また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1069139 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

南八ヶ岳縦走(赤岳〜横岳〜硫黄岳)

日程 2017年02月18日(土) 〜 2017年02月19日(日)
メンバー
天候2/18:曇り 2/19:快晴
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間5分
休憩
40分
合計
3時間45分
S美濃戸口11:3012:40やまのこ村13:2013:25美濃戸山荘15:15赤岳鉱泉
2日目
山行
8時間52分
休憩
2時間40分
合計
11時間32分
赤岳鉱泉05:4506:15行者小屋06:1607:45文三郎尾根分岐07:4808:24赤岳08:2508:32赤岳頂上山荘09:46赤岳天望荘09:49地蔵の頭09:5109:59二十三夜峰10:0010:13日ノ岳10:1810:19鉾岳10:2010:25石尊峰10:2710:42横岳(三叉峰)10:4410:54無名峰10:5611:01横岳(奥ノ院)11:0611:18台座ノ頭11:1911:37硫黄岳山荘12:10硫黄岳12:1812:56ジョウゴ沢12:5812:59大同心沢(大同心ルンゼ)分岐13:15赤岳鉱泉14:5115:19堰堤広場15:47美濃戸山荘15:52赤岳山荘15:59やまのこ村16:00赤岳山荘16:2817:17八ヶ岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ハードシェル タイツ アウター手袋 ネックウォーマー ザック サブザック アイゼン ピッケル スコップ 行動食 非常食 調理用食材 水筒(保温性) コンロ コッヘル ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ ヘルメット

写真

赤岳山荘の肉うどん。山菜も入っていて美味し。行きだけではなく帰りも食べることに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山荘の肉うどん。山菜も入っていて美味し。行きだけではなく帰りも食べることに
1
赤岳鉱泉でテント泊。自分のテントは左側のヒルバーグアラック。一人で担ぐにはなかなかの重量…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉でテント泊。自分のテントは左側のヒルバーグアラック。一人で担ぐにはなかなかの重量…
3
テント場からの赤岳鉱泉とアイスキャンデー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場からの赤岳鉱泉とアイスキャンデー
1
晩飯は鍋キューブのカレー鍋に野菜炒めセットと豚肉、ソーセージを入れたもの。めっちゃ美味かった。〆はご飯とチーズを入れてリゾットに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晩飯は鍋キューブのカレー鍋に野菜炒めセットと豚肉、ソーセージを入れたもの。めっちゃ美味かった。〆はご飯とチーズを入れてリゾットに
1
雲一つない快晴の赤岳頂上。奇跡的な無風状態でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲一つない快晴の赤岳頂上。奇跡的な無風状態でした
1
同じく赤岳山頂。テンションMAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく赤岳山頂。テンションMAX
2
赤岳展望荘からの横岳と硫黄岳。青と白のコントラストがたまらない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳展望荘からの横岳と硫黄岳。青と白のコントラストがたまらない
赤岳展望荘からのよくあるアングルの写真。エビのしっぽついてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳展望荘からのよくあるアングルの写真。エビのしっぽついてます
無名峰から赤岳方面を望む。最高の天気!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無名峰から赤岳方面を望む。最高の天気!!
2
赤岳と阿弥陀岳
2017年02月19日 11:04撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳と阿弥陀岳
横岳頂上。やっぱり素晴らしい天気
2017年02月19日 11:03撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳頂上。やっぱり素晴らしい天気
1
硫黄岳。あまり人はいませんでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳。あまり人はいませんでした
1
横岳と赤岳、さっきまで自分が歩いてきたルートだと思うと感慨ひとしお
2017年02月19日 12:29撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳と赤岳、さっきまで自分が歩いてきたルートだと思うと感慨ひとしお
1
帰りの赤岳山荘。再び肉うどんでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの赤岳山荘。再び肉うどんでした

感想/記録

2/18、19の1泊2日テン泊で南八ヶ岳縦走に行ってきました。

【2/18】
天候:曇り一時晴れ

この日は赤岳鉱泉までの移動のみ。11:30過ぎに美濃戸口を出発し途中の赤岳山荘で肉うどんを食べ、15時過ぎに赤岳鉱泉に到着。テントを張り夕食をとり、明日に備え早々と寝る…はずが寒くて寝られず。モンベルのアルパインダウンハガー800 #0なのに…シュラフカバー無かったからだろうか。

【2/19】
天候:曇りのち快晴

4時半頃に起床。テント内で朝食をすませ荷物をデポして5時半過ぎに赤岳鉱泉を出発。当初予定は硫黄岳〜横岳〜赤岳の縦走ルートを予定していたが、赤岳鉱泉出発時点で天候が微妙だったために赤岳から攻めることに。
文三郎尾根の途中までは前回のアタック時と同じような強風+ガスで「あぁ、またか…」と思ったが、稜線上に出たあたりで雲が晴れ青空が見え始める。赤岳頂上では快晴の上奇跡的に無風状態になりテンションMAX。その後地蔵尾根から降りるか若干迷ったものの、横岳〜硫黄岳と縦走することに。その後ずっと快晴でした。
赤岳はしっかりトレースがついており、山頂直下の岩稜帯もステップが切られていて歩きやすかったです。横岳までのルートもステップが切られていたので、時折吹く強風にさえ注意すれば問題ないレベル。
横岳から硫黄岳までは風がかなり強く、横岳から硫黄岳に向かってすぐのナイフリッジは気をつける必要ありです。それ以外は風が強くても滑落する危険は少ないのでまぁ問題ないかと。
赤岳鉱泉に降りてテントを片付けて昼食を取ろうと思ったら受付が大混雑していたので諦めて降りることに。赤岳山荘まで我慢し、行きと同じ肉うどんを食べて美濃戸口へ無事到着。

訪問者数:428人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ