また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1075006 全員に公開 ハイキング丹沢

大山(↑鍵掛尾根・↑ネクタイ尾根・↓屏風尾根)

日程 2017年03月01日(水) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ふれあいの森日向キャンプ場手前無料駐車場より。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間38分
休憩
35分
合計
6時間13分
Sふれあいの森日向キャンプ場06:4508:16矢草ノ頭08:1908:31唐沢峠09:30ネクタイ尾根(通称)09:3110:49大山11:1811:35不動尻分岐12:52ふれあいの森日向キャンプ場12:5412:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鍵掛尾根:丹沢詳細地図に記載ナシ。作業用モノレールに沿った道なので、迷う事は無いと思います。しかし、激急登なので、レールを掴んで登った個所が幾つも有りました。

梅の木尾根:鍵掛尾根を登り切ったP778合流地点から、大山三峰縦走コースのP893(矢草ノ頭)の間は、ほぼ中間地点のコルから急登でした。

ネクタイ尾根:唐沢峠から石尊沢に下ったら対岸へ渡り、沢と柵の間を進んで、ネクタイ尾根に取付きます。この尾根も急登でしたが、登りだったので分かり易い印象でした。(この日は、沢に流れはありませんでした)

大山北尾根:通過時はまだ気温が低かったので、足元は大丈夫でしたが、もう少し時間が経つと、ドロドロ道になりそうでした。

大山三峰縦走コース:山頂から不動尻分岐よりP889地点の間は、ドロドロ個所多数有。

屏風尾根:丹沢詳細地図に記載ナシ。上記P889地点から作業用モノレールに沿って降って行くので分かり易いと思います。しかし、こちらも鍵掛尾根同様、激急なので、レールを掴んで降りた個所多数でした。後半レールを離れ、ジグザグに降りて行きますが、足元がザレているので注意です。


*今回の計画は、勝手ながらtantanmameさんの過去のレコを参考にさせて頂きました。ありがとうございました。


過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

日向キャンプ場手前の無料駐車場より出発です。
(この辺は初めて来ました。)
2017年03月01日 06:41撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向キャンプ場手前の無料駐車場より出発です。
(この辺は初めて来ました。)
4
キャンプ場を通過して林道を進むと、モノレール小屋が有ります。この場所は、屛風尾根の取付地点で、帰りはここから降りて来る予定です。
2017年03月01日 06:49撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ場を通過して林道を進むと、モノレール小屋が有ります。この場所は、屛風尾根の取付地点で、帰りはここから降りて来る予定です。
3
進んで行くと、林道を右に反れた奥に大きな堰堤が見えたので、ここが鍵掛尾根の取付だと思いましたが、この堰堤ではありませんでした。
2017年03月01日 06:53撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進んで行くと、林道を右に反れた奥に大きな堰堤が見えたので、ここが鍵掛尾根の取付だと思いましたが、この堰堤ではありませんでした。
1
こちらが正解の取付地点にある堰堤でした。先程の堰堤は写真右尾根の反対側でした。
2017年03月01日 06:56撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらが正解の取付地点にある堰堤でした。先程の堰堤は写真右尾根の反対側でした。
2
モノレールをくぐります。
2017年03月01日 06:58撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モノレールをくぐります。
3
すんごい急登です。(写真だと全然伝わらないです)
2017年03月01日 07:02撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すんごい急登です。(写真だと全然伝わらないです)
8
一番歩きたい所に、レールが・・・。
2017年03月01日 07:08撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番歩きたい所に、レールが・・・。
4
歩き易い方を選び、レールを行ったり来たりして登っていきます。
2017年03月01日 07:09撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き易い方を選び、レールを行ったり来たりして登っていきます。
4
目の前に大きな岩が出て来ました。結構急な所で岩の右側は足元が良くないので、左の倒木の間から通過します。(それにしても、急勾配感が伝わりませんねー)
2017年03月01日 07:21撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前に大きな岩が出て来ました。結構急な所で岩の右側は足元が良くないので、左の倒木の間から通過します。(それにしても、急勾配感が伝わりませんねー)
5
狭いけど、通過できます。
2017年03月01日 07:23撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭いけど、通過できます。
18
よく落ちてるレア物のビン。
2017年03月01日 07:31撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく落ちてるレア物のビン。
4
急登区間が終わると、標識が有りました。
2017年03月01日 07:38撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登区間が終わると、標識が有りました。
2
この辺平和です。
2017年03月01日 07:38撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺平和です。
2
ここを上がるとモノレールの終点。
2017年03月01日 07:45撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを上がるとモノレールの終点。
3
梅の木尾根ルートのP778にでました。鍵掛尾根の急登はハンパなかった!。(注*個人の感想)
2017年03月01日 07:47撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅の木尾根ルートのP778にでました。鍵掛尾根の急登はハンパなかった!。(注*個人の感想)
4
細尾根が出て来ますが、普通に歩けます。
2017年03月01日 07:58撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細尾根が出て来ますが、普通に歩けます。
3
おおっ!コエビのシッポ?。
2017年03月01日 07:59撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おおっ!コエビのシッポ?。
17
辺りの枝が、真っ白でキレイです。(本当です!)
2017年03月01日 08:00撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辺りの枝が、真っ白でキレイです。(本当です!)
5
大山三峰縦走コースに合流しました。右折して唐沢峠に向かいます。
2017年03月01日 08:17撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山三峰縦走コースに合流しました。右折して唐沢峠に向かいます。
2
両側切れ落ちていますが、お陰様で怖くありません。
2017年03月01日 08:26撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両側切れ落ちていますが、お陰様で怖くありません。
9
面白い木ですね。
2017年03月01日 08:27撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
面白い木ですね。
2
山頂方面と反対方向に下って行く。(今日は遠回りします)
2017年03月01日 08:27撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方面と反対方向に下って行く。(今日は遠回りします)
2
唐沢峠に到着。東屋の横からさらに下り、石尊沢に行きます。
2017年03月01日 08:31撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢峠に到着。東屋の横からさらに下り、石尊沢に行きます。
1
小さい倒木が有ったので、高巻しましたが、予想以上に足元が悪く大変でした。この程度なら、木をどけるか、下をくぐるかすれば良かったと思いました。
2017年03月01日 08:38撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さい倒木が有ったので、高巻しましたが、予想以上に足元が悪く大変でした。この程度なら、木をどけるか、下をくぐるかすれば良かったと思いました。
2
10分位で沢に降りました。普通なら半分位の時間で降りられるのではないでしょうか!?。
2017年03月01日 08:40撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分位で沢に降りました。普通なら半分位の時間で降りられるのではないでしょうか!?。
1
渡渉個所には全く流れは無く、枯れ沢みたいでした。柵沿いに進むと自然とネクタイ尾根ルートが出て来ました。(後ろの稜線は、先程の唐沢峠です。)
2017年03月01日 08:56撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉個所には全く流れは無く、枯れ沢みたいでした。柵沿いに進むと自然とネクタイ尾根ルートが出て来ました。(後ろの稜線は、先程の唐沢峠です。)
2
丹沢詳細地図のS字区間の最初と最後は階段が有ります。
2017年03月01日 09:04撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢詳細地図のS字区間の最初と最後は階段が有ります。
3
キレイですが、寒い。
2017年03月01日 09:05撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレイですが、寒い。
5
おおっ〜!スゴイ樹氷と思ったら・・・、目印のビーニーㇽが凍っていました。
2017年03月01日 09:06撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おおっ〜!スゴイ樹氷と思ったら・・・、目印のビーニーㇽが凍っていました。
7
全文が気になりませんか?。
(私は見た!、え〜と〜確か〜・・・答えは感想欄の最後で!)
2017年03月01日 09:20撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全文が気になりませんか?。
(私は見た!、え〜と〜確か〜・・・答えは感想欄の最後で!)
3
フッフッフッフッ。(この大きさにするの大変でした。)
2017年03月01日 09:49撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フッフッフッフッ。(この大きさにするの大変でした。)
14
アレ?、あんたドコ登ってんの!!!。
2017年03月01日 09:50撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アレ?、あんたドコ登ってんの!!!。
4
おお〜。(風上に向かって伸びるんですよね。)
2017年03月01日 10:03撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお〜。(風上に向かって伸びるんですよね。)
9
残雪ダケじゃ無くて、風で落ちた樹氷の様です。(先程から樹氷被りまくりです!)
2017年03月01日 10:03撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪ダケじゃ無くて、風で落ちた樹氷の様です。(先程から樹氷被りまくりです!)
3
ネクタイ尾根が終わり大山北尾根に合流しました。
2017年03月01日 10:10撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネクタイ尾根が終わり大山北尾根に合流しました。
3
切り株の上の小さな世界。
2017年03月01日 10:11撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切り株の上の小さな世界。
9
青空ダ”ァー!。
2017年03月01日 10:24撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空ダ”ァー!。
6
神々しい電波塔です。
2017年03月01日 10:30撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神々しい電波塔です。
5
久し振りに、この脚立を越えます。
2017年03月01日 10:31撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久し振りに、この脚立を越えます。
7
ガピヨ〜ン!。(予想道りですが、やっぱり見たかった)
2017年03月01日 10:34撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガピヨ〜ン!。(予想道りですが、やっぱり見たかった)
2
展望はありませんが、珊瑚みたいな樹氷がありました。
2017年03月01日 10:35撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望はありませんが、珊瑚みたいな樹氷がありました。
12
アップ!。
2017年03月01日 10:35撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップ!。
7
記念写真。
2017年03月01日 10:42撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念写真。
35
あっネコだ。
2017年03月01日 11:09撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっネコだ。
16
最近人気の、大山のネコか!。
2017年03月01日 11:09撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最近人気の、大山のネコか!。
14
山頂で休憩していると、ご年配の方が富士山見えたよと教えてくれたので、下山前にもう一度西の展望個所に寄ってみると、先程より展望が開けてきました。
2017年03月01日 11:11撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で休憩していると、ご年配の方が富士山見えたよと教えてくれたので、下山前にもう一度西の展望個所に寄ってみると、先程より展望が開けてきました。
4
チラッ!ですが、意地で富士山アップ!。
2017年03月01日 11:11撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チラッ!ですが、意地で富士山アップ!。
5
下山前に公衆トイレ前の木がキレイでした。
2017年03月01日 11:18撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山前に公衆トイレ前の木がキレイでした。
6
では、下山開始です。
2017年03月01日 11:19撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では、下山開始です。
2
阿夫利神社下社が見えました。
2017年03月01日 11:31撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿夫利神社下社が見えました。
1
不動尻分岐を左へ進みます。
2017年03月01日 11:34撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動尻分岐を左へ進みます。
3
長い階段を下って行くと、下山地点のP889の広場が見えます。
2017年03月01日 11:44撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い階段を下って行くと、下山地点のP889の広場が見えます。
1
あっ、大山三峰だ!。(見えますか?)
2017年03月01日 11:46撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっ、大山三峰だ!。(見えますか?)
1
では、ここからマイナールートで下山開始です。
2017年03月01日 11:48撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では、ここからマイナールートで下山開始です。
3
すぐにコケていました。
2017年03月01日 11:57撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐにコケていました。
5
激急ですが、前を向いて降りているので、まだいい方です。
2017年03月01日 12:00撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
激急ですが、前を向いて降りているので、まだいい方です。
3
厚木方面の展望が見えましたが、手前の山々の名前は分かりません。
2017年03月01日 12:04撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
厚木方面の展望が見えましたが、手前の山々の名前は分かりません。
2
おっ、見晴台が見えます。
2017年03月01日 12:06撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっ、見晴台が見えます。
2
とうとう後ろ向きになりました!。
2017年03月01日 12:16撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とうとう後ろ向きになりました!。
5
慣れるとこの方が、下り易いですね。
2017年03月01日 12:33撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慣れるとこの方が、下り易いですね。
5
今朝歩いた、梅の木尾根が見えました。
2017年03月01日 12:36撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今朝歩いた、梅の木尾根が見えました。
3
最後にレールを離れ、ジグザグに降りてくれば、小屋が見えて来ます。ここで、コケると屋根まで落ちて行きそうです。
2017年03月01日 12:49撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後にレールを離れ、ジグザグに降りてくれば、小屋が見えて来ます。ここで、コケると屋根まで落ちて行きそうです。
5
無事、屛風尾根を下って来ました。最後のジグザグ区間が、本日の核心部だった様な?気がしました。
2017年03月01日 12:50撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、屛風尾根を下って来ました。最後のジグザグ区間が、本日の核心部だった様な?気がしました。
5
帰りにチョット寄り道。
2017年03月01日 12:52撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りにチョット寄り道。
3
ようやくゴール。今日は、ゆっくりでしたが、意外と早く帰って来れました。
2017年03月01日 12:58撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくゴール。今日は、ゆっくりでしたが、意外と早く帰って来れました。
5
おまけ1:浄発願寺の三重塔。もう春ですねー。
2017年03月01日 13:24撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おまけ1:浄発願寺の三重塔。もう春ですねー。
10
おまけ2:伊勢原市内のコンビニの駐車場から大山の山頂が見えました。右下には第二東名の建設現場が有ります。丹沢を通るんですよね、何か複雑な気持ちです。
2017年03月01日 13:37撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おまけ2:伊勢原市内のコンビニの駐車場から大山の山頂が見えました。右下には第二東名の建設現場が有ります。丹沢を通るんですよね、何か複雑な気持ちです。
5

感想/記録
by kaz01

今回は天候が期待出来なかったので、展望が無くても楽しめそうなルートを考え、マイナーなルートで大山に登って来ました。

出発は、ふれあいの森日向キャンプ場手前の駐車場からで、まずはキャンプ場を抜け林道を進みます。
直ぐに屏風尾根に取り付くモノレール小屋が現れますが、こちらは下山で使う為、もう少し林道を進みます。
すると林道右奥に堰堤が見えて来たので、そちらへ進むと、知らべた堰堤と違う事が直ぐに分かり、戻って林道を直進しました。
目的の堰堤が直ぐに現れ、予定通り鍵掛尾根を登って行きます。
このルートは、丹沢詳細地図に載っていませんが、屏風尾根も同様に作業用モノレール沿いに登って行くので、とても分かりやすかったです。
しかし、どちらの尾根も物凄く急登で、狭いルートでは歩きたい所にレールが有るので右や左に移って歩きやすい方を選びながら登りました。
最初は、ジャマなレールだなーと、思っていましたが、激急登区間はレールを掴んで登ったり、帰りの下りになるとレールが有って良かったと思う様になりました。

鍵掛尾根終点のP778から梅の木尾根で大山三峰縦走コースへ向かいます。
この尾根コースは、後半登りが意外ときつかったですが、先程の登りに比べたら大した事はありません。

大山三峰縦走コースのP893(矢草ノ頭)に合流したら、唐沢峠に向かっていきますが、大山山頂とは逆方向に降って行きます。

唐沢峠からは、ネクタイ尾根に向かう為、石尊沢まで更に下って行きます。
下った後は、枯れ沢を渡り柵沿いに進んで行くと、階段が有るので、そのままネクタイ尾根に入りました。
当初は、沢からネクタイ尾根の取付き地点が直ぐに分かるか心配していましたが、意外と分かり易いと思いました。
途中から残雪が出て来たと思ったら、木の枝や葉に沢山樹氷が付いて、風に吹かれパラパラと落ちていたものでした。
樹氷がキレイで良かったのですが、ここの尾根も結構急登で疲れました。

モノレールが出て来ると、大山北尾根ルートに合流し、後は大山山頂までなだらかな尾根を歩いて行くだけです。

最後に柵越えの脚立を渡れば、大山山頂に到着です。
到着時は、全く展望は有りませんでしたが、休憩時に年配の方が富士山見えてるよと、教えてくれたので、帰りにもう一度展望場に寄り、何とか見る事が出来て良かったです。

下山は、不動尻分岐から大山三峰縦走コースのP889地点まで行き、そこからモノレール沿いに、屏風尾根を降って帰りました。

今回天候も展望も良く有りませんでしたが、何より今回のコースを無事歩けたので、楽しめました。

*ネクタイ尾根のテープの答え:「単独行とは己と向き合う心の旅だ」でした!。

訪問者数:861人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/4/27
投稿数: 489
2017/3/3 0:53
 面白ーい
しかし最近のkazさんご夫妻はチャレンジャーですね!積極的なバリルート開発、恐れ入ります。今回のルートも、とても面白いです。ネクタイ尾根はかろうじて知っていましたが、鍵掛尾根??屏風尾根??・・・あるんですねぇ。丹沢は本当にいろいろあるんだな。

写真だと伝わらないと書いてある急登、じゅうぶん伝わってますよ!これだけの斜度だと確かにきついですね。しかも道なき道だし。登りも下りもかなりハードでしたね。コエビの尻尾 もこの時期でよく撮れました。「単独行とは己と向き合う心の旅だ」は素晴らしい言葉ですが、最近はちょっとこうしたハードな未踏ルートの単独行(私はいつもそうですが)にやや二の足を踏んでいる自分がいたりします。kazさんご夫妻を見習って自分もチャレンジング精神をそろそろ取り戻していこうかと思っています。良い刺激のレポになりました

追伸:第2東名って丹沢がルートになってるんですか??下にトンネル掘ってるのでしょうか。なんか随分大回りするようなルートになってしまうんですねぇ・・・。
登録日: 2015/1/25
投稿数: 578
2017/3/3 18:52
 カジュアル尾根?
kazさん、こんばんは。
ご夫婦で楽しまれていてほのぼのした感じが伝わってきます。
気まぐれな樹氷にも出会えてラッキーでしたね。

私は日向キャンプ場からアプローチしたことはありませんが
ここならちょっとパンチの利いたお手軽な周回コースが計画できそうです。
次回利用する際の参考にさせていただきます。

急登の大山ハイク、お疲れさまでした。
登録日: 2014/8/9
投稿数: 392
2017/3/3 20:25
 Re: 面白ーい
今回のルートを計画したのが登山の2日前で、私も鍵掛尾根・屏風尾根共に全く知りませんでした
特に念入りに調べた訳では無いのですが、尾根の取付きと駐車場はちゃんと確認しておきました。(コレが分からないと、登山開始できませんよね。)
あとは、急なモノレール沿いに登ればイイ位にしか考えず、実際に登ってみたら予想以上に急登で、きつかったです。
ネクタイ尾根も意外と急登でこちらも疲れました。
今回は、比較的短い周回ルートでしたが、最後の激下りで膝がガクガクになって、翌日また筋肉痛になりました。
天気はイマイチでしたが、キレイな樹氷が見れたのでよかったです。
ryoさんもいつか是非、オススメです!。

追伸の件ですが、前回戸沢に行く時、山岳スポーツセンター近くで工事をしていましたが、どうやらサービスエリアが出来るらしいです。
便利になるのはいいと思いますが、丹沢の環境が変わったり、うるさくなったりしたらイヤですよね。
登録日: 2014/8/9
投稿数: 392
2017/3/3 20:48
 Re: カジュアル尾根?
こんばんは、secretmajicさん。
私も日向キャンプ場からは初めてでしたが、大山を周回して帰って来たら、意外と短いコースだったのだと、後から気が付きました。
(計画段階で、気付け・・・ですよね。)
初めての尾根が幾つも有ったので、少しだけ覚悟して行きましたが、急登と言う事以外は、分かり易いコースだったので、私達でも大丈夫でした。
でも、モノレール沿いの急登では、登りも下りも妻はコケまくっていましたが・・・。
今回は比較的コンパクトな周回コースでしたが、充分に楽しむ事が出来ました!。
いつもお世話になってばかりなので、少しでも参考にして頂けましたら嬉しいです。
ありがとうございました。
登録日: 2011/2/12
投稿数: 512
2017/3/3 21:21
 ネクタイ
私もネクタイ尾根しか知りませんでしたし、大山近辺にあるのは知ってましたが
具体的な場所は知りませんでした!
最初に地図見て周回ね〜、と思いながら写真を見ていくと登ったり降りたり・・
感想の文章を読んでも、P893(矢草ノ頭)から大山山頂とは逆方向の唐沢峠へ、と
書いてあって、あれ?大山に登ってるはずなのに逆へ?しかも唐沢峠から下り?と
読んでで訳が分からなくなっていきました・・まるで道迷いのよう
それで地図と照らし合わせながら再度読み進めて、やっと道を理解出来ました
ネクタイ尾根は有名?だと思いますが、その尾根の下部へは、行きも帰りも
他を登ったり降りたりしないと着かないんですね!!
知らないコースを堪能出来て読んでて楽しかったです(*^o^*)
奥様にも、よろしくお伝えください
登録日: 2014/8/9
投稿数: 392
2017/3/3 22:54
 Re: ネクタイ
この辺りのルートは、詳細地図を見ても道が多くて、他の方々のレコを拝見しましたが、、私もイマイチよく分かっていませんでした。
しかも、鍵掛尾根も屛風尾根も地図には載っていないので、ちゃんと山頂まで辿り着けるか余計に心配でした。
P893から唐沢峠と、ネクタイ尾根の取付きの沢まで山頂と反対方向に下って行くので、妻にまた遠回りして変な道行くんでしょーと、言われました。
私は、ネクタイ尾根がコッチなんだから、しょうがないと言いましたが、内心はこんなに下るの?と思っていました・・・。
でも、今回のルートは山頂と、不動尻分岐までの区間以外は、誰にも会いませんでしたし、樹氷も見れたりと、近い山なのに静かでいい所でした。
あと、レールを掴みながらの登山も楽しかったですよ!。
ありがとうございました、こちらこそよろしくお願いします!。
登録日: 2011/1/31
投稿数: 423
2017/3/4 14:56
 「単独行とは己と向き合う心の旅だ」
初めまして kaz01 さん

いつも楽しく拝見させて頂いて居ります

「単独行とは己と向き合う心の旅だ」

こんなのがありましたか
これまで、全く気がつきませんでした
いい言葉ですねえ
胸にジーンと来ます。

急斜面の二つの支尾根、
特に下りに使った屏風尾根。
踏ん張りが効かず大変だったと思います。
最後の出口も、、、

お疲れ様でした。
これからも楽しみに拝見させて頂きます
登録日: 2014/8/9
投稿数: 392
2017/3/5 0:25
 Re: 「単独行とは己と向き合う心の旅だ」
初めまして、tantanmameさん。
この度は勝手ながらレコを参考にさせて頂きまして、ありがとうございました。
お陰様で今まで知らなかったルートを楽しく歩けました。
いつも色々な所を歩かれておられるので、大変勉強になり、レコを楽しみにさせて頂いています。(丹沢には、地図に無い道が沢山有るのですね。)
ネクタイ尾根で偶然目にとまった木に、何か書いてあったので、よく見てみると、素晴らしい言葉が書いてありました。
短い言葉でしたが、とても奥が深いと感じました。
もしかすると、他の場所には違う事が書いてあるのかも知れませんね。
モノレール沿いの尾根ではレールに掴まって登山するなど、急登で大変でしたが、良い経験になりました。

また参考にさせて頂きたいと思いますので、こちらこそ、今後ともよろしくおねがいします。
登録日: 2015/1/24
投稿数: 403
2017/3/6 8:20
 すごいルートですね〜
kazさん
おはようございます。
大山普通に登ってもきついのに
すごいバリルートですね〜
さすがです。
今回も笑いながら拝見しました。
2日大山は雪降ったみたいでしたが
3日に行ったらもっと大きな雪玉が簡単に出来たのかもしれません❄
1日も少し雪残あったんですね〜
霧氷きれいです。
小エビのしっぽや切り株の小さい世界などなど
かわいいです。
写真だと急登わかりませんが
このコース急登がよくわかります。
お疲れさまでした。
kazさんの行かれるコースは危険なので
お気をつけてお山楽しんで下さいね。
baboより
登録日: 2014/8/9
投稿数: 392
2017/3/6 17:01
 Re: すごいルートですね〜
こんにちは、baboさん。
大山は高尾山のように、観光名所で身近に感じられる山だと思うのですが、大山は普通に登ってみても意外とキツイですよね。
それなのに今回は、地図にも載っていない様なバリルートで激急登を登ってみました。
今回のルートはとてもキツつて疲れましたが、モノレールにつかまって登山したのは楽しかったです。
天気はイマイチでしたが、キレイな霧氷が見れて良かったです。
登山中、花などは見掛けませんでしたが、高尾山の方は既に色々な花が咲いているようですね。
また機会が有りましたら、高尾山にも足を運びたいと思います。
baboさんも山友の皆様もお怪我の無い様、楽しまれて下さい。
ありがとうございました。
登録日: 2013/4/11
投稿数: 1722
2017/3/8 0:51
 こんなルートは自分は無理ですね
Kaz01さん 遅いコメントですね 
すいません

大山も歩くルートが沢山あるんですね
初めて行った時はケーブルカーでした
2回目は三ノ塔尾根から歩いていイタツミ尾根で大山歩きました
雷がなっていてびしょ濡れで男坂下ったしんどい思い出でした

無事歩けてよかったですね 
奥さんもタフですね感心します
登録日: 2014/8/9
投稿数: 392
2017/3/8 20:28
 Re: こんなルートは自分は無理ですね
こんばんは、shou2さん。
私も、こんなルートが有るなんて、最近まで知りませんでした。
調べてみると急登で大変そうでしたが、面白そうだったので行ってみました。
実際に登ってみると予想以上に急登でキツかったのですが、ルート自体はそれ程分かりにくい事は無かったです。
ネクタイ尾根も急登でしたが、静かで良いルートでした。

私も以前菩提峠からイタツミ尾根で大山に登った時、手前の塔ノ台で藪漕ぎをした時は、しんどかった思い出があります。
shou2さんの時ように、登山中に雷が鳴っていたら、本当に怖いですね。

今回は、地図に無いルートを無事に歩く事が出来ました。
ありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ