年01月22日 13:43撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山(左)と七ッ石山(右)。
3
高丸山(左)、日蔭名栗山、鷹ノ巣山(右)。こちらからみると鷹ノ巣山かっこいいですね〜〜
2017年01月22日 13:43撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高丸山(左)、日蔭名栗山、鷹ノ巣山(右)。こちらからみると鷹ノ巣山かっこいいですね〜〜
3
追分から実線ルートをくだっていきます。全行程でここが一番雪が多かったです。トレースなし。
2017年01月22日 13:49撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
追分から実線ルートをくだっていきます。全行程でここが一番雪が多かったです。トレースなし。
1
マリコ川にかかる木橋。
2017年01月22日 13:55撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マリコ川にかかる木橋。
1
藤タワに到着。ここからは林道を下っていきます。
2017年01月22日 14:25撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤タワに到着。ここからは林道を下っていきます。
1
藤タワからの鹿倉山(中央右)。山頂は残念でしたが、こうみると立派な山です。鹿倉山手前はバリで通過したウズモ山。右奥は三頭山。
2017年01月22日 14:28撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤タワからの鹿倉山(中央右)。山頂は残念でしたが、こうみると立派な山です。鹿倉山手前はバリで通過したウズモ山。右奥は三頭山。
3
林道をくだっていると、小栃山が存在感を示していました。大栃にも負けません(笑)。
2017年01月22日 14:32撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道をくだっていると、小栃山が存在感を示していました。大栃にも負けません(笑)。
1
藤タワから30分足らずでゲートに到着。マイナーなルートですが、雪の丹波山楽しめました!!
2017年01月22日 14:51撮影 by TG-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤タワから30分足らずでゲートに到着。マイナーなルートですが、雪の丹波山楽しめました!!
1

感想/記録

■大栃マニアが小栃をめざす
 奥多摩、丹波山の人気の山々からは見捨てられがちな鹿倉山。山梨200名山候補にもなっているので、なんとか処理したいとおもっていたのですが、単体で登るにはあまりに地味すぎる(笑)。

<みんなで選ぶ山梨200名山>
http://www.yamareco.com/modules/xsns/?cid=143

 そんなとき、大栃山をこよなく愛し、すでに今年2度の登頂を果たしているregさんから、「丹波山に小栃山という山があって、気になっている」という情報が。毎回、山行計画には、regさんの意見を反映させることはほとんどありませんが、今回だけは「regさんの、regさんによる、regさんのための山行」を計画。大栃マニアに喜んでいただきました(笑)。

 結果としては、小栃山をからめたおかげで、雪のバリルートとなり、とても楽しめた山行となりました。果たして、regさんからの山梨200へのエントリーがあるか。注目です!!

感想/記録
by reg

今回の山ごはんも、かなり苦しい変換です。
丹波山村のマスコット「タバスキー」からヒントを得て、
タバスキー→タバスコ大好き→トマトソースのパスタ
→ミネストローネのスープパスタとなりました。

発想的には苦しい山ごはんですが、
味としては、山パスタ史上ピカイチの出来になりました。
タバスコをたっぷりかけて召し上がってください。


丹波山大好きスープパスタ(男2人分)

<材料>
早ゆで3分パスタ(ミニ) 300g
カットトマトの缶 1缶
玉ねぎ 1.5個
じゃがいも 1個
ベーコン 4枚
オクラ 4本
バター 20g
チューブにんにく、コンソメ、塩、こしょう 適量
タバスコ いっぱい 

<前日準備>
1 玉ねぎをスライスし、チューブにんにくといっしょに、バターでいためる
2 ベーコンを入れてさらに炒める
3 トマト缶と大量の水を入れて、煮詰める
4 適当なところでコンソメをいっぱい入れる(濃いめ)
5 さらに、じゃがいも、オクラを入れて煮詰める
6 塩、コショウで味を濃いめに整える
7 ざるでこし、具材はジップロック。スープは900mlをペットボトルへ。


<山で>※2鍋推奨
1 スープと具材を沸騰させる
2 パスタをほうり込む
3 3分間、時折ぐるぐるしながらゆでて、完成


大栃山は大好きですが、実はたいした回数行っていません。
でも、2017年大栃山山頂の一番乗りはおそらく私です。
ひょっとすると、2016年大栃山山頂の最終も私かもしれませんが、こちらはちょっと自信がありません。
訪問者数:325人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/7/13
投稿数: 3393
2017/1/23 19:45
 随分マイナーなお山へ
yama-ariさん
regさん      コンばんはpaper

この山は知らなんだ!
小菅と丹波山のあの山系か?
オッサンの覚えでは、その近くでパンクして自転車を引いて歩いた方を思い出し
ましたワイ 鬼門の山系ではなかったのか?(笑)
マイナーだが、こういうのは好き

regさんが大栃山が好きだったとは?
あの山の魅力を知りたい
オッサンは1度でお腹一杯だったが…
登録日: 2011/8/26
投稿数: 2523
2017/1/23 20:47
 大田和峠
yama-ariさん、regさん、こんばんは

よくこの季節にバリルート歩きましたね。
特に大田和峠からの登りは鬼がわレベルと聞いていたので、
積雪期は無理だなあと思っていました。

#28の雲取山から七ッ石山の稜線、白峰南嶺並みに真っ平らですね。
横から見るとこんな風に見えるんですね。

奥多摩の監修者、ちょっと怠慢ですね。
木は1年やそこらでは伸びないので、相当サボってることがバレテしまいましたね。
登録日: 2012/12/5
投稿数: 692
2017/1/24 1:20
 Re: 随分マイナーなお山へ
Kazuhagi さん。コメントありがとうございます。
パンクって、松姫峠の悲劇のことですか!
いやなことだけ、覚えているんですね(笑)
小栃山の山系は、すこしずれています。

大栃山は、山頂が伐採されて、今はすごく眺めもいいらしいです。
富士山もばっちり見えるとか。
regさんは、山伏や富士山の連続登頂者のように、
大栃山を500回登ると言っておりました。
私も、一回で満腹ですが・・・
登録日: 2012/12/5
投稿数: 692
2017/1/24 1:37
 Re: 大田和峠
hirokさん。コメントありがとうございます。

雪のバリルートは、はじめてでしたが、
積雪がすくない丹波山・奥多摩だからこそできたと思います。
それでも北斜面のバリは、このエリアといえども難易度が高くなるので
ちょっと無理かもしれません。今回は、北斜面が追分からの実線だったので、
助かりました。

大田和峠からの登りって、「鬼頬レベル」っていう噂なんだ〜〜
まさかとは思いますが、私たち以外にも「鬼頬レベル」という
用語をつかっている人がいるんですね〜〜(てなわけないか(笑))
確かに、「鬼頬レベル」でしたが、杓子の尾根ルートよりはましな
感じですかね。雪がなければ、杓子>鬼頬>小栃、といった感じです。

追分からみた雲取山と七ツ石山は、ほんとうに平の稜線ですね。
歩いていると、もう少し登ってる感じがしますが・・
山は見る方向でずいぶんと印象が違うものです。
追分からの石尾根の風景は、二度目ですが、やっぱり行っていると
行ってないのでは、これまた風景が違って見えました。

昭文社「奥多摩」の監修者は、かなりさぼっていますね。
情報が変わっていないなら、毎年新版を出さないでほしいですね。
reg
登録日: 2013/4/15
投稿数: 236
2017/1/25 17:37
 大栃山の魅力
大栃山の魅力
1 我が家から20分で登山口まで行けて、山自体も往復2時間程度なため午前中でも行ける
2 桧峰神社の雰囲気が素敵
3 桧峰神社の薬王水があるため、水を持っていかなくてよい
4 山頂からは富士山がよく見え、八ヶ岳、北アルプスまで見える
5 緩い登りと急な登りがはっきりしていて飽きにくい
6 危険個所がない
7 下界からの山容が素晴らしい
8 いつ行ってもほとんど人に会わない

よくないところ
・大栃山のせいで、家から富士山が見えない

のんびり山の中で昼ご飯を食べるには最適の場所ですよ!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ