また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1074040 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

「赤沢山から白毛門へ。道のない尾根を大周回」群馬県みなかみ町

日程 2017年02月25日(土) 〜 2017年02月26日(日)
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白毛門の登山口がスタート
関越道水上ICから約30分
JR上越線の土合駅から歩いて5分
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間20分
休憩
0分
合計
6時間20分
S土合駅08:4009:00白毛門登山口駐車場11:00赤沢山15:00宿泊地
2日目
山行
6時間0分
休憩
0分
合計
6時間0分
宿泊地07:2010:50白毛門13:00白毛門登山口駐車場13:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口から赤沢山を経由し白毛門まではバリエーションルートなので道はない。
白毛門からは登山道を下山し、元の登山口に戻ってくる大周回ルート
バリエーション部分は雪に埋もれた斜面と尾根を辿る。
無雪期は藪に埋もれるので、積雪期でなければ困難なルートであろう。
今回は左回りなので、赤沢山の道のない急な斜面を一気に登り、その後も白毛門までは尾根を登り基調、白毛門から一気に登山道を下る。
逆の右回りも可能で、その場合は白毛門を登山道で登った後は尾根を下り基調、赤沢山の斜面を一気に下る。右回りの方が楽かもしれない。
右回りで早朝出発、夕方下山なら日帰りも可能だろう。今回はあえて左回りで山中に宿泊している。
幕営ポイントはそこら中にあり、テントを張る場所は事欠かない。
広い尾根が大半なので、難所はない。
バリエーションルートなので地図とコンパスとGPSでルートファインディングはしっかりとした方が良いだろう。
晴れていれば、谷川岳や水上からは見えにくい至仏山や平ヶ岳の尾瀬方面が一望できて、非常に見晴らしのよいルートだ。
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖インナー ハードシェル ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン スコップ 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス ツェルト ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ

写真

白毛門の駐車場
冬は雪で埋まっている。
右が赤沢山、真ん中の山を経由し明日、左の白毛門から下山する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門の駐車場
冬は雪で埋まっている。
右が赤沢山、真ん中の山を経由し明日、左の白毛門から下山する。
赤沢山の急斜面を登る。
赤沢山はどこを登っても急登
登山道はない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤沢山の急斜面を登る。
赤沢山はどこを登っても急登
登山道はない。
振り返ると後方に谷川岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると後方に谷川岳
下を見ると結構な斜度
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下を見ると結構な斜度
しばらくはこんな感じです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくはこんな感じです。
尾根が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根が見えてきました。
赤沢山の尾根に出ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤沢山の尾根に出ました。
遊んでいるんじゃありません。
浅いクレパスに落ちたのです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊んでいるんじゃありません。
浅いクレパスに落ちたのです。
1
あちらこちらの雪尾根上にありました。表面に薄い雪に隠れていて厄介です。このライン上は全てそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちらこちらの雪尾根上にありました。表面に薄い雪に隠れていて厄介です。このライン上は全てそうです。
山頂へと進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へと進みます。
谷川岳が美しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳が美しい。
2
登山道がない山なのに誰が付けたのか山頂の看板がある。
文字が消えている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道がない山なのに誰が付けたのか山頂の看板がある。
文字が消えている。
山頂から次のピーク(1391mのピーク)と向かう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から次のピーク(1391mのピーク)と向かう
赤沢山山頂から雪庇が続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤沢山山頂から雪庇が続く。
山頂方向を振り返る。水上方面も尾根が張り出している。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方向を振り返る。水上方面も尾根が張り出している。
1
1391mのピークへは一気に下り、一気登り返す。
雪庇で広く感じるが、この山に登山道はない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1391mのピークへは一気に下り、一気登り返す。
雪庇で広く感じるが、この山に登山道はない。
2
またクレパスに落ちた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またクレパスに落ちた。
1
1391mピークへの登り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1391mピークへの登り
片側は雪庇がジグザグに張り出している。クレパスが多いので山側に寄って慎重に進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
片側は雪庇がジグザグに張り出している。クレパスが多いので山側に寄って慎重に進む。
1
最後への登り
結構な急登である。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後への登り
結構な急登である。
1391mピークを超えると景色が一転する。
尾瀬方面の山々が一望できる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1391mピークを超えると景色が一転する。
尾瀬方面の山々が一望できる。
次の1482mのピークへ向け広い尾根を登る。
広々としているが、この山に道はない。夏は藪に隠れるだろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の1482mのピークへ向け広い尾根を登る。
広々としているが、この山に道はない。夏は藪に隠れるだろう。
木の上にカマキリの卵の様に雪が残る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の上にカマキリの卵の様に雪が残る。
東側の宝川方面に広い高原
宝川からもここに行く道はない。
仮称「不思議高原」と命名
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側の宝川方面に広い高原
宝川からもここに行く道はない。
仮称「不思議高原」と命名
奥の白い尖った山は尾瀬の笠ヶ岳、その奥は至仏山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の白い尖った山は尾瀬の笠ヶ岳、その奥は至仏山
目の前に1482mのピークが立ちはだかる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前に1482mのピークが立ちはだかる。
1482mピークを左から捲く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1482mピークを左から捲く
左手に雲を被った谷川岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に雲を被った谷川岳
左側をトラバース中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側をトラバース中
真っ白な1482mのピーク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白な1482mのピーク
日本百名山の至仏山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本百名山の至仏山
1482mのピークを超え、下った先の高原で幕営
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1482mのピークを超え、下った先の高原で幕営
2
付近は広々とした高原
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
付近は広々とした高原
陽が傾きかけてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽が傾きかけてきた。
1
1482mのピークを振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1482mのピークを振り返る。
ディナーの一品
鮭のムニエル
IさんKさんが手料理を振る舞ってくれた。いつもはインスタントなので、幕営での食事の楽しみを知った。ごちそう様でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ディナーの一品
鮭のムニエル
IさんKさんが手料理を振る舞ってくれた。いつもはインスタントなので、幕営での食事の楽しみを知った。ごちそう様でした。
2
翌朝、丸山に向け出発
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、丸山に向け出発
奥に丸山見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に丸山見える。
丸山から丸山のコルへと下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山から丸山のコルへと下る。
下った後は一気に登り返す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下った後は一気に登り返す。
丸山のコル
奥が白毛門本山の尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山のコル
奥が白毛門本山の尾根
白毛門本山に取り付くが雪庇が行く手を防ぐ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門本山に取り付くが雪庇が行く手を防ぐ
2
雪庇を切り崩す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇を切り崩す。
肩車でトップが切りこむ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩車でトップが切りこむ。
3
白毛門の山頂へと延びる尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門の山頂へと延びる尾根
ホワイトアウトで時々行く手が見えなくなる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホワイトアウトで時々行く手が見えなくなる。
時々、霧が晴れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々、霧が晴れる。
1
真っ白で何も見えない。
うっすら見えるのが白毛門の山頂か?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白で何も見えない。
うっすら見えるのが白毛門の山頂か?
白毛門の山頂に着いた?
僅かに見える標柱で山頂と分かる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門の山頂に着いた?
僅かに見える標柱で山頂と分かる。
1
真っ白で展望は何も見えない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白で展望は何も見えない。
白毛門の山頂直下の岩場
唯一、雪を被っていない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門の山頂直下の岩場
唯一、雪を被っていない。
白毛門の山頂直下の岩場を下る。
夏なら鎖場のある急登
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門の山頂直下の岩場を下る。
夏なら鎖場のある急登
2
振り返るとうっすら白毛門の山頂が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るとうっすら白毛門の山頂が見える。
途端に霧が晴れて、白毛門の山頂が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途端に霧が晴れて、白毛門の山頂が見えてきた。
もう1枚
ダイナミックな白毛門の山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう1枚
ダイナミックな白毛門の山頂
2
谷川岳はまだ霧の中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳はまだ霧の中
我々が周回してきた尾根は最奥
うっすらと見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
我々が周回してきた尾根は最奥
うっすらと見える。
ジジ岩、ババ岩
クラックがくっきりと入っている。いづれ雪崩になるだろう。夏は岩のスラブの斜面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジジ岩、ババ岩
クラックがくっきりと入っている。いづれ雪崩になるだろう。夏は岩のスラブの斜面
我々が周回してきた尾根がくっきりと見える。一番右奥がそれ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
我々が周回してきた尾根がくっきりと見える。一番右奥がそれ。
霧が晴れて白毛門が本当に美しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧が晴れて白毛門が本当に美しい
1
山頂から西へ延びる尾根と谷川岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から西へ延びる尾根と谷川岳
白毛門から真っ直ぐ延びる登山道
谷側は雪庇が張り出している。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門から真っ直ぐ延びる登山道
谷側は雪庇が張り出している。
1
眼下に昨日登った赤沢山が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に昨日登った赤沢山が見える。
見晴らしが良く気持ちが良い。
川筋は湯檜曽温泉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしが良く気持ちが良い。
川筋は湯檜曽温泉
1
谷川岳が右正面に見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳が右正面に見える。
左からマチガ沢、ーノ倉沢、幽ノ沢
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左からマチガ沢、ーノ倉沢、幽ノ沢
奥に我々の周回してきた道のない尾根がはっきり見える。
改めて、小さな峰のアップダウンを繰り返していることが分かる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に我々の周回してきた道のない尾根がはっきり見える。
改めて、小さな峰のアップダウンを繰り返していることが分かる。
1
谷側はしばらく雪庇
夏なら狭い尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷側はしばらく雪庇
夏なら狭い尾根
この辺から森林に入る。
もう雪が柔らかくて歩きにくい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺から森林に入る。
もう雪が柔らかくて歩きにくい。
白毛門沢
昨年夏に沢登りをしたが、改めて見ると急な沢
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門沢
昨年夏に沢登りをしたが、改めて見ると急な沢
もう雪がぐしゃぐしゃ
尻セードの方が楽
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう雪がぐしゃぐしゃ
尻セードの方が楽
最後の橋を渡る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の橋を渡る。
東黒沢の川面がうっすら顔を出している。
右が赤沢山、左が白毛門、真ん中が大周回した尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東黒沢の川面がうっすら顔を出している。
右が赤沢山、左が白毛門、真ん中が大周回した尾根
登山口に戻ってきた。
標柱が埋まっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に戻ってきた。
標柱が埋まっている。
訪問者数:1403人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ